Tag 成蹊大学

大学教員がおすすめする、大量の論文を管理するための Evernote 活用術

成蹊大学・理工学部で教員として勤務し、「材料工学」分野を専門に研究を続ける酒井孝さん。自らの研究はもちろん、学生とのやりとりにも Evernote をご活用いただいているのだとか。どんな使い方をされているのか、詳しくお話を伺いました。 氏名:酒井 孝(さかい たかし) 研究室サイト: 成蹊大学・理工学部・システムデザイン学科・材料力学研究室 研究室 Facebook: 成蹊大学・理工学部・システムデザイン学科・材料力学研究室 Twitter: @sakai_zairiki 「個人用と研究室用、2 つのアカウントを切り替えながら使っています」 ――酒井さんは、学生さんとのやりとりにも積極的に Evernote を活用されているそうですね。どのような使い方をされているのでしょうか。 酒井:私は個人用と研究室用に2つのアカウントを持っています。両方ともプレミアムで契約していまして、それぞれを切り替えながら使っています。自分のアカウントには論文や研究資料などを入れ、研究室用のアカウントには学会誌などを入れています。 学会誌は1ヶ月に4〜5冊ほど届くのですが、これをイメージスキャナで PDF 化して、Evernote に入れてしまいます。私自身は普段、MacBook を使っているのですが、個人用と研究室用のアカウントは簡単に切り替えができるので、特に面倒だと感じたことはありません。この試みは 5 年以上前から行っていて、当時から今までの学会誌がすべて入っている状態です。 ――Evernote に取り込むことでどんなメリットが生まれましたか? 酒井:物理的にかさばらないのはもちろん、いつでもどこでも研究室アカウントから参照できるのは大きいですね。何よりもすばらしいのは、キーワード検索できること。もし、Evernote を使えないとなると、まず学会のウェブサイトから学会誌の目次を確認して、いつ頃の学会誌に求める内容が載っているのか見当をつけ、それから書架に並ぶ学会誌の現物を開くことになります。Evernote に学会誌を入れてキーワード検索を使えば、この手間を一気に省くことができますから。研究室の学生も Evernote を使っていますが、その便利さを実感するのは卒論や修論など論文を書くときでしょうか。 ――研究室での利用を機に、学生さんが個人的に Evernote を使いはじめるということはありましたか? 酒井:そういうこともあるみたいですよ。もともと、うちの研究室はクラウドを推奨していて、学生にはローカルな HDD にデータを入れるなと教えています。ローカルでは PC を落としたり、忘れたりする危険性がありますからね。データをアップするのは Dropbox。連絡には Facebook を使っています。 ――メールは使わないのでしょうか。 酒井:メールは便利なのですが、1:1 の閉じたやりとりになることが多いのです。クローズドではなく、オープンな形でやりとりすることを心がけています。何かお知らせを出すときもメールではなく、Facebook に配信していますね。Evernote のノートの共有リンクを Facebook に貼り付けて使うことも多いですよ。 「Evernote は、いわば研究室の書架がつねに目の前にあるようなもの」 ――酒井さんご自身のアカウントの使い方についても教えていただけますか。 酒井:まずは自分で執筆した論文の管理ですね。執筆した論文のすべてを PDF 形式にして Evernote に保存しています。論文集に掲載された論文は、通常は紙で 50 部のコピーが届きます。本来は打ち合わせなどで相手に渡して説明したりするのに使うのですが、これがとにかくかさばるんですよ(笑)。だったら PDF で送った方が早いですし、Evernote ノートのリンクを共有する方がいいですよね。 ――なるほど。論文は紙ですと、かなりの量になってしまいますよね。 酒井:そうなんです。全部を持ち歩くわけにはいかないですからね。自分の論文だけでなく、他の研究者が執筆した論文も同様に PDF で Evernote に入れてテーマごとに管理しています。これらのファイルを同期した

