Tag 旅行

憧れで終わらせない!一生に一度の旅を計画する方法

パリのカフェのテラス席で本場のエクレアを食べる。オーロラを自分の目で見る。アフリカで野生動物の写真を撮るーー。遠い土地への旅や冒険に憧れる人は少なくないでしょう。2018 年こそ、一生に一度の旅を実現してみませんか? 十分な下調べと計画さえできれば、憧れの旅を実現するのはそう難しくありません。必要な情報をすべて Evernote に保存しておけば、旅先でラップトップやスマートフォンから手軽に確認できるので、旅は一層スムーズなものになります。 今回は、旅の達人たちに Evernote をどう使っているか尋ねてみました。旅行前、旅行中、そして旅行後の活用方法をご紹介します。 マドリード在住の David Lengen 氏と Bas Ellen 氏は、MrHudsonExplores.com というトラベルブログを運営し、リゾート旅行やパッケージ旅行といった一般的な旅とは一味違う旅を紹介しています。二人は、文字どおり「一生に一度」しか訪れることのない場所で最高の経験ができるよう、旅行の前に十分な計画を立てています。 「私たちは、旅の計画をインスピレーション、計画と予約、旅行中、旅行後の 4 つの段階に分けて考えています。」と Legen 氏。 一生に一度の旅: インスピレーション Ellen 氏によると、インスピレーションの段階はブレインストーミングと Web クリッパーによる情報収集から始めるそうです。「夢には自分の価値観や大切に感じているものが反映されます。すでにビジョンがある方はそれに基づいて計画を立てればよいでしょう。」両氏はそれぞれ見つけた好みの画像をインスピレーション用の共有ノートブックに保存し、そこから次の目的地を話し合って決定するそうです。 「夢には自分の価値観や大切に感じているものが反映されます」— Bas Ellen 氏 「旅行会社や観光産業のマーケティングに惑わされないでください」と Lengen 氏は言います。「Instagram やトラベルブログ、信頼できる雑誌などを参考にしましょう。目的地が絞れたら、そこに行ったことのある人たちの話を聞いてみます。」この段階に入ったら、現地で見たいものや行きたいレストラン、宿泊先などもリサーチします。「たとえば、どうしても行きたいミシュランの星付きレストランがあるのであれば、かなり前に予約する必要があるでしょう。」 使いこなしのヒント: Evernote Web クリッパーでは、クリップするたびに新しいノートが作成されます。インスピレーション用のクリップをすべて 1 カ所にまとめておくため、専用のノートブックを作成しましょう。 また、旅の予算についてもリサーチは重要です。「自分にとって最適な時期に行くことができれば、旅は一層充実します」と語るのは Ellen 氏。以下は Ellen 氏の予算に関するヒントです。 目的地が決まっていない場合は、予算に見合う場所をリサーチする。 「ショルダーシーズン」と呼ばれる、繁忙期でも閑散期でもない時期に狙いを定める。ハイシーズン料金や混雑を避けることができます。 Hopper などのアプリで航空券価格の傾向を把握し、料金が安い時に購入する。 複数の航空会社の片道航空券を利用することを検討する。往復航空券よりも安くなる場合が多々あります。 計画と予約 憧れの旅の目的地が決まったら、細かいあれこれを計画しています。Ellen 氏は本当に細かいところまで計画するそうです。「想定外のことにびっくりさせられるのが好きではないので、綿密に計画を立てます。」 計画段階では、メール、レシート、地図、予約確認番号などさまざまな情報が発生します。これらの情報をわかりやすくまとめておきましょう。現地で必要な情報がすぐに見つからないと、せっかく計画した旅の快適さが損なわれることになりかねません。 Evernote コミュニティのイベントを主催するために世界中を旅している Josh Zerkel は、旅行中の Evernote の活用方法を以下のように提案しています。旅慣れた人でも忘れがちなヒントもあるので是非参考にしてください。 「スマートフォンに Google マップをダウンロードしてオフラインで使用できることを知っていますか?この機能は Wi-Fi が使えなかったり高かったりする地域を旅する際にとても便利です。また地図に貴重なモバイルデータを消費したくない場合にも使えますね。たとえばホテルからレストランまでといったように経路案内を検索して、そのリンクを旅行計画テンプレートのレストラン情報の隣に貼り付けておけば、現地でリンクをタップするだけで簡単に目的のレストランにたどり着くことができます。」 「インターネットに接続できない場所でもノートブックを見ることができれば、時間も費用も節約できます」— Josh Zerkel

