Tag オフライン

オフラインノートブックを使いこなそう

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business いつでも必要な情報を記録できる Evernote。打ち合わせの議事録と一緒に名刺を保存したり、手書きメモを写真に撮って保存したり、使い方も多種多様です。 ネット環境があればいつでもアクセスできるのがクラウドサービスの強みですが、移動中や海外など、どうしてもネットに繋がりにくい場面ではメリットが仇となることも。そんな時に活用できるのが、Evernote のオフラインノートブック機能。Evernote プレミアム、または Evernote Business に登録すると、モバイル端末で「オフラインノートブック」が使えるようになります。この機能を使えば、インターネット接続がなくても任意のノートが参照可能となり、Evernote の使い道がグッと広がります。 オフラインノートブックの活用方法 インターネット環境がない場所はもちろん、ネット接続が不安定、あるいは高いローミング利用料金が発生する状況で便利です。 帰省・出張中: 航空券や列車の予約番号、パスポート情報や地図まで、手元に置いておきたい情報がたくさんある旅行中。インターネット環境が整備されていない飛行機の中で、Evernote に保存していた内容がすぐ確認できれば到着後すぐに移動することができます。意外と見落としがちなのが新幹線。新幹線は速度が速く、オンラインの状態でモバイル端末を使い続けると、電池の消耗が激しいのです。携帯の電波や WiFi がつながりにくくても旅行や出張に必要な情報がいつでも見られるように、前もって準備しておきましょう。 イベント会場内: ネットワークはあってもつながりにくく、焦ってしまった経験はないでしょうか?イベント会場でも、事前にアジェンダやスピーカーの略歴、会場番号をオフラインノートブックに入れておけば安心して内容に集中できます。 アウトドア: アウトドアスポーツやキャンプに出かけるときは、集合場所の住所や地図、持っていくもののリスト、現地の周辺情報などをまとめてオフラインノートブックへ。電波が繋がらなくても、情報探しで時間を無駄にすることなくアウトドアを満喫できます。 いかがでしょうか?インターネット環境がなくても使えるオフラインノートブックは、Evernote の利便性を大幅に高めてくれます。 オフラインノートブックの詳細、設定方法はこちらをご確認下さい。 また、ビジネスでの利用であれば、オフラインノートブックの機能だけでなくスペース、ユーザーやノートブックの管理機能が搭載された Evernote Business がおすすめです。 お申込みは、Evernote の Web もしくは NTTドコモのビジネスプラスから。