Continue reading…

「Evernote は研究・教育のインフラです」――成蹊大学教授・塩澤一洋さんの活用術

成蹊大学法学部教授として教鞭をとる傍ら、月刊 MacPeople に「知的生産の Mac 術」を連載し、さらには写真家としての顔も持つ塩澤一洋さん。様々な業界でマルチに活躍する塩澤さんにとって、Evernote はなくてはならないツールだそうです。 普段の生活で、そして大学でどのように使われているのか、元教え子の甲本さん、荒川さんにもご同席いただき、お話を伺いました。 氏名:塩澤一洋(しおざわ かずひろ) blog:shiology     「授業の評価シートをティーチングアシスタントと共有しています」 ――塩澤さんは大学でどのように Evernote を活用されているのでしょうか。 塩澤「授業の後に学生全員にオピニオンペーパーという評価シートを手書きで書いてもらっているんですが、それをスキャンしてティーチングアシスタントと共有しています。オピニオンペーパーには発言回数なんかも書いてあって、回数に応じて平常点をつけ、期末試験の点数とあわせて成績が決まるんです」   ――授業で使う資料や配布物なども Evernote に? 塩澤「資料は保管していますね。授業の資料にかぎらず、紙はすべてスキャンして入れ、基本的に Evernote に何でもあるという状態にしています。配布物に関しては、そもそも僕は授業でプリントなどの紙類を一切配布しないんですよ。話す内容も、教室に行ってから決めますから(笑)」 甲本「そうですね、紙類は配布されないですね。ですから授業では Evernote でノートだけをとっておいて、後からスライドをキャプチャして同じノートに入れるようにしています。学生に社会人が多いロースクールということもあって、授業はすべて録画されていて、授業中に使ったスライドも後から見られるんですよ。復習をするタイミングでノートを見返しながら、スライドを Evernote に保存しています」   塩澤「Evernote を使っている学生は多いんですが、発表の内容を共同編集するときなんかに使っているみたいですね」 荒川「私も先生や甲本さんが Evernote を使っているのを見て始めたんです。まだ使い始めて3 ヶ月くらいなんですが、プライベートでも夫とノートブックを共有して使っています。実は引越をしたばかりなのですが、どこに何があるか何度も聞かれて大変だったので、物の場所を記録した Evernote ノートを共有して、何かあればそれを見ようということにしています」 「僕が関わった委員会はすべてクラウド化しました」 ――みなさんそれぞれ自由に使っていただいているんですね。塩澤さんはあまり紙類を使うのはお好きではないのでしょうか。 塩澤「僕は88 年に Mac を使い始めて、92 年にはエプソンのスキャナを買って紙類のスキャンを始めた人間なんですね。たとえば書式の枠組みが決まっている書類に関しては、枠組みだけの状態で一度スキャンしてテンプレートを作り、そこにMacで文字を埋めてプリントアウトしていました。こうすると、相手には驚かれるんですよね。『どうやったんですか?』って。でもその方が効率的ですし、当時から可能な限り書類はデジタル化しようとしていたんです」     ――なるほど。そうすると、Evernote はまさにうってつけのツールですね。 塩澤「ええ。紙は全部サヨナラです。手元にきたらすぐにスキャンしています。大学というところは本当に紙が多い場所なんですよ。これでも減らしに減らしているんですが、なかなか完全にはなくならないですね。とはいっても、僕が今までに関わった委員会はクラウド化しましたよ。特に環境委員会は紙をすべてなくしました。”環境”委員会なのになんで紙なんだって(笑)」 ――(笑) 他にはどんな使い方を? 塩澤「ブログの原稿はすべて Evernote で書き、保存しています。マークダウンのタグを単語登録してすぐに書けるようにしていて、コードも含めた状態で Evernote からコピペしてブログに貼り付けているんです。iPhone では PostEver を使って自分向けにツイートする感覚でメモします。位置情報が記録されるので便利ですね。Twitter のログはツイエバで Evernote にバックアップしておくと、Evernote の他の情報とあわせて横断して検索ができます。自分が扱った情報というのが大事なんです」 ――学生のお二人にとって Evernote はどこが便利だと感じますか? 甲本「ありがたいのは、Google などで検索しているときも自分の Evernote アカウント内に保存してある関連するノートが表示されることですね。論文を探したときなんかに関連するものが出てくるので助かっています。それに、PDF の

Continue reading…