Evernote 使い方ガイド:

すべてを記憶する

Evernote はすべてを記憶するための簡単で強力なツールです。思い出や重要な情報の共有、毎日のリマインダーや ToDo リストの作成もできます。

Evernote アカウントに保存したすべての情報は、お使いの全デバイスに自動同期されるため、Evernote をインストールしてあればスマートフォンやタブレット、コンピュータや Web など、どこからでもノートの記録や閲覧、検索や編集ができます。

このガイドでは、ノートの作成・整理・同期・検索・共有の方法など Evernote の基礎を解説します。

Evernote 5.0 for Mac の新機能

Evernote 5.0 では様々な機能の追加・改善が行われ、Evernote のユーザ体験を今まで以上に素晴らしいものにしています。

より使いやすくなった UI
Evernote 5.0 では、より美しく直感的な UI(ユーザーインターフェイス)が Evernote のユーザ体験を向上させます。大切な思い出や記録の保存、同期、検索、共有が今までになく簡単になりました。

改良されたナビゲーション
新しいサイドバーにより、Evernote アカウントにあるすべてのコンテンツにアクセスしやすくなりました。

ショートカットから素早く参照
ショートカットをサイドバーに簡単に追加できるので、よく使うノートやノートブックに素早くアクセスできます。

さらにパワフルな検索
今までも、検索は Evernote の中でも最も強力な機能の一つでした。そして、キーワードやフレーズの候補を提案する先行入力機能が加わり、すべての共有ノートブックが検索対象になり、検索条件の絞り込みも可能になりました。

アクセスしやすくなった共有ノートブック
すべての共有ノートブックおよび参加中ノートブックを、個人のノートブックと同じ場所で閲覧できるようになりました。

地図
記憶は場所と結び付けられることが多いものです。新しい地図機能では、場所ごとにノートをグループに分けて、新規マップビューから閲覧できるようにします。

Evernote アカウントを作成

Evernote アカウントには「無料アカウント」と「Evernote プレミアムアカウント」の 2 種類があります。

Evernote アカウントをお持ちですか? 無料アカウントを今すぐ作成してください。

無料アカウント
Evernote アカウントは誰でも無料で作成できます。無料アカウントでも、こちらのガイドでご紹介する Evernote 機能 のメイン機能がすべてご利用いただけます。

Evernote プレミアム
Evernote プレミアムでは、無料アカウントの機能に加えて、さらに Evernote を活用できる機能を備えており、月間または年間のお支払いに対応しています。Evernote プレミアムの詳細については、Evernote プレミアムページからご確認ください。

Evernote を全デバイスにインストール

Evernote は、スマートフォンやコンピュータ、Web など、ほぼすべてのデバイスとプラットフォームに対応しています。いつでもどこでも簡単に、すべてを記憶し、すべての情報にアクセスできます。

Evernote をダウンロードする場合は、Evernote 製品ページをご覧ください。

Evernote は以下のプラットフォームに対応しています:

モバイル

  • iPhone.
  • iPad.
  • iPod Touch.
  • Windows Phone.
  • Windows 8 (Touch).
  • Android.
  • BlackBerry.
  • WebOS.

デスクトップ

  • Mac OS X.
  • Windows Desktop.

次へ

まずはホーム画面を見てみましょう。

ホーム画面

ホーム画面では、ノートやノートブックを新規作成できるだけでなく、Evernote アカウントを閲覧・整理・検索できます。

ホーム画面
  1. サイドバー: Evernote アカウント内のコンテンツを様々な方法で表示できます。
  2. ノートリスト: Evernote アカウントにあるすべてのノートを、最近更新されたノートから順に表示します。また、検索を実行したと時の結果が表示されるのもここになります。 より詳しく.
  3. ノートエディタ: ノートリストで現在選択しているノートを閲覧・編集する場所です。デフォルトでは、Evernote を起動すると最後に更新されたノートが表示されます。 より詳しく.
  4. 検索: キーワード、場所、タグなどの情報からノートを検索できます。Evernote ではノートの題名と中身に加え、添付された画像に含まれるテキストも検索対象に含まれます。 より詳しく.
  5. 新規ノートボタン: 新しいノートを指定されたノートブックに作成します。クリックすると、空白の編集可能なノートがノートエディタに表示されます。また、ボタン右側の三角ボタンをクリックするとドロップダウンメニューが表示され、ノートを作成するノートブックを選択できます。 より詳しく.
  6. アクティビティストリームボタン: クリックすると、共有ノート・共有ノートブック・参加中ノートブックの最新の更新情報を確認できます。 より詳しく.
  7. 同期ボタン: クリックすると、Evernote アカウントを手動で同期できます。Evernote は定期的に自動で同期されるので、このボタンを使用するかは任意です。同期することで、自分の Evernote アカウントにあるすべてのデータに、お使いのスマートフォンやタブレット端末、コンピュータ、Web 版の Evernote からいつでも、どこからでもアクセス可能になります。 より詳しく.
  8. アカウント情報ボタン: クリックすると、Evernote アカウントをもう一つ追加したり、Evernote アカウントからログアウトしたりすることができます。

次へ

最初のノートを作成してみましょう!

ノートの作成・編集

Evernote のノートには、テキスト・画像・ファイル・音声・Web クリップなど、ほぼ何でも保存できます。ノートはすべて検索可能なため、必要な時にすぐ見つかります。Evernote では、添付された画像に含まれる活字や手書き文字も検索の対象となります。

ノートの新規作成

ノートを新規作成するには、アプリケーション画面の中央上部にある + 新規ノートアイコンをクリックします。デフォルトでは、ノートは既定のノートブックに作成されます。また、ドロップダウンをクリックして別のノートブックにノートを作成することもできます。

新規ノートボタン

作成したノートは自動的に Evernote に保存され、全デバイスで同期されます。

添付ファイルを追加

ノートには、ファイル・画像・音声など、ほぼ何でも添付することができます。お使いの Mac コンピュータ内臓のカメラで撮影したスナップ写真も添付できます。

添付ファイルを追加するには、ファイルをノート本文にドラッグ&ドロップするか、ノートエディタの以下のボタンから実行してください。

添付ファイルボタン
  • 音声アイコン音声: クリックすると、Mac の内蔵マイクを使用して録音できるようになります。.
  • スナップショットアイコンスナップショット: クリックすると、Mac の内蔵カメラを使用してスナップ写真を撮影できます。.
  • ファイルアイコンファイル: クリックするとファイルを添付できます。.

