Tag ウェブクリップ

物書き・倉下忠憲さんのデジタルとアナログを融合した知的生産術

『Evernote「超」仕事術』をはじめとする多数の書籍の他、ブログ、有料メルマガなど、”物書き”として精力的に執筆活動を行う倉下忠憲さん。Evernote 知的生産アンバサダーでもある倉下さんの日々尽きることのないアイデアは、いったいどのようにして生み出されているのでしょうか。デジタルとアナログを融合した倉下さん独自の知的生産術について伺いました。 氏名:倉下忠憲(くらした ただのり) サイト:R-style サイト:シゴタノ! Facebook: @rashitaportal ノート数が膨大になるとログの相転移が起きる。 ——本日はお忙しいところありがとうございます。まず倉下さんのお仕事について教えてください。物書きということで様々な文章を執筆されていますよね。 倉下「はい。ブログ「R-style」を毎日更新している他に、毎週発行の有料メルマガと、書籍の執筆などを行っています。内容は仕事術やライフハック、知的生産に関するものが多いですね」 ——まさにその知的生産についてお伺いしたいと思っていました。倉下さんは膨大な文章を執筆されていますが、書く内容やアイデアはどのようにして生み出されているのでしょうか。 倉下「私の場合、アイデアは Evernote から生まれています。一番多いのはネタ帳的な使い方ですね。ちょっとしたアイデアを放り込んだり、そうやってストックしておいたネタを引っ張りだして書籍の原稿執筆に使ったりと、短期的なアウトプットから長期的なアウトプットまですべて Evernote を使って行っています。PCを開いている間、Evernote はつねに開きっぱなしで、いわば2番目のOSという存在です。ないと仕事が回りません」 ——ネタを放り込むというと、メモをとったりウェブページをクリップしたり? 倉下「メモとウェブクリップが半々くらいでしょうか。数としてはウェブクリップの方が多いと思います。現在は、だいたいウェブクリップのノート数が12,000くらいで、アイデアを入れておく「アイデアノート」が3,500くらいですね。タグづけすることもありますが、大雑把に放り込んでおいて検索に頼ることが多いです。そうすると偶然引っかかったノートから何かひらめいたりもするんですよ」 ——過去に自分が入れておいたノートが検索で偶然出てきて、そこから何かひらめくということですか。 倉下「そうですね。ただ、この方法はノート数が10,000あたりを超えてこないと本当の面白さが見えてこないと思います。ノート数が膨大になって、何を保存したか自分でもわからないくらいになると、蓄積していたログの相転移が起きて、自分が思っている以上の価値が出てくるんです」 すべてを Evernote に集約するメリット。 ——それでもブログ、メルマガ、書籍と3つのメディアをハイペースで執筆するのはかなり大変なのではないかと思います。特にブログは毎日書かれていますよね。 倉下「ブログのネタは、思いついたものや参考になる元ネタをつねに Evernote にストックしています。さらに、自分が書いたブログ記事もアーカイブとして保存しているんですよ。こうすると、検索したときに関連ノートで過去に書いた記事とアイデアが結びつく可能性があるので。有料メルマガも同じで、過去に書いた記事をすべて保存しています。それに、有料メルマガは連載ものが多いため、先週や先々週の記事を参照する必要がありますから、保存しておくと楽なんですよね。