連携製品: Evernote for Outlook でできること

もうすぐ新生活をスタートさせるみなさんを応援する、新生活応援ブログを掲載中。Evernote は他のアプリと連携することができるのをご存知ですか?今回はその一つ、Evernote for Outlook をご紹介します。 — Microsoft Outlook と Evernote を簡単に連携させられる、人気のアドイン「Evernote for Outlook」をご紹介します。Outlook で受信したメールを Evernote へ保存したり、Evernote のノートを Outlook の予定表に表示したりすることが可能になります。 パソコン(Windows・Mac)でお使いの場合 受信メールを Evernote に保存 Outlook.com で受信したメールと添付ファイルを、Evernote にノートとして直接保存できます。 買い物をした時の領収書メール、航空券やホテルの予約確認メール、あるいは仕事のやり取りなど、重要なメールは受信箱に埋もれてしまう前に Evernote にバックアップしておけば安心です。 ① この象アイコンをクリックすると、右側に Evernote 保存用の画面が開きます。 ② 添付ファイルがある場合、一緒に Evernote に保存するかを選択できます。複数のメールがまとまったスレッドの場合、このメールのみを保存するか、スレッドに含まれた他のメールも保存するかを選択できます。 ③ 保存先ノートブックを指定します。必要に応じて、タグやコメントの追加も可能です。 ④ 保存に関するオプションを設定できます。 設定の確認方法: 右上の歯車アイコン(赤枠)→ [統合の管理] を選択し、Evernote for Outlook のスイッチを有効にしてください。 送信メールに Evernote のノートを添付 Outlook から送信するメールの本文中に、Evernote のノートの抜粋を挿入することができます。添付されたノートは Web ブラウザに表示されるので、相手が Evernote を使っていなくても問題ありません。 ① メールの作成画面でこの象アイコンをクリックすると、右側にノートの一覧画面が開きます(初回のみログインが必要)。 ② 自分の Evernote アカウントからノートを検索できます。 ③ 相手がメールのこの部分をクリックすると、ノートが自動的に Web ブラウザに表示されます。 設定の確認方法: 右上の歯車アイコン

Continue reading…