画像のサイズ変更

ノートに画像を添付すると、サイズを変更したり、表の中に画像を挿入したりできます。

画像のサイズ変更

画像サイズを変更するには、画像サイズ変更ボックスの右下をクリック & ドラッグしてください。表のセルに挿入された画像は、セルの横幅に自動調整されます。画像への注釈オプションに関しては、このガイドの項目「注釈の追加」をご参照ください。

テキストの書式設定

ノート内のテキスト書式を設定するには、通常の文書編集アプリと同様に書式ツールを使います:

書式設定ツールバー
  1. フォントツール: クリックすると、フォントの種類、サイズ、スタイルを変更できます。
  2. レイアウトツール: クリックすると、テキストの配列を整えたり、箇条書きリストや番号付きリストを作成したりできます。
  3. 特殊要素ツール: クリックすると、チェックボックス・表・罫線などを挿入することができます。

書式設定の削除

コピーしたテキストをノートに貼り付ける時に、元のテキストの書式設定(太字、斜体、サイズなど)をすべて取り除きたいこともあると思います。書式設定の削除は、色々な種類のフォントやレイアウトを使用している Web ページからテキストをコピーする際に特に便利です。書式設定の削除には、以下のパターンがあります。

  1. 標準テキストでペースト: ノートにそのまま貼り付ける代わりに、編集 > 標準テキストでペーストを選択します。書式設定なしのテキストがノートに挿入されます。
  2. スタイルを削除する: フォーマット > スタイルを削除するを選択して、基本的なリッチテキスト情報(太字、斜体、下線、ハイパーリンク、箇条書き)を保持しながら、ノート全体をデフォルトのフォントサイズ・カラーと行間隔に変換できます。
  3. 標準テキストにする: フォーマット > 標準テキストにするを選択すると、ノート全体の書式設定がすべて無くなります。

リスト/チェックリストの作成

Evernote は、箇条書きリスト、番号付きリスト、チェックリストの作成ができます:

  • 箇条書きリスト: 箇条書きリストを作成するには、ノートエディタのツールバーで箇条書きリストアイコンを選択してください。

  • 番号付きリスト: 番号付きリストを作成するには、ノートエディタのツールバーで番号付きリストのアイコンを選択してください。

  • チェックリスト: チェックリストを作成するには、ノートエディタのツールバーからチェックリストのアイコンを選択してください。箇条書きリスト、番号付きリストをチェックリストにすることも可能です。

リストについてのヒント

  • リスト種別の変更: 複数行のテキストをまとめて選択し、ノートエディタのツールバーにあるリストオプションのいずれかをを選べば、簡単にリスト化したりリスト種別を変更したりすることができます。

  • 階層表示リスト: 箇条書きリストと番号付きリストは相互に階層表示で組み合わせることができます。階層表示リストを作成するには、階層表示を始める位置で Enter キーまたは Return キーを押し、階層を増やすために Tab キー(階層を減らす場合は Shift + Tab キー)を押し、その階層のリストの1行目を入力します。

  • チェックリストの利用: チェックリストを作成してプロジェクトの To-do リストやミーティングの議題リストを作成しましょう。Evernote を使えば、チェックリストを簡単に作成でき、Evernote がインストールされているすべてのデバイスからチェックリストの閲覧や完了項目のチェック記入を行うことができます。

表の追加

表の設定オプション

表を使うと特長が類似した情報を見やすくまとめることができます。以下一例です:

  • データ分析や財務レポート
  • プロジェクトやタスクの進捗状況
  • チームメンバーの役割や仕事内容の一覧
  • 取引先や仕入先のリスト、在庫や業務の履歴などの情報

ノートに表を挿入するには、ノートエディタのツールバーにある表のアイコンをクリックし、表のサイズをドロップダウンパネル上でドラッグして選択してください。表の枠線の色や太さを指定したり、表の背景色を設定するには、同じドロップダウンパネル上の表のプロパティ... を選択してください。

表を利用するためのヒント

  • 表およびセル幅のサイズ変更: 表およびセル幅のサイズ変更を行うには、カーソルを右側の枠線または表の中の枠線に合せませす。テキストカーソルが幅調整ツールに変わったら、クリック&ドラッグで任意の幅を設定します。

  • メディアの種類: テキストや数字だけでなく、ノートエディタのツールバーから録音、写真撮影、ファイル添付の機能を選択すると、音声、写真などのファイルを挿入することもできます。

リマインダーの使用

リマインダー機能は、締め切りがある情報を含んだノートや、タスクを実行するために必要なノートの経過を追ったり、把握するのに便利です。

リマインダーを設定

ノートにリマインダーを設定するには、以下の手順に従ってください:

  1. ノートを選んで開き、リマインダーアイコンをクリックします。
  2. リマインダ―はノートリスト上部の ToDo リストに表示され、並べ替え・順番の変更・編集などを行うことができます。
  3. リマインダーに期日を設定する場合は、リマインダーアイコンをクリックした時に表示される確認ダイアログで日付を追加をクリックし、日付と時刻を指定します。
  4. ToDo リストにあるリマインダーの順番を変える場合は、リマインダーをクリックして長押ししたまま、移動したい場所へドラッグします。
  5. リマインダーを実行済みにする場合は、リマインダーの左側のチェックボックス欄をクリックします。

メールのリマインダーを使用

ノートの期日にメールを受け取るよう設定することもできます。

リマインダーを初めて作成する時に、ノート一覧の上にダイアログボックスが表示され、そこからメールでのリマインダーを有効にすることができます。メールのリマインダーを受信するには、はいをクリックしてください。

メールのリマインダーを特定のノートブックで有効にする場合、あるいはメールのリマインダーを無効にする場合は、メニューバーで Evernote > 環境設定...を選択して、リマインダーメニューをクリックします。

リマインダーの編集・削除

ノートのリマインダーを編集または削除するには、以下の手順に従ってください:

  1. 編集・削除したいリマインダーがあるノートをクリックして開きます。
  2. ノートエディタの右上にある目覚まし時計アイコンをクリックします。オプション画面が表示されます。
  3. リマインダーを削除するには、リマインダーを削除をクリックします。
  4. リマインダーの期日を編集するには、日付を変更をクリックします。

ノートの編集

ノートの内容を編集するには、ノートリストからノートをクリックしてノートエディタ上に表示し、ノート本文の任意の場所をクリックして編集開始します。あるいは、ノートをダブルクリックして別のウィンドウで開くこともできます。