細かいところでは、有料メルマガのテンプレートも Evernote に保存しておいて、それをコピペしてエディタで記事を書くなど効率化しています」 ——なるほど。書籍の執筆に関してはいかがですか? 倉下「書籍の場合もやはり、コアとなるアイデアをストックしています。また、書いている原稿も保存していますし、戻ってきたゲラの PDF も保存してあります。書籍の場合は長期のプロジェクトになることが多いので、タスク管理も Evernote で行っていますね。タスク管理に関しては専用ツールの方が便利だと思うので万人にオススメはしませんが、せっかくチェックボックスがあるので、簡易的な管理なら Evernote で十分なんです」 ——すべての作業を Evernote に集約しているわけですね。他にも様々なツールがあるかと思いますが、Evernote にまとめることのメリットは何かありますか? 倉下「なんといっても、探す場所が一箇所でいいということですね。タスクも資料も原稿もすべて Evernote に入っている状態なので、他のツールに探しに行く必要がありません。あとは、私は自宅かカフェで仕事をするのですが、Evernote か Dropbox にさえアクセスできれば原稿が書けるというのは助かりますね」 ——では、具体的にノートブックの使い分けについて教えてください。 倉下「まず、保存したノートは inbox ノートブックに入ります。これはいわゆる受信箱ですね。ここから、タスク管理に関することは「セルフマネジメント」に、アイデアは「アイデアストッカー」にといった感じに振り分けていきます。「アイデアストッカー」はさらに、「シンクノート」「アイデアノート」「使用済みアイデア」という3つのノートブックのスタックになっています」 ——それぞれどのような違いがあるのでしょう。 倉下「通常の断片的なアイデアは「アイデアノート」に入ります。それがもう少し時間が経って使えるものに進化したら「シンクノート」に移動します。逆に使い終わったアイデアは消すのではなく、「使用済みアイデア」に入れておきます。こういうことができるのが Evernote の面白いところですよね。普通は使い終わったものは消すと思いますが、もしかしたら今後また別のアイデアと関連するかもしれない。自分の Evernote ノートをランダムに表示できる EverShaker なんていうアプリもあります」 デジタルとアナログにはそれぞれの良さがある。 ——アイデアを Evernote から探し出す方法についてはよくわかりました。では、そうやって取り出した断片的なアイデアを、倉下さんはどのようにして”使えるアイデア”へと育てていくのでしょうか。 倉下「これは発想法の話になるのですが、たとえば何かしらのテーマで本を書くことになったとします。そうすると、私はまず自分の Evernote を検索します。検索対象は「アイデアノート」と、ウェブクリップを保存している「スクラップ」ノートブックです。本のキーワードで引っかかったノートは「進行中プロジェクト」ノートブックに移動して、そこから思いつくことを少しずつ増やしていき、本の形に育てていきます。また、そもそもテーマ自体がふわっとしていて具体性がないときは、アナログなやり方を併用します」 ——アナログなやり方というと? 倉下「アイデアトリガーカードですね。「逆から考える」とか「拡大する」とか「俯瞰する」とか、そういった視点を動かすようなキーワードが書かれた紙を持っておいて、ぼんやりとしたテーマを、そうした視点の切り替えで考えるのです。もう一つのやり方はマインドマップです。この場合は、Evernote

