Tag 描き込み

画像に注釈を描き込む

隣に座っている人には指で写真を差しながら説明できますが、遠くにいる人に伝える時はどうしますか? 画像を単純に共有するだけでなく、画像のこの部分に注目してほしい、この部分をこのように修正したいという指示を出したい…そんなことはありませんか? Evernote に保存した画像や PDF* には、矢印・図形・線・文字などを描き込むことができます。ノートを共有する際に画像に注釈を追加しておけば、よりわかりやすい指示を伝えることができます。(*PDF への注釈描き込みは、Evernote プレミアムの機能です。) Windows 版 注釈を加えたい添付画像上にポインタを移動させると、注釈ボタンが表示されます。このボタンをクリックしてください。 Mac 版 ノート右上に表示される注釈ボタンをクリックすると、このノートに添付された画像が一覧できます。注釈を加えたい画像を選択してください。 iPhone・iPad 版 注釈を加えたい添付画像をタップして画像を開き、画面下部に表示される注釈ボタンをタップしてください。 Android 版 注釈を加えたい添付画像を長押しすると、以下のようなメニューが表示されます。「描き込む」をタップしてください。 注釈ツール 上記の操作を行うと画像が開き、デスクトップ版では左側に、モバイル版では下側にツールが表示されます。 Evernote の注釈機能では、以下のようなツールをご利用いただけます。 矢印:特定の点を指し示すときに使います。注目してほしいところを差し示すのに便利です。 テキスト:テキストを追加できます。テキストの幅や文字の大きさも自由に変更できます。 図形・直線:長方形、角丸長方形、円、直線を描き込めます。 ペン・蛍光ペン:フリーハンドで描くことができます。 スタンプ:特定の場所にフィードバックを与えるとき便利です。スタンプを押した後に文字を加えたりポインターを追加することもできます。 モザイク:特定部分にモザイクをかけることができます。 切り取り・サイズ変更:必要な部分の切り出し、サイズ変更が可能です。 カラー・線の太さのオプション:描き込むテキストや図形の太さ・色を変更できます。 詳しい方法については、こちらのヘルプ記事もご覧ください。

添付画像に注釈を入れる

Evernote には、テキストや音声、画像・写真、ファイルなど、様々な形式の情報を意識することなくまとめていくことができますが、Evernote に保存する画像や PDF には、矢印、図形、線などを描き込むことができるのはご存知ですか?(PDF への描き込みは、Evernote プレミアムの機能です。) Windows 1) ノート内に添付した画像上にカーソルを合わせると、この画像に「描き込み」とこの画像を「開く」ボタンが表示されます。左側の「描き込む」ボタンをクリックします。 2) 画像が開き、左側にツールが表示されます。 Mac 1) ノート内に添付した画像上で、Control ボタンを押しながらクリック(右クリック)すると、コンテクストメニューが表示されます。「この画像に描き込み…」を選択します。 あるいは、ノート右上に表示される「描き込み」ボタンをクリックし、描き込みたい画像を選択します。 2) 画像が開き、左側にツールが表示されます。 1)ノート内に添付した画像をタップして画像を開き、下のメニューから「描き込み」をタップします。 2) 画像が開き、右下にツールが表示されます。 注釈ツールについて Evernote の描き込み機能では、以下のようなツールをご利用いただけます。 矢印:特定の点を指し示すときに使います。 テキスト:テキストを追加できます。テキストの幅や文字の大きさも自由に変更できます。 図形・直線:長方形、角丸長方形、円、直線を描き込めます。特定の場所を強調したいときに使います。 ペン・蛍光ペン:フリーハンドで描くことができます。 スタンプ:特定の場所にフィードバックを与えるとき便利です。スタンプを押した後に文字を加えたりポインターを追加することもできます。 モザイク:画像内の特定部分にモザイクをかけることができます。 切り取り・サイズ変更:必要な部分の切り出し、サイズ変更が可能です。 カラー・線の太さのオプション:描き込むテキストや図形の太さ・色を変更できます。 さらに詳しい方法については、こちらのヘルプ記事をご覧ください。