Continue reading…

オフラインノートブックの使い方

スマートフォンやタブレットを使っている Evernote ユーザにとって、自分のノートにいつでもアクセスできることは必須条件だと言えます。最近はインターネットに繋がらない場面も多くはないかもしれませんが、それでも移動中や外出先で電波が一時的に届かなくなったり、飛行機の機内や海外の渡航先などでインターネットが利用できないことはあります。 Evernote の「オフラインノートブック」機能を使えば、いざという時に必要なノートを開くことができない、といった問題も未然に防ぐことができます。(注: オフラインノートブックは、Evernote プラス・プレミアムの機能です。) オフラインノートブックの仕組み 通常の場合、モバイル版の Evernote アプリではノートの中身の情報は端末に保存されていません。見たいノートを一覧から選択してタップすると、そのノートの中身がダウンロードされて閲覧可能になる仕様です。一方でオフラインノートブックでは、指定したノートブックに含まれるノートがあらかじめ端末上にダウンロードされ、いつでも開ける状態で保管されます。オフライン時にノートを編集した場合は、インターネットに次回接続した際に自動同期されます。 オフラインノートブックの活用例 この機能はどんな時に役立つのでしょうか?これまで、たくさんのユーザの方から活用法を教えていただいてきました。その一部を改めてご紹介します。 出張で海外に行く前に、持ち物リスト、ホテル・訪問先までの交通手段、現地の連絡先、外貨両替所の場所などの必要な情報を保存 タブレット端末のデータ通信量を最小限に抑えるために、よく使うノートだけをオフラインノートブックで管理 海外旅行中に高額なデータローミング料金を払わなくてもいいように、ホテルの予約確認メール、現地で使える言葉のフレーズ集、行きたいレストランや観光地の地図、自分のパスポートのスキャン画像などを保存 早見表(例: 年号、単位換算)や最寄り駅の時刻表など、必要な時に瞬時にアクセスしたい情報を保管 営業先でよく見せる、写真のたくさん入ったノートや PDF ファイルなどを、あらかじめダウンロードしてタブレット端末上に保存 通勤電車で電波が途切れやすい区間でも快適に読めるように、オフラインノートブックを作って Web クリップした記事をストック 緊急時の備えとして、家族や同僚の連絡先、避難経路、防災グッズの使い方手順などを常時保管 いかがでしょうか?オフラインノートブックは出張や旅行などの「旅」にとても人気ですが、それ以外にも役に立つ場面がたくさんあります。ネットが使えずに困った経験や通信速度が遅くて不便に感じることがあるという方は、ぜひ一度お試しください。 設定方法 iPhone(または iPad)の場合: 1. 「アカウント」タブを開きます。 2. 設定 > ノートブック > オフラインノートブックを選択します。 3. オフラインで使用するノートブック(複数可)を選択します。 あるいは、 1. 画面中央上の「すべてのノート」をタップし、一覧からノートブックを選択します。 2. 画面右上のオプション(点線)ボタンをタップし、「オフラインでも使う」を選択します。 Android 端末の場合: 1. ホーム画面左上のメニューアイコンをタップします。 2. 「ノートブック」を選択すると、ノートブックリストが表示されます。 3. 画面右上のオプション(点線)ボタンをタップし、「オフラインノートブック」を選択します。 4. オフラインで使用するノートブック(複数可)を選択します。 注: ノート数が多くノートブックのサイズが大きいと、ダウンロード完了までに時間がかかります。ダウンロードが完了するまではオフラインで使用できませんので、ご注意ください。

旅行に、出張に。Evernote を活用

夏休みの計画はもうお済みですか?Evernote は旅行との相性が抜群。これまでにたくさんの旅行・出張記事があり、もう聞き飽きた!という方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ使ったことがないという方のために、この機会にぜひご一読ください。 行き先を決める Web や雑誌、テレビなどで行ってみたい!という思う場所を見かけたら、普段から Evernote にメモを残しておきましょう。もちろん Web ページをそのままクリップしておくのもよいでしょう。 私の場合は、地域ごとに分けて行きたいところをメモしておくノートがあります。こうしておくと、休みが 2 日くらいとれそうだから近場のアジア、1 週間の長い夏休み旅行はヨーロッパの行き先から、とピックアップしやすくなります。 計画する 旅行先を決めたら、その旅行用のノートブックを作成し、旅先の情報、予約情報などをすべてまとめておくとよいでしょう。また、行きたい施設、レストランなどの情報も Web で収集して、どんどん集めていきましょう。行くかどうかわからないところでも、興味を持ったらとりあえず保存しておけば、あとでまた探し回る必要がなくなります。 複数のメンバーで旅行する場合には、このノートブックを共有しておきましょう。中身がどんどん増えても、更新されても、共有しているメンバーすべてが、常に最新情報にアクセスできるようになります。 旅行や出張にはたくさんの必要情報があります。まずは交通手段。旅先への飛行機、列車などの予約情報、現地のレンタカー予約情報はチェックイン時に必須です。予約番号などはすべて一箇所にまとめておくと安心です。オンラインで予約したら予約確認画面を Web クリッパーで保存、メールで送られてきた確認書などはメールを転送して Evernote に保存しましょう。 そして、宿泊先情報。ホテルの予約確認画面やメールを Evernote に保存。また、駅や空港からホテルまでの行き方、周辺地図なども入れておくと、もしもネットワークに繋がらないときでもオフラインノートブック機能を使って自分のノートを見ることができ、迷子にならずに済みます。 ======= Evernote からのお知らせ d トラベルから、Evernote ユーザのみなさまにもご利用いただける、最大 1,000 円引き(8 月末までのホテル・旅館予約対象)のクーポンを配布中です。2017 年 8 月 10 日までの期間限定ですので、ぜひご利用ください。キャンペーンの詳細・ご予約はこちらのページをご覧ください。

