Tag プレゼンテーション

会社員から政府公認観光ガイドへ – 日々の仕事や生活を Evernote がサポート

イタリアで政府公認フィレンツェ観光ガイドとして活躍されている加藤まり子さん。大学卒業後、大手外資系企業に勤務されていた加藤さんですが、「自分は本当は何がしたかったのか」と考えるようになり、それまでのキャリアを捨ててフィレンツェへと移住したユニークな経歴の持ち主です。 イタリアには縁もゆかりもなかったという加藤さんですが、学芸員や全米ヨガアライアンス認定ティーチャートレーニングなどの資格を生かして独立。2016 年に政府公認フィレンツェ観光ガイドの資格を取得し、現在は、フィレンツェを拠点に活動されています。 そんな加藤さんにとって、仕事・勉強ともに欠かせないというツールが Evernote です。加藤さんの日々の生活に Evernote がどう役立っているのかを伺いました。 氏名:加藤まり子 ブログ:フィレンツェ公認観光ガイド 加藤まり子 15 年間の会社員生活を経て、フィレンツェへ ――本日はよろしくお願いいたします。加藤さんはもともと日本で会社員をされていたのですよね。 加藤:はい。大学卒業後、システム・インテグレータ会社と外資系製薬企業に勤務していました。ただ、社会人生活が 15 年たったところで、ふと自分は本当は何がしたかったのかと考えまして、2014 年 9 月にイタリア、フィレンツェに移住したのです。なぜフィレンツェだったのかというと、もともと社会人学生として通っていた大学で 1400 年代フィレンツェを中心とした美術史にすっかり魅せられていたからです。 ――フィレンツェ観光ガイドとはどのようなお仕事なのでしょうか? 加藤:フィレンツェの町の歴史や美術館で美術史の説明をするのが主な仕事です。その都市の情報はもちろん、フィレンツェは芸術の都でもあるので、美術や芸術に関する知識も必要です。イタリアでは資格がないとできないんですよ。 情報の集約とアイデアのまとめに Evernote を活用 ――そのお仕事で Evernote を役立てていただいているとか。Evernote はいつ頃からお使いなのでしょう。 加藤:2008 年から使用しています。社会人学生として 2 回目の大学生をしていたとき、通勤時間に資料を見ることができるクラウドサービスを探していて Evernote を使い始めました。現在はプレミアムプランを契約していて、いろいろと活用させていただいています。 ――端末は何をお使いですか? 加藤:iPhone と Mac です。 ――お仕事ではどのように使われるのでしょうか。 加藤:お客様の観光ガイドをするための資料をまとめるのに使っています。フィレンツェなので美術系の情報が多いですね。たとえば一つの絵画について調べたら、写真、メモ、ウェブの URL などを一つのノートにまとめておくのです。 日本のことを知りたいという現地の方も多くて、そういう場合は日本についてまとめたノートをプレゼンテーションモードにして説明したりしています。プレゼンテーションモードは格式張っていないところが好きですね。ちょっとしたプレゼンに使いやすいですし、スマホなどでもサッと準備することができますから。 それから、ツアー行程のアイデアを組んでいくのにも使っています。一日目はどこで何を食べて、何をして、どこに寄って……といったように、写真やイラスト、テキストで旅行のアイデアをまとめています。 ――ライターとしてイタリアの情報を発信するお仕事もされていますよね。 加藤:書き物の仕事ではオンラインで書いて納品するのですが、文書を保存しておくのと、文字数カウントの機能を使うために Evernote で書くようにしています。ブログや日記も書いているのですが、そちらも Evernote でドラフトを書いてからアップしています。 また、ウェブの情報でアイデアにつながりそうなものは Chrome のウェブクリッパー機能でクリップしています。思いついたアイデアもノートに保存していて、関連性が高いノートは後でマージするようにしていますね。 授業の内容を一つのノートに ――昨年、フィレンツェ観光ガイドの資格取得のため学校に通われていたということですが、そちらでも Evernote を? 加藤:使っていましたよ。学校で渡される資料は PDF なので、そのまま Evernote に保存していました。そのほか、授業を聞きながら書いたメモや先生の話を録音したファイルも 同じノートにまとめていました。卒業論文のための参考資料も、Evernote に集約していましたね。 授業のノートは友だちにシェアすることもありました。そのときは公開リンク機能を使っていましたね。 ――Evernote のどんなところを気に入っていただいていますか?