ノートの削除

ノートを削除するには、ノートリストからクリックして選択し、キーボードのDelete キーを押してください。ノートがゴミ箱に移動されます。

ノート情報の変更

ノート情報を編集するには、ノートエディタの右上にあるinfo button ノート情報ボタンをクリックします。ここからノートの位置情報や作成日・更新日を変更したり、ノート履歴(Evernote プレミアム機能)など他の情報を閲覧することができます。

次へ

ノートが作成されました。同期して、お使いのすべてのデバイスからノートが見られるようにしましょう。

Evernote アカウントの同期

画像の同期

同期すると、Evernote 内の情報が常に、Evernote がインストールしてあるスマートフォンやタブレット、コンピュータや Web など、どこからでも閲覧や検索、編集できるようになります。

自動同期

Evernote アカウントは、Evernote の起動中は定期的にすべてのデバイス上で自動同期されます。デフォルトでは、15 分おきに同期されます。

自分の Evernote アカウントの同期頻度を変更するには、以下の手順に従ってください:

  1. Evernote > 環境設定を選択します。
  2. 同期アイコンをクリックします。
  3. Evernote の同期頻度のドロップダウンメニューをクリックします。
  4. 自動同期を実行する間隔を指定します。

手動同期

アプリケーションの画面上部にある Sync icon同期アイコンをクリックすることで、いつでも Evernote アカウントを同期できます。例えばスマートフォンなど 1 つのデバイスで作成したコンテンツに、コンピュータなど他の場所からすぐアクセスしたい場合、手動同期が便利です。

次へ

Evernote ではノートが簡単に閲覧できます。次に様々な閲覧方法をご紹介します。

ノートの閲覧

サイドバーを使用して、ノートやノートブック、タグ、場所などからノートを閲覧できます。

Notes iconノート

Evernote アカウント内のすべてのノートを閲覧するには、ナビゲーションメニューでノートをクリックしてください。ノートリストが表示されます。

ノートリスト

ノートビューのオプション
ノートリストには、3 通りの方法でノートを表示できます。これらを切り替えるには、ノートリストの右上にあるノートビューのオプションボタンをクリックして、表示方法を選択します。

ノートリストビュー
  • カード: 上半分はテキスト、下半分は添付ファイルのサムネイル画像というカード形式で表示されます。これがデフォルトのノートリスト形式です。
  • 展開したカード: ノートエディタなしで、カードのみが表示されます。
  • サマリー: 添付ファイルのサムネイル画像付きのリストとしてノートが表示されます。Evernote の前バージョンまでは、このビューがデフォルトで採用されていました。
  • リスト: 題名やノートに関する他の情報が表示されます。

Notebooks iconノートブック

サイドバーからノートブックをクリックすると、全ノートブックの一覧が表示されます。ノートブックにあるノートをすべて表示するには、ダブルクリックしてください。

ノートブック一覧

個人のノートブックには、ノートブック名とその中に含まれるノート数が表示されます。共有ノートブックの見た目は個人のノートブックと似ていますが、共有ノートブックのアイコンと所有者の Evernote ユーザ名も表示される点で異なります。ノートブックスタックには、スタックの名前とノートブック数を示す白い帯が表示されます。

ノートブックビュー
ノートブックの表示方法は 2 種類あります。切り替えるには、ノートブックリストの右上にあるノートブックビューのボタンをクリックしてください。

ノートブックリストビュー
  • グリッドビュー: ノートブックとノートブックスタックが、カードとして表示されます。
  • リストビュー: ノートブックとノートブックスタックが、ノートブック名とノート数を含むリストとして表示されます。

Tags iconタグ

Evernote アカウント内のすべてのタグを閲覧するには、サイドバーのタグをクリックします。タグリストが表示されます。なお、自分の Evernote アカウントにタグ付きのノートが一つも無い場合、このオプションは表示されませんのでご注意ください。同じタグが付いたノートをすべて閲覧するには、タグをダブルクリックしてください。ノートがノートリストに表示されます。

タグリスト

Evernote アカウント内のノートを見つける方法としては、タグリストでタグをクリックすることで、選択したタグと一緒に付けられているタグをハイライトする方法もあります。

Atlas icon地図

「地図」メニューでは、ノートが作成された時の場所ごとにノートを表示できます。地図を開くには、サイドバーの地図をクリックします。

場所カードビュー
地図メニューのすべてのノートというカードをクリックすると、全ノートの作成場所を閲覧することができます。また、同じ国や地域で作成されたノートがグループ化される「場所カード」からは、特定の地域ごとにノートを閲覧することが簡単になります。

地図カードビュー

マップビュー
場所カードをクリックすると、マップビューが表示されます。このビューでは、拡大・縮小が可能な地図上にノートの作成場所が表示されます。また、クリックしたままドラッグするか、左下の現在地ボタンを使用して地図上を移動することができます。

地図マップビュー

フラッグには、その場所で作成されたノートの数が表示されます。ノートを表示するには、フラッグをクリックしてください。一つのフラッグに複数の種類のノートが含まれている場合は、閲覧するノートの種類を選択することができます。また、マップビューの右下にあるノート数ボタンをクリックすると、現在選択中の地図にあるすべてのノートを表示することが可能です。

ショートカット

サイドバーのショートカット一覧にあるノート、ノートブック、ノートブックスタック、またはタグをクリックすると、Evernote で表示されます。ショートカットを使うと、Evernote アカウント内にある、よく使う項目に簡単にアクセスできます。

ショートカット

ショートカットに追加されたノート、ノートブック、ノートブックスタックやタグは、それぞれの種類ごとにアイコンが用意されています。Evernote ではショートカットを最大 250 個まで作成できます。

最近使用したノート

サイドバーに表示された「最近のノート」をクリックすると、選択したノートがノートエディタに表示されます。

最近使用したノート

「最近のノート」には、最後に編集したノートが 5 つまで表示されます。

Activity Stream iconアクティビティストリーム

アクティビティストリームには、共有ノート、共有ノートブックや自分が参加しているノートブックの更新情報がすべて表示されます。どのノートがいつ作成・編集されたか、などの情報がアクティビティストリームに含まれます。

アクティビティストリーム

最新の更新情報がアクティビティストリームに表示されると、アクティビティストリームのアイコンが青色に変わり、最後にアクティビティストリームを閲覧した時以降のイベント数が表示されます。ボタンをクリックすると、どのノートが更新されたかが分かります。