オフラインノートブックの使い方

スマートフォンやタブレットを使っている Evernote ユーザにとって、自分のノートにいつでもアクセスできることは必須条件だと言えます。最近はインターネットに繋がらない場面も多くはないかもしれませんが、それでも移動中や外出先で電波が一時的に届かなくなったり、飛行機の機内や海外の渡航先などでインターネットが利用できないことはあります。 Evernote の「オフラインノートブック」機能を使えば、いざという時に必要なノートを開くことができない、といった問題も未然に防ぐことができます。(注: オフラインノートブックは、Evernote プラス・プレミアムの機能です。) オフラインノートブックの仕組み 通常の場合、モバイル版の Evernote アプリではノートの中身の情報は端末に保存されていません。見たいノートを一覧から選択してタップすると、そのノートの中身がダウンロードされて閲覧可能になる仕様です。一方でオフラインノートブックでは、指定したノートブックに含まれるノートがあらかじめ端末上にダウンロードされ、いつでも開ける状態で保管されます。オフライン時にノートを編集した場合は、インターネットに次回接続した際に自動同期されます。 オフラインノートブックの活用例 この機能はどんな時に役立つのでしょうか?これまで、たくさんのユーザの方から活用法を教えていただいてきました。その一部を改めてご紹介します。 出張で海外に行く前に、持ち物リスト、ホテル・訪問先までの交通手段、現地の連絡先、外貨両替所の場所などの必要な情報を保存 タブレット端末のデータ通信量を最小限に抑えるために、よく使うノートだけをオフラインノートブックで管理 海外旅行中に高額なデータローミング料金を払わなくてもいいように、ホテルの予約確認メール、現地で使える言葉のフレーズ集、行きたいレストランや観光地の地図、自分のパスポートのスキャン画像などを保存 早見表(例: 年号、単位換算)や最寄り駅の時刻表など、必要な時に瞬時にアクセスしたい情報を保管 営業先でよく見せる、写真のたくさん入ったノートや PDF ファイルなどを、あらかじめダウンロードしてタブレット端末上に保存 通勤電車で電波が途切れやすい区間でも快適に読めるように、オフラインノートブックを作って Web クリップした記事をストック 緊急時の備えとして、家族や同僚の連絡先、避難経路、防災グッズの使い方手順などを常時保管 いかがでしょうか?オフラインノートブックは出張や旅行などの「旅」にとても人気ですが、それ以外にも役に立つ場面がたくさんあります。ネットが使えずに困った経験や通信速度が遅くて不便に感じることがあるという方は、ぜひ一度お試しください。 設定方法 iPhone(または iPad)の場合: 1. 「アカウント」タブを開きます。 2. 設定 > ノートブック > オフラインノートブックを選択します。 3. オフラインで使用するノートブック(複数可)を選択します。 あるいは、 1. 画面中央上の「すべてのノート」をタップし、一覧からノートブックを選択します。 2. 画面右上のオプション(点線)ボタンをタップし、「オフラインでも使う」を選択します。 Android 端末の場合: 1. ホーム画面左上のメニューアイコンをタップします。 2. 「ノートブック」を選択すると、ノートブックリストが表示されます。 3. 画面右上のオプション(点線)ボタンをタップし、「オフラインノートブック」を選択します。 4. オフラインで使用するノートブック(複数可)を選択します。 注: ノート数が多くノートブックのサイズが大きいと、ダウンロード完了までに時間がかかります。ダウンロードが完了するまではオフラインで使用できませんので、ご注意ください。

オフラインノートブックとは?

クラウドサービスの便利さは、いつでもどこでも自分の情報を閲覧したり、取り出すことができること。ただし、インターネットにつながらない環境では、それが正反対の欠点になってしまいます。 例えば、移動中でインターネットに接続できない、海外旅行・出張中にローミングサービスを使用していないといった環境で、スマホから Evernote のノートを見ることができなかったという経験はありませんか? Evernote プラス・Evernote プレミアムには、オフラインノートブック機能があります。これはスマホからネットにアクセスできない状況でも、ノートを見たり、編集したりできるようにする機能です。 オフラインノートブックは、以下のような状況で便利です。 出張・海外旅行で: ホテルの予約や空港からの道順・地図、航空券や列車の予約番号など、出張・旅行中は必要な情報がたくさんあります。携帯の電波や WiFi がつながりにくくてもこうした重要情報がいつでも見られるように、前もって準備しておきましょう。 移動中の機内で: コンピューターを出すまでではないけれど、Web クリップ、PDF 文書などを到着までにさっと読みたいときは、タブレットのオフラインノートブックが最適です。 カンファレンスやイベント会場内で: ネットワークが安定しないイベント会場では、作業が進まずイライラしがち。事前にアジェンダやスピーカーの略歴、会場番号などをオフラインノートブックに入れておけば、安心して内容に集中できます。 合宿で: ゼミや勉強会の合宿、会社のオフサイトミーティングなどで、準備した資料やデータ、アジェンダをオフラインノートブックにまとめておけば、電波が繋がりにくいところでも、安心して議論や作業を進めることができます。 アウトドアで: アウトドアスポーツやキャンプに出かけるときは、集合場所の住所や地図、持っていくもののリスト、現地の周辺情報などをまとめてオフラインノートブックへ。電波が繋がらなくても、情報探しで時間を無駄にすることなくアウトドアを満喫できます。 使い方は簡単です。オフラインの状況でも閲覧・編集したいノートを含むノートブックを選択するだけ。なお、この設定は事前にネットワークに繋がった状態で行っておく必要がありますのでご注意ください。 では、オフラインノートブックの設定手順をご紹介します。 Android の場合: 1. ホーム画面左上のメニューアイコンをタップ 2. 「ノートブック」をタップ 3. オフラインノートブックに設定したいノートブックの「設定」アイコンをタップ 4. 「オフラインでも使用可能にする」をタップ iPhone、iPad、iPod touch の場合: 1. ホーム画面で「ノートブック」をタップ(ホーム画面で「ノートブック」が表示されないようカスタマイズしている場合は、「設定」>「ホーム画面のカスタマイズ」で「ノートブック」をホーム画面に追加してください。) 2. 右上の「編集」をタップ 3. オフラインノートブックに設定したいノートブックの「情報」アイコンをタップ 4. 「オフラインでも使用可能にする」をタップしてオンにします なお、デスクトップ版(Windows 版・Mac 版)の Evernote では、ネットワークに繋がらない環境でも、すべてのノートを閲覧・編集可能です。ぜひデスクトップ版の Evernote もインストールしてご活用ください。

