使い方と事例

仕事の効率化に。自動化サービス IFTTT で Evernote をもっと便利に使おう

この記事は NTTドコモによる寄稿です。
NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business

ビジネスの場でも、プライベートの場でも、情報の保存・共有ツールとして活用されている Evernote。外部サービスとの連携で、更に便利にご活用いただけることをご存じでしょうか?

SlackMicrosoft Teams など Evernote と直接連携しているサービスもありますが、IFTTT という外部サービスを使うことで、Evernote をありとあらゆるサービスと連携させて使用することも可能です。

今回は Evernote 活用の幅を広げてくれる IFTTT 活用法について、簡単にご紹介します。

IFTTT とは?

IFTTT (If This Then That) の略で、「イフト」と呼びます。 Web サービスを連携させるサービスで、Excel のマクロのように「○○が○○の時、○○で○○をする」という条件(レシピと呼ばれています)を設定することで、異なるアプリケーションを連携させることができます。Evernote、Google など 100 以上のサービスに対応し、様々な自動化を助けてくれます。

使用方法
1. IFTTT のアプリケーションをダウンロードします。あるいは、ブラウザでIFTTTにアクセスします。
2. 「Sign up」を選択してユーザー登録をします。メールアドレスとパスワードを設定するか、Google や Facebook アカウントを使って登録することも可能です。
3. 初回利用時には、Evernote との連携が必要になります。Services で Evernote を検索し、Evernote のパネルを選択。「Connect」ボタンをクリックまたはタップし、Evernote の画面で IFTTT との連携を承認します。
4. 使用したい連携機能を検索して選択し、「Turn on」をクリックまたはタップして「入」の状態に変更します。例えば、右上の検索アイコンをタップし、「evernote」を検索することで、Evernote と連携した機能を表示させることができます。

IFTTT で Gmail との連携

機能の例として、Gmail のメールを自動で Evernote へ保存するレシピをご紹介します。
こちらのレシピを追加すれば、Gmail のメールに「スター」をつけるだけで、自動的に Evernote へメールを転送してくれます。

このように特定のメールに「スター」をつけることで、

自動的に Evernote へメールが転送されます。大切なメールを見逃さないように、Evernote アカウントに送ることでフォローアップに役立てることができます。

他にもこんなことが可能です。

  • Instagram に投稿した写真を自動的に Evernote にも保存する
  • Google カレンダーと連携させて、打ち合わせの予定を入れると Evernote に自動的に議事録用ノートを作成する
  • スクリーンショットを撮影すると、自動で Evernote にその画像ファイルを保存する

ぜひいろいろと試してみてください。

このように Evernote を業務でご利用する場合はより高機能な Evernote プレミアムか、社員同士での情報共有がより強化された Evernote Business がお勧めです。

NTTドコモが提供するビジネスプラス Evernote Business について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

Evernote Business: チーム全員の作業を一ヶ所に集約

無料トライアルを開始