教科解説のコンテンツ公開を Evernote Business で実現

先日、文科省指定のスーパーグローバルハイスクール・品川女子学院 教育機関として最大規模 約200名の生徒を対象に「Evernote Business」を導入というニュースリリースを配信しました。 同校では、約 1,280 名の生徒のほぼ半数がアカウントを持ち、中でも先生方や 205 名の高校 2 年生全員が Evernote Business を学校生活で利用するなど、Evernote を軸にした情報共有とコミュニケーションが拡がっています。今回は、私⽴中⾼⼀貫⼥⼦校として「社会で活躍する⼥性を育てる」との創⽴理念を掲げる、品川女子学院の例をご紹介します。 タブレット時代に備えて情報プラットフォームを検討 品川⼥⼦学院の教育目標である「28 プロジェクト」には、⼥性にとってさまざまな節目となる 28 歳になった時に、それまで学んだことを活かして社会に貢献できる人間を育てようという同校の教育コンセプトが込められています。 「当校が IT 教育に力を入れているのも、そうした社会人としての重要なスキルを身につけさせようという教育方針の⼀環です。中学 1 年時と⾼校 1 年時にはそれぞれ『情報』の授業が設けられています。また企業とのコラボレーション総合学習の場では、社会人の方々を相手にプレゼンテーションを行ったり、CM 制作を通じて PC を利用した動画編集を体験するカリキュラムもあります」と語るのは、品川⼥⼦学院 生徒会部長 情報科主任 酒井 春名先生です。 同校が初めて Evernote を導入したのは 2013 年 10 月。それまでも校内では、PC やモバイルから利用できるクラウド・プラットフォームの検討を重ねてきたと酒井先生は明かします。 「まもなくやってくる『タブレット 1 人 1 台時代』に備えて、そのためのプラットフォームを探していました。さまざまなサービスを比較検討したのですが、そのほとんどはあらかじめ決められた使い方を強いられる印象がありました。それに比べて Evernoteは、白紙の状態から始めて自分たちの工夫で思いどおりの使い方ができる点が良いと感じたのです」 まず最初に先生と生徒間の共有ノートブックを 1 つ⽴ち上げ、先生から生徒への連絡事項などに使い始めました。その後は順次、生徒同士が利用するクラス共有ノートブックや生徒会役員間の共有ノートブックなどがここに加わっていきました。 若手教員の指導力アップにも Evernote Business を活用 Evernote の利用が始まった 2 カ月後の 2013 年 12 月には Evernote Business の採用も決まり、その第⼀弾として管理職および IT スキルの⾼い先生方 10 名が

Continue reading…