Continue reading…

営業担当・増田 良平は Evernote をどのように活用しているのか

これまで Evernote 日本語ブログでは、たくさんのユーザーの方に Evernote の活用方法を伺ってきました。では、そんな Evernote 日本法人で働く社員自身は、どんな風に Evernote を使っているのでしょうか。今回は Evernote Business 担当の増田 良平の活用法をご紹介します。 「お客様の情報をノートにまとめておけば Salesforce から見ることができて便利です」 ――Evernote Business を担当されている増田さんですが、やはりお仕事で Evernote を使われることが多いのでしょうか。 増田:そうですね。仕事で使うことが多いです。 ――ぜひ具体的な使い方を教えていただけますか。 増田:Evernote Business を担当するという仕事柄もありまして、導入を検討されているお客様とお話した内容などで気になることを Evernote に入れています。Evernote は Salesforce と連携できるので、お客様のウェブサイトや、会話内容で留意しなければいけないこと、気にされていること、競合製品の情報などをノートに集約しておき Salesforce 側から参照しています。お客様によっては、営業をかけても「一ヶ月後にまた連絡してほしい」と仰ることもあります。正直、一ヶ月たつとお客様に関する情報が薄れてしまっていることも多いですので、そういうときは Evernote に蓄積しているノートを見て記憶を取り戻すことにしています。 ――お客様との商談内容はその場でメモをとるのですか? 増田:そうですね。それ以外にも、お客様に OK していただければ、録音でも議事録を残すようにしています。また、業務を少人数で行っていますので、雑務なども発生します。それらは Evernote を使ってタスク処理しています。 今日の日付でノートにタイトルをつけ、やり残していたことややらないといけないことをチェックボックスをつけて入れておき、終わったらどんどんチェックボックスを埋めていきます。また、メールなどで頻繁に使う文章などはテンプレート化しておき、これも Evernote に保存して必要なときに取り出せるようにしています。 ――なるほど。ところで、意外にノート数は多くないのですね。 増田:連携機能を使うとどうしてもノート数がたまり、ノイズが増えてしまいます。これは Evernote Business ならではのやり方なのですが、私はお客様に紐付いているノートブックでノートが増えたものに関しては、参加を解除することにしています。見ようと思えば、Salesforce 上からは見られます。また、必要に応じて Evernote Business からも参加解除したノートを見ることはできます。 こうすることにより普段自分が見ている Evernote 上のデータは制限することができ、自分が参加していない情報でも必要に応じて確認することができます。 「お客様からいただいた言葉などを始業前に見て気持ちを高めています」 ――他に仕事関連でよく使うノートブックはありますか? 増田:自分なりのやり方ですと、「仕事をする前に」というノートブックを作っています。仕事でミスしたときやお客様からいただいたお言葉などをノートに書いて Evernote に入れておき、始業前に見て気持ちを高めるようにしています。ただ、叱責の言葉だけを見ていると気分が落ちるので、お褒めの言葉なども入れるようにしています。また、仕事以外でも人に言われて腹が立った言葉や鼓舞された言葉などは「鼓舞」というノートブックに入れておき、カンフル剤的に使っています。気持ちが引き締まりますよ。 ――営業ですとプレゼンをする機会も多いと思いますが、Evernote をどのように活用されていますか? 増田:Evernote のプレゼンテーションモードを使っています。その際、提案資料を Keynote で作成し、Evernote に入れておくのですが、Mac ですとプレゼンテーションモードからノートを PDF

