Posts by NTT ドコモ

Evernote に話せば文章を書ける 〜スマホの音声入力活用例〜

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business みなさんは、スマートフォンの音声入力はよく使いますか? 何かをネットで検索する時に音声認識機能を使ったり、ボイスメッセージ、ボイスメモとして誰かに録音した声を送ったり、会議の内容を記録として録るなど、ちょっとした時に使える、便利な機能です。 今回は、Evernote とスマートフォンの音声入力を使った場合の活用例をご紹介します。 音声入力でメールを書く 音声入力は、とにかく思ったことをすぐに伝えられるところが便利ですよね。 たとえば、外出先から急ぎでメールを送らないといけない時に、相手の宛先がわからず、困った経験はありませんか。以前のメールのやりとりから宛先を確認したり、外出先からわざわざ会社に電話して名刺に書いてある宛先を送ってもらったりと、一手間かかります。 そんな時、メールを送る代わりとして、Evernote のノートに音声入力でメッセージを残し、そのノートを社内の仲間に共有します。会社にいる人が、あなたから受け取ったメッセージを代理として相手に送ることができるので、効率的にやり取りができます。 使い方 新規ノートを開く キーボードのマイクマークを押す 件名や内容など、伝えたい事を話し、保存する ノートをチャットで送る iPhone をお使いの方は、「まる」と言えば句点が入ったり、「改行」と言えば改行が入ったりしますが、音声入力の場合、句読点や改行・レイアウトが思い通りにいかない場合もあります。メールを送るときなど体裁を整える場合は、スマートフォンで手修正を加えたり、チャットで共有した社内の仲間に文章の体裁を整えてもらいましょう。 Evernote で声の録音機能しか使った事がない方や、タイピングのほうが慣れているという方も、ぜひ使ってみてください。最近では、音声認識の精度もあがっていますので、音声入力をするほうが時間短縮にもなり、とても便利です。 メール以外でも、アイデア出しをする時など、ひたすら思いついた事を記録する時に、この音声入力をつかうと簡単にノートに保存できます。 プライベートでもビジネスでも、効率化を実現する Evernote Business のお申込みはこちらから。

新しい仲間に、YouTube と Evernote 連携でカンタン自己紹介

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business 社会人も学生も、新年度は新たなチームメンバーを迎えたり、自らが加わる機会も増え、新しい人間関係ができる時期です。新たな出会いがあると同時に、自己紹介をする機会も増えていきます。 たいていは行事や飲み会などを通じて、少しずつ自分を知ってもらう機会が増えていくものですが、はやくメンバーに馴染むためにも、自分の事を知ってもらうことは相手との距離を縮める近道になります。 そこで今回は、IFTTT の連携機能をつかって、時間をかけずに自分の事を知ってもらう方法をご紹介します。自分の趣味や、興味がある事に関連した YouTube 動画を Evernote で共有することで、新しい自己紹介に使ってみてはいかがでしょうか。 なぜ YouTube を Evernote で共有するのか? ・YouTube のプレイリストに入れただけでは、チームメンバーに一括共有ができない。 →自動的に共有したい時や、メンバー全員に見てほしい時、Evernote の共有ノートブックなら楽に共有ができます。 ・Evernote の容量制限(1 ノートの上限サイズ)があるが、動画のリンクを貼付けているだけなので、容量を気にすることなく、簡単に共有ができます。 →YouTube で気に入った動画にお気に入りをつけると、Evernote で自動共有されるように IFTTT の連携機能で設定します。 ・好きな動画で趣味がわかる(例えば、お笑い、音楽PV、旅行、動物など) →共有ノートブックを見れば、その人の趣味嗜好がわかります。 IFTTT を使った、YouTube と Evernote の連携イメージは以下のとおりです。 設定方法 それでは、実際どのように連携するのか説明します。 あらかじめ準備する(設定が必要な)項目は以下のとおりです。 Evernote アカウントの登録 YouTube アカウントの登録 IFTTT アカウントの登録 Evernote でチーム共有用のノートブックを作成し、メンバーと共有する。Evernote Business をお使いの場合、共有設定を個々に行わなくても社内全員に公開といった設定も可能です。 以上の準備が終えたら、次は IFTTT から YouTube と Evernote を連携させます。 はじめに、IFTTT からチャネルに YouTube を選択した後、トリガーに「New liked video」を選択します。(ここで YouTube のお気に入りに入れたものが共有されるよう設定されます。) 次は、チャネルに Evernote を選択した後、アクションは「Create a

Continue reading…

お花見も Evernote で効率化?