次へ

閲覧・検索がしやすいようにノートを整理するには、様々な方法があります。

ノートの整理

Evernote では様々な方法でノートを整理できます。自分の好みに合わせて閲覧・検索・記録しやすいように整理しましょう。

ノートブック

ノートブックは Evernote 内でノートを整理するのに最もよく使われています。ノートをカテゴリや場所情報、目的別に分類して収納できます。例えば、「仕事」や「プライベート」というノートブックをそれぞれ 1 つずつ作成し、内容に応じてノートを各ノートブックに振り分けておくと、後から情報を見つけやすくなります。

すべての Evernote アカウントには、アカウント作成時に自動的に既定のノートブックが 1 つ作成されます。

自分のノートブックの内容を他の人も閲覧・編集できるようにしたい場合は、共有ノートブックを利用します。

新規ノートブックを作成
ノートブックを新規作成するには、以下の手順に従ってください:

  1. サイドバーでノートブックをクリックしてください。ノートブックの一覧が表示されます。
  2. + 新規ノートブックボタンをクリックすると、ノートブックリストに新しいノートが表示されます。
  3. 新しいノートブックの名前を入力して、キーボードの Enter キーを押します。ノートブックにはすぐにノートを追加できる状態になっています。

ノートブックにノートを追加
デフォルトでは、新規ノートはすべて Evernote アカウントの既定ノートブックに保存されます。保存先ノートブックの指定に関する詳細を確認するには、本ガイドのノートの作成・編集をご参照ください。

ノートブックにノートを追加するには、以下の手順に従ってください:

  1. サイドバーでノートをクリックします。ノートの一覧が表示されます。
  2. 移動したいノートをクリックすると、ノートエディタ内にノートが表示されます。
  3. ノートエディタの左上にあるノートブック選択メニューをクリックすると、ノートブックの一覧が表示されます。
  4. 移動先のノートブックを選択します。Evernote が変更内容を自動的に保存・同期します。

ノートブック名の変更
既存のノートブックの名前を変更するには、ノートブックリストから選択し、ノートブック名をクリックで長押しします。指を離すと、名前が編集可能な状態になります。

ノートブックを削除
ノートブックが削除された場合、その中に含まれたすべてのノートがゴミ箱ノートブックに移動されます。

ノートブックを削除するには、以下の手順に従ってください:

  1. サイドバーのノートブックアイコンをクリックします。
  2. ノートブックリストで、削除したいノートブックを Control+クリックまたは右クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 削除をクリックします。確認メッセージが表示されます。
  4. ノートブックの削除をクリックします。ノートブックが削除され、中に含まれていたノートはゴミ箱に移動されます。

ノートブックスタック

ノートブックスタックは、複数のノートブックをグループ別にまとめて整理するのに有効な手段です。似たようなトピックやテーマを持つノートブックをグループ化するためによく使われています。例えば、「レシピ」というノートブックスタックを作成してから、「朝ごはんレシピ」「ランチレシピ」「ディナーレシピ」というノートブックを追加したりします。

それぞれのノートブックスタックは、スタックの名前とノートブック数を示す白い帯と一緒に、ノートブックの一覧上に表示されます。

ノートブックスタックの作成
ノートブックスタックを新規作成するには、以下の手順に従ってください:

  1. サイドバーのノートブックアイコンをクリックします。
  2. 一つのノートブックを別のノートブックにドラッグ&ドロップすると、両方のノートブックを含む新しいノートブックスタックが自動的に作成されます。
  3. 作成したノートブックスタックに他のノートブックも追加したい場合は、同様にドラッグ&ドロップしてください。

ノートブックスタックにノートブックを追加
ノートブックスタックにノートブックを追加するのは簡単です。ノートブックをノートブックスタックにドラッグ&ドロップしてください。

ノートブックスタックの削除
ノートブックスタックを削除しても、その中のノートやノートブックは削除されません。

ノートブックスタックを削除するには、以下の手順に従ってください:

  1. サイドバーのノートブックをクリックします。
  2. 削除したいノートブックスタックを Control+クリックまたは右クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 削除をクリックします。確認メッセージが表示されます。
  4. スタックを削除をクリックします。

ショートカット

ショートカットを使うと、よく使うノートやノートブックに素早く、簡単にアクセスできます。

ショートカットは、サイドバーの上にあるショートカットリストに表示されます。ノートやノートブック、ノートブックスタックなど、様々な種類のショートカットを作成できます(各アイコン付き)。

ショートカットの追加
ショートカットを追加するには、ノート・ノートブックなどをショートカットリストに直接ドラッグしてください。ショートカットは最大 250 個まで作成できます。

一度に複数のショートカットを作成したい場合は、Shift キーを押しながら自分の Evernote アカウントにある複数のアイテムをクリックして選択し、ショートカットリストへドラッグしてください。

ショートカットの削除
ショートカットを削除するには、ショートカット上で右クリックして、「ショートカットから削除」を選択します。

タグ

タグは、キーワードをノートに関連付けて検索の一致率を高める一つの手段です。ノートを作成する際、または作成後に 1 個または複数のタグを追加できます。カテゴリや記憶、場所と関連付けるのに使われます。

Evernote Evernote アカウント内で使われているタグをすべて表示するには、サイドバーのタグアイコンをクリックします。

ノートにタグを付ける
ノートにタグを追加するには、以下の手順に従ってください:

  1. 新規または既存のノートを開きます。
  2. クリックしてタグを追加と表示された箇所をクリックします。
  3. 追加したいタグ名の入力を開始すると、タグの予測候補が表示されます。
  4. タグを選択します。
  5. キーボードの return キーを押します。タグが青色にハイライトされます。

タグの新規作成
タグを新規作成するには、以下の手順に従ってください:

    タグリストから:
  1. サイドバーのタグをクリックします。
  2. タグリストの左上にある + 新規タグボタンをクリックすると、新しいタグが一覧に追加されます。
  3. 新しいタグの名前を入力します。
    ノートエディタから:
  1. 新規または既存のノートを開きます。
  2. ノートエディタから、クリックしてタグを追加と表示された箇所をクリックします。
  3. 新しいタグの名前を入力します。
  4. キーボードの return キーを押します。新しいタグが青色にハイライトされます。

タグの削除
タグを削除するには、以下の手順に従ってください:

  1. サイドバーのタグをクリックします。
  2. 削除したいタグを Control+クリックまたは右クリックすると、メニューが表示されます。
  3. 削除をクリックします。確認メッセージが表示されます。
  4. スタックを削除をクリックします。

次へ

ノートを見つけやすくする Evernote のパワフルな検索機能について説明します。

ノートの検索

ノートのコンテンツ・タグ・添付ファイルなど、Evernote 内の情報はすべて検索対象になります。さらに Evernote は添付された画像に含まれた活字と手書き文字まで検索ができます。

