Tag 始め方

悩み別!仕事での Evernote の始め方

仕事の効率を上げたくて Evernote をインストールしてみたけど、何ができるの?何から手をつけたら良いの?とお困りの方も多いかもしれません。そこで今回は、仕事で抱えがちな悩み別で、初心者におすすめの 5 つの機能をご紹介します。どれもスマートフォンがあればできるものですので、ぜひ試してみてください! 1. やることが多すぎて何から始めたら良いか分からない。 自分の仕事をたくさん抱えているのに、急な仕事をいくつも頼まれてしまった。何から手をつけて良いか分からずパニック!という状況になったことはありませんか? そんな時は、一旦やることを書き出して、頭の中を整理することが大切。Evernote のチェックリストを使って ToDo リストを作りましょう。 タスクを可視化することで全体の仕事量や優先度などが把握できるので、漠然とした不安が軽減でき、効率的に作業を進めることができます。 出勤中の電車の中や就業前のオフィスなど、自分で決めたタイミングでタスクの整理を習慣化するのもおすすめです。 >>> Evernote での代表的なタスク管理の方法を見る。 2. あとで参考にしようと思っていた Web ページが見つからない。 「この Web ページ、参考になりそうだから後で見よう。」とブックマークに保存したら、そのページ自体が削除されてしまい、見ることができなかった。あるいは、ブックマークしたものが多すぎて、見たかったページが見つからない!と困った経験はありませんか? そんな時は、Web クリッパーを使って、そのページごと Evernote に保存しましょう。一度保存しておけば必要なとき検索ですぐに引き出せますし、そのページ自体がなくなってしまっても Evernote 上では見ることができます。 たとえば、こんなものを保存しておくと便利です。 自社や競合他社、業界トレンドなどに関する記事 Web 明細書やオフィス機器の Web の取扱説明書 歓送迎会に使えそうなお店のページ 出張時の宿泊先や訪問先までの地図 リニューアル前の自社の Web ページ 3. 名刺を探したり管理したりするのにすごく時間がかかる。 交換した名刺をどう管理すべきか悩んだ末、結局机の引き出しに入れっぱなしになっていたりしませんか?あるいは、もらったはずの名刺がすぐに見つからず、探すのに時間がかかっていたりしませんか? 名刺で重要なのは、名刺そのものではなくて、所属や連絡先などの中身。どうしても必要なもの、取っておきたいもの以外は、Evernote の名刺スキャンで保存しておきましょう。やり方は簡単!スマホの Evernote のカメラを名刺にかざすだけです。 Evernote の名刺スキャン機能で作成されたノートは、「連絡先ノート」という特別なレイアウトのノートとして保存されます。そのため、電話・メールのアイコンをタップすると、直接電話をかけたりメールを送信したりが可能。また、その人についてのメモも追加できます。 さらに、保存した名刺は必要なときすぐに検索で引き出せます。「会社名は分かるけど、名前が思い出せない!」とという場合でも、検索で見つかるので安心です。なお、Evernote の名刺スキャンはプレミアムの機能です。ベーシック・プラスでは 5 枚までお試しができます。 4. 大事なメールが埋もれてしまってすぐに見つからない。 メールボックスには、仕事のメールからメールマガジン、売り込みのメール、スパムメールなど、日々たくさんのメールが届きます。そんな中、予約した飛行機の e チケットや仕事の依頼に関する大切なメールなどが埋もれてしまって、すぐに見つからなかったという経験はないでしょうか? そんな時は、メール転送の機能(プラス・プレミアムの機能。ベーシックは 5 通までお試し可能)で、メールごと Evernote のノートに保存。1 アカウントごとに付与される「Evernote 転送用メールアドレス」宛にメールを送ると、その内容が Evernote のノートとして保存されます。 この機能は、定期的に届くメールマガジンを Evernote

Continue reading…

今年こそ Evernote を始める(後編)