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business 新年度、イベントが重なる時期です。イベント開催までに必要な事前準備として、場所を探したり、メンバーを招集したりと、やることが色々とでてきます。 それとは別に、他の行事も重なったりと、一年の中で多忙な時期ではないでしょうか。できるだけ簡単に取りまとめたい!そんな時は Evernote にまとめてはいかがでしょうか。 ひとつのノートブックに情報をまとめる お花見会を開催することになった場合、事前準備として必要なことを、ひとつのノートブック、例えば”イベント”というノートブックにまとめます。 ノートブックの中には、当日までに必要となる情報を入れていくことで、頭の整理にもなります。 下記のようなノートを作り、ノートブックに入れていきます。 お花見持ち物チェックリスト 当日までにやることをまとめます。チェックボックスをつけると、より把握しやすくなります。 参加者への案内文 案内文は、スマートフォンで作成すると絵文字入力も可能なので、オリジナルのものが出来ます。人が多く集まるところへ集合する場合、地図とともに詳細を書き込むことで、一目でわかりやすくなります。 イベント案内文を公開リンクで周知する 事前に準備した情報が完成したら、イベント開催の案内文を参加者に公開リンクで共有します。公開リンクを使うと、Evernote を利用していない人も閲覧することが可能です。SNS にリンクの URL だけを送ると、案内文の中身を確認することができます。 また、案内文の中の出欠確認では、Google フォームを使うことで、スプレッドシートとの連携もできて、参加者の集計に便利です。 スプレッドシートは、Evernote と Google ドライブの連携で簡単にノートに貼り付ける事ができます。 このようにプライベートや、ビジネスで起こるイベントの取りまとめ、集計には Evernote と Google ドライブを連携させ、ひとつのノートにまとめみてはいかがでしょうか。とても効率的に準備をすすめることができます。 プライベートでもビジネスでも、情報を一箇所にまとめ、共有するのが簡単になる Evernote Business のお申込みはこちらから。

GPS をオンにして、Evernote と街に出よう

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business プライベートやビジネスで、ふいに訪れた飲食店などのお店。再び訪れたい時に、皆さんはどのように思い出していますか? 専用アプリを使って記録したり、手帳にメモを残したり、または頭の中に記憶したつもりが、思い出せないまま、再訪問の機会を逃してしまったりしていませんか。 すぐに思い出したい時は、外出時に得た情報を保存するツールとして、位置情報も記録される Evernote がおすすめです。 情報収集は、家やオフィスだけではありません。例えば、以下のように様々なシーンで使える位置情報の使い方をご紹介します。※なお、事前にお使いの端末での位置情報の設定が必要です。 外出先の情報は Evernote に残す 飲食店の情報 気に入ったお店の写真とともに、コメントを Evernote に保存することで、お店の場所も記録されます。 自分好みのお店のデータや、次回行ってみたいお店などの情報を残します。 店名、評価のタグ付け、メモ、注文したメニュー、金額など、後でどんなお店だったか思いだすきっかけになります。 ショップ情報 ウィンドーショッピングをしている時に、たまたま見つけた気になる洋服などを写真と共にメモに貼り付ける。 自分だけのお気に入りや欲しかった品をデータとして残します。 友達とノートブックを共有すれば、どこの店舗で見つけた商品なのかもわかります。 欲しいものが明確になることで、無駄遣いがなくなるかも知れませんね。 情報をチームで共有する 取引先の情報 名刺と共に、訪問先も一緒に記録されます。 共有ノートブックに入れて、簡単に社内共有が可能です。 名刺の画像を自動的にテキストとして読み取ってくれるので、人が集まる場所で名刺を交換したら、その人の特徴を簡単にメモに残します。 場所が記録されることで、イベント会場や、打ち合わせした場所を思い出しやすくします。 現場の情報 展示会や、撮影現場の立会いなど、共有ノートブックに写真やコメントを保存しておけば社内への日報報告の代わりともなります。 オフィスと同じ場所で仕事をしない場合、どこで何をしていたのか上司もノートを確認すればわかります。 プライベートでもビジネスでも、日々の情報集めを簡単にする Evernote Business のお申込みはこちらから ビジネスプラス Evernote Business