検索の例

先行入力検索

検索時の先行入力機能により、探しているノートを見つけるのが今まで以上に簡単になります。ノートを検索フィールドで入力し始めると、Evernote アカウント内のコンテンツを基に、以下の種類を含む検索候補がドロップダウン上に表示されます:

  • キーワードとフレーズ
  • ノートブック
  • タグ
  • 最近の検索
先行入力検索

先行入力機能による検索候補を使用するには、リストからクリックして選択してください。

文書 & PDF 検索(Evernote プレミアム機能)

Evernote プレミアムまたは Evernote Business をお使いの場合、以下の種類のファイルに含まれた活字と手書き文字も検索可能になります。

  • スキャンした PDF
  • 文書(Microsoft と iWork)
  • スプレッドシート(Microsoft Office と iWork)
  • プレゼンテーション( Microsoft Office と iWork )

Evernote プレミアムEvernote Business の様々な特典をぜひご確認ください。

検索オプション

検索条件を追加していくことにより、Evernote がアカウントの何を、そしてどこを検索対象に入れるかを限定できます。数百・数千個単位のノートが自分の Evernote アカウントにある場合、検索条件の追加はとても有効な手段です。

検索オプション

以下の検索オプションを使用できます:

  • ノートブック: ノートが入っているノートブックを指定します。
  • タグ: ノートに付いているタグを指定します。
  • 次を含む: ノートに含まれるコンテンツの種類(例えば画像、音声、暗号化されたテキストなど)を指定します。
  • ソース: ノートを Evernote アカウントに追加する際に使った Evernote クライアントの種類(例えばモバイル端末、Web、デスクトップなど)を指定します。
  • 作成日時: ノートが作成された日時を指定します。
  • 変更日: ノートが最後に編集された日時を指定します。

検索オプションの追加
検索する時は、複数の検索フィルタを追加することが可能です。検索フィルタを追加するには、以下の手順に従ってください:

  1. ノートを検索のフィールドをクリックします。先行入力機能のドロップダウンが表示されます。
  2. 検索オプションを追加をクリックします。検索オプションメニューが表示されます。
  3. 検索オプションボタン
  4. 例えば、ノートブック、タグ、作成日など、追加する検索オプションの種類を選択します。
  5. 検索オプションの条件をドロップダウンから選択します。例えば、検索オプションで「ノートブック」を選択した場合は、Evernote で検索したいノートブックが選択可能になります。
  6. 追加ボタンをクリックします。検索オプションが検索ボックス内に追加され、新たな検索結果がノートリストに表示されます。
  7. 必要に応じてこの手順を繰り返し、検索オプションをさらに追加します。
  8. 含めたいキーワードや語句を追加することで、検索結果を絞り込むことができます。

検索オプションの削除
検索オプションを削除する方法は、検索ボックス内でテキストを削除する場合と同じです。

最近の検索

Evernote は一番最近の検索条件を 5 つまで自動保存し、わずか数回のクリックで使用できるようにします。

最近の検索

最近の検索条件を使用するには、以下の手順に従ってください:

  1. 「ノートを検索」フィールドをクリックすると、先行入力機能のドロップダウンリストが表示されます。「最近の検索」として、一番最近の検索条件が 5 つまで表示されます。なお、最近の検索は検索ボックスが空欄になっている時のみに表示されます。
  2. 使用したい最近の検索キーワードをクリックします。検索と関連するすべてのノートが、ノートリストに表示されます。

関連するノート

Evernote for Mac でノートを作成・表示するたびに、自分の Evernote アカウントから関連ノートがノートエディタの下に表示されます。Evernote は、新しいノートに入力される内容を分析しながら、Evernote アカウントにある似たノートを探します。関連ノートに表示されたプレビューアイコンをクリックすると、ノートが開きます。

また、関連ノートは、Evernote Web クリッパーで Web コンテンツをクリッピングした際や、Web ページを Evernote Clearly で見るときにも表示されます。

関連ノートのスクリーンショット

現在、関連ノート機能は、Evernote for Mac・Windows (プレミアムユーザのみ)、および Evernote Web クリッパー for Chrome と Evernote Clearly で提供しています。

次へ

注釈の追加

注釈の追加

Evernote には、視覚的にアイデアをやり取りしたり、感想を伝えたり、友達や同僚と一緒に作業するために必要なツールがすべて備わっています。簡単に画像や PDF に矢印、図形、線などを描き込むことができます。

Evernote で画像に描き込む

注釈が描き込まれた画像の例

プレミアムユーザは PDF にも描き込んで、注釈サマリーを添付できます。

注釈が描き込まれた PDF の例

Evernote プレミアムにアップグレード

描き込みを開始

イメージ

画像の上で Ctrl + クリックし、「この画像に描き込む」をポップアップメニューから選択します。

PDF

PDF ファイルの上で Ctrl + クリックし、「この PDF に描き込む」をポップアップメニューから選択します。

注釈ツールの使い方

直線や図形の追加矢印ツール

矢印ツールを使って、伝えたい場所や物を画像・PDF 上で具体的に示すことができます。

  1. 矢印ツールを選択します。
  2. 指し示したい部分へ矢印をドラッグします。矢印は、ドラッグした方向に向かって伸びます。
Add arrows

直線 & 図形ツールのアイコン直線 & 図形ツール

直線 & 図形ツールは、特定の箇所を強調するのに便利です。

Line and shape tool options

画像・PDF に直線や図形を描き込むには、以下の手順に従ってください。

  1. 直線 & 図形ツールアイコンを選択し、使用可能なすべての図形を表示します。
  2. 使いたい図形(直線、円、正方形など)を選択します。
  3. 図形を置きたい場所でドラッグします。
Lines and Shapes

テキストツールアイコンテキストツール

テキストツールを使って、画像や PDF にテキストを追加することができます。

  1. テキストツールを選択します。
  2. テキストを書きたい部分をクリックします。テキスト用カーソルが表示されます。
  3. テキストを入力します。
  4. テキストを編集したりテキスト形式を変更したりする場合は、テキストを選択してオプションのスライダーを表示させるか、テキストボックスをクリックして編集を始めてください。
  5. スイッチをクリックし、標準テキストと濃く表示されたテキストを切り替えられます。
テキストツール

ペン & ハイライトツール

ペンツールを使用してフリーハンドで自由に描くことができます。蛍光ペンツールを使用すると、半透明の背景を追加できます。

Pen and Highlight options

画像上に何かを描いたりハイライトするには、以下の手順に従ってください。

  1. ペン & 蛍光ペンツールアイコンを選択し、使用可能なツールを表示します。
  2. ペンのアイコンを選択して画像にフリーハンドで描き込むか、蛍光ペンのアイコンを選択して半透明のインクで強調線を引けます。
  3. どちらのツールも画像上にカーソルをあて、ドラッグするとデジタルインクで描くことができます。

