Tag アンドロイド

Android 版のノート共有機能を強化

みなさんが Evernote に保管しているアイデアを簡単に共有できるように、すべての Evernote 製品で共有機能を使いやすくする取り組みを始めました。まず最初は、Android 版のアップデートからです。 共有の手間を最小限に ノートやノートブックの共有操作は、もっと自然でなければいけません。食べ物の写真だったり、猫の動画リンクだったり、いつも私たちは知らないうちに様々な情報を他人に共有しています。これからは Evernote に保存した情報も、同じくらい簡単に共有することができます。 読んでいた記事で印象に残るフレーズを見つけたり、仕事で何か新しいアイデアを思い付いたりした時に。これらを Evernote に保存した後は、ノートの共有リンクをメール、テキストメッセージ、または Slack のメッセージで直接送ることが可能です。この操作は、Evernote アプリだけで完結します。 この共有方法の一番のメリットは、相手が Evernote を使っていなくてもノートを共有できることです。詳細はこちら » 自分に共有されたノートを一覧表示 友人や家族、同僚からノートを共有される機会が増えてくると、それらのノートが埋もれないように整理する方法が欲しくなってきます。 新しく追加された「共有中」セクションでは、他の人から共有されたノートおよびノートブックをすべて一覧できます。また、次のいずれかの方法で検索が可能です。 名前または種類(ノートかノートブック)でリストを絞り込む タイトル順、名前順、日付順でリストを並べ替える ノートブックごと共有すれば、時間の節約に 仕事のプロジェクトで共同作業したり、家族旅行を計画したりする時は、普段よりも沢山のノートを共有するはずです。プロジェクトの企画書、旅程表、およびその他関連資料のノートをノートブックにまとめてから共有すれば、時間の節約にもなります。 ノートを共有する時に毎回メールを送るのではなく、グループ全員に共有ノートブックの中を確認してもらうように連絡するだけで済むので便利です。 この共有ノートブックは、クラウドに保存された「単なるもう一つのフォルダ」とは違います。添付ファイルやメモやコメントをページにいつでも追加できる、デジタルノートのようなものとお考えください。 どんな種類のファイルでもノートに添付して、関連コメントやタスクリスト、注釈も追加できるので、単なるメモやファイル共有の域を超えた作業が可能になります。 活用例: Microsoft Excel に家計簿を記録し、そのファイルをノートに添付したうえで、今後予定している出費や旅の計画などのリストを追加 PDF 形式の営業資料に注釈を入れ、そのファイルをノートに添付したうえで、顧客に共有したい他の関連文書も同じノートに保存 共同作業ができるように、他の人をグループに招待しましょう。招待メールが届くと、相手は Evernote にログイン(または新規登録)することでノートブックに参加できます。その後は、それぞれの参加者が画像、音声メモ、Web ページや自分のメモなどを自由に追加できるようになります。アクセス権があるユーザは、そのノートブックにある個別のノートを関係者に再共有することも可能です。詳細はこちら » ヒント: 同じグループにいるメンバー全員が Evernote をお使いであれば、共有ノートブックを情報ライブラリとして活用できるので便利です。共有ノートブックに保管する文書は、Evernote 以外の場所で作成・保存しても問題ありません。例えば Word 文書を作成してからノートに添付したり、Google ドキュメントへの URL リンクをノートに貼り付けたりしてみてください。契約書、雛形、プレゼン資料、研修資料、価格表、製品カタログなど、必要な情報を簡単に全員で共有することができます。

Evernote for Android アップデート: 自動スキャンと注釈機能

モバイル用スキャンアプリ Scannable を開発して以来、たくさんのユーザの方から「Android 端末でも同じような機能が欲しい」とのご要望をいただいてきました。Evernote にいる私たちも、全く同じ考えでした。本日アップデートした最新版の Evernote for Android では、みなさんにきっと喜んでいただける新機能がいくつか実装されています。 最新版の Evernote for Android を入手 » 書類をもっとスマートにデジタル化 Android 版の最新アップデートでは、Evernote のカメラモードがより便利になって生まれ変わりました。 アプリ内からカメラを起動したら、シンプルに 2 つの撮影モードから選ぶだけです。デフォルト設定では自動モードになっていますが、手動モードにも切り替えられます。 自動モードで撮影する場合、Evernote カメラが原稿のサイズと種類を自動検出してくれます。さらに Evernote が必要に応じて画像の切り取り、コントラストの調整など補正処理を行い、きれいなスキャンデータにします。端末を原稿の上にかざすだけで、後はすべて Evernote アプリが自動処理するのでとても簡単です。ぜひお試しください。 スキャンした直後に、画像が一時的にギャラリーに保管されます。ここで不要な画像を上へスワイプして削除し、残りの画像を Evernote に保存してください。また、保存する形式を手動で選択することも可能です。 ヒント: ギャラリーから画像をタップすると、全画面表示されます。ピンチジェスチャで拡大・縮小することで詳細を確認できます。 プレミアム機能: スマートな名刺スキャン 最新版の Evernote for Android では、名刺交換 → 名刺をスキャン → 相手へのフォローアップもとても簡単なので、ネットワーキングにぜひご活用ください。Evernote のカメラは原稿が名刺であることを検知し、連絡先情報を自動的にノートに保存します。連絡先情報は保存前に確認し、もちろん必要に応じて編集可能です。 ヒント: 自分の LinkedIn アカウントを Evernote に連携させると、LinkedIn から相手の追加情報(例: プロフィール写真)を取得できます。 他にも新機能が盛り沢山 今回の最新バージョンでアップデートしたのは、カメラ機能だけではありません。Evernote をさらに便利にする機能がいくつか追加されています。 Evernote for Android の注釈機能 自動化されたスキャン機能の次に多くのご要望をいただいていた、Evernote アプリ内での注釈機能を実装しました。 Evernote で直接、ノートに保存された画像に注釈(矢印、スタンプ、文字など)を加えられます。指示を送ったり、フィードバックを交換したりする時に便利です。また、Evernote プレミアムをご利用の方は、画像だけでなく PDF ファイルにもこの注釈機能を使用することができます。 ノートエディタの新機能 ノートに保存された画像の幅が、モバイルでの閲覧性を考慮して端末の画面と同じ幅で表示されるようになりました。また、Mac か

Continue reading…