もしサンタクロースが Evernote を使ったら

もうすぐクリスマス。善い行いをした子どもにプレゼントをくれるサンタクロースは、手紙を届けてくれる団体があったり、世界各国の公認サンタクロースなる人々を束ねる協会もあったり、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が戦闘機を飛ばしてその姿を追跡してみたりと、クリスマスのシンボルとして世界中から愛される存在となっています。 さて、 NORAD によると、サンタクロースは「1 軒あたり 0.0002 ~ 0.0003 秒の速さ」で世界中の家庭を回っているらしいです。そう考えれば、「私たちとは異なる時空間」で活動していると考えるのが妥当とのこと。つまり、私たちにとっての 24 時間が、サンタクロースからすれば何週間や何ヶ月に値するかもしれないというわけです。 それならば、私たちはこう考えます。子どもたちの 1 年の行いを把握し、喜ばれるプレゼントを渡すために、あらゆる情報を集約できる Evernote をサンタクロースが使っていても何ら不思議ではない、と。 そこで世界のどこかにいる「サンタクロース」に向けて、Evernote がいかに役立てるかを考えてみるとします。 1.インターネット環境があってもなくても作業できる iPhone の音声認識ソフト「Siri」にサンタクロースの居場所を聞いてみると、いつもは「北極」にいるとのこと(ちなみに、 Siri とサンタクロースは友達らしいです)。 北極でもインターネットは通じるようなので、 Evernote もおそらく通常通りに使用できるでしょう。ひところ前までは地下鉄の移動中だって電波が一切入らなかったものですが、通信網の整備っぷりはありがたい限りです。 北極に限らず、子どもたちの動向を視察すべく、仮に電波が届かないような深い森の奥を訪れてインターネットにつながらない時があっても、「オフラインノートブック」機能が使えるので情報収集を続けられます。 デスクトップ版の Evernote ならパソコン内にもデータが保存されるためオフラインでも作業できますが、 Evernote プレミアムまたは Evernote Business に登録すれば、スマートフォンなどのモバイル端末でもオフラインノートブックを使えます。世界のどこにいても、電波があってもなくても作業できるのです。 2.子どもたちそれぞれのノートブックを作成 サンタクロースたるもの、子どもたちの 1 年間を真摯に見つめ、その行いを記録しておく必要があるでしょう。たとえば「2015 年 絵羽 乃音くんの記録」といったように、 1 年に 1 冊ずつ、それぞれのノートブックを制作するのです。 頑張ったことや印象的だったことを、テキストや写真、ボイスメモとしてノートに残し、作ったノートブックにまとめていきます。この時、いつでもたくさんの情報を収集するため、 Evernote は「プレミアム」にしておくのが望ましいです。プレミアムにアップグレードすることで、前述のオフラインノートブックを使えますし、何よりアップロード容量も気にせず使えるからです。 ちなみに、サンタクロースは子どもたちを動向を見つめているとはいえ、自分ひとりで見切るのは難しいでしょう。想像するに、全世界の「お父さん・お母さん」の無意識をハックしており、彼らの視線を通して情報を粛々と採集している可能性が高そうです。つまり、お父さん・お母さんは、我が子の 1 年間をしっかり見つめてあげるほどに、サンタクロースも助かるわけです。 3.子どもが好きなもの、気になるものの情報を Evernote で収集・集約 さて、ノートブックをつくったら、いよいよ 12 月のご褒美に向けて、子どもが喜ぶプレゼントを絞っていかなくてはなりません。興味をもったものは何か、友達と熱中している遊びは何か、やる気をもって取り組んでいることは……あらゆる動向が参考資料になるでしょう。 ハマっているアニメやスポーツなど、取っ掛かりが得られたら情報収集しましょう。たとえば、おもちゃの通販サイトや新製品情報をチェックして、気になるものがあれば Evernote にページごとクリップ。 URL をコピーするよりも簡単なのが『Evernote Web クリッパー』をインストールすることです。 また、 Evernote Web クリッパーの「関連結果」を有効にすると、 Google

Continue reading…