スタンプツールアイコンスタンプツール

画像の特定箇所に視覚的なフィードバックをするのにスタンプを使用してみましょう。画像で気に入った部分、気に入らなかった部分、または追加情報が必要な部分を伝える際に便利な方法です。スタンプには、短いテキストを追加することもできます。

Stamp options

スタンプを追加する:

  1. スタンプツールアイコンを選択します。使用可能なスタンプのメニューが表示されます。
  2. 挿入したいスタンプを選択します。
  3. 画像または PDF 上の好きな箇所をクリックして、スタンプを追加します。
Add stamps

 

スタンプにテキストを追加する:

  1. スタンプを選択します。編集オプションがスタンプの周りに表示されます。
  2. 「a」と表示されたスタンプツールテキストアイコンをクリックすると、テキスト入力欄が表示されます。
  3. 入力して、スタンプにテキストを追加します。16 文字まで入力可能です。

 

Add text to stamp

 

スタンプにポインターを追加する:

  1. スタンプを選択します。編集オプションがスタンプの周りに表示されます。
  2. 「+」アイコンをクリックします。「+」アイコンが青いアンカーポイントに切り替わり、スタンプの左側にポインターが表示されます。
  3. ポインターを移動させる場合は、青いアンカーポイントを押しながらスタンプの周りの他の位置へドラッグします。

 

Add arrows to stamps

モザイクツールモザイクツール

(画像のみに使用可能です)

モザイクツールを使用して、画像に含まれた顔や個人情報などの隠したい部分をぼかすことができます。

  1. モザイクアイコンをタップします。
  2. マウスをドラッグして、モザイクをかけたい箇所を選択します。
モザイク処理

切り取りツールアイコン切り取り & サイズ変更ツール

(画像のみに使用可能です)

切り取りツール: このツールを使用して、画像の必要な領域のみを切り出し、不要な領域を削除します。

  1. 切り取りツールアイコンを選択します(クリックして切り取りツールとサイズ変更ツールを切り替えられます)。
  2. 画像の必要な範囲をマウスでドラッグして選択します。指を離すと、選択された範囲以外は削除されます。
切り取り

サイズ変更ツール: このツールを使用して、画像のサイズを拡大または縮小します。

  1. サイズ変更ツールアイコンを選択します(クリックしてサイズ変更ツールと切り取りツールを切り替えられます)。
  2. 画像の倍率を選択するか、寸法を入力します。

なお、サイズ変更ツールは現時点ではデスクトップクライアントのみで使用可能であることをご留意ください。

サイズを変更


カラー & 線の太さのオプション

描き込むテキスト・矢印・図形の色を指定できます。

Color options

描き込むテキスト・矢印・図形に使う線の太さを指定できます。

Stroke options

PDF オプションメニューその他の編集オプション

編集オプション

Evernote には注釈ツール以外にも画像や PDF のレイアウトなどを変更するツールがあります。これらのオプションは、画面上部あたりに通常表示される文書オプションメニューを選択し、注釈画面から使用できます。

以下の編集オプションが使用可能です。

  • 注釈をクリア: 特定の画像・PDF に描き込まれた注釈をまとめて削除するには、注釈をクリアを選択します。PDF の場合、全ページから注釈が削除されることになります。
  • 反転(画像のみ): 画像が水平方向に反転され、描き込まれた注釈も同様に反転されます。
  • 回転: 表示中の画像(または PDF ページ)を時計回りまたは反時計回りに 90 度回転させます。
  • PDF ページを削除(Mac 版の PDF のみ): 編集中の PDF ページを削除します。

注意: 画像や PDF を含まないノートに描き込む場合は、PDF としてノート全体に描き込みを選択してください。このオプションを選択すると、Evernote がノート全体を、描き込み可能な 1 枚の PDF ページに変換します。

注釈サマリーを含める

注釈サマリー

注釈サマリーを PDF の先頭ページに追加することで、友達や同僚など共有相手がすべての描き込みを確認できるようになります。

この注釈サマリーには以下の情報が含まれ、ノートエディタ画面に表示されます。

  • 注釈の数: 注釈の使用回数が種類ごとに表示されます。
    Annotation summary count
  • プレビュー版サマリー: 各ページのどの部分に注釈があるかが表示されます。これにより、他の人も自分のアイデアやコメントなどを簡単に参照できて、文書中を検索する必要もなくなります。

    Annotation Summary

注釈サマリーを添付するには、画面上に表示される注釈サマリーを含めるにチェックを入れます。

次へ

Evernote に保存した思い出を共有する方法を見てみましょう。

ノートの共有

Evernote はすべてを記憶するためだけのツールではありません。情報や思い出の共有、共同作業にも役立ちます。

ノートの共有

ノートは Evernote に限らず、メールやソーシャルメディア、Web などを通じて共有できます。また、共有する相手が Evernote ユーザではなくても問題ありません。

ノートを共有するには、以下の手順に従ってください:

  1. サイドバーのノートをクリックしてノートリストを開きます。
  2. ノートリストからノートをクリックして開きます。
  3. Share icon共有アイコンをクリックして、以下から選択します:
    • Facebook に投稿: クリックすると、ノートの内容を Facebook ウォールに投稿できます。Facebook にリダイレクトされ、投稿するかの確認メッセージが表示されたら承認します。
    • Twitter に投稿: クリックすると、ノートの内容をツイートとして投稿できます。Twitter にリダイレクトされ、投稿するかの確認メッセージが表示されたら承認します。
    • LinkedIn に投稿: クリックすると、ノートの内容を LinkedIn アカウントのアップデート情報として投稿できます。LinkedIn にリダイレクトされ、投稿するかの確認メッセージが表示されたら承認します。
    • ノートをメールで送信: クリックすると、ノートの内容をメールで送信できます。Evernote アカウントに紐付けられたメールアドレスが「送信者」として表示されます。
    • ノート URL をクリップボードにコピー: クリックすると、ノートが公開 URL からアクセスできるようになります。URL がクリップボードに自動的にコピーされ、誰とでも共有できます。ノートの共有 URL が有効であれば、ノートエディタの右上にある共有アイコンが青色に変わります。共有 URL はリンクを知っている人であれば誰でもアクセスできますのでご注意ください。Shared Note icon in blue
    • 共有 URL を無効にして他の人がアクセスできないようにするには、共有アイコンをクリックし、共有の停止を選択します。