Continue reading…

「目録を作ることで知識の整理ができます」――北摂情報学研究所・亀田さんの活用術

初心者でも簡単にウェブサイトを作成することができるシステム「Quick Homepage Maker プロフェッショナル」の開発・販売を行う株式会社 北摂情報学研究所。その代表を務める亀田学広さんは、Evernote のヘビーユーザでもあります。 社外でも大学での講師など幅広く活動を続ける亀田さんに、Evernote での情報整理術を伺いました。 氏名:亀田 学広(かめだ たかひろ) Web サイト:株式会社 北摂情報学研究所     「Evernote には何度か挫折しています」 ――亀田さんが Evernote を使い始めたのはいつ頃だったのでしょう。 亀田「もう2、3年前でしょうか。私はもともとよくメモをとる方で、最初は Dropbox と同期できる iPhone アプリでやっていたんですね。ただファイルは増える一方だし、Dropbox だとファイルを開かないとすぐに中身も見えない。そんなときにブログか何かで Evernote を知ったんです」 ――そこからずっと使っていただいていると。 亀田「いえ、実は何度か挫折しているんですよ(笑)」 ――えっ、それは意外です。 亀田「最初の挫折は、ノートブックをどうやって分類しようか考えていたときでした。ウェブで調べてみたんですが、みんな違うことを言っているんですね。「001」とか「002」とか数字をつけなさいとか、さらにタグでも整理しなさいとか。それを見て、「あ、ダメだ」って(笑)。アンインストールしたわけではなくて、入れたままにしているんだけどそんなに使ってはいなくて……という状況になってしまったんです」 ――(笑) 亀田「2回目の挫折は会社内で使おうとしたときです。きっかけは社内ウェブを作っていたときにサーバが落ちたこと。保存してあったデータが見られなくなってしまい、やっぱりデータはオフラインで持ってないとダメだということになって、社内で使い始めたのです。ただ、ウェブが復旧したら結局データはそのままそこで見られるので、まぁいいやとなって誰も使わなくなってしまったんです」 ――なるほど。では逆に何がきっかけで Evernote を使われるように? 亀田「それはですね、社外の人たちと使ったことがきっかけなんですよ。今、学びのスペースを作っているのですが、一緒にやっている人が服飾デザイナーとかカンボジア支援をやっている人とかで、IT に詳しくないんですね。彼らと状況を共有するために Evernote の使い方をプレゼンしたら、みんなが情報を何でも放り込むようになって、今はすごく使っています」 ――たとえばどんな情報を共有されているのでしょう。 亀田「たとえばオシャレなカフェの写真を撮って、こんな感じのスペースにしたいってことで共有したり、模造紙に大きく書いた会議資料を写真に撮って保存したり。あとはマーケティングの教材とか、メモとか、各自自由に使っています。社内ではプロジェクト一つにつきノートを一つ作って、そこに開発に関するコンセプトやスケッチを入れたりしますね。私は写真をすごく使うので、ノートにはかなり画像が多めです」 ――たしかにノートを拝見すると、画像がたくさん入っていますね。 亀田「私は何でも手書きで絵にするのが好きなんですよ。文章にすると誰も読んでくれないので(笑)絵に描いて示します。そのときは Evernote アプリのカメラを使います。スキャナも持っているんですけど、使わなくなっちゃいましたね」 ――たしかに写真で十分なときは多いですね。   「Evernote に目録を作ることで知識の整理ができます」 亀田「あとはノートリンクをよく使っています。大量に溜め込んだノートにアクセスできるように、解説をつけてノートリンクで目録を作っておくんですよ」 ≫ノートリンクの使い方を見る ――後から見直すためですか? 亀田「いえ、目録は作るだけで、後から見ることはあまりないんです。重要なのは、目録を作ることで、Evernote の中に何が入っているかを把握した状態になれることなんです。ノートリンクで目録を作るという作業をすることで、知識を整理できるんですよ」 ――なるほど。「Evernote に入っている」という情報を整理して記憶するためにノートリンクを使われているんですね。 亀田「そうです。Evernote に情報を入れても、その内容やどこに何を入れたのかは記憶しきれないですよね。だから、「ここを見ればいい」という目録を Evernote に集約するんです。もちろん、あとから検索でも情報は取り出せます。ただ、ウェブクリップなどを大量にしていると、どうしても検索にノイズが増えますよね。そこで、まずは目録で絞り込むようにしているのです」   「Evernote がなかったらと思うと、頭が痛いです(笑)」 ――ノートブックやタグに似た使い方ですが、目録は作ること自体に意味がありますから一石二鳥ですね。ウェブクリップではどんな情報を入れていますか? 亀田「ウェブクリップでは分野を問わず、気になったものは何でも入れていますね。研究や仕事に関係がなくてもです。たとえば……「おかゆの作り方」とか、「ガムテープの歴史」とか、「肌のお手入れ法」とか(笑)。あとは Facebook のグループで話していた内容をコピーして貼り付けたり。よく有意義な話が展開されるんですよ」 ――なるほど。ところで亀田さんは

