生産性向上

自分のボスは自分:起業するための基本ステップ

自分で事業を立ち上げることは、大きな解放感につながります。実際多くの人が大企業の制約やしがらみから解放されて、独立して報酬を得たいと望んでいます。しかし、実際に起業するためには、しっかりとしたプランニングが不可欠。これまで起業したことがない方は、どこから手をつければ良いかわからないかもしれません。

起業においては、最初の準備段階が非常に重要です。準備すればするほどその事業が成功する可能性は高まります。そこで今日は、成功する起業に共通する基本ステップをご紹介します。分野や事業内容によって細かい点は異なりますが、これらの基本ステップを押さえることで、起業への一歩が踏み出せるはずです。

リサーチをする

いきなり製品やサービスを売ろうとする前に、まずは下調べを行いましょう。現在の市場のムードは? 市場規模は? 自分が競合他社に勝る点は?

こうした事前調査を行うことで、ニッチな分野や差別化要因を特定し、商機を見いだせます。またこれと同時に、具体的な方法についても考えていきましょう。

  • どのようなビジネスチャンスがあるか?
  • ビジネスチャンスを掴むには何をする必要があるか?
  • 課題や問題点は何か?
  • 不測の事態に備えて、事業としてどのような準備をしておくべきか?

使いこなしのヒント: 調査した内容はブックマークするだけでなく、Web クリッパーを使って Evernote のノートに保存しておきましょう。Web ページの URL も、画像も、説明文も保存できるので、関連情報をすべて一か所に集約できます。

ビジネスプランを書く

ビジネスプランは、いわば成功へのロードマップ。起業にまつわる具体的な手続きやタスクだけでなく、進捗状況を評価するためのマイルストンや中間目標も定めましょう。プランがしっかりしていればいるほど、起業に必要となる人材や資金、取引先が集まりやすくなります。

ビジネスプランに含めるもの:

  • 客観的な市場分析と事業が満たすべき要件
  • 会社の組織・運営体制
  • 販売・提供する製品またはサービス
  • 顧客の属性などを含めた包括的なマーケティング戦略
  • 資金調達方法、初期投資額、予想される費用と収益を含む財務予測

使いこなしのヒント: Evernote のテンプレートを使って、ビジネスプランと現在の進捗状況をトラッキングし、すべてのデータを 1 つのファイルにまとめましょう。保存したテンプレートはお使いのすべてのデバイスで同期されるので、必要なときに必要な情報へ簡単にアクセスできます。さらに、テンプレートはカスタマイズ可能で何度でも再利用できます。

資金を準備する

設備費や人件費、広告宣伝費など、起業するためには初期投資が必要です。自己資金では足りない場合は、投資家や金融機関から資金を調達しなければなりません。

もちろん投資する方も慎重ですから、詳細なビジネスプランが求められるでしょう。条件交渉やあなたの財務の事前調査が行われることも予想されます。ですから、これらに対する準備を疎かにせず、十分な資金が調達できるようにしましょう。

使いこなしのヒント: Evernote は、領収書や請求書の管理から、予算計画まで財務管理にも使えます (英語記事)。PDF 形式の請求書や明細書をそのまま Evernote に添付して保存可能。また、有料プランをご利用の場合は、領収書などの文書をメールから直接 Evernote へ転送できます。

運営プランを立てる

資金が調達できたら、事業を始めるにあたり必要となる運営上のあれこれに取りかかります。これには、設備の購入、オフィスの賃貸、生産と流通の確保、マーケティング戦略の立案、企業名とロゴの決定などが含まれます。

ここでも、骨組みとなる運営プランと十分な準備が重要になります。ビジネスが軌道に乗るにつれ、予期せぬ問題も出てきますから、そのような問題を事前に予測し速やかに解決することができれば、その事業が成功する可能性は大きく高まります。

使いこなしのヒント: Evernote のタスク機能は、日々の忙しいスケジュールを管理するための機能です。すべての ToDo を一か所にまとめて管理することで、今対処すべきことに速やかに取りかかれます。各タスクは関連するノート内に設定できるので、専用のタスク管理ツールとノートを行ったり来たりする必要もありません。

法的な手続きをする

日々の運営について計画が立てられたら、次は法的な手続きを済ませましょう。

  • まずは、会社として法人登記を済ませましょう。その際に必要な手続きは、事業を行う国や地域、立ち上げる事業の種類によって異なります。
  • 次に、事業主として必要な税務手続きをします。これも会社を設立する国や地域によって必要な手続きが異なります。
  • 必要に応じて適切な免許や許可を行政から取得します。他にも事業運営に必要な法的要件があれば、必ず遵守してください。

使いこなしのヒント: PDF やその他のファイルをすべて Evernote で分類・整理し、必要に応じて注釈を記入しておきましょう。関連する情報をまとめて保存しておけば、手続きや申請もスムーズに行えます。

小さく始める

小さく始めるのは、起業の王道です。スタートアップ企業では、初めは従業員が数人のみ、あるいは自分一人ということも少なくありません。

そのため、最初は一人何役もこなさなければならないでしょう。ビジネスが着実に軌道に乗って成長するまでは、事業のさまざまな面にわずか数人、あるいはたった一人で対処しなければなりません。

使いこなしのヒント: スケジュールから ToDo まですべてをホーム画面に集約して、忙しい毎日を効率的に管理しましょう。固定表示ノートウィジェットやフィルタ済みのノートウィジェットを使えば、自分のワークロードに必要な情報だけを表示できます。また、ウィジェットの位置やサイズもカスタマイズ可能。さらに、Google カレンダーを接続すれば、ノートと予定を瞬時にリンクして、後から簡単にアクセスできます。

会社員から起業家へ

ゼロからビジネスを始めるのは、楽しくもあり、難しくもあり、そして恐ろしくもあります。自分が自分のボスになったら、事業に関するすべての責任は自分で背負わなければなりません。これは雇われていたときにはわからない重責ですし、どこから始めれば良いのか最初は戸惑うかもしれません。

起業を成功させるためには、一にも二にも準備することです。初期段階からしっかり計画を立て、情報を整理し、プロフェッショナルに事業に取り組みましょう。これまでとはまったく異なる大海原へ漕ぎ出すのですから、どんなに準備してもしすぎることはありません。そのために、適切なツールを使って、しっかりした土台を作りましょう。多くの人の働き方が変化している今、ずっと起業を夢見ていた人にとっては絶好の時機です。入念な計画を立て、目標に向かって一歩踏み出しましょう。

Evernote であらゆる情報をスッキリ整理

無料で新規登録