ノートブックの共有

ノートブックを共有すれば他ユーザもノートの中身を見ることができ、必要に応じて編集やノートの追加もできます。

  • ミーティングの記録、ファイル、ToDo リストを一ヶ所に集約することで、グループプロジェクトの管理に役立ちます。
  • デザインに関するインスピレーション、記事、写真を保存して、クリエイティブなアイデアを蓄積することができます。
  • いつでも簡単にアクセスできるように旅程表、持ち物リスト、電話番号を記録し、旅行の計画に便利です。

ノートブックの共有方法:

  1. サイドバーのノートブックをクリックして、ノートブックリストを開きます。
  2. 共有したいノートブックにマウスカーソルを重ねると、共有アイコンがノートブックの表紙の右下に表示されます。
  3. Share icon共有アイコンをクリックします。ノートブックの共有オプションが表示されます。
  4. 2 つの共有オプションから選択します:
    • 個人を招待
      指定した Evernote ユーザにノートブックを共有できるようになります。

      ノートブックに誰かを招待するときには、各ユーザの権限の設定ができます:

      • ノートを表示: 招待されたユーザは共有ノートブック内のノートのみを閲覧できます。
      • ノートとアクティビティを表示: 招待されたユーザは共有ノートブック内のノート、アクティビティフィードのアップデート通知のみを閲覧できます。
      • ノートの変更**: 招待されたユーザはノートの変更、追加、個別のノートのメールでの共有ができます。
      • ノートを変更、他ユーザの招待**: 招待されたユーザはノートの変更、追加、メールや URL でのノートの共有、共有ノートブックへの他ユーザの招待をすることができます。

      **「ノートを変更」と「ノートを変更、他ユーザの招待」は Evernote プレミアムおよび Evernote Business ユーザのみが利用可能なオプションです。権限はノートブックの所有者が指定できるので、プレミアムや Evernote Business ユーザは無料版ユーザにもノートを変更・作成する権限を与えることができます。

    • 公開リンクを作成
      Evernote を使用していない人でもアクセス可能な公開 URL を作成します。なお、公開リンクがあれば誰でもこのノートブックにあるすべてのコンテンツを閲覧できるのでご注意ください。公開リンクは、ノートブックの共有アイコンをクリックし、公開リンクを削除を選択することでいつでも無効にできます。
      注意: ビジネスノートブックの公開リンク作成には対応していません。

共有ノートブックおよび参加中ノートブックには、 Shared Notebook icon共有ノートブックアイコンが付き、他の個人のノートブックと一緒にノートブックリスト上に表示されます。参加中ノートブックの場合、ノートブック所有者の Evernote ユーザ名も表示されます。

共有ノートブックのカードビュー

共有ノートブックまたは参加中ノートブックのノートを閲覧している時には、ノートエディタのツールバーの下にバナーが表示されます。

ノートエディタの共有ノートブックバナー

複数のユーザが同じノートを編集した場合の管理

共有したノートブック内のノートを他のユーザが編集している場合、それ以外のユーザはそのノートを編集することはできません。しかし、ノートエディタのツールバー付近に表示されるポップアップメニューで「無視して編集する」を選択した場合はロックを解除して編集することができます。

次へ

Evernote のプレゼンテーションモードを使用して、簡単に自分のノートを美しい全画面表示で見せる方法を説明します。

プレゼンテーションモードでノートを美しく表示

「プレゼンテーションモード」は自分の考えを美しくシンプルな表示で他の人に見せるのに最適な方法です。Evernote のノートにすべてを集めておいて、ボタンを一つクリックするだけでプレゼンを開始できます。

プレゼンテーションモードは Evernote プレミアムおよび Evernote Business ユーザ専用の機能ですが、すべてのユーザに 30 日間無料でお試しいただけます。

何でもすぐにプレゼン資料に変身

プレゼンを開始するには、ノートエディタ画面の右上にあるプレゼンテーションモードのボタンをクリックするだけです。

プレゼンテーションモード
すべてのノートで使用可能

資料を準備する時に、他に必要なものはありません。プレゼンテーションモードはアカウント内のどのノートにも使用できて、プレゼンを行う際にノートを一層美しく表示します。

簡単なナビゲーション
  • 上下の矢印キー: 画面をスクロールします。
  • スペースキー: 次のセクションに移動します。
  • shift + スペースキー: 前のセクションに移動します。
  • 左右の矢印キー: 前後のノートに移動します。
レーザーポインター
レーザーポインター

プレゼンテーションモードではマウスをレーザーポインター替わりに使って、ノート上で注目して欲しい部分を示すことができます。画面右上にあるレーザーポインターのボタンをクリックすると、ポインターの色を変更できます。


ナイトモード
ナイトモード

ナイトモードを有効にすると、背景が暗くなりテキストが明るく表示されます。


添付・リンクされたメディアを開く

プレゼンの途中で、写真やリンク、添付ファイルなどをクリックしてプレビュー表示することもできます。U矢印キーを使用すると、表示する添付ファイルをスライドショーのように簡単に切り替えることができます。

複数のノートを閲覧

大半の場合、一つのノートですべてを伝えるのは難しいものです。プレゼンテーションモードでは、矢印キーを押すだけで複数のノート間を簡単に移動・表示できます。

ノートブックでプレゼンを行う

ノートブックを開き、最初のノートからプレゼンテーションモードを選択してください。

選択したノートのみでプレゼンを行う

複数のノートを選択し(command + ノートをクリック)、「プレゼンを開始」をクリックしてください。

ノートリンクの活用でプレゼンを整理

プレゼンテーションモード中にノートリンクをクリックすると、画面が新しいノートに移動します。右矢印キーを押すと、元のノートに戻ります。たくさんのリンクを含む目次ノートやアジェンダ用ノートを作成すれば、一つのノートを起点にプレゼンを行えるのでとても便利です。

リアルタイム編集を可能にするデュアルディスプレイ対応

プレゼンテーションモード: デュアルディスプレイ

大きなディスプレイ画面でノートを表示しながら、ラップトップの画面で編集作業を行えます。例えば会議中にノートをとったり変更したりするのに役立ちます。コンピュータの設定(環境設定 > ディスプレイ)で画面の「ミラーリング」を無効にしてから、プレゼンテーションモードを起動してください。