Continue reading…

ラグビー協会コーチングディレクター兼 U20 日本代表ヘッドコーチ・中竹竜二さんの活用法

日本ラグビーフットボール協会で、コーチングディレクターとラグビー U20 日本代表のヘッドコーチを兼務する中竹竜二さん。一方で、TEAMBOX 社の CEO というビジネスマンとしての顔も持つなど多忙を極めています。そんな中竹さんにとって欠かせないツールが Evernote。ラグビーの世界で Evernote はどのように使われているのでしょうか。中竹さんにお話を伺いました。 氏名:中竹 竜二(なかたけ りゅうじ) ラグビーの試合についてとったメモを写真に撮って Evernote に保存しています。 ――中竹さんは日本ラグビー協会のコーチングディレクターであり、同時に U20 日本代表のヘッドコーチでもありますが、Evernote はどんな場面で役立っていますか? 中竹:一番使っているのは、ラグビーの試合についてのメモです。選手の動きや、気づいたこと、戦略などを試合中や移動中のあらゆる場面でどんどん書き込んでいきます。といっても、タイピングやフリックで Evernote に打ち込むというよりは、手書きでノートにメモをとり、それを写真に撮って Evernote に入れていくことが多いですね。 ――手書きの方がお好きなのでしょうか。 中竹:そんなことはないですよ。普段はMacを持ち歩いていて、タイピングしています。以前はすべてデジタルで作業していましたが、今年から現場を受け持つようになって、それでは間に合わないことが増えてきたのです。というのも、その場で書き込む内容はテキストだけではなく、図や絵を使うことも多いんですね。そういう場面では、アナログなノートとペンの方が有効です。ただ、遠征ごとにノートをとっていると、ノートがどんどんたまってきてとにかくかさばるのです。Evernote は後から確認するのにとても見やすくて便利なので重宝しています。 それから、遠征ではコーチ陣と一緒にどこでもシートを使って試合のレビューを行うのですが、それも写真で撮って Evernote に入れていますね。とにかく自分で書いたものをすべて撮って入れています。こういうメモは、後からだと思い出せなかったりしますからね。 ――選手やコーチの前で話す機会も多いと思います。 中竹:週の頭に報告会を開いています。そういうときは Evernote のプレゼンテーションモードを使います。Apple TV を使って画面に映し出していますね。 ――そもそも、中竹さんが Evernote を使い始めたのは何がきっかけだったのでしょうか。 中竹:2010年頃に使い始めたのですが、一番の動機はMacで書いたメモを外出先でも見たいということでした。それから、ペーパーレス化したかったのもありましたね。捨てたいけど、このページだけはとっておきたいという紙ものが多くて、それを写真に撮って Evernote に入れていました。 「グラノーラ会議」の議事録を Evernote で社員と共有。日々の成長につなげる。 ――中竹さんが CEO を務めていらっしゃる TEAMBOX 社についても教えてください。そもそも TEAMBOX 社ではどんなお仕事を? 中竹:スポーツマネジメントをビジネス界に転用していくという業務を行っています。企業のトップレベルに対して、単に知識を学ぶのではなく、普段はしない体験――”カオス体験”と呼んでいます――をしてもらいながら成長を促すというマネジメントです。現在、ビジネスマネジメントはかなりスポーツの世界に入ってきていますが、逆はあまりないんですね。しかし、コンディショニングのチェックやトレーニングの仕組み、データの使い方など、スポーツの方がビジネスよりも優れている分野はたくさんあるのです。こうしたスポーツのマネジメントの仕組みを、ビジネスの世界にわかりやすく置き換えるという仕事です。 ――中竹さんならではですね。その業務でも Evernote をお使いいただいていますか? 中竹:もちろん使っています。個人でも使いますが、社員とノートブックを共有して使うことも多いです。 ――ノートブックを拝見してみると、ユニークなノートブックがありますね。特にこの「グラノーラ会議」というのは? 中竹:名前の通り、グラノーラを食べながらする会議です(笑)。誰かが会議に名前をつけたいねと言い出して、一人が「朝、グラノーラを食べながらやりたい」といったことで決まりました。実際にはそんなにグラノーラを食べているわけではないんですが……(笑)。 ――(笑)。 中竹:グラノーラ会議で私は基本的に Mac のメモアプリを使うのですが、これを Evernote と連携させており、書いた内容が Evernote に保存されるようにしています。グラノーラ会議に出席する社員とこのノートブックを共有して、それぞれが皆で一つのノートを編集しています。わかりやすく言うと議事録ですね。 ――議事録を Evernote で共有することのメリットはありますか?

Continue reading…