Tag お薬手帳

テンプレートで自分好みに着せ替え――ブロガー・とみーさんに聞く使い方

Evernote の使い方は人それぞれ。真っ白いノートだからこそ、どんなふうにでも使えるのが長所ですが、一方で初心者の方は「どんなふうに始めたらいいのかわからない」と悩まれる方もいらっしゃるようです。 そういった方におすすめなのが、他のユーザなどが作成した Evernote のノートテンプレートを使ってみる方法。ブログ「第0版 PCとインテリアが好きなアラサー独女の雑多なブログ」ではブロガーのとみーさんが作成されたおしゃれでかわいいテンプレートが取り揃えられています。 長野県在住の OL であるとみーさんは、なぜ Evernote のノートテンプレートを作ろうと思われたのでしょうか。また、とみーさんご自身はどのように Evernote を活用されているのでしょうか。お話を伺いました。 どのデバイスからも使えて保存容量無制限なのが魅力 ――まずはとみーさんが Evernote をお使いになったきっかけから教えてください。 とみー:もう結構前のことですが、あるまとめサイトに「おすすめソフト」の一つとして載っていたことが知ったきっかけです。気になって調べてみたら、メモ帳でもあり、画像やウェブページも保存できるということで、これはいろいろなことに使えそうだなと思って始めました。 ――どんなところに惹かれたのでしょうか。 とみー:一番の魅力は、どのデバイスからでも使えるということでした。当時学生だったのですが、自宅だけじゃなく学校の PC からでも使えるので、いちいちデータを USB メモリに入れて持ち歩かなくていいのがよかったですね。 ただ、最初はそこまで使いこなせなくて、卒業研究や日々のメモなどを保存していたくらいでした。しっかり使うようになったのは、ここ 1 年くらいです。ミニマリズムに目覚めて、書類を減らしたいと思ったのです。取扱説明書などをスキャンして保管しておく場所が必要になったので、保存容量が実質無制限の Evernote が向いていると思いました。 Evernote テンプレートを作った理由と思い ――とみーさんは、とても素敵なテンプレートをブログで公開されていますよね。そもそもなぜ Evernote のテンプレートを作ろうと思ったのですか? とみー:Evernoteってシンプルですよね。それが良い点でもあるのですが、自分らしさを出したかったり、気分によって着せ替えするようなイメージで色分けができたらな、と思い作成しました。 色があると、どのノートを開いているのか瞬時に判断できるメリットもあります。当初は自分のために作ったのですが、共有リンクという機能があることを知り、ブログを通じて皆さんに配布できたら便利じゃないかと考えて配布することにしました。 ――「見出し」や「災害備蓄品リスト」、「レシピブック」といった実用的なテンプレートから、「おつきあいノート」「3 行日記」のような、とみーさんならではのユニークなテンプレートまで多彩ですね。 とみー:ありがとうございます。いつも「どういうテンプレートがあったら便利かな」と考えながら作っています。 とみーさん作成のテンプレート一覧はこちら 自宅にあるものをデータベース化して生活の効率化を実感 ――ところで、とみーさんご自身は、普段 Evernote をどのように活用されているのでしょう。 とみー:スキャンをメインにして使っています。小さな紙でもたまっていくとかさばりますし、それをスキャンして Evernote に保存することで、紙は必要なくなり情報をスマートに保管できます。 レシピサイトのレシピを自己流にアレンジして、それを保存したりもしています。「この前作った料理、おいしかったからまた作ろう」と思ったときに、その都度レシピを探す手間が省けます。味も家庭によって違うことがあるので、自分なりの配合を見極めながら Evernote に保存して日々の料理に活用してます。 他に保存しているものとしては、お薬手帳、救急箱の中身、給与明細、年賀状、取扱説明書、Web ページなどです。 Web クリッパーを使って昔、mixi で書いていた日記や、かわいい画像のまとめサイトなんかを保存しています。ブラウザブックマークでもいいのですが、膨大な量になるし、検索もできないので Evernote が向いていますね。 それから、救急箱を見える化しておくと、同じ薬を買ってしまうことがなくなるのでおすすめです。調味料や洋服なども今後は見える化していきたいですね。給与明細は、時間がたったときに見返して、初任給からこれだけ上がったぞ!とテンションを上げるために保管しています(笑)。 ――ご自宅にあるものがかなりデータベース化されそうですね。 とみー:社会人になってから在庫管理の仕事に携わっているので、自宅もつねに在庫管理したいというのはあるかもしれません(笑)。 ――Evernote を使ってみてよかったこと、効果を実感されることはありますか? とみー:まず、ものが減りました。紙類はスキャンすれば捨てられますし、先ほど言ったように救急箱の中身がわかるので、外出先でも常備薬があるかを確認することができ、「あの薬まだあったかな、とりあえず買って帰ろう」ということがなくなりました。 また、Evernote に入れたマイレシピをローテーションで回すようにすることで作業効率が上がり、料理を作る速度が上がったと思います。毎日仕事もあるのでなかなか時間がとれないのですが、そんな中でも弁当や夕飯などが効率よく作れるようになったと実感しています。 ――今後、やってみたい Evernote の使い方はありますか? とみー:写真のテンプレートを作って、アルバムみたいに使えたらと思っています。1 年ごとにアルバムに写真をまとめて、友人と共有できたらいいですね。

