製造業の現場を大幅に効率化した Evernote Business の活用方法 – アコオ機工

新幹線などの鉄道車両に使われるアルミ部品を中心とした製品を手がける株式会社アコオ機工。昨年 10 月に Evernote Business を導入し、大幅な業務効率化を図ることに成功しています。製造業の現場で Evernote Business がどんな役割を果たしているのか、同社代表取締役の間鍋秀樹さんにお話を伺いました。 社内の情報共有を改善するために Evernote Business を導入 ――本日はよろしくお願いいたします。まずは Evernote Business を導入された経緯について教えていただけますか。 間鍋:実は Evernote 自体は 2010 年ごろに一度使ってみようとしたことがありました。そのときはあまり馴染めずに使わなくなってしまったのですが、その後、兵庫県中小企業家同友会(以下、同友会)で Evernote のビジネス版の存在と便利さを知って、また使ってみようと思いました。 ――すでに Evernote のことはご存知だったのですね。二度目はなぜ使おうと思われたのでしょうか。 間鍋:同友会で Evernote Business を見たときに、ノートの画像がサムネイルで時系列に並んでいるのを見て、便利そうだなと思ったのです。ちょうど社内の情報共有がなかなかうまくいかないという課題を抱えていたこともあり、導入を検討することにしました。 ――具体的にどんなことがうまくいっていなかったのでしょうか。 間鍋:主にファイルの管理です。フォルダで管理するというやり方が染み付いていて、各自が自分の PC に保存している状態でした。これでは社員がやっていること、取り組んでいるプロジェクトの状況が私や他の社員から見えにくい。これを解消したかったのです。 情報に文脈を残せることが Evernote Business の他にはない魅力 ――他のサービスは検討されましたか。 間鍋:他のクラウドストレージサービスとも比較しました。Evernote が優れているのは、更新されたノートが上に来ること。ノートブックは一つのストーリーを作ることができるのです。たとえば見積書ノートの後に商談記録ノートが来て、さらに再見積もりノートが続く……といった具合に情報に文脈を残せるので、時間軸の理解がしやすいのです。 ――ビジネス版を選んだ理由は? 間鍋:会社で仕事として使う以上、権限処理をしっかりしたかったのと、ノートブックの共有をスムーズにしたかったからです。 ――導入時、社員の皆さんの反応はいかがでしたか。 間鍋:やはり慣れない人も多いですよね。特にシニア層はそうです。ただ、1 年間使用して、管理者としては Evernote の世界観をつかんだという実感があります。社員自身にもメリットがあるツールなんだということをもっと実感させていきたいと思いますね。 紙とデジタル、双方の長所を生かして ――Evernote Business の使い方を具体的に教えてください。 間鍋:まず、社則や就業規則といった基本的な社内のルールは Evernote に入れています。それから研修や展示会のチラシ、納入予定表などもスキャンして電子化し、保存しています。 ――ペーパーレスを目指しているのでしょうか。 間鍋:良し悪しですね。製造業の現場はまだまだ紙の方が適していることも多いんです。パッと配れてマーカーやペンで大事なところにザッと線を引いたりできます。電子化してタブレットなどで見るのではこうはいきません。 ――たしかに。 間鍋:ただ、紙は保管や保存には適していません。ファイリングしても場所を取りますし、検索もできません。大事に保管しておいても次第に傷んでいくので、ここはデジタルが勝りますね。 “会議のための会議”がなくなり 3 ヶ月かかっていた仕事が 2 ~ 3 週間に ――適材適所ということですね。Evernote Business 導入の理由でもあった情報共有についてはいかがでしょうか。

Continue reading…