ベストマッチ:Evernote x 旅行

卒業旅行シーズンが近づいてきました。また、春休み、そしてゴールデンウィークはどこに行こうか?という計画を立て始めた方もいらっしゃるでしょう。 Evernote は旅行の計画から実際の旅行中まで便利に活用でき、まさに旅行と相性抜群です。これまでも旅行に関係する記事をたくさんご紹介してきました。 計画を立てる まずは、行き先を決めましょう。Evernote のノート、ノートブックは共有が簡単なので、友達とのグループ旅行にも便利です。 Evernote を活用して旅行を 120%楽しむ方法 – プレミアム機能で旅がより便利に 夏に向けて旅のプランをスタート グループ旅行計画には Evernote の共有が便利 海外旅行や出張を快適にする準備のコツ 手配する 旅行にはたくさんの必要情報があります。飛行機や鉄道の予約、ホテルの予約、レンタカーの予約などは必須ですし、旅先の観光情報や夕食の予約情報なども、すべて Evernote にまとめておけば安心。プレミアム機能のオフラインノートブックにしておけば、電波状況が悪いところでも安心していつでも大切な情報にアクセスできます。 旅の予約と準備のヒント 出発 そして旅行直前になったら、荷物の準備を。持ち物リストは一旦作成しておけば次の旅行でも活用できます。 旅の予約と準備のヒント 海外旅行や出張を快適にする準備のコツ 旅の七つ道具と旅行準備のコツ 現地で 旅の記録も Evernote に。写真も、音声も、文字もまとめられるのが Evernote の特長です。 旅先で Evernote を使う 旅の七つ道具と旅行準備のコツ ===== Evernote からのお知らせ 現在、d トラベルで対象商材をご予約いただいた方に、抽選で Evernote プレミアム 3 ヶ月分をプレゼントするキャンペーンを実施中です。2017 年 2 月 28 日までの期間限定ですので、ご出張やご旅行の際にぜひご利用ください。キャンペーンの詳細・ご予約はこちらのページをご覧ください。

