クリエイターたちが語る 5 つの Evernote 活用方法

年初にあたり、今月は 2018 年の目標について継続してお届けしてきました。あなたの大きな目標は何になりましたか?何年も温めてきた小説を書き始めたい、ポッドキャストを始めたい、人前でパフォーマンスしてみたい——いろいろな目標があるでしょう。皆さんの目標が何であれ、今年こそ実現に向けた一歩を踏み出しましょう! 夢見てきたことに挑戦するのは勇気がいります。怯んでしまう人もいるかもしれません。ただ大きな目標だからといって必ずしも大きなアクションが必要なわけではありません。夢を実現するために大切なのは「できる」と信じること、小さな一歩を着実に積み重ねていくこと、そして思いついたアイデアをその場で記録できるツールです。 フォード・モーターの創設者であるヘンリー・フォードは、こう言いました——「『自分にはできる』と考える人間も、『自分にはできない』と考える人間も、どちらも正しい」。つまり、できると思った人はでき、できないと思った人はできないということでしょう。私たちは夢が破れるのが怖くてつい自己防衛してしまいます。「忙しくて時間がない」「アイデアが浮かんだけれど忘れてしまった」など、挑戦できない理由を探し出しては一歩踏み出すことをやめてしまうのです。でも今年こそ、Evernote を使って小さな一歩を積み重ねていきませんか。 今回は、クリエイターの方々に、Evernote プレミアムでアイデアを記録する方法を聞いてみました。それぞれ独自の方法で Evernote を活用されているので、2018 年に夢へと邁進する皆さんの参考になるはずです。 Superfeel — インスピレーションは日々のなかにある ニューヨークを拠点とする Androu Boudreau さんと Jordan Bradley さんの Pop/R&B ユニット「Superfeel」。お二人は創作活動に欠かせないツールとして Evernote を活用しています。Androu さんはこう言います。「Evernote は場所を問わずいつでも創作アイデアをノートに残せるので、僕たちのブレインストーミングに欠かせません。音声録音、メモ、写真、さまざまな方法でアイデアを記録しています。後からそれらのアイデアを振り返り、組み合わせることで新しい音楽を創り出すことができます」。 Superfeel のお二人が素晴らしいのは、日常のなかにインスピレーションを見つけていること。1 枚の画像、1 つの音、ちょっとした考え。こうした小さなアイデアの断片が作品のベースになっています。ですから、そうした断片を逃さずに記録しておくことが何よりも重要で、そのツールとして Evernote が活躍しています。「これまでにレコーディングした曲はすべて、創作のどこかの段階で Evernote を使っています」と Androu さんは言います。「Evernote を使うようになって僕たちの創作活動のやり方はガラリと変わりました」。 使いこなしのヒント: ポッドキャストの素材用に、街角インタビューの音声を録音しましょう。 Nisha Harish — 砂漠横断を Evernote で記録して書籍に Author Nisha Harish 2015 年、Nisha Harish さんは、モロッコの砂漠で毎年 7 日間にわたって開催される全長 251km の「サハラマラソン」を完走しました。このレースでは、参加者は食事と身の回りのものを自分で運びながら走らなければならないため、極限まで荷物を軽くする必要があります。それにもかかわらず Nisha さんは iPhone を持参しました。Evernote を使ってレース中の毎日を記録するためです。レースを終えた後、Nisha さんはその時のノートをもとにレースの体験を綴った『Big Steps, Long Strides』という本を出版しました。 「本を書きたいと思っていて、自分のライフスタイルに合った執筆方法を探していました。Evernote には私が求めていた柔軟性があったのです」と Nisha さんは語ります。灼熱の砂漠を横断するとき、荷物になるデバイスをわざわざ持って行った

Continue reading…