次へ

Evernote アカウントのセキュリティをさらに強化したい場合は、2 段階認証を有効にしてください。

2 段階認証

2 段階認証とは、ご利用の Evernote アカウントのセキュリティを強化するオプション機能で、自分で承認した場合のみにアカウントへのアクセスを許可するシステムです。万が一、自分のユーザ名とパスワードが盗まれたり漏洩した場合でも、2 段階認証があればより安全になります。

2 段階認証を使用しない場合でも、お客様の Evernote アカウントのプライバシーは安全に保護されていますのでご安心ください。Evernote にとってユーザの方のプライバシーおよびセキュリティは最優先事項です。2 段階認証は希望するユーザ向けに提供する、単純にセキュリティをレベルを 1 段階上げるためのオプションです。

2 段階認証はどのようなユーザが対象か

2 段階認証は Evernote アカウントのセキュリティを 1 段階強化するためのオプションですが、必ずしもユーザ全員にとって必要なサービスではない場合があります。例えば、扱いに注意が必要な個人の書類や情報や、他の機密性の高いデータをアカウントに保存している場合には、この機能を活用することをお勧めします。一方で Evernote のヘビーユーザではない場合は、自分のアカウントにアクセスするための手順が一つ増える 2 段階認証は不便に感じられる可能性があります。

2 段階認証の使用につきましては、説明を読み十分に理解していただいたうえで、使用するかどうかをご判断ください。2 段階認証の選択・有効化・使用方法についてご質問がある場合は、弊社サポート窓口までお気軽にお問い合わせください。

2 段階認証の仕組みについて

2 段階認証を利用すると、コンピュータ・スマートフォン・タブレットなどの端末または Web から Evernote アカウントへ初回ログインする時に、ユーザ名とパスワードに加えて、固有の確認コードが要求されます。この手順により、当該端末からのアカウントへのアクセスを承認でき、未承認の端末からのアクセスを排除することができます。この手順を一度完了すれば、次回から同じ端末でログインする際は Evernote のユーザ名とパスワードのみを要求されます。

確認コード生成には二つの方法があります。携帯電話などのモバイル端末にテキストメッセージを受信するか、モバイル端末で「Google 認証システム (Google Authenticator)」アプリから確認コードを生成する方法です。各方法のメリットとデメリットの詳細につきましては、下記の「2 段階認証の使用」をご参照ください。

2 段階認証を使用するための必要条件

Evernote アカウントの 2 段階認証を有効にして使用するためには、以下が必要です:

  • テキストメッセージを受信できる携帯電話などのモバイル端末 (または、インターネットに接続できる iOS、Android、Blackberry 端末) 。確認コードの受信・生成に必要になります。
  • Evernote Web クライアントから 2 段階認証を設定するためのインターネット接続。

重要: モバイル端末の時計が正しく設定されていることを確認してください。確認コードは時間に制限があるので、Evernote サービスに確認コードを承認させるためにはモバイル端末上の時間が正確に設定されている必要があります。

2 段階認証を有効にする方法

2 段階認証の有効化・無効化は、Evernote Web 版からサインインし、アカウント設定のセキュリティ画面から設定できます。

全手順を確認する場合は、Evernote Web 使い方ガイドの「2 段階認証の有効化」をご参照ください。

2 段階認証の使用

Evernote アカウントで 2 段階認証を一度有効化したら、各デバイスから Evernote アカウントに初めてログインする際に確認コードが必要になります。

2 段階認証が有効化された Evernote アカウントにログインするには、以下の手順に従ってください:

  1. 通常と同じ様に、ユーザ名とパスワードで Evernote アカウントにログインします。
  2. 初期設定では、Evernote サービスより新しい確認コードがモバイル端末に送信されます(確認コードを生成するために Google 認証システムを使用している場合を除く)。
  3. プロンプトが表示されたら、確認コードを入力します。Evernote がお使いのデバイスを記憶するので、次回以降はユーザ名とパスワードのみが要求されます。

次へ

Evernote を活用する方法は他にも多数あるので、いくつかご紹介します。

Evernote をさらに活用

Web サイトから情報を直接 Evernote アカウントにクリップしたり、Evernote プレミアムの特典機能を使ったり、Evernote が提供する他の製品を併用するなど、Evernote を活用する方法はたくさんあります。

Web クリッパーアイコンEvernote Web Clipper

Evernote Web クリッパーとはコンピュータでお使いのインターネットブラウザにインストールする拡張機能のことで、簡単に自分の Evernote アカウントにテキストや画像、または Web ページを丸ごと保存することができます。Web クリッパーから作成されたノートは、元の URL も含め自動的に検索可能になります。 Evernote Web クリッパーの詳細およびダウンロードはこちらから

Evernote App Center

世界中で毎日、15,000 以上のディベロッパが Evernote をより便利にするサードパーティアプリ・サービス・製品の開発に取り組んでいます。 Evernote App Center は、ハードウェア、ソフトウェア、 Evernote グッズなどの関連商品をユーザの皆さんが閲覧できる場です。新しいアプリやサービスを紹介して、Evernote をさらに充実させる Evernote App Center をご覧ください。

Evernote プレミアムアイコンEvernote プレミアム

Evernote プレミアムでは、より多くのアップロード容量、追加機能、優先サービスなどを提供しており、さらに Evernote を便利にご利用いただけます。Evernote プレミアム契約の特典には、以下が含まれます。

  • 月間アップロード容量の増加: 最大 1GB までのデータを Evernote アカウントにアップロード可能です。
  • 最優先サポート: より質問への回答がより迅速に。
  • 編集可能な共有ノートブック: 自分が共有したノートブックの編集権を他のユーザに与えることが可能です。
  • 添付した PDF ファイルが検索可能: スキャンした PDF 文書の中まで検索可能になります。
  • ノート履歴: ノートの過去のバージョンにアクセスできます。

月間または年間でのお支払いがご利用いただけます。Evernote プレミアムにアップグレード、または特典・機能の詳細を確認するには、弊社の Evernote プレミアムページをご覧になるか、Evernote アプリで、Evernote > プレミアムにアップグレードを選択してください。

次へ

これで Evernote の基本を学習できました。Evernote の使い方をさらに詳しく知りたい方は、「その他の参考情報」も合わせてご覧ください。

その他参考情報

Mac で Evernote を最大限に活用するには、こちらの情報もあわせてご参照ください。

テクニカルサポート

よくある質問を調べたり、カスタマーサービスにお問い合わせする場合の窓口です。

Evernote ユーザフォーラム

ユーザコミュニティによる情報交換に参加できます。

Evernote ブログ

Evernote ブログでは、ユーザ事例や体験談、製品関連のニュースなどをお届けしています。