Continue reading…

Evernote プレミアムで広がる活用術 その 1・家事を効率化

Evernote プレミアムは活用されていますか?すでにご活用いただいているみなさまにはいうまでもありませんが、プレミアム機能の便利さは実際に使ってみないとなかなか分からないもの。 Evernote プレミアムは月払いも可能ですから、まず数ヶ月間、そのパワフルな機能を体験してみることも簡単です。 「Evernote は使っているけれど、プレミアムの必要はない」「プレミアムの便利さがあまり分からない」というみなさまに向けて、今日から 3 回にわたり、Evernote のプレミアムの便利な機能をいくつかのユーザ像・シーンに分けてご紹介していきます。 まず 1 回目の今日は、主婦・主夫として忙しい毎日を送るみなさまにオススメのプレミアム機能活用法をご紹介します。 専業主婦・主夫の方から兼業、お子さんがいる方・いない方など、立場は違っても「効率的に家事をしたい」という思いは同じはず。「マメな作業は苦手」という方でも、無理なく使える機能をピックアップしましたので、ぜひ気になったものから試してみてください。 コンテキスト機能でレシピ探しの手間を省略 家事の中でもっとも頭を悩ませるのが、毎日の献立を考えることではないでしょうか?家族の好き嫌いやアレルギー、冷蔵庫の材料、作る手間など、様々なことを考えなくてはいけません。そこでお勧めなのが、料理のレシピを一つのノートブックに保存して、自分だけのオリジナル料理ブックを作ることです。 料理のレシピは、料理本だけではなく、インターネットやテレビ、雑誌、新聞など、さまざまなところに載っていますよね。人から聞いたものを、メモすることもあるかもしれません。「これは」と思うものを見つけたら、すべて一ヶ所に保存しておきましょう。 パソコンのブラウザを使って、Webページ保存する方法 スマートフォンのブラウザを使って、Webページを保存する方法 スマートフォンのカメラ機能を使って、紙のページを保存する方法 また、ある程度レシピが溜まってきたときに便利なのが、プレミアム機能のコンテキストです。コンテキストとは、そのノートに関連する記事やノートを、ノートの下に自動で表示してくれるというもの。似たような別のレシピが出てくるので、新たな献立のヒントを得ることができます。 お薬手帳をデータ化し、画像内や手書きの文字まで、必要なときすぐに検索 新しい病院に行ったり、薬でアレルギーが出たりしたとき、過去の服薬の記録がまとまった「お薬手帳」があると便利です。ただ、家族全員分の手帳を持ち歩くというのは、あまり現実的ではありません。そこで活躍するのが Evernote。「パパのお薬手帳」「△△ちゃんのお薬手帳」と、ノートブックごとに分け、それぞれの健康診断の結果や、アレルギー、既往歴、服薬の記録などを保存しておきましょう。 一度 Evernote に保存しておけば、以前に処方された薬も簡単に検索ができます。Evernote では、スキャンした薬の説明書や健康診断の結果といった画像内に含まれる文字、さらには手書き文字も検索の対象になります。 こうして作った「お薬手帳」ノートブックは、家族みんなで共有しておきましょう。お互いの健康状態を「いつでもどこでもアクセスできる」ようにしておくことが、万が一のときの備えになります。 パソコン、スマートフォンでのノートブックの共有方法 オフラインノートブックで安心の海外旅行 お友達や家族との海外旅行。ただでさえ荷物が多いのに、旅行関係の書類やパスポートといった証明書など、全員分を管理するのはなかなか大変です。そんなときはぜひ、Evernote を活用してみてください。 まず、旅行に関する情報は、一つのノートブックを作って、そこに保存していくようにしましょう。旅程表からホテル・レストラン情報、クレジットカード会社や日本語が通じる病院の連絡先、パスポートや海外旅行保険などの証明書など、あらゆる情報を一か所にまとめておくことがポイントです。 そして、インターネット接続の有無に関わらず、モバイルから、Evernote へのアクセスを可能にするのがプレミアム機能のオフラインノートブック。 例えば、「空港には着いたけど、ホテルまでの行き方が分からない」とか、「日本語が通じる病院に行きたいのに、ネットがなくて調べられない」と、困った経験はありませんか?海外では、「インターネット接続が不安定」、あるいは「データローミングの料金が高すぎて気軽に使えない」という場合がほとんど。そうした状況でも、Evernote のオフラインノートブックを事前に設定しておけば、慌てず、安心して海外旅行を楽しむことができます。 スマートフォンでのオフラインノートブックの設定方法 あらゆる情報をどんどん取り込める、月10GBのアップロード容量 あらゆる情報が保存できる Evernote には、このほかにも多くのものを取り込むことができます。以下はその一例です。 – 習い事に関する Web ページや書類 – 行ってみたい観光地やレストランの情報 – 仕事や育児に役立つ Web や雑誌の記事 – ペットの成長記録や健康に関する情報 – 年賀状などのハガキや、大切な手紙 – お子さんの学校や保育園のプリント 「これを保存しておいたら、あとで家事が楽になりそう」とか、「この情報、いざという時に役立つかも」というものは、たくさんあると思います。それらを、アップロード容量を気にせずにどんどん取り込めるのが、Evernote プレミアムの良いところです。保存すればするほど便利さが感じられると思いますので、ぜひ活用してみてください。 Evernote ブログでは、このほかにも多くの使い方をご紹介しています。 「主婦向けの、もっと違った使い方が知りたい」という方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。 片付けのコツは「本当に好きなものだけを残す」こと——整理アドバイザー・小西紗代さんに聞く主婦のための収納術 整理収納アドバイザー山口さんに聞く、Evernote を使ったデジタル収納・子育て術