Tag 利用者

SHOWROOM を生んだ
若き起業家・前田裕二氏の仕事術

“夢を叶える”ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」。仮想ライブ空間の中で、無料で誰でもライブ配信&視聴ができるライブ配信プラットフォームであり、夢を叶えたい人と、それを応援したい人が集まっています。 そんな SHOWROOM を生み出したのが、同社代表取締役社長・前田裕二さん。外資系投資会社を経て起業した、今注目を集める若き天才起業家です。 何冊ものノートを使いこなす “ノート術” の達人である前田さんは、実は Evernote のヘビーユーザーでもあるのだとか。多忙を極める前田さんの仕事において、Evernote がどんな役割を果たしているのかお聞きしました。 Evernote を使うのはクリエイティブな作業に集中するため −−前田さんはいつ頃から Evernote をお使いなのでしょう。 前田:使い始めたのは、2013 年の 1 月です。存在自体はもっと前から知っていたのですが、本格的に使い始めたのは、起業して SHOWROOM を立ち上げたタイミングですね。 −−前田さんは日々、多くのメモをとるそうですね。 前田:そうですね。何かメモすべきことがあれば、すぐに Evernote にメモしています。スマホで使うのは FastEver 2 という Evernote の連携アプリ。とにかく起動が速いんですよね。Mac では、どの画面を見ていてもすぐに使えるのが良くて、メニューバーのEvernote Helper をよく使います。それからショートカット。新規ノートの作成やノートの検索がすばやくできるのが気に入っています。 メモする内容は、たとえばタスクです。仮に 1 時間後に〇〇さんにメールするというタスクが発生したら、それをすぐに FastEver 2 経由で Evernote の「アクション」ノートブックに保存します。「アクション」ノートブックには自分がやるべきタスクをどんどんメモしておき、次にとる行動はそれを見て確認します。 −−細かい行動もすべてメモされるのですね。 前田:自分の頭のメモリをタスクの記憶に割きたくないのです。「1 時間後に〇〇さんにメールする」というタスクは 1 時間後まで覚えておけるかもしれませんが、「覚えておかないといけない」と思うと、その間、ずっと頭の片隅にそのことが残っていて集中できません。頭のメモリはもっとクリエイティブなことに割くべきです。ですから、タスクについては代わりに Evernote に覚えておいてもらうのです。 −−Evernote にさえメモすれば、後は「Evernote を見る」ことだけ習慣にすればタスクを忘れられるというわけですね。 アプリを使い分けることでメモのスピードをアップ 前田:他には日々の気づきを抽象化して入れるノートブックがあります。ここには写真とテキストを一緒に入れることが多いので、Textever Pro 3 というアプリを使っています。画像を一緒に保存した方が記憶を呼び戻しやすいので、「右脳に引っかかる情報」としてこのように記録しています。 −−アプリを使い分けるのはなぜでしょう。 前田:スピードを重視したいからです。FastEver 2 でも Textever Pro 3 と同じ入力はできますが、FastEver 2 はデフォルトで「アクション」ノートブックに入るように設定しているので、写真つきのノートを保存する場合はいちいちノートブックを切り替えないといけません。それではスピードが落ちてしまうので、ノートブックごとにアプリを分けているのです。 −−なるほど。何よりもスピードが重要なのですね。 前田:その点でも Evernote は優れていると思いますね。たとえば会議の資料作りも、僕は

