Tag ウィジェット

iOS 10 に対応した Evernote 7.17 の新機能

みなさんと同じように、私たちも Apple の iOS 10 の公開を楽しみにしてきました。舞台裏では、iOS 10 の新機能を最大限活用するためのアップデートを Evernote に実装していました。アップデートの一部は、例えばノートの検索が速くなった、スキャンの精度が向上したなど、ユーザにとってあまり目立つ内容ではありません。その一方で、より大きな変更が含まれるアップデートもあります。iPhone や iPad などの iOS 端末をお持ちの方は、もうじき Evernote のバージョン 7.17 という新しいアップデートが入手可能になります。本日はこのアップデートの概要について簡単にご説明します。 バージョン 7.17 では、iOS 10 に実装された新機能に対応する便利な機能をご利用いただくことができます。今回のアップデートにより、みなさんが Evernote でできることが増えるだけでなく、端末の使い方の幅も広がります。 3D Touch 機能の拡張 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7 または iPhone 7 Plus をお持ちの場合、Evernote アプリのアイコンを少し深めに押すと、簡易メニューが開き、すぐに新規ノートの作成、写真の撮影、リマインダーの作成、または Evernote アプリ内を検索できます。さらに、iOS 10 から利用可能な新しいクイックアクションとして、App Store にある Evernote アプリへのリンクを誰にでも送信することができます。また、Evernote アイコンを長押しすると、iOS 端末の検索画面に追加できる Evernote ウィジェットにアクセスできます。 進化したウィジェット ホーム画面またはロック画面で左から右へスワイプすると、ウィジェットの新しい設置場所である検索画面に移動します。アップデートされた Evernote ウィジェットをそこへ追加すれば、予測候補として提案されたノートが表示されるようになります。ここにあるスイッチをタップすると表示内容が展開し、最も関連性の高いと思われるノートが 3 個まで表示され、さらに検索・カメラ・新規ノート・リマインダーの中でよく使うクイックアクションも表示されるようになります。 iMessage 「メッセージ」アプリにも楽しみな機能が加わります。iOS 10 で新登場する「App Store for iMessage」により、単なるメッセージの交換以上のことが可能になります。例えば、Evernote にあるノートのコピーを他の iMessage ユーザに共有する、といった操作が「メッセージ」アプリ内で完結するのです。Evernote for iMessage

Continue reading…

Evernote のこんな機能、知ってますか?(その 2)

「知っていそうで知らない Evernote の機能」についての第 2 回。前回は全般的な機能についてご紹介しましたが、今回はクライアント毎にある便利な機能について、いくつかご紹介します。 Evernote for Macで ドラッグ&ドロップで新しいノートができる 大切なファイルを Evernote に保存したいとき、Evernote を開いて、ノートを作成して、ファイルを添付して、という操作をしていますか?保存したいファイルをまとめて Evernote のアイコンにドラッグ&ドロップするだけで、新規ノートが作成されます。 ノートやノートブックへ一瞬で移動 先日のアップデートで追加された、最新機能です。command (⌘) + J で、特定のノートブックやノートへ一瞬で移動できます。 Evernote Helper Evernote を起動していなくても、Mac のメニューバーには Evernote Helper を常時表示させることができます。このヘルパーから直接ノートを作成したり、スクリーンショットを撮影することも可能です。 Evernote Helper がメニューに表示されていない場合、Evernote > 環境設定…を選択し、全般のタブで「メニューバーに Evernote Helper を表示」をチェックしてください。 Evernote for Windowsで インポートフォルダ インポートフォルダで指定したフォルダにファイルを置くと、そのファイルを 自分の Evernote アカウントに自動的に保存することができます。 ツール > インポートフォルダ…を選択し、「追加」をクリックし、Evernote に保存したいファイルを置くフォルダを選択、または、新規でフォルダを作成します。 スクリーンショット Mac では Evernote Helper からスクリーンショットを撮影できますが、Windows では Evernote 上で「新規スクリーンショット」を選択することで撮影できます。 Evernote for iPhoneで 3D Touchに対応 3D Touch 対応の iOS デバイスからは、クイックアクションをご利用いただけます。ホーム画面の Evernote アイコンを1回プレスするだけで、新規ノートの作成やリマインダーの設定などが行えます。

Continue reading…