新年の始まりに「今年こそ Evernote を使いたい!」と思っている方向けに、スマートフォンでの Evernote の始め方をご紹介するシリーズ。前回は Evernote をダウンロードし、アカウントを作成するまででした。後編の今回は、実際に使い始めてみましょう。 ノートを作成する際は「+」ボタンをタップします。 初めてのノートを作る まずはじめに、テキストのノートを作ってみましょう。Evernote には、ちょっとしたことをメモとして残しておくのはもちろん、長い文章を保存しておくのにも便利です。 Android 版の場合 1.「+」をタップします。 2.「テキストノート」を選択してください。 iPhone 版の場合 1.「+」をタップします。 カーソルが、ノート本文の一番最初に表示されます。キーボードを利用して、文字を入力してみましょう。 カメラで写真をとってみる 次に、Evernote で写真を保存してみましょう。写真で記録すれば、テキストをタイプしないで簡単に情報を保存することができます。また、Evernote では、写真の中の文字も認識しますので、あとで検索する際に画像内の文字も探し出すことができます。 Android 版の場合 1.「+」をタップします。 2. 「カメラ」を選択します。 iPhone 版の場合 1.「+」を長押しします。 2. 「写真」を選択します。 すると、カメラが起動します。 撮影したいものにカメラを向けてみましょう。Evernote は書類や名刺などを自動的に判別し、調整した上で自動的に一番適切な状況で自動的にシャッターを切ります。 もちろん表示されているシャッターをタップして、マニュアルでの撮影も可能。Android でシャッターが表示されていない場合は、写っている写真部分をタップすると、シャッターボタンが表示されます。 ウェブページをクリップしてみる スマートフォンでウェブを見ているときに、後でゆっくり見たいなと思うことはありませんか?そんなときは、Evernote に保存しておきましょう。ブックマークを使う方もいらっしゃると思いますが、URL が変更されたり、ページ自体がなくなってしまったりすることもよくあります。ページ自体を Evernote に残しておけば、そんな心配はありません。 保存したいページがあったら「共有」あるいは共有アイコンをタップしてください。お使いのブラウザによって多少使い方が違いますので、以下のようなアイコン、表記を探してください。 その後、Evernote のアイコンをタップして、ページを保存してください。 いかがでしたでしょうか。Evernote の使い方は千差万別。正しい使い方というものはなく、あなたの使いやすい使い方が、一番の使い方です。2017 年をもっと生産的な一年にするため、Evernote をぜひご活用ください。 Evernote 日本語版ブログでは、Evernote 製品情報や使い方のヒントはもちろん、実際に Evernote をお使いのユーザの声、事例を多数ご紹介していきます。

今年こそ Evernote を始める(前編)

新年の始まりに「今年こそ Evernote を使いたい!」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。「どうやって始めたらいいか、よくわからない」というみなさまに向けて、今回から 2 回にわたって、今すぐ始められる、スマートフォンでの Evernote の始め方をご紹介します。 まずは Evernote をダウンロード すでにスマートフォンに Evernote のアイコンがあるという方は、このステップを飛ばしてください。 スマートフォンで evernote.com にアクセスすると、「ダウンロード」というボタンが表示されます。 このボタンをタップすると、お持ちのスマートフォンにあわせたダウンロードサイトにリンクし、そこからダウンロードを行っていただけます。Evernote のダウンロードは無料です。(データ通信料はかかりますのでご注意ください。) アカウントを作成 スマートフォンの Evernote アプリをタップして起動したら、「アカウントを作成」をタップし、あなたのメールアドレスを入力し、パスワードを決めてください。 また、Google アカウントをお持ちなら、そのアカウントを使用して簡単に登録できます。 すでにアカウントをお持ちの方は、メールアドレスとパスワードでログインしてください。久々にアクセスしてパスワードを思い出せないという方は、「パスワードを忘れたら」をタップして指示に従ってください。 これで、Evernote を使い始める準備が整いました。次回は、実際に初めてのノートを作成してみましょう。