Continue reading…

映像クリエイターが語る「Evernote を手放せない理由」

今、映像制作の現場で Evernote が注目されています。企業の CM 制作などで知られるアークベル株式会社の映像クリエイター・竹内俊英さんも、Evernote を仕事で愛用する一人。Evernote を使い始めてから、映像制作で起こりがちな課題がすべて解決したという竹内さんに、活用ノウハウを伺いました。撮影の準備から納品後のデータ管理まで、プロフェッショナルならではのハウツーが満載です。 Evernote を使い始めたのは仕事がきっかけ ——本日はよろしくお願いいたします。竹内さんは映像制作分野のクリエイターとしてご活躍ですね。 竹内:はい。映像制作のディレクターをしております。 ——お仕事やプライベートで Evernote をお使いいただいていると伺いました。いつ頃からお使いに? 竹内:2014 年からです。お仕事で Evernote Business の導入事例の動画制作をやらせていただいたことがきっかけでした。動画を撮るからにはしっかり理解しなければと思って使ってみると、「これはすごく便利だぞ」と。そこからハマりまして、今に至ります。 Evernote を使い始めたのは仕事がきっかけ ——本日はよろしくお願いいたします。竹内さんは映像制作分野のクリエイターとしてご活躍ですね。 竹内:アークベル社で映像制作のディレクターをしております。 ——お仕事やプライベートで Evernote をお使いいただいていると伺いました。いつ頃からお使いに? 竹内:2014 年からです。お仕事で Evernote Business の導入事例の動画制作をやらせていただいたことがきっかけでした。動画を撮るからにはしっかり理解しなければと思って使ってみると、「これはすごく便利だぞ」と。そこからハマりまして、今に至ります。 ——ありがとうございます。まずはお仕事での使い方から教えてください。 竹内:映像制作の流れに沿って説明しましょう。まず、案件ごとにノートブックを作ります。そこから撮影の準備に入るわけですが、準備段階で時間をとられないよう毎回必要なものをノートにまとめています。たとえば台本や香盤表といったドキュメントファイルの雛形ですとか、レンタカーや撮影スタジオの情報などですね。 ——レンタカー、ですか? 竹内:映像制作では非常に大きく重い機材を大量に使用するので、現場まで運ぶのにレンタカーが欠かせないんです。たとえばステップワゴンなら 1 日借りるといくらかかるとか、このくらいの大きさの車ならこれくらいの機材が入って何人乗れるというような情報をまとめておくと、準備が非常にスムーズなんですよ。 撮影スタジオの情報も同じで、部屋の向きや広さ、電源の種類などをまとめています。一度行ったスタジオは自分でも写真を撮り、一緒に入れておきます。実際に行ってみると公式サイトの写真と印象が違うこともありますし、公式サイトには載っていないような細かい部分の情報も必要だったりしますからね。 編集のためにショートカットや素材をまとめておく ——なるほど。撮影後はいかがですか? 竹内:撮影後は編集作業などを行いますが、その際に使用するソフトのショートカットキーなどをノートにまとめています。あとで使いやすいようにソフトごとにノートを分けているのですが、このとき「ショートカット」タグをつけておくと、ショートカットキーを入れたノートだけがずらっと並ぶので見やすく便利ですね。 ——サムネイルにソフトのアイコンを出してらっしゃるのですね。 竹内:これもパッと見て必要なノートにすぐアクセスするための工夫ですね。編集時にも Evernote を使います。たとえば同じ企業の案件ですと、過去に使用した素材を使いまわすことが多いので、そうした素材を Evernote にまとめています。素材といっても Photoshop や Illustrator、音楽ファイルなどいろいろな形式のファイルがあるのですが、Evernote は何でも一つにまとめられるのでバラけることがなくて助かっています。 また、映像編集ではソフトで様々な数値を設定します。映像のサイズですとか、ビットレートですとか。そうした数値はある程度パターンがあるので、スクリーンショットを撮って Evernote に入れてあります。こうしておくと「この数字っていくつに設定するんだっけ」と悩まなくて済むのです。 納品データも Evernote で管理 ——編集作業が終了したら納品ですね。 竹内:そうですね。欠かせないのが、納品した作品の URL をまとめる使い方です。納品ノートを年ごとに一つずつ作って、そこに URL と動画のサムネイルを貼り付けています。 ——URL は YouTube ですか? 竹内:そうです。今は映像を納品するのに YouTube を使うことが多いんですよ。納品時は他からアクセスできないようクローズドな形式でアップして、クライアントの確認後に公式チャンネルでアップロードされるという流れです。ですから

Continue reading…

Evernote 3周年!

パブリックベータを公開した日(6月24日)から今日で3周年です。みなさんの「第二の脳」を作ってきたこの3年はとても素晴らしいものでした。これからも今まで以上の面白い展開を心から楽しみにしています。 みなさん、ありがとう! CEO フィル・リービン ※ オリジナル記事(英文)

Evernoteのユーザー数が1000万人を突破!

