Tag クシタニ

さまざまな場所で活躍するスタッフの情報共有とコミュニケーションを Evernote Business がサポート

レザースーツなどのバイク用ウェアで知られる株式会社クシタニ。「KUSHITANI」ブランドの高い品質は、世界の GP(グランプリレース)ライダーから個人まで幅広い愛好家たちを魅了しています。同社では全員が Evernote のアカウントを持ち、Evernote Business を中心にあらゆる社内の情報共有を行うことで、業務の効率化と社内コミュニケーション促進を実現しています。 社員全員がアカウントを持ち全情報を Evernote で共有 株式会社クシタニ(以下、クシタニ)における Evernote 活用の特色は、社員全員がアカウントを持っていることです。同社では、特に社外秘とされる資料を除いたほとんどの情報を Evernote Business 上に公開。経営陣や管理職から全国の店舗スタッフまでが必要に応じて閲覧、共有できる仕組みを提供しています。現在は管理担当者を中心に 9 名が「Evernote Business アカウント」、営業担当者を中心に 10 名が閲覧・編集権限やファイル容量およびノートブック数が強化された「プレミアムアカウント」、そして残りの全社員、約 30 名が保存・閲覧のみ可能な「無料アカウント」を持っています。 同社が初めて Evernote を導入したのは 2010 年。それ以前にも他のグループウェア製品を導入したものの、スケジュール管理が主体で、業務で扱う各種ファイルが添付できないといった問題がありました。そこでより使いやすいツールを探していたところ、Evernote が目にとまったと、同社の広報部 櫛谷 信夫氏は語ります。 (左から)株式会社クシタニ 広報部 櫛谷 信夫さん・株式会社クシタニ 世田谷店スタッフ 藤野 亜弓さん 櫛谷「どんな形式のファイルでも簡単に保存・共有できるところが評価のポイントでした。今では、業務に必要なすべてのファイルが Evernote Business 上に置かれています」 出勤簿や各店舗の売上報告書などもすべて Evernote Business 上に保存しているため、社員は毎日使用するうちに自然と操作を覚え、IT ツールの導入時にありがちな利用頻度や習熟度のばらつきもなく全社的に定着することができたといいます。 社内外への情報発信ツールに Evernote Business を活用 Evernote Business 導入以前から約 3 年間、「プレミアムアカウント」と「無料アカウント」のみで業務を大きく効率化してきた同社が、さらに Evernote Business の導入を決めたのは 2013 年 7 月。カタログ制作のワークフロー改革がきっかけでした。 櫛谷「年 2 回のカタログ制作では、それまでも Evernote でライターやデザイナーとの素材の受け渡しや情報共有を行ってきましたが、アイテム数やページ数も徐々に多くなり、容量の問題や商品情報のセキュリティも考慮して Evernote Business

Continue reading…

「Evernoteを使えば仕事で楽をできるんです」── 株式会社クシタニの活用例

レザースーツをはじめとするバイク用品の製造販売を手がけ、世界中のバイク乗りに愛されているブランド KUSHITANI を展開する株式会社クシタニ。全国のショップ展開やバイクイベントの活動を行うクシタニ社内では、Evernote が業務に欠かせないツールなのだとか。仕事の現場でどんな使われ方をしているのか、クシタニの広報担当 櫛谷さんにお話を伺いました。   氏名:櫛谷 信夫(くしたに のぶお) 所属:株式会社クシタニ ブログ:KUSHITANI PRO SHOP BLOG Twitter:@kushitani Facebook:Kushitani  YouTube:KUSHITANI PERFORMANCE CHANNEL      「全員が Evernote のアカウントを持っています」 ―― Evernote を導入されたのはいつ頃からでしょう? 櫛谷「2年半くらい前からだと思います。当時、社内のインフラ整備でグループウェアを使うことになったのですが、その責任者が私でした。何を使おうか模索した結果、最初は他のソフトウェアを使うことにしたんです。ところがそのソフトウェアは、スケジュールやスレッド管理は楽だったのですが、ファイルの管理が難しかった。添付できるのは画像だけで、Word や Excel ファイル、Zip ファイルも添付できませんでした。そんなとき、弊社の役員が見つけたのが Evernote でした。最初は2人でファイルのやりとりに使い始めて、それから本格的に導入することにしました」   ―― 具体的にどのように業務で使われているのでしょう? 櫛谷「たとえば、弊社はバイクウェアを作っているのですが、その中でもレザースーツなどはほとんどがオーダーでの注文なんです。お客さんが好きなように色やデザインを決めて作るのですが、その際に試着用のサンプルスーツを作ってフィッティングしてもらうんですね。その試着スーツが色もサイズもバラバラにあるので管理しにくい。そこで Evernote に『サンプルスーツ』という共有ノートブックを作って、全国の店舗の担当者と共有し、サイズや配色を記録するようにしました。何百着もあるのですが、お客さんの希望が Mサイズだったら M で検索して、出てきた中から色を選んで見た頂いたりすることもあります。スーツは全国に散らばっているんですが、店舗名も記録しているので、どの店舗にどのスーツがあるかはすぐわかるようになっているんですよ」 ―― 全国の店舗で使っていただいているのでしょうか? 櫛谷「今は全員がアカウントを持っていますね。各店舗から報告書が上がるのですが、それを Evernote に上げてもらっています。一つの店舗で起きた事例は他の店舗でも起こりうることですから、情報を共有しておくことは大切です」 ―― なるほど。多くの店舗を持つクシタニさんならではの使い方ですね。 櫛谷「他の使い方としては、走行会の業務連絡などを開催ごとにノートブックにして社員と共有していますね。日程や運営のスケジュール、参加不参加の情報などを Evernote に上げていくわけです。とりあえず Evernote を見れば最新の状態がわかるので、これはメールよりも圧倒的にやりやすいんです」 「Evernoteの導入を決めたときは、本を買って社員に渡しました」 ――「ミーティング」というノートブックがありますが、ここにはどんな情報を入れているのでしょう? 櫛谷「ミーティングは何でも入れるノートブックですね。今年の4月に新東名高速道路のNEOPASA清水内にショップ『KUSHITANI PERFORMANCE STORE』をオープンしたのですが、その時も道路情報や出店のやりとり、現場の写真やプレゼン資料などを全部入れて共有をしました。新しいショップに関する情報などもここに集約されているので、関係者で共有するときもやりやすいです」 ―― 社員の方にはどのように Evernote を勧められたのでしょう? 櫛谷「関東圏の店舗で導入を決めたときは、Evernote の解説本を買って社員に配布しました。出勤簿にも使っているし、ある程度の重要なデータもアップしているので、Evernote は使わないわけにはいかない状況です」 「プライベートでは自分の出勤表を妻と共有しています」 ――お仕事ではかなりヘビーに使われていますが、プライベートではいかがですか? 櫛谷「個人では使ってなくて、仕事だけですね。ただ、家のデスクトップでもログインできるようにしているのですが、妻が私の出勤表を見るのに使っています。今は出張が多く流動的なのでスケジュールはEvernoteの出勤表を見てもらっています。うちでは Evernote のことを象さんって呼んでます(笑)」

Continue reading…