「アイデアをもやっとした状態のまま入れられるのが良い」――いしたにまさきさんの活用術

今回、お話を伺ったのは Evernote ブログ/バッグアンバサダーのいしたにまさきさん。ブログ「みたいもん!」管理人であるだけでなく、「とれるカメラバッグ」や「ひらくPCバッグ」、Evernote Market限定版「ひらくPCバッグ Evernote Edition」のプロデュースなども手がけ、マルチに活躍されているブロガーです。その多彩なアイデアが生まれる源泉はどこにあるのか。また、Evernote をどのように役立てているのか、その秘訣を伺いました。   氏名:いしたに まさき blog:みたいもん Twitter:@masakiishitani ひらくPCバッグ Evernote Edition     「テンプレート化したものを Evernote に入れています」 ――いしたにさんは Evernote をかなり初期の段階からお使いいただいていますよね。 いしたに「そうですね。でも今は一昔前に比べると若干アクセス頻度は落ちていて、常駐させて何にでも Evernote を使うというわけじゃなくて、用途によっては他のアプリを使っています。たとえば単にメモをとるだけなら CotEditor みたいなテキストエディターの方が使いやすいし、タスク管理には Clear というアプリを使っている。なぜかというと、触っていて気持ちがいいからです。機能的に優れているというのも重要ですけど、気持ち良くないと毎日は使わない。ただ、メモにしてもタスクにしても、そこにずっと溜め込むものではないんですよね。メモツールにしろタスクアプリにしろ、あくまで一時的な窓口。いざ残しておくとなったら、Evernote を使うんです」   ――Evernote に入れるか判断する基準はあるのでしょうか。 いしたに「自分の中でテンプレート化されているものってありますよね。たとえば定期的に参加するミーティングとか。その議事録なんかは Evernote でとっています。前回の議事録をコピペして、そこに上書きしていくから。だいたい5回くらい繰り返して使うようなものはテンプレート化して Evernote に入れておくんですよ。3回目くらいで『そろそろテンプレ化しないとまずいかな』と思い始めますね」   「フラグを立てたものは全部 Evernote に送られるようにしています」 ――いしたにさんはこれまでに多数の著書を執筆されていますが、そうした書籍に関する情報なども Evernote に入れていらっしゃいますか。 いしたに「書籍の執筆でも Evernote は使いますが、主に最初のフェーズですね。まず書籍用のノートブックを作って、そこにネタをどんどん放り込んでいくんです。ウェブクリップや写真など、何でも。ネタがある程度の数になったら Evernote ノートブックを編集者と共有することもあります」 ――そこからネタを整理して書籍の執筆に? いしたに「いや、整理のために時間を使うのが嫌なんですよ。そのために Evernote を使っているので、基本的にはどんどん入れていくだけです。ネタの中で使えるのは3割くらいで、多くは使えないネタになります。使わなかったネタは『使わないネタ』として分類しておきます。今回は使わなくても情報を一応とっておくと、将来近い領域の本を書くときに使えることがあるんです。そのときは検索で出てきてほしいんですね」 ――なるほど。またゼロからネタを探すのは大変ですからね。 いしたに「ゼロから動かなくていいということが大事なんですよ。でないと心が折れてしまう(笑)。さぁゼロから書くぞってなるとダメなんです。ネタや作業途中の原稿があって、そこから始めるとスムーズです。そのためにはどこかにネタをためておく場所が必要で、私にとってはそれが Evernote なんです。だからといって、わざわざ『情報収集の時間』というのは作っていません。普段やっていることから、Evernote につながるように環境を作っています」 ――というと? いしたに「たとえば Twitter で気になる情報が流れてきたら”お気に入り”に登録しますよね。すると、それが IFTTT を経由して Evernote に送られるようにしているんです。Gmail でスターをつけたメールも Evernote

Continue reading…