Tag 位置情報

GPS をオンにして、Evernote と街に出よう

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business プライベートやビジネスで、ふいに訪れた飲食店などのお店。再び訪れたい時に、皆さんはどのように思い出していますか? 専用アプリを使って記録したり、手帳にメモを残したり、または頭の中に記憶したつもりが、思い出せないまま、再訪問の機会を逃してしまったりしていませんか。 すぐに思い出したい時は、外出時に得た情報を保存するツールとして、位置情報も記録される Evernote がおすすめです。 情報収集は、家やオフィスだけではありません。例えば、以下のように様々なシーンで使える位置情報の使い方をご紹介します。※なお、事前にお使いの端末での位置情報の設定が必要です。 外出先の情報は Evernote に残す 飲食店の情報 気に入ったお店の写真とともに、コメントを Evernote に保存することで、お店の場所も記録されます。 自分好みのお店のデータや、次回行ってみたいお店などの情報を残します。 店名、評価のタグ付け、メモ、注文したメニュー、金額など、後でどんなお店だったか思いだすきっかけになります。 ショップ情報 ウィンドーショッピングをしている時に、たまたま見つけた気になる洋服などを写真と共にメモに貼り付ける。 自分だけのお気に入りや欲しかった品をデータとして残します。 友達とノートブックを共有すれば、どこの店舗で見つけた商品なのかもわかります。 欲しいものが明確になることで、無駄遣いがなくなるかも知れませんね。 情報をチームで共有する 取引先の情報 名刺と共に、訪問先も一緒に記録されます。 共有ノートブックに入れて、簡単に社内共有が可能です。 名刺の画像を自動的にテキストとして読み取ってくれるので、人が集まる場所で名刺を交換したら、その人の特徴を簡単にメモに残します。 場所が記録されることで、イベント会場や、打ち合わせした場所を思い出しやすくします。 現場の情報 展示会や、撮影現場の立会いなど、共有ノートブックに写真やコメントを保存しておけば社内への日報報告の代わりともなります。 オフィスと同じ場所で仕事をしない場合、どこで何をしていたのか上司もノートを確認すればわかります。 プライベートでもビジネスでも、日々の情報集めを簡単にする Evernote Business のお申込みはこちらから ビジネスプラス Evernote Business

旅先で Evernote を使う

夏の旅行に Evernote を活用する方法。旅の計画、そして予約と直前の準備について書いてきましたが、今回は旅行先での Evernote 利用法です。 持ち物は少ないほうがよい 観光地を回るときは、持ち物が少ないに越したことはありません。また、海外旅行の場合には、治安面での不安もあります。大きなガイドブックや地図を持ち歩くのはかさばる上、観光客であることを周りの人に宣伝しているようなもの。スマートフォンなら、大量の情報でもかさばらず、いつでも取り出せます。 ただし、海外旅行の場合には注意点が 2 つあります。 1. データローミングで思わぬ高額請求のないように 使っていないつもりでも、スマートフォンには定期的にデータ通信を行うアプリがあります。海外でのデータ通信をオフにする、機内モードをオンにする、などして、十分気をつけましょう。 2. スマートフォンのスリやひったくりにもご注意 日本ではひったくり被害にあうこと自体少ないと思いますが、用心するに越したことはありません。スマートフォンを操作する際には、周りの状況に注意してください。 現地ではオフラインノートブックが大活躍 電波がつながらない!あるいは海外旅行の場合にローミングの高いデータを使いたくない!そうしたイライラを防ぐのが、オフラインノートブック機能。ネットにつながらない環境でも自分のノートが確認できて安心ですし、なにより簡単です。 ホテルの地図が確認できず迷子になったり、予約をしたレストランにたどり着けない、といったことのないように。住所、詳細情報、外観写真などをまとめておくと便利です。 オフラインノートブックの設定方法については、こちらの記事をご覧ください。なお、オフラインノートブックは有料機能です。Evernote のプランを確認するには、こちらをご覧ください。 現地でノートを作る Evernote で新しいノートを作ると、ノートを作った場所の位置情報が記録されます。特定の場所で作成されたノートを見つけることができて便利です。詳しい方法については、こちらのナレッジベース記事をご覧ください。なお、位置情報を記録するには、お使いのデバイスで Evernote の位置情報を有効にする必要があります。位置情報サービスに関するより詳細な情報は、お使いのデバイスの説明書をご確認ください。 すべてのノートの位置情報は、手動でも入力・編集可能です。各ノートのノートエディタの情報アイコンをタップすると表示される情報パネルから、入力・編集することができます。 ノートは、些細なことも忘れないよう、体験したらすぐに作成しましょう。例えば以下のようなノートを作ってはいかがでしょうか。 レシート(クレジットカード明細チェックに) 海外旅先で覚えたフレーズメモ・録音 宿泊場所の感想、レストランで頼むべき料理などの写真とともにメモ(行ってみないとわからない、次回に活かせそうな情報) 音声を残す、街の雰囲気、時計台の鐘の音、ストリートミュージシャンや大道芸など