Tag ほたかける

デジタルレシピ研究家・花岡貴子さんと声優のほたかけるさんが、女性にオススメの Evernote 活用法を伝授

7 月 11・12 日の 2 日間にわたり「Evernote Days 2014 Tokyo」をお台場の日本科学未来館で開催しました。Evernote が日本で開催するイベントとしては過去最大規模。各業界の第一線で活躍する多彩なゲストやスピーカーを迎えて、「記憶の未来」をテーマにさまざまなセッションが行われました。 これまでに以下のセッションをレポートしてきました。 脳科学者・茂木健一郎氏が語る「イノベーションの起こし方」 投資の世界で勝ち残るにはどうすればいいのか——投資家・藤野英人氏が語る記憶の未来とは ライフハッカー、ハフィントン・ポスト、WIREDの現役編集長が語ったウェブメディアの現状と将来 写真で振り返る Evernote Days アンバサダーセッション 東大寺が1200年の歴史で受け継いできたものとは——東大寺住職・森本公穣氏が語る「記憶の未来」 「未来へと記憶を伝えるために大切なのはビジョンを持つこと」——MIT メディアラボ副所長 石井裕 氏が語る記憶の未来 今回はその中から、Days 2 に行われた Evernote 女史会の模様をレポートします。 日本の Evernote ユーザ女性比率は 20% 弱 Evernote 女史会は、そのセッション名の通り、3 名の女性 Evernote ユーザによる対談企画。デジタルレシピ研究家の花岡貴子 氏と声優のほたかける 氏、そして Evernote マーケティングの上野美香が登壇しました。 (左から)Evernote 上野、声優・ほたかける 氏、デジタルレシピ研究家・花岡貴子 氏 まずはお二人のプロフィールから紹介しましょう。花岡貴子さんはデジタルレシピ研究家として活躍される一方、Evernote に関する書籍も多数執筆されており、その他、競馬評論家、プログラマー、ライター、ファイナンシャルプランナーなど、様々な分野でご活躍です。 そして、ほたかけるさんは、CM やゲームなど様々なジャンルで活躍されている声優さん。学生時代から Evernote のヘビーユーザとのことで、Evernote 日本語ブログでも過去にほたかけるさんの使い方を取材させていただいたことがあります。 最後に、Evernote から上野美香。Twitter の日本でのマーケティング、ブログメディアでの編集長を歴任し、現在は Evernote でマーケティングを担当しています。 そもそもなぜ今回「Evernote 女史会」が催されたのか。 実は日本の Evernote ユーザは男性に偏っており、その比率はだいたい 2:8。もっと女性にも Evernote を使っていただきたいという思いから、今回の女史会開催に至ったというわけです。 そこでまずは、花岡さんとほたさんそれぞれの Evernote との出会いについて伺いました。 女性にとっての

Continue reading…

インターネット時代のクリエイター必見!声優が実践する作品とアイデアの整理法

CMからゲームなど、様々なジャンルで声優として活躍中のほた かけるさん。表現者としての活動に Evernote がどう役立っているのかを伺いました。 氏名:ほた かける ブログ:CN2&TEAR* Twitter:@cn2_kakeru 「整理することが苦手なので Evernote は重宝しています」 ——いつ頃から Evernote をご利用ですか? ほた「Evernote は学生時代から自然に使っていました。学校や家で研究をするときに、いちいちデータを USB メモリで持ち帰っていると、なくしてしまうリスクがあると思って、それよりも Evernote を使った方が楽かなと。 最初は授業のノートをとって保存したり、もらった紙類を PDF にしてとりあえず入れておいたりしていましたね。私は本当に整理することが苦手で……(笑)。Evernote はキーワードを入れておくだけで検索できるのが助かっています」 ——そこから現在はお仕事でも使われているわけですね。 ほた「そうですね。使っているうちに Evernote で録音もできることに気づいたので、声優のレッスンを録っておくのに使うようになりました。 今はボイスサンプルを入れておいてすぐに出せるようにしておくのはもちろん、作詞のお仕事で仮歌を入れておいたり、台本をもらったら自分の声をボイスメモで録音して入れておいたり、勉強会を録音したりしています。 最初はローカルで保存していたのですが、クラウドに上げておいて後から検索できた方が絶対便利だなと」 ——声優さんのお仕事と Evernote は相性が良さそうですね。後から検索するために何か工夫していますか? ほた「命名規則だけ決めていて、どの単語で検索すれば何が出てくるかわかるようにしていますね。たとえば日付とか、ライブの主催者の方の名前とか。 あとは請求書や年賀状をお送りするときに、自分が担当したキャラの絵を描いて送るのが好きなんです。それもキャラ設定や絵をあらかじめ Evernote に入れておいて、検索ですぐ出せるようにしていますね。 逆にタグはあまり使いません。タグだとつけ忘れて取りこぼすことが多いので、今はもう検索一本勝負です(笑)」 Evernote が便利なのは、写真もテキストも音声も全部が入るから ——声優さんにとっては「声」が作品だと思いますが、その意味では表現者の方が作品を入れておける場所になっているわけですね。 ほた「何より、探さなくていいというのが良いですね。昔作ったファイルがどこにいったかわからなくなって、結局見つからないことって多いと思うのですが、Evernote を使い始めてからは作品や宣材写真なんかもすぐ出せるようになって、とても便利になりました」 ——他にはどんなものを入れていますか? ほた「何でも入れています。たとえば作詞に関してはあらかじめフレーズをいっぱい考えておいて、Evernote に入れておくんです。そうしておくと、コンペなどがあったときは作詞の作業がすごく早くなるんですよ。 あとは台本も紙のまま全部を持ち歩いているとすごい量になるので、特に練習したいところは iPhone で写真に撮って Evernote にアップしておきます。帰ってからそれを見ながら練習したりしますね。 歌のお仕事のときは楽譜をスキャンして入れておいたり、仕事のネタになりそうなものをクリップしたり、進捗状況や日報をメモしたり。写真もテキストも音声も全部が入るので重宝しています」 頻繁にアップデートするノートはノートブックを分けておく ——プライベートではいかがですか? ほた「アイドルの衣装の写真を集めるのが大好きで、iPhone のアルバムに写真を保存したら自動的に Evernote に入るよう IFTTT でレシピを作っています。指定したアルバムとだけ連携できるのが便利ですね」 ——収集が趣味だと Evernote はぴったりですね。 ほた「あとは趣味でアクセサリを作るので、作りたいデザインや参考になる写真なんかをクリップしていますね。アニメキャラをモチーフにしてアクセサリを作るという二次創作活動をやっているのですが、それをまとめたノートブックもあります」 ——ノートブックはどのように使い分けされているのでしょう。 ほた「最初に作ってもう使っていないノートブックも多いのですが、今も使っているものだと、参考資料やテンプレート系、担当キャラをまとめたものなどがありますね。 先ほどの衣装のまとめや作りたいアクセサリのまとめ、ライブでのやることリストなど、よく参照するものや頻繁にアップデートしていくノートに関してはノートブックを分けています」   ——お話を伺うと、ネットに限らず表現活動をしている方にとって Evernote

Continue reading…