Tag ドコモ

オフラインノートブックを使いこなそう

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business いつでも必要な情報を記録できる Evernote。打ち合わせの議事録と一緒に名刺を保存したり、手書きメモを写真に撮って保存したり、使い方も多種多様です。 ネット環境があればいつでもアクセスできるのがクラウドサービスの強みですが、移動中や海外など、どうしてもネットに繋がりにくい場面ではメリットが仇となることも。そんな時に活用できるのが、Evernote のオフラインノートブック機能。Evernote プレミアム、または Evernote Business に登録すると、モバイル端末で「オフラインノートブック」が使えるようになります。この機能を使えば、インターネット接続がなくても任意のノートが参照可能となり、Evernote の使い道がグッと広がります。 オフラインノートブックの活用方法 インターネット環境がない場所はもちろん、ネット接続が不安定、あるいは高いローミング利用料金が発生する状況で便利です。 帰省・出張中: 航空券や列車の予約番号、パスポート情報や地図まで、手元に置いておきたい情報がたくさんある旅行中。インターネット環境が整備されていない飛行機の中で、Evernote に保存していた内容がすぐ確認できれば到着後すぐに移動することができます。意外と見落としがちなのが新幹線。新幹線は速度が速く、オンラインの状態でモバイル端末を使い続けると、電池の消耗が激しいのです。携帯の電波や WiFi がつながりにくくても旅行や出張に必要な情報がいつでも見られるように、前もって準備しておきましょう。 イベント会場内: ネットワークはあってもつながりにくく、焦ってしまった経験はないでしょうか?イベント会場でも、事前にアジェンダやスピーカーの略歴、会場番号をオフラインノートブックに入れておけば安心して内容に集中できます。 アウトドア: アウトドアスポーツやキャンプに出かけるときは、集合場所の住所や地図、持っていくもののリスト、現地の周辺情報などをまとめてオフラインノートブックへ。電波が繋がらなくても、情報探しで時間を無駄にすることなくアウトドアを満喫できます。 いかがでしょうか?インターネット環境がなくても使えるオフラインノートブックは、Evernote の利便性を大幅に高めてくれます。 オフラインノートブックの詳細、設定方法はこちらをご確認下さい。 また、ビジネスでの利用であれば、オフラインノートブックの機能だけでなくスペース、ユーザーやノートブックの管理機能が搭載された Evernote Business がおすすめです。 お申込みは、Evernote の Web もしくは NTTドコモのビジネスプラスから。

