Posts by Evernote

家計簿アプリ「Zaim」開発者・閑歳孝子さんの Evernote 活用法

株式会社ユーザーローカルに勤務する閑歳孝子さん。2011年7月には個人プロジェクトとして、iPhone/Androidソーシャル家計簿アプリ「Zaim」をリリースするなど、現在注目を集めるウェブエンジニアの一人です。 今年3月、「Zaim」にEvernote連携機能が加わったことが話題になりましたが、実は閑歳さん自身、仕事からプライベートまでEvernoteを幅広く活用しているパワーユーザーなのだとか。 実際にどんな使い方をされているのか、お話を伺いました。 氏名:閑歳孝子 (かんさい たかこ) 所属:株式会社ユーザーローカル Twitter: @kansai_takako 「1ヶ月前、Evernoteに目覚めました」 ――Evernoteに何を入れていますか? 閑歳「バックアップとして、Twitterでの発言をツイエバで保存したり、はてなブックマークでブクマしたものを海外のサービスを介してメールでEvernoteに保存したりしていますね。それ以外だとZaim関係でこれから開発したいものとか、一時的なToDoリストを緊急度別に分けて入れておいたりしています。あと最近だとChromeのエクステンションを使ったウェブクリップもですね」 ――かなりヘビーに使われているんですね。 閑歳「それが……実はEvernoteをしっかり使い始めたのって、プレミアム会員になった先月からのことなんですよ。Evernote自体は2008年から使っていたんですが、初めはメモ書きや仕事の日報をつけるのに使っていたくらいでした」 ――えっ、それは意外です。 閑歳「先月、友人と韓国旅行に行ったんです。そのとき旅の予定を立てるのにEvernoteの共有機能を使おうということになって、羽田空港で二人してプレミアムに入りました(笑)。旅行では行きたい場所の地図なんかをひたすら入れて使いましたね」 ――そこでEvernoteに目覚めた、と。 閑歳「せっかく450円払ってプレミアムになったし、だったら使おうかなって。それまではEvernote関連のハウツー記事も流し読みしていたんですが、改めて調べてみたら便利そうだなと。それでまずは、名刺と家電の説明書をScanSnapでスキャンして入れてみたんです」 ――なるほど。 閑歳「2000枚以上の名刺をひたすら保存して現物をぜんぶ捨てたら、すごくスッキリしました。そこで初めて『ああ、便利だな』と思ったんです。だから私がEvernoteに目覚めたのって、ここ1ヶ月くらいのことなんです」 ――名刺と説明書の保存がそのきっかけだった、と。 閑歳「そうですね。紙類を捨てられるようになったのが大きかったです。たとえば年賀状とか、捨てにくいんだけど取っておいても……というものをスキャンして保存していますね。そうすれば現物は捨てられるので。“断捨離”みたいなものですね。そこから火がついて、関係ない洋服などまで整理してしまったくらい(笑)」 ――他にはどんなものを入れていますか? 閑歳「あとはサイン帳など思い出の物をスキャンして入れたり、絶対なくしたくないメールとか、読みたいミステリーのリストとか、クックパッドのパーティー料理のリストとか……パスポートとか」 ――パスポートですか!? 閑歳「パスポートを忘れた人が、iPhoneでパスポートの写真を見せたらそれが通ったという記事をどこかで読んで、入れなきゃ! って(笑)。実際には無理かもしれないけど、少しでも可能性があるなら……」  ――それはすごい。   「ZaimはEvernoteのサイトやアプリの作り方を参考にしています」 ――Zaimについてもお話を聞かせてください。Evernoteとの連携機能が加わりましたが、反響はいかがですか? 閑歳「おかげさまで連携機能はけっこう使われていて、反響もいただいています。自動的にバックアップが取れるのは便利だということで、評価していただいているのかなと」 ――そもそもZaimはどのような発想から生まれたのでしょう? 閑歳「私、家計簿自体は大学時代から就職して3、4年経って結婚するくらいまでつけていたんです。ずっと紙ベースだったんですが、それを手入力でソフトに打ち込んでグラフ化したりしていました。