旅行を 120%楽しむ方法 – プレミアム機能で旅がより便利に

知らない景色を見て、知らないものに触れ、知らない人と話す――。日常を一時、非日常に変えてくれるのが旅の魅力です。その一方で、海外など知らない場所に行く場合は何かと大変なことも。特に電波の関係でスマートフォンが使えなかったり、回線速度が遅かったりすると、ネットでサッと調べ物というわけにもいきません。 そうした旅に役立つツールが Evernote です。実際に Evernote を活用してスムーズに旅行を楽しんでいるという株式会社 NTT ドコモの母里彩花さんとその友人の加登亜希子さんにお話を伺いました。 2 年前から旅行に Evernote を活用 ――さっそくですが、Evernote を旅に使おうと思ったきっかけを教えていただけますか。 母里:docomo × Evernote プレミアムキャンペーンで、無料でプレミアム機能が使えることを知り、5 年ほど前から気になるニュースや Web サイトの保存に Evernote を使っていました。旅行で使い始めたのは、2 年前の旅行準備の際に、加登さんに気になる Web サイトを Evernote 経由で共有したのが最初のきっかけです。 加登:「ウェブサイトを保存できる良いツールがあるよ」と聞いて使い始めました。 母里:それまでは旅行で使えそうなウェブサイトの情報をメールで共有していました。ただ、読み返そうと思ったときに見つからないことがよくあったんです。それで、Evernote で管理できたら便利だと思いました。 加登:母里さんとは学生時代からの付き合いで、昔からよく一緒に旅行をしています。旅行前は、二人で予定を合わせて休暇を取るので、すごく忙しくなるんです。なので、空き時間にお互い少しずつ Evernote を使って準備できるのは助かります。 持ち物リストと行きたい場所をチェックリストで管理 ――なるほど。Evernote にはどんな情報を入れてらっしゃるのでしょう。 母里:まず、持っていくもののリスト。免税の手続き方法、空港案内図、観光地の情報、現地の時刻表、ESTA、ツアーに関する書類なども入れています。ツアーに関する書類は一応、紙でも持っていくのですが、ホテルに置き忘れることもあるので、入れておくと安心です。 加登:e チケットの控えなど重要な書類は、Evernote に保管して 2 人でアクセスできるようにすると、紛失した時など万が一の時の保険にもなるんです。他にも、ガイドブックなど大量のページがあるもの、大切な情報やよく見る情報は、何度も開いて見る手間を省けるので、写真に撮って保存しています。 宿泊先のホテルの情報や現地の WiFi 事情、レンタカーのバウチャー、目的地までの車での行き方、電源プラグ情報など保存するものは沢山あります。 ――旅で必要になりそうなものばかりですね。そうした情報はオフラインノートを使われるのですか? 母里:そうです。現地では通信環境がなかったり、回線速度が遅くなったりする地域もあるので、念のためオフラインノートにしておき、いつでも見られるようにしています。 ――オフラインノートは Evernote プレミアムの機能ですね。 母里:はい。旅行前となると短期間でたくさんの情報を入れるので、Evernote プレミアムだとアップロード容量の面でも安心です。 ――持ち物リストの確認はどのようにされているのでしょうか。 加登:意外と忘れがちなのが、たとえば機内用の枕やサングラス、機内持ち込み用の化粧水などです。持ち物リストには Evernote のチェックリスト機能を使って、一つひとつ確認したらチェックをつけています。リスト化することで忘れ物が防げます。 母里:過去の旅行のリストを参照できるのも便利です。持っていくものはそんなに大きくは変わらないので、毎回同じノートを使い回しています。 加登:ノートを共有していることで、お互いのチェック状況を見て、私も早くやらなきゃ!って焦る効果もあります(笑)。 ――共有の副次的な効果でしょうか(笑)。 母里:チェックリストといえば、旅先でやりたいことややり残したこともチェックリスト化してノートに入れています。 加登:現地に行く前にある程度は調べますが、どうしても行けなかったところも出てきますし、逆に現地に着いてから行きたくなる場所も出てきますよね。そういうときは前日、ホテルなど Wi-Fi が使えるときに調べて、翌日の行動をチェックリストにしておきます。 母里:翌日、観光しながら行ったところにはチェックを付け、さらに翌日の計画を立てるという流れです。 加登:行き逃しは嫌なので、お互いに行きたいところはとにかくノートに入れておきます。それを旅行中に確認して、行きたい場所リストをアップデートしています。 母里:会話だけで何となく決めると、いつどこに行くのか整理がつかないときがありますが、お互いがノートに書いておくことで一日の過ごし方を整理しやすくなります。リストを見ながら行動することで、予定よりも遅れているなどの把握もできるので、「ここは省いてここに行こう」みたいに行動を素早く決められるんです。 Evernote は自分専用の観光本 ――すごいですね。そうなると観光のガイドブックなどは?

Continue reading…

オフラインノートブックとは?

クラウドサービスの便利さは、いつでもどこでも自分の情報を閲覧したり、取り出すことができること。ただし、インターネットにつながらない環境では、それが正反対の欠点になってしまいます。 例えば、移動中でインターネットに接続できない、海外旅行・出張中にローミングサービスを使用していないといった環境で、スマホから Evernote のノートを見ることができなかったという経験はありませんか? Evernote プラス・Evernote プレミアムには、オフラインノートブック機能があります。これはスマホからネットにアクセスできない状況でも、ノートを見たり、編集したりできるようにする機能です。 オフラインノートブックは、以下のような状況で便利です。 出張・海外旅行で: ホテルの予約や空港からの道順・地図、航空券や列車の予約番号など、出張・旅行中は必要な情報がたくさんあります。携帯の電波や WiFi がつながりにくくてもこうした重要情報がいつでも見られるように、前もって準備しておきましょう。 移動中の機内で: コンピューターを出すまでではないけれど、Web クリップ、PDF 文書などを到着までにさっと読みたいときは、タブレットのオフラインノートブックが最適です。 カンファレンスやイベント会場内で: ネットワークが安定しないイベント会場では、作業が進まずイライラしがち。事前にアジェンダやスピーカーの略歴、会場番号などをオフラインノートブックに入れておけば、安心して内容に集中できます。 合宿で: ゼミや勉強会の合宿、会社のオフサイトミーティングなどで、準備した資料やデータ、アジェンダをオフラインノートブックにまとめておけば、電波が繋がりにくいところでも、安心して議論や作業を進めることができます。 アウトドアで: アウトドアスポーツやキャンプに出かけるときは、集合場所の住所や地図、持っていくもののリスト、現地の周辺情報などをまとめてオフラインノートブックへ。電波が繋がらなくても、情報探しで時