「未来へと記憶を伝えるために大切なのはビジョンを持つこと」——MIT メディアラボ副所長 石井裕 氏が語る記憶の未来

7 月 11・12 日の 2 日間にわたり「Evernote Days 2014 Tokyo」をお台場の日本科学未来館で開催しました。Evernote が日本で開催するイベントとしては過去最大規模。各業界の第一線で活躍する多彩なゲストやスピーカーを迎えて、「記憶の未来」をテーマにさまざまなセッションが行われました。 これまでに以下のセッションをレポートしてきました。 脳科学者・茂木健一郎氏が語る「イノベーションの起こし方」 投資の世界で勝ち残るにはどうすればいいのか——投資家・藤野英人氏が語る記憶の未来とは ライフハッカー、ハフィントン・ポスト、WIREDの現役編集長が語ったウェブメディアの現状と将来 写真で振り返る Evernote Days アンバサダーセッション 東大寺が1200年の歴史で受け継いできたものとは——東大寺住職・森本公穣氏が語る「記憶の未来」 今回は、MIT メディアラボ副所長 石井裕 氏による DAYS 2 基調講演「未来記憶」をレポートします。 『人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでないということだ』 石井さんは 1956 年生まれ。北海道大学大学院修士課程修了後、電電公社(現 NTT )、西ドイツの GMD 研究所客員研究員、NTT ヒューマンインターフェース研究所などを経て、1995 年よりマサチューセッツ工科大学準教授に就任、現在は MIT メディアラボ副所長を務めています。 この日も Evernote Days のためにボストンから来日されたという石井さんの講演は、2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災の話題からスタートしました。 「まだ生々しく残っている、3.11 の記憶。いかに過去を語り継ぎ、啓蒙するかが大切なことです」 そう切り出した石井さんは、東日本大震災について一旦「想定外」「未曾有」と表現しながらも、すぐに「(想定外というのは)嘘です。(震災は)想定されていた」と「想定外」を否定します。 「過去に何度も同じレベルの震災があった。でも結局、人々はそれを忘れてしまいました。風化した石碑『大津浪記念碑』には 1896年 と 1933 年の三陸大津波を生き延びた先人たちの知恵が刻み込まれていました。『高き住居(すまい)は児孫(こまご)に和楽(わらく)、想へ(おもえ)惨禍(さんか)の大津浪(おおつなみ)、此処(ここ)より下に家を建てるな。』と。伝承があったにも関わらず、なぜ忘れてしまったのか」 石井さんはその理由として、ウィンストン・チャーチルの言葉、『人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでないということだ』を挙げています。 「結局、忘れてしまう。記録がないからではなく、リマインドしていないのです。次に来る震災に備えないといけません」 母のために作った「musicBottles」とTwitter 今回のテーマでもある「未来記憶」とは、次の世代にいかに伝えていくか、ということ。石井さんはここで、1999 年に自身が発表された「musicBottles」(ミュージックボトル、音楽の小瓶)を紹介し、次のように述べています。 「これはオンラインのデジタルコンテンツの入れ物としてデザインしました。ガラスなので、落ちると壊れます。リブートできない。それがひとつの美しさの要因でもあります。この『musicBottles』プロジェクトは、母へのプレゼントというパーソナルな理由でスタートしました。母は今日の天気を知りたくて TV を見ます。でも、そうではなくて、ブルーの小瓶を枕元に置いてあげたかった。瓶から小鳥のさえずりが聞こえれば天気は晴れだとわかるのです」 しかし、石井さんの母は「musicBottles」を見ることなく、1998 年に亡くなります。 「悲しいことは忘れてしまうんです。命日とお盆くらいしか思い出さなくなる。そこで僕は母の Twitter アカウントを作りました。母は和歌をたくさん残していて、それを Twitter でつぶやく

Continue reading…