文具王・高畑正幸さんに聞く、Evernote を活用したデジタル整理術

Evernote はよくノートやメモという言葉で表現されます。その意味で Evernote は“デジタルの文房具”といえるのかもしれません。そんな文房具を極めた達人といえば、通称「文具王」の高畑正幸さん。TVや雑誌でもよくお見かけするので、ご存知の方も多いでしょう。 誰よりも文具に詳しい高畑さんですが、実はデジタルにおいても例外ではありません。高畑さんは古くからの Evernote ユーザーであり、さらに ScanSnap のアンバサダーとしても活躍されているのです。 今回は、文具王・高畑さんの Evernote を活用したデジタル整理術に迫ります。 デジタルとアナログ、両方の良いところを活用 ――こちらが高畑さんがお仕事をされているデスクですね。たくさんの文房具やガジェットがありますが、とてもきれいに整頓されていますね。さすがです! 高畑:実は二段ベッドを改造して作ったデスクなんですよ。 ――そうなんですね! ScanSnap も複数台使われているんですね。 高畑:ええ。文房具のパッケージ、メーカーのリリース、カタログ、チラシなどをスキャンして電子化するのに ScanSnap は欠かせません。カタログをスキャンするとき、立体物などをスキャンするときといった具合に用途に応じて様々な ScanSnap を使い分けています。 ――そうした電子化したデータを保存しておくツールとして Evernote をお使いいただいているということでしょうか。 高畑:そうです。というよりも、一旦は何でも Evernote に放り込むようにしています。たとえば原稿を書くときは、ポメラでドラフトを書いたらその原稿の QR コードを表示し、それを取り込むことで Evernote に保存しています。逆に編集部から校正が返ってきたときは、一旦紙に出力してから赤字で修正し Evernote に保存しておきます。 ――デジタルで送られてきたものをあえて紙で出力し、またデジタルに戻すのですね。 高畑:ええ。人にもよると思いますが、雑誌記事の校正作業なんかは紙の方がやりやすいんですよ。 ――送った校正を Evernote に残しておく理由は何でしょう。 高畑:仕事柄、同じ文房具について記事を書くことも多いんですね。そういうとき、過去に書いたものを参照しながら書きたいので、校正はすべて Evernote に残すことにしています。「今書いている原稿」と「過去に書いた原稿」の両方が Evernote に入っていると、何かと便利なんですよ。 領収書ノートブックを共有してリスト化を外注 ――参考になります。書類も電子化されているとか。 高畑:領収書や請求書、レシートなどはすべてスキャンして、経費未処理ノートブックに入れています。実はこのノートブック、経費の入力代行をお願いしている方と共有しているんです。ここに領収書を入れると、その方がリスト化してくれるんですね。こうすると経理処理が非常に楽になるんですよ。 ――なるほど。 高畑:他にはウェブクリッパーでウェブページをクリップしたり、日経電子版でおもしろいと思った記事を保存したりしています。ウェブクリッパーの場合、簡易モードを使うと広告などの余計なものが自動的に削られて保存できるので便利です。それから、複数ページに渡っていても、1 ページにまとめてくれますよね。保存したページは紙に印刷して書き込みをしながら読むこともあるのですが、Evernote にクリップすることで必要なところがまとまり、いらないところが削られるのでとても見やすくなります。 また、メールなどでよく聞かれる内容や毎回説明しないといけないことなどについては、テンプレートを用意して Evernote に入れています。たとえばサンプルを貸し出すときや、仕事の依頼を受けた際の依頼書などです。 ――依頼書といいますと? 高畑:仕事の内容や会社名、担当者名、TV なら放送日、雑誌なら発売日といった内容を書き込んでもらうためのテンプレートです。取材依頼を受けたらまずこのテンプレートを相手に送って、書き込んだものが返ってきたら、それをまた Evernote に入れておくのです。こうすると日にちがたってからでも取材の詳細がすぐに確認できます。依頼メールを探すのは大変ですからね。 ――ちなみに文房具の整理などはどのようにされているのでしょうか。 高畑:所持している文房具は数が多すぎるので、Excel での管理などはしていません。パッケージやマニュアルは Evernote に入れてありますし、新しいものなら情報はだいたいネット上にありますから、必要に応じて検索し、クリップしておけばそれでいいのです。 黄色の紙を使うことでサムネイルの視認性を向上 ――デジタルとアナログについてはどのように使い分けているのでしょう。 高畑:先ほどの校正もそうですが、紙や手書きの方が向いていることもまだまだ多いです。たとえばイラストや図を使ってアイデアを書き出すときは、紙に手書きするほうが早い。そういうときはまず手書きで紙に書いてから、それをスキャンするのです。このとき、ポイントは白ではない色の紙を使うことです。私は黄色い紙を主に使っています。 ――なぜ色付きなのですか? 高畑:Evernote に取り込んだ際、紙の色がサムネイルになって、手書きしたノートとそうでないノートがパッと見でよくわかるからです。Macでノートの一覧を見てみるとよくわかります。

Continue reading…