アナログ手書き派、デジタル手書き派、タイピング派にそれぞれピッタリな活用術

Evernote はデジタルなメモの作成、保管、活用ができるツールです。Evernote にメモを保存するとたくさんのメリットがあります。 どこからでもアクセスできる 簡単に共有できる メモをなくさなくなる 書いた文字が検索できる 一方、メモの取り方は TPO やこだわりによって千差万別。周りを見渡してみると、メモの取り方には大きく 3 種類に分けられると思います。 紙や手帳に手書き デジタルなデバイスに手書き デジタルなデバイスにタイプで入力 それでは 3 つの使い方で具体的にどのように Evernote を活用すればいいのか見ていきましょう。 アナログ手書き派の Evernote 活用術 用意するもの いつも使っている筆記用具 スマートフォン スマートフォン用の Evernote(iPhone・iPad | Android) 下ごしらえ スマートフォンに Evernote アプリをインストールし、あなたのアカウントでログイン。初めての方はアプリ起動画面からアカウント作成できます。 紙の手帳でも、ノートでも、メモパッド、ホワイトボード、裏紙、紙ナプキンなど、何でも構いません。いつもと同じように思いついたことや覚えておきたいことを書き留めましょう。 書き終えたら、Evernote アプリからカメラを起動します。左右にスワイプするとモードが選べるので、「ドキュメント」に合わせて撮影。自動的に角度や色味を読みやすく調整してくれます。 Evernote ノートブック by Moleskine を使えば、便利な専用機能も活用いただけます。 iPhone / iPad / iPod touch Android これだけでもうおしまい。パソコンやタブレットをお持ちなら、それぞれの端末の Evernote でも今撮ったメモを見ることができます。 デジタル手書き派の Evernote 活用術 「持ち物は普段からできるだけ少なくしたい。でもメモは手で書きたい」という方には、iPad 用アプリ Penultimate(ペンアルティメット)と、Jot Script Evernote Edition スタイラスペンがおすすめ! 用意するもの iPad または iPad mini Penultimate Jot Script

Continue reading…