Continue reading…

「移動中もスマホで情報を取り出せて就活生におすすめです」――伊澤諒太さんの活用法

今回、お話を伺ったのは Evernote キャリア教育アンバサダーの伊澤諒太さん。起業家であり、国際キャリアコンサルタントとして活躍されている伊澤さんは、モバイル会員10万人を超えるキャリア支援組織の役員として、スマートフォンを活用した就活を支援しています。伊澤さん自身の Evernote 活用法、そして就活生にオススメの活用法など幅広く教えていただきました。 氏名:伊澤 諒太(いざわ りょうた) 所属:株式会社ハタプロ、キャリアデザインハウス ブログ: みんなの就職活動日記 Twitter: SHUKATSU_witter   「アナログとデジタルの情報収集と整理が効率化できるツールです」 ――まずは伊澤さんが Evernote を知ったきっかけを教えていただけますか。 伊澤「2009年くらいの話なんですが、当時大学4年生で、ウェブサイトを立ち上げて起業しようとしていたんですね。それをいろんな人に言っていた際に、役立つツールがあるよと先輩に教えてもらったのが Evernote でした」 ――Evernote のどこが便利だと感じましたか? 伊澤「Evernote って、紙に書いた手書きの文字でも認識して検索できますよね。もちろんウェブクリップも簡単にできるし、自分でテキストを打ち込んでおくこともできる。つまり、アナログとデジタルの情報をまとめることができるから、情報収集と整理を効率化できるんです」 ――それが伊澤さんのお仕事にも役立っている? 伊澤「ええ。今やっているキャリアコンサルタントという仕事は、学生の支援だけでなく、採用担当者への企画提案や大学の就職課への指導なども行います。その際、海外の事例や学生の動向など、旬な情報を知っているということが大きなポイントになります。Evernote を使うと先ほど言ったように情報収集が効率化できるので、とても重宝しています」   ――具体的にはどんな情報をノートに入れているのでしょう。 伊澤「手書きで書いたアナログノートをスキャンして入れたり、ウェブから記事をクリップしたり、あとはアイデアメモなどを入れたりしています。他にはスタッフ管理や経営戦略、財務会計などについてのメモ、請求書、進行中の仕事の資料など、何でも入れていますね」 ――仕事の資料はどのように管理されていますか。 伊澤「プロジェクトごとにノートブックを作って管理しています。僕はあまりタグをつけないんですよ。基本的にはノートブックで管理して、必要なノートは検索で引き出すというやり方です。たとえば紙のノートを入れておく場合、スキャンする前にあらかじめ『キャリア』とか『経営戦略』とか、キーワードをノートの隅の方に書いておくのです。こうすることで Evernote での検索精度を上げることができます。自分のポートフォリオを入れておいて、お会いした方にiPadなどでサッと見せることで、仕事のお話に発展することもあります」 「国内外のスタッフとプロジェクトの資料などを共有しています」 ――共有機能も使われますか? 伊澤「財務会計はスタッフと共有しています。また、プロジェクトも担当スタッフと共有することがありますね。たとえば以前、日本と台湾でコラボした『TONARI GIRLS』というイベントをプロデュースしたのですが、そのときに台湾スタッフと情報をリアルタイムにシェアするために Evernote を共有して使いました。FacebookやLINEなどで連絡を取り合い、Evernote で情報を共有するという組み合わせです」   ――たしかにプロジェクトを円滑に進行するためには、離れていても簡単に情報を共有できる Evernote が役立ちそうですね。 伊澤「そうなんです。国外だけでなく、国内の学生との交流にも役立っています。たとえば全国の大学で講演させていただく機会があるのですが、一日だけの講演で関係を終わらせるのではなく、Facebookや Evernote を使うことで継続的にサポートすることができます。例えば「スマートフォン就活実用術」といった資料や情報は Evernote で共有して、共有したよというお知らせにFacebookやLINEを使っています」 「自主的にグループで共有ノートブックを作って、情報を交換している学生もいます。これは四ツ谷キャリアスクール発行の就活新聞『JOB STAR』というものなのですが、デジタルで作ったものをセブンイレブンのネットプリントで実際に印刷してもらうという配布方法をとっています。」 ――デジタルとアナログを自然に行き来しているのですね。 「就活生にとっては、デジタルとアナログの情報を一元化できるのが強み」 ――他に就活生にオススメの使い方はありますか? 伊澤「就活ノートとしての利用はオススメです。就活では一社だけ受けるということはありませんから、同じ業界でも何社も企業研究しなければいけません。その中で企業同士を比較するためには、情報を一つの場所に一元化しておく必要があります。また就活における情報収集は、情報源もアナログ・デジタル問わず様々です。説明会やOB・OG訪問などでは手帳に手書きしたメモになるでしょうし、ウェブから拾う場合はデジタルデータです。他にも新聞や雑誌の切り抜きなど、印刷物が情報源になることもあります。これらのデータを一元化して整理できるのは Evernote の大きな強みです。クラウドサービスなのでデバイスを問わずいつでも確認できますし、ノマドワーカーのように移動の多い就活生にはぴったりのツールだと思います」

  • 1 2