Tag ショートカット

Evernote を活用するために:ショートカット機能のご紹介

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business スマートフォンでも、パソコンからでも操作ができるのが Evernote の魅力の一つですが、実はほとんどの操作をキーボードで完結できることをご存じでしょうか? デスクトップ版の Evernote では、マウスを使って操作をしなくても、多くの作業をキーボードだけで行うことができます。 今回は数あるキーボードショートカットの中から、作業効率を上げることができるキーボードショートカット機能を 3 つご紹介します。 1. 新規ノートの作成 Evernote アプリを開いていれば、他アプリケーションで作業中の場合でも下記のショートカットで新規ノートを作成することができます。 Evernote for Windows Ctrl + Alt + N Evernote for Mac Control + Option + Command + N こちらの機能を使えば、パソコンで作業中に素早く Evernote でノートを作成することが可能に。ノートをとるためにアプリを起動する手間が省けるので、作業の効率をワンランク上げることができます。 2. 日付と時刻の挿入 また、ノート作成時によく使うショートカットの一つが日付と時刻の挿入。 Evernote for Windows Alt + Shift + D(日付と時刻を挿入) Evernote for Mac Shift + Command + D(日付を挿入)Option + Shift + Command + D(時間を挿入) 作成したノートを整理するために、あらかじめタイトルに作成日時を記入していらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 業務などで Evernote を活用する場合、いつ何をしたか、というのが重要になります。こちらのキーボードショートカットを使えば、簡単に間違いなく日付を入力できるため、「今日の日付は・・・?」とカレンダーを見つめる必要も無くなります。 3.

Continue reading…

Evernote を整理する: リマインダー・ショートカットの使い方

Evernote にたくさんの情報をお持ちのみなさんは、その情報にたどり着くまでに時間がかかってしまうことがあるかもしれません。もちろん検索を使えば見つかりますが、Evernote の機能を活用してもっと便利にアクセスすることも可能です。 リマインダー ノートにリマインダーを追加すると、常にノートの一番上に表示されます。 リマインダーの追加方法 Windows と Mac では、ノート右上のリマインダーアイコンをクリックしてください。 (Windows の場合) (Mac の場合) Android ではノート右上のリマインダーアイコンをタップしてください。 iPhone ではノート左下のリマインダーアイコンをタップしてください。 ショートカット ショートカットは、よくアクセスするノートはもちろん、ノートブックやスタックをまとめておけます。常に見やすい位置に表示されるので、すぐに情報にアクセスできます。 (Windows の場合) (Android の場合) ショートカットへの追加方法 Windows あるいは Mac でノートをショートカットに追加するには、ノートを選択してから右クリックしてメニュー表示し、「ショートカットに追加」を選択します。ノートブックやスタックも同様の方法でショートカットに追加できます。 あるいは、ノートを選択してドラッグ&ドロップで追加することも可能です。ノートブックやスタックも同様の方法でショートカットに追加できます。 Android の場合、ショートカットに追加したいノートを選択して、右上のメニューを開き「ショートカットに追加」を選択するか、 ノートのリスト表示で追加したいノートを長押しすると、以下のメニューが表示されますので、「ショートカットに追加」を選択してください。 iPhone の場合、ショートカットに追加したいノートを選択して、右下のメニューを開き、「ショートカットに追加」を選択します。

Evernote をさらに効率的に使うには?覚えておくと便利なキーボードショートカット

この記事は NTTドコモ様による寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business Evernote のクライアントは、実はほとんどの作業をキーボードで操作可能なのをご存知でしょうか?詳しくは Evernote ナレッジベースで「キーボードショートカット」と検索するとわかりますが、なかでも作業効率をあげられるショートカットを2つご紹介いたします。 画面キャプチャモードのショートカット Evernote クライアントをアクティブにしていなくても使えるのが、このキーボードショートカットです。(デフォルト設定。変更可能です) Windows Win + PrintScreen Mac ⌘ + control + C 通常、Windows でキャプチャした画面を Evernote に保存したい場合、以下の5つの手順になります。 プリントスクリーンでコピー ペイント等に貼り付け、必要であれば切り抜き ファイルとして保存 Evernote に新規ノートを作成 画像ファイルを添付 画像に書き込みが必要であれば、一旦保存したノートの画像を編集する手間がさらに増えます。 ところがこのショートカットを使うと、 範囲を指定 自動的にノートが作成され、画像に書き込むウィンドウが立ち上がる 手順としてはこれだけになりますので、通常のやり方に比べて手間と時間が効率化できます。 Mac の場合は同じ機能でも、「クイックノート」に一時保留され、他の画面も続けてキャプチャ可能になるという違いがあります。新規ノートとして保存するのは、必要な画像をキャプチャし終わってから、となります。 保存される画像フォーマットは、Windows も Mac も PNG 形式で保存されます。 この機能は Web クリッパーに似ていますが、画面に表示されているものをそのままキャプチャできるので、拡張機能を入れていないブラウザでも利用できますし、仕事で利用するドキュメントや画像にさっと注釈を入れるのにも活用できるというメリットがありますので、ぜひお試しください。 タイムスタンプの入力ショートカット 意外とよく使うのが現在のタイムスタンプをノート本文に入力するショートカットです。こちらのキーボードの組合せは変更できませんが、Mac では日付の書式を変更可能です。 タイムスタンプのキーボードショートカット Windows Ctrl + “:” Mac(日付) ⌘ + shift + D Mac(時刻) ⌘ + shift + option +

Continue reading…