一年間の目標を Evernote に記憶させよう

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business 新しい年度が始まり、仕事やプライベートでも変化の多いこの季節。新たに迎えた年度の目標設定をされているという方も多いのではないでしょうか。 ただ、年度当初に目標は立てても、日々の忙しさに追われ、達成できずに断念してしまったという場合も少なくはありません。アナログの手帳等で目標の管理をしている場合、いざ目標を振り返ろうと思ったとき、瞬時に情報を探し出せず、時間をロスしてしまうこともあります。 目標を確実に達成するためには、常日頃からの振り返りが必要不可欠。また、目標を細分化し、毎日のタスクに落とし込むことも非常に重要です。そこで今回は、日々の目標を達成するためのツールとしての Evernote の活用方法をご紹介します。 目標をまとめたノートとノートリンクの作り方 では今年の目標をどのように記憶させるか、例えばこんなやり方はいかがでしょう。 1. 新しい年の目標を入れるノートブックを作る まず、例として「2018 年目標」というノートブックを作成します。 2. 目標をまとめたノートを作る そのノートブックの中に、ノートを一つ作り、プライベートとビジネスのそれぞれの目標を書き出してみます。 表を活用して大まかに分けることにより、自分の目標の全体を把握しやすくなります。ビジネスの目標は、必ずしも会社の目標ではなく、仕事に関連した個人的な目標でも良いでしょう。例えば、今の仕事に直結した資格の取得、プレゼンのスキルを上げる、などです。 3. 各目標を達成するための詳細情報は別ノートに作る 「2018 年目標」ノートブックに、さらに各目標に対応したノートをそれぞれ作成し、個々のノートでは必要な細かい情報(記事、写真、資料等)を入れていきます。例えば 資格取得なら、試験日、それまでに勉強する教材など、タスクリストやファイルを保存しておきます。 4. 目標をまとめたノートと、各目標の詳細ノートをリンクさせる Evernote では、Evernote 内の他のノートへのリンクを取得し、ハイパーリンクとして設定することができます。2. で作成した目標をまとめたノートに 3. の詳細ノートのリンクを貼っておけば、検索しなくてもクリックするだけでノートの詳細を確認できるので便利です。 詳細ノートのリンクを取得するには、ノートリストの各目標ノート上で右クリック(Mac の場合は control + クリック)し、Windows 版では「アプリ内リンクをコピー」、Mac 版では「ノートリンクをコピー」を選択します(またはノートを開いた状態で、メニューから「ノート」 > 「アプリ内リンクをコピー」あるいは「ノートリンクをコピー」を選択)。このリンクを、2. で作成した目標をまとめたノートで追加していきます。詳細はこちらの記事をご覧ください。 また、一度決めた目標を達成するためには、やるべきことを思い出すのが重要です。そのため、ノートにリマインダーを設定しましょう。目標を細分化し、重要なタスクごとにリマインダーを設定すれば、目標達成が非常にしやすくなるでしょう。 いかがでしたでしょうか?通常の Evernote でも個別にノートブックを共有することは可能ですが、Evernote Business ではチーム全員に一斉に共有することが可能なので、企業で同じ目標を達成するために最適と言えるでしょう。新しい年の目標をチームで共有したい、という方には Evernote Business がおすすめです。 お申込みは、Evernote の Web もしくは NTTドコモのビジネスプラスから。

日本におけるパートナーシップの歩み – NTTドコモとの取り組み –

先日、弊社 CEO フィル・リービンが英語版ブログで、Evernote の日本での成功、そして 5 年間続く株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)とのパートナーシップについてご報告しました。 Evernote and DOCOMO Extend Partnership in Japan そこで、Evernote の日本での軌跡とパートナーシップの歩み、そして現況についてまとめてみました。 Evernote が日本支社を作ったのは 2010 年 6 月のこと。それは米国に本社を置く Evernote にとって、最初の海外拠点でした。当時の Evernote は熱心な初期ユーザにあらゆる面で支えられ、同年 3 月のサービス日本語化もボランティアのみなさんに全面的にご協力いただくような小さなベンチャーでした。その時のユーザ数は、世界で 350 万人、日本で 35 万人。 日本支社の設立後には早速、大きな取り組みを発表しました。日本国内最大の携帯キャリアであるドコモとのパートナーシップで、ドコモから発売されるスマートフォンに Evernote をプリインストール。日本国内でのプロモーションも共同で行うという、黎明期にあったスマートフォン・アプリ史上初の、両社にとって大胆な試みでした。まだ創業まもない Evernote にとっては意義もインパクトも非常に大きな取り組みで、その後5年近くにわたり、両社共同でモバイルクラウドサービスの普及を推進してきました。 携帯端末の利用が世界の中でも特に進んだ日本で、Evernote のような生産性や効率性を向上させるためのクラウドサービスを提供していくことは、とても意味のあることでした。この取り組みを皮切りにその後 Evernote は、世界に先駆けて、日本で数多くの新しい事業戦略やパートナーシップを実現してきました。例えば、株式会社PFUとのスキャナの共同開発。法人向け Evernote Business の販売代理制度。日本経済新聞社との資本業務提携。多くのデバイスメーカーや文具メーカー、アプリ開発者とのコラボレーション。このように Evernote にとって日本は、世界戦略上のイニシアチブを握る、重要な拠点なのです。 そして 2015 年。全世界での Evernote のユーザ数は1億人を超え、その 4 分の 3 は本社のある米国以外の地域での利用者です。今や Evernote は世界中でサービスを提供し、名実ともにグローバルな企業になりました。そうした中でも日本は世界第 3 位のユーザ数(800万超)で、規模においても、戦略においても、Evernote にとって大変重要な国であり続けています。 ドコモとの取り組みは年々進化し、ユーザのみなさんの仕事や日常生活をさらに豊かに、スマートにできるような連携を提供してきました。そして現在、以下の 5 つの取り組みを行っています。 1)docomo x Evernote プレミアムキャンペーン ドコモの新しい Android 搭載スマートフォンをお使いの方を対象に、Evernote