旅先で Evernote を使う

夏の旅行に Evernote を活用する方法。旅の計画、そして予約と直前の準備について書いてきましたが、今回は旅行先での Evernote 利用法です。 持ち物は少ないほうがよい 観光地を回るときは、持ち物が少ないに越したことはありません。また、海外旅行の場合には、治安面での不安もあります。大きなガイドブックや地図を持ち歩くのはかさばる上、観光客であることを周りの人に宣伝しているようなもの。スマートフォンなら、大量の情報でもかさばらず、いつでも取り出せます。 ただし、海外旅行の場合には注意点が 2 つあります。 1. データローミングで思わぬ高額請求のないように 使っていないつもりでも、スマートフォンには定期的にデータ通信を行うアプリがあります。海外でのデータ通信をオフにする、機内モードをオンにする、などして、十分気をつけましょう。 2. スマートフォンのスリやひったくりにもご注意 日本ではひったくり被害にあうこと自体少ないと思いますが、用心するに越したことはありません。スマートフォンを操作する際には、周りの状況に注意してください。 現地ではオフラインノートブックが大活躍 電波がつながらない!あるいは海外旅行の場合にローミングの高いデータを使いたくない!そうしたイライラを防ぐのが、オフラインノートブック機能。ネットにつながらない環境でも自分のノートが確認できて安心ですし、なにより簡単です。 ホテルの地図が確認できず迷子になったり、予約をしたレストランにたどり着けない、といったことのないように。住所、詳細情報、外観写真などをまとめておくと便利です。 オフラインノートブックの設定方法については、こちらの記事をご覧ください。なお、オフラインノートブックは有料機能です。Evernote のプランを確認するには、こちらをご覧ください。 現地でノートを作る Evernote で新しいノートを作ると、ノートを作った場所の位置情報が記録されます。特定の場所で作成されたノートを見つけることができて便利です。詳しい方法については、こちらのナレッジベース記事をご覧ください。なお、位置情報を記録するには、お使いのデバイスで Evernote の位置情報を有効にする必要があります。位置情報サービスに関するより詳細な情報は、お使いのデバイスの説明書をご確認ください。 すべてのノートの位置情報は、手動でも入力・編集可能です。各ノートのノートエディタの情報アイコンをタップすると表示される情報パネルから、入力・編集することができます。 ノートは、些細なことも忘れないよう、体験したらすぐに作成しましょう。例えば以下のようなノートを作ってはいかがでしょうか。 レシート(クレジットカード明細チェックに) 海外旅先で覚えたフレーズメモ・録音 宿泊場所の感想、レストランで頼むべき料理などの写真とともにメモ(行ってみないとわからない、次回に活かせそうな情報) 音声を残す、街の雰囲気、時計台の鐘の音、ストリートミュージシャンや大道芸など