私がこよなく愛するもの。数字にひとつ桁を追加するとき。100,000マイル。1,000,000ドル。10:00PM。一番左に1が現れ、他のすべての数字が0に戻ってぴたりと並ぶ瞬間。とても満足なものです。そしてEvernoteにも、本当に喜ばしいその時がやってきました。登録ユーザー数がついに1000万人を突破しました。 5ヶ月前の数字と比較して変化を見てみましょう。 Evernoteユーザーの特徴を表す数字として最も興味深いもののひとつは、ユーザーがEvernoteを利用するときのプラットフォームの種類の多さです。75%のユーザーは二つ以上のプラットフォームを利用しており、中には10もの異なるプラットフォームを利用している人もいます!Evernoteでは、Mac、Windows、Web、iPhone、iPad、Android、BlackBerry、Windows Mobile、HP WebOS用のネイティブアプリケーションを提供していますが、これは今後さらに増える予定です。 オープンベータで製品をリリースしようとしていたときからまだ3年たっていないのですが、そのころは想像も及ばない数字に思えました。ただ実際には、考えが及んでいなかったわけではなく、事業計画書、投資家向けの説明資料などすべてにこの数字を書いて話をしていました。そうです、3年後にユーザー数1000万人と。そう説明していたわけです。ユーザー数の伸びの予想を美しく描いたグラフもありました。しかし現実は予想よりもはるかに感動的なものとなりました。 もちろん、私はこのマイルストーン達成にとても興奮しているし、いつも一緒にやってきた仲間に感謝したいと思います。何年にもわたり私たちを信頼してくれた投資家とパートナーのみなさん、深く感謝します。私が経験してきた中でも最高のチーム、従業員のみんなにも大感謝です。あなたは1000万人が使っているプロダクトを作っているんです。なんて素晴らしいことでしょう!そして最も重要なこと、Evernoteユーザーのみなさんに心から感謝を申し上げたいと思います。Evernoteを使おうとしてくれた方、Evernoteなしの生活はありえないという方、すべてのユーザーの方々に感謝いたします。これからもEvernoteはみなさんのご期待を超えられるよう、日々改良を続けていく所存です。 約4ヶ月前になりますが、Evernoteの3周年となる6月24日までにユーザー数が1000万人に到達したら、全社員にぴかぴかで新品の iPad 2 をプレゼントすると社内にアナウンスしました。全員分のiPadを今朝箱から出したところです。 また、ユーザーのみなさんとお祝いするためのちょっとしたアイデアもあります。近いうちにアナウンスしますので、どうぞご期待ください。 1億ユーザーが待ち遠しい限りです。 Phil Libin CEO, Evernote ※ オリジナルブログ記事 の抄訳です。

Evernoteのユーザー数が500万人を突破しました!

二万と二千と百と三十人の方々に、Evernoteの新規会員になっていただきました。昨日1日だけで。本当です。22,130人。これは、過去の最高記録でありまして、そしてこのおかげで、Evernoteのユーザー数はとうとう500万人の大台を超えることができたのです! 実をいうと、過去数週間であらゆる種類の新記録を打ち立ててきました。 1日あたり過去最大のプレミアム会員の皆様からの収入 1日あたり過去最大の新規Windowsユーザ数(これは、最近リリースしたWindows版4.0のおかげでしょう) 1日あたり過去最大の新規Androidユーザー数(Evernote 2.0 for Androidは素晴らしい出来でしたし) 1日あたり過去最大の新規BlackBerryユーザー数(同じ理由で) 「MacやiPhone/iPadは?」ですって? ご心配なく。もうすぐアップデートのご連絡ができる予定です。乞うご期待! 400万人から500万人に行くまでに、83日しかかかりませんでした。これは、1日あたり12,000人以上の方に新規登録していただいた事になります。少し詳細を説明します。 そして、もうこの大台を超えた話をするのが5回目(100万、200万、300万、400万)だからといって、前より感激が薄いなんてことは全くありません。素晴らしいユーザの皆様、パートナーの方々、弊社の社員、そして投資家の方々へ申し上げます – 「どうもありがとう!」 みなさんと共に500万人以上の人々の生活に関わる商品をこうして作り上げてくることができたのです。なんて素晴らしい事でしょう! ※本記事は英語版記事の抄訳です。

Evernoteの利用者が全世界で300万人を突破

先月末、Evernoteのユーザー数がついに300万人を超えました。皆様のおかげで、Evernoteは急速にユーザー数を伸ばしています。 Evernote CEOのフィル・リービンは、英語版のブログで次のように感謝の言葉を述べています。 Evernote Reaches Three Million Users! 『私たちは、すべてのEvernoteユーザーの皆様に深く感謝します。Evernoteを知っていただき、そして私たちといっしょにいてくださり、ありがとうございます。皆様からの精力的なフィードバックがEvernoteをより良いものにします。1人1人に対してお返事をすることはできないとしても、私たちは皆様からのすべての声に耳を傾けていることをぜひ知ってください。そしてEvernoteの製品ロードマップは、皆様からの声に大きな影響を受けています。今後の数ヶ月間に行われる、Evernoteのすべてのバージョンに対する大きな改善といくつかの大きなサプライズにご期待ください!』 Evernoteは、ユーザーの皆様のフィードバックをもとに、これからも進化していきます。今後ともEvernoteをよろしくお願い致します。