ところが結婚後に家計の計算が大変になって挫折してしまったんです。その経験から、そういう状況でも普通の人が簡単につけられる家計簿アプリを作ろうと思いました」 ――ソーシャル家計簿って、ありそうでなかったアイデアですよね。 閑歳「実はZaimは、Evernoteのサイトやアプリの作り方をすごく参考にさせていただいているんですよ。特にウェブ版のトップページって、すごくよくできているなと思って」 ――ありがとうございます! 閑歳「ただ、クラウドサービスってずっと続くかどうかわからないから、ユーザーとしてはデータを預けるリスクがありますよね。ある程度大きな会社がやっていたり、作り手の本気が見えるものじゃないと使おうとは思えない。たとえば写真をクラウドに保存しようと思うと、結局はGoogleとかFacebookに落ち着いてしまいます。それなら10年や20年は大丈夫だろうと思えるから」 ――たしかにその通りですね。Evernoteもそれは考えていて、100年続く企業を目指しています。データを預ける上で“安心感”はものすごく重要なキーワードですね。最後にEvernote初心者の方に向けて、何かアドバイスなどがあればお願いします。 閑歳「私が目覚めたのは名刺と説明書をスキャンして入れたことなので、まずはその使い方をオススメしたいですね。いらない紙類を整理できますし、部屋の片付けにもなりますから」

「美容師は常に勉強なんです」─ 荻原奈々さんの Evernote 活用術

「Evernote をとても上手に活用されている美容師さんがいる」というお話を聞いて、荻原奈々さんのところに取材にうかがいました。 荻原さんは、東京は四谷にある『キノシタ・ガイエン・イースト・ストリート』という美容室にお勤めの美容師さんです。お客様へのヘアスタイルの提案などに iPad と Evernote を活用されているそうです。 氏名: 荻原 奈々(おぎはら なな) 職業: 美容師 Webサイト: http://www.kinoshita1894.com/ 同店代表の木下裕章さんは雑誌にも登場し、美容師の勉強会にも登場されるような人だとお聞きし、いわゆる『カリスマ美容師のいるお店』のような雰囲気なのかと緊張してお店にうかがったところ、もっとアットホームな雰囲気。ご近所のおばあ様がカットに来られるような、そんな親しみやすい空気が漂っていました。 聞けば、同店は美容院でも理容店でもある、いわゆる地元に根ざした理美容店(女性向け美容と、男性向けのヒゲ剃りなどを両方扱うお店のこと)で、四谷という土地で 118年前から営業しており、現在の代表はなんと5代目なのだだそうです。 「美容師の独特の仕事に、Evernoteはぴったり」 ──荻原さんは、Evernoteをお仕事で非常に活用されていると聞いたのですが、お客様へのヘアスタイルの提案などで使われているのですか? 荻原「そうですね、さまざまなヘアスタイルの写真を入れておいて、検索してすぐにご提案できるようにしています。でも、一番役に立っているのは、むしろ勉強の方ですね。美容師って、常にがんばって勉強しないといけないお仕事なんです」 ──どんな勉強を? 荻原「カットの手法や、お客様とのコミュニケーション、流行……など、常に勉強していないといけません。特にカットの手法については、手描きの図を取り込んだり、写真の上から書き込んだり。また、勉強会の時にホワイトボードに描かれたものを取り込んだり、それぞれの写真や図に添えていろいろメモを取ったりすることもあります。写真や絵と、文字を両方扱える、それがとっても私たちにとっては便利なんです」 ──なるほど、ヘアスタイルというのは、こうやって記録するんですね!こういう設計図があるとは初めて知りました。 荻原「営業時間が終わってからも、お店でウィッグを切って勉強したり、休日は勉強会に参加したりして、いろいろなノウハウを覚えていきます」 ──営業時間外も勉強で大変ですね。 荻原「常にそうしているので、大変だと感じたことはありません。仕事が好きで一生懸命やってらっしゃる方は、どんなお仕事でもそうなんじゃないでしょうか?だから、記録したものを、さっと取り出せる。それが大切です。それに、いろんな端末で見られるというのも役に立ちます。