Continue reading…

「みんなの思考を覗き見でき、チームの距離が縮まった」NTTドコモの中村さんに聞く

2012 年 12 月にスタートした Evernote Business。日本においては、2014 年 5 月、NTTドコモ様と世界初となる販売代理店契約を締結し、法人向けサイト「ドコモビジネスオンライン」にて販売されています。販売を担当されている NTTドコモの皆さんは、どのように Evernote Business を活用されているのでしょうか。法人事業部 第一法人営業部の中村幸弘さんに、お話を伺いました。 氏名:中村 幸弘(なかむら ゆきひろ) ビジネスプラス Evernote Busines Evernote Business を使うことでチーム内の距離感が縮まった。 ――中村さんは Evernote Business を部内でどのように活用されているのでしょうか。 中村:プロジェクトごとにノートブックを作って、あとは自由に使ってもらっています。気になる Web の情報をクリップする人もいれば、外部のセミナーに出席した時の報告としてレポートを書いたり、使い方は人それぞれですね。Evernote が合う人はどんどん使っています。主に森さん(法人事業部 第一法人営業部・森正岳さん)と使っている「BPSP」(ビジネスプラス*のスペシャルノートという意味)ノートブックでは、ノートブックを作成してからまだそれほど経っていませんが、すでに約 240 のノートが作成されるなど活発に使っていますね。たとえば日本全国でセミナーを行うときなどは、この「BPSP」に議事録ノートを作成すると便利なんですよ。森さんがセミナーに出席して、その場で直接 Evernote Business に議事録をとり、写真も撮って入れていく。それを私が別の場所にいながら確認して、同時に補足説明や疑問点などを書き加えていく。私自身はセミナーに出席していないのですが、森さんの議事録を見ながらやりとりするのが共有としては一番早いんですよね。 *ビジネスプラスは、NTTドコモ 法人事業部が取り扱う企業向けアプリケーションパッケージの総称です。Evernote Business もビジネスプラス Evernote Business として提供されています。 ――なるほど。後で議事録を見ながら改めて打ち合わせするなどの時間が減りそうですね。 中村:それから、セミナーの資料自体も、共有ノートブックでやりとりしながら作っていきますね。「資料の中身をこんな風にしたい」と思いついたことを書くと、そこに森さんが案を書き加えてくれて、それを見ながら私がまた書いていく。それぞれ全国を回っていると、ヘタするとセミナー当日まで会わないなんてこともあるのですが、それでも資料が滞りなく完成するのです。特に Evernote Business は共有したい人に合わせて権限を付与できるので、2 人だけのノートブックも作れます。そうすると、森さんが私にだけ公開してくれるようなノートも作ってくれたりして、距離感がすごく縮まった気がしますね。 ――Evernote Business にはチーム内での距離感を縮める効果があるのですね。 中村:部署内には私を含め 19 名いるので、なかなか個別の時間をとれず苦労していました。同じ部署といっても、なかなかお互いを知る機会ってないですよね。ノートブックを共有することで、お互いの頭の中をのぞいているような感覚が得られるのです。そうすると、「こんな風に脳内を整理しているのか」というような発見があったりして、面白いですね。それから、別の部下から案件について相談を受けたときに、共有しているノート内に内容を入れておいてもらって、そこにアドバイスを添えたりもします。これは好きなタイミング、好きな時間に頭を回転させることができる点でメリットを感じています。 ――Evernote Business を挟むことで、チーム内での時間の使い方が効率よくなっているのですね。 中村:加えて、個人、またはチームでの思考のプロセスを記録しておけるというのも大きいですね。私自身はとにかく会議でも勝手に口が動いて、どんどん話が脱線するタイプなのですが、ノートを見ることで自分やチームの考えをもう一度確認することができます。考えたり、頭を整理する時間が普段いかになかったかを、Evernote Business を見て日々反省しています(笑) Evernote はナレッジワーカーの入り口に最適なツール ――中村さんご自身のプライベートな使い方についても教えてください。Evernote はいつ頃からお使いに? 中村:4、5 年前でしょうか。最初は仕事に限定して使おうとしていたのですが、今はプライベートでも使っています。たとえばイベントの余興で演奏する曲を作るのに思いついた歌詞を書き留めたり、TV でメモしておきたい場面が出たら画面を写真に撮って入れたり、ハマっているオンラインゲームの情報をウェブクリップしたり、本業のカラオケ営業で歌う曲リストをメモしたり、最近だと年末に年賀状のデザインを作って、それを保存しておいたりといった感じですね。 ――本当に多彩な使い方ですね。

Continue reading…

「『意識させない』のが一番のコツです」Evernote Business 認定コンサルタントが教える、職場に Evernote を導入する秘訣

この記事はNTTドコモ様による寄稿です。 プライベートだけでなく仕事の現場でも注目されつつある Evernote。統計によると「仕事でも使っている」Evernote ユーザーはじつに全体の 3 分の 2。Evernote の便利さを会社にも広め、使い始めるにはどうしたらいい?日本ではまだ 2 名しかいない Evernote Business 認定コンサルタント(EBCC)の高木卓也さんにそのコツを伺いました。 氏名:高木卓也(NTTドコモ) リンク:NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business ※ Evernote Business 認定コンサルタント (EBCC) とは、Evernote Business に関する総合研修を修了した Evernote を知り尽くす公認のエキスパートです。2014 年 8 月 15 日現在、全世界で 23 名の認定コンサルタントがいます。 —— 個人で Evernote を使いこなしていくうちに、会社でも使えたらと思うことがありますよね。会社に Evernote 導入を勧める上で、どんな方法でその良さ、メリットを伝えていったらいいか、教えてください。 会社の場合、スマートフォンを使ったことがない方や、そもそもパソコンがあまり得意ではない方がいることもあり、Evernote を仕事で使うように浸透させるのは、なかなか難しいと思います。「Evernote というクラウドサービスを使い、社内情報を共有しましょう」と言ったところで、使ったことがない人には何が便利なのか、わからないですよね。Evernote がどんな仕組みで、どんなに便利かという話ではなく、まずは Evernote を意識しなくてもいいような逆転的な使い方から入って、便利さを実感してもらい、情報を Evernote にどんどん入れ込んでいくのがいいと思います。 「スキャナ」+「紙資料」の整理 —— 例えばどんな使い方でしょう? 一つめはスキャナを利用する使い方です。おそらくどんな会社でも、紙の資料ってたくさんあると思います。過去の資料をどんどんスキャンしてしまう。これで、とっておくかどうか迷っていた資料も捨てることができますよね。キャビネットの整理になりますし、なにより机の上が綺麗になります(笑) そもそもパソコンに不慣れだったら、今までどおり紙に書いてもらったものでいいんです。例えば紙に書いた報告書を ScanSnap でスキャンして送る。FAX で送るよりも簡単です。Evernote にはまったく触れていませんが、それでいいんですよ。 —— なるほど、それなら難しく考えずに使ってもらえそうですね。 もちろん最終的には Evernote を使いこなして欲しいと思いますが、徐々に慣れていけばいいんです。情報を溜め込んでいくうちに、「あ!こんなに便利」とか「案外いいかも」と思ってもらうことが大事です。どんどんたまる名刺もスキャナを使えばまとめて読み込むことができますし、他の人とも共有できるので、社員がどんな人と名刺交換しているのかを把握できます。 電話メモを共有 もう一つは、ポスト・イット® ノートを活用する方法です。外出中の社員宛に電話を受けた時、電話を取った人がメモを残しますよね。そのメモを、外出中の人が簡単に確認できるやり方をお教えしましょう。 —— そんな使い方があるんですか!ぜひお願いします。 ポスト・イット® ノートって色分けされていますよね。その色ごとに例えば黄色は鈴木さん、緑は佐藤さんと、どの色が誰宛かを事前に決めて、スマートフォンの Evernote アプリでタグやノートの振り分け設定をしておきます。準備はそれだけです。