私たちは立ち仕事ですから、iPadのようなタブレットで扱うというのはとてもフィットします。でも机に座ってノートパソコンで書いた方が便利な時もありますし、外出先でiPhoneでメモを取ることもあります」 髪型の写真の管理や、他の美容師との情報共有にもEvernoteが大活躍 ──どの端末を使っても常に同じ情報(記録)にアクセスできる Evernote がお役に立っているわけですね。他にはどんなことにEvernoteを使っていますか? 荻原「トレーニングの写真や、モデルさんをカットした時の写真、サロンの勉強会での代表のお手本、イベントやコンテストの写真などを取り込んでいます。それにコメントを付け加えておけるところが大事なところです。自分のメモが必要なんです。私も講習会で講師をすることがあるので、その時の資料も入れてあります。また、講習会の往復の飛行機のスケジュールなども、講演会の資料と一緒のノートにしておけば、別途探す必要もなくなります」 ──なるほど、Evernote大活躍ですね。 荻原「また、毎週サロンで流行に関する勉強会を取り扱っていますが、その時も資料を作るのに雑誌の切り抜きなどを集めて、「今、こういうヘアスタイルが人気です」という、そんな資料をお店の他の美容師と共有するようにしています。 ──Evernoteを使っている時に、気をつけていることはありますか? 荻原「美容師という仕事は、お客様とのコミュニケーションがとても大事です。カットの技術も大切ですが、笑顔と、いい空気感でお客さまにリラックスしていただくことが大切なのです。Evernote の操作に集中して、お客様との会話がおざなりにならないように気をつけています」 ──118年の歴史を持つ『キノシタ・ガイエン・イースト・ストリート』でお仕事をされている中で培われたコメント。思えば、ユーザーのみなさんの記憶をいつまでも安全に保管できるように100年続く企業を目指したいと思っている私たちEvernoteが、100年以上も続いてきた美容院を取材させていただくなんて、不思議なご縁かもしれません。 実は、Evernoteの CEO フィル・リービンほか本社メンバーにも、来日時に同店のサービスを体験してもらいました。 アメリカの理容は、特に男性向けは手早く、簡単なものが多いので「顔剃り」や「マッサージ」まであるフルサービスの日本の理容を初めて体験した彼らは大喜びでした。 これから、フィルが出張で日本に来た時の定例のコースになってしまうかもしれません。 荻原奈々さんのEvernote活用術については、雑誌『フリック!Vol.08』で詳しく取り上げられています。併せてご覧ください。 (PHOTO: T.FUCHIMOTO 渕本智信)

「Evernote は“外部脳”なんです」― 浅岡雄也さんの Evernote ライフ

FIELD OF VIEWのボーカルとして「突然」「Dan Dan心魅かれてく」などのヒット曲を送り出し、現在はソロシンガーとして活躍中の浅岡雄也さん。 PC-8800シリーズからコンピュータに触れ、現在もiPhoneやiPad、Mac book Airなどを所有する生粋のガジェット好きである浅岡さんは、Evernoteのヘビーユーザーでもあります。ミュージシャンという職業にEvernoteがどう生かされているのか、浅岡さんのEvernoteライフについてお話を伺いました。 氏名: 浅岡 雄也(あさおか ゆうや) 職業: ミュージシャン Webサイト: http://www.uyax.jp/ Twitter: @uyax_asaoka 「昔はマイコン雑誌を読んでプログラムを書いてました」 ──本日はよろしくお願いします。 浅岡「よろしくお願いします。(鞄からガジェット類を取り出しながら)机の上、ガジェットだらけになってすみません(笑)」 ──iPhoneにiPodにMacbook Airに……たくさんお持ちですね! ガジェットがお好きなんですか? 浅岡「大好きです。新しいもの好きで、何でも試すんですよ。昔はマイコン雑誌を読んでプログラムを書いてましたから。向いてたらそっちの道に進んでいたかもしれませんね」 ──そうでしたか。ではEvernoteも昔から使われているとか? 浅岡「最初にインストールしたのはだいぶ早い段階だったと思いますよ。