Continue reading…

ドコモ法人チャネルにおいて「Evernote Business」の販売を開始

世界初、「Evernote Business」の販売代理店契約を締結 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)とEvernote Corporation(以下、Evernote)は、Evernote が提供する法人向けクラウドサービス「Evernote Business」の販売代理店契約を世界で初めて締結し、2014 年 7 月 1 日(火)よりドコモ法人チャネルにおいて販売を開始いたします。 「Evernote」は、日々の生活や仕事のさまざまな情報(メモ、写真、音声、動画)を簡単に記録し、あらゆる端末からいつでも情報を引き出せるクラウドサービスで、世界中 1 億人以上のユーザに利用されています。 法人向けサービス「Evernote Business」では、議事録のようなテキストメモや、提案資料、ビジネスドキュメント、名刺、音声データ、Web ページに至るまで、業務に必要な様々な情報をクラウドに蓄積し、部署やプロジェクトチーム単位で簡単に共有することができます。加えて、管理者による利用ユーザの登録・削除や、ノートブックの閲覧権限設定等、企業や組織での利用を想定した管理者向け機能も充実しています。蓄積された社員一人ひとりの知識や情報を組織でスマートに活用し、業務効率化・生産性向上を支援いたします。 ドコモは、法人向けクラウドサービス「ビジネスプラス」のラインアップに「Evernote Business」を新たに追加し、法人向けサイト「ドコモビジネスオンライン」にて販売を開始いたします。ドコモが、「Evernote Business」を販売することで、お客様はご利用料金を請求書にてお支払いただくことができるほか、サービス導入および運用のサポートを受けることができます。 ドコモが提供するセキュリティサービスやデバイス、ネットワークと合わせて「Evernote Business」をご利用いただくことで、より快適で安全にクラウドをご利用いただけるとともに、IT を活用した生産性の高いスマートな働き方を提案してまいります。 ドコモと Evernote は、法人向けサービスに加えて、コンシューマ向けサービスやアプリ開発者支援等、今後も幅広く協力して取り組んでまいります。 ビジネスプラス「Evernote Business」の概要 ■ ビジネスプラス「Evernote Business」 ドコモは、法人向けクラウドサービス「ビジネスプラス」のラインアップに「Evernote Business」を新たに追加し、法人向けサイト「ドコモビジネスオンライン」にて販売を開始いたします。ドコモが、「Evernote Business」を販売することで、お客様はご利用料金を請求書にてお支払いただくことができるほか、サービス導入および運用のサポートを受けることができます。 ※ 参考:「Evernote Business」について 「Evernote Business」は、社員の知識や情報を組織でスマートに活用するためのクラウドサービスです。カタログや提案資料、名刺、議事録、テキストメモ、音声録音や Web ページ等、業務に必要な様々な情報を保存し、パソコンやスマートフォンなど、あらゆる端末で閲覧・編集できます。また、OCR を含む優れた検索機能で、蓄積した情報を必要な時に、必要な場所で簡単に探し、活用することができます。2012 年 12 月の提供開始以来、全世界で 12,000 社以上に導入されています (2014年4月現在)。 ■ 提供開始日 2014 年 7 月 1 日(火) ※ 2014 年 6 月 2 日(月)午前10時より事前予約を開始いたします ■ 提供料金 1 アカウントあたり年額 12,000 円(税抜) ■

Continue reading…