まだiPhoneも出てなかった頃でした。それからiPhoneが出てスマホ時代になったことで、Evernoteの本領発揮だなと思いました。だけど一度、Evernoteからは遠ざかった時期があったんです」 Evernoteを再開したきっかけ ──何がきっかけで再び使うようになったのでしょう? 浅岡「昨年、知人が取材時にEvernoteを使ってメモをとりながら(取材の)音声も録音しているのを見たんです。それで『おぉ、これは便利だ』と思って、そこから再びちゃんと使い始めました。今はEvernoteにはとにかく何でも入れておくようにしていますね」 ──主にどういった使い方を? 浅岡「一言でいうと“何でも帳”ですね。歌詞を溜めたり、ウェブページをクリップしたり、音声を録音したりしています。あとはバンドやライブの写真や、ファンクラブ限定のブログにアップする写真もここに保存していますね。それこそハードディスク代わりといえるかな。僕は何でも記録するのが好きなんですよ。昔は写真や歌詞のデータを人に渡そうと思っても、家に帰ってPCを開かないと無理だってことがよくあって、それがすごく嫌だったんです」 ──Evernoteを使うようになって日常生活で便利になったところや、変わったところがあったら教えてください。 浅岡「データの持ち運びなどで使っていたUSBメモリは前より使わなくなりました。データは全部Evernoteに上げていて、外出先でもiPhoneやiPadでいつでも取り出せますから。USBメモリの用途はもう、誰かが必要なのに忘れてたら貸してあげるくらいです」 ──データを持ち歩くことすらしなくていい時代になったわけですね。 浅岡「あと、Evernoteなら分散しがちなメモをまとめて“とりあえず全部入れておけばいい”という安心感があります。必要な情報って本当は自分自身の頭ですべて覚えておくのが一番いいんですが、そんなのは無理ですよね。人間は必ず忘れてしまうものだし、頭の中ではサッと検索できない。だけどEvernoteにさえ入れておけば、後から検索して取り出せる。その意味でEvernoteはまさに“外部脳”なんです」 ミュージシャンならではのEvernote活用法 ──ミュージシャンという職業柄、メロディーを記録することも? 浅岡「ありますよ。音声レートの関係もあって、iPhoneのマイクアプリで録音してから後でEvernoteに保存しています。バンドの音はいつでも録っておきたいんですよね。昔はまだ録音といえばテープだったんだけど、僕は絶対に今みたいな時代がくると思って、データ化の作業を密かにやっていました。クラウド時代にはなるべくしてなったと思います。そのうちメモ帳に手書きするだけで、何もしなくても一瞬で同期される時代がくるでしょうね」 ──音楽以外にもありますか? 浅岡「自分のtwitterのログを自動で転送しています。もう2年分くらい溜め込んでいます。意識して見返すわけじゃないんだけど、たまに見返すと、くだらないことも言ってたりして笑っちゃいますね。twitterの仕様上、公式サイトではさかのぼって見られるツイート数に制限があって、古いツイートを見つけるのが大変なんですよ。でもEvernoteならいつでも『このとき何を言ったっけ』というのがすぐに検索で探せます。自分にとってtwitterはプロモーションツールだから、いつ何を言ったかというのは後で引き出せるようにしておきたいんですよね」 ──たしかに古いツイートを見返そうとしたら、もう見られなくなっていたという経験はあります。Evernoteはライフログとしても便利ですね。 浅岡「twitterといえば、Evernoteの公式アカウント(@EvernoteJP)をフォローしていると、色々使い方を教えてくれますよね。紹介されている記事を読んで、ちゃんと全部試してますよ。その中からいいと思ったものは無料でも有料でも使っています」 ──ありがとうございます!これから試してみたいと思っているEvernoteの使い方はありますか? 浅岡「歌詞もそうですが、譜面も全部つっこんで、自分のデータベースを作りたいですね。あとは筆ペンアプリで描いた自作の絵を入れたいと思ってます。今までのものが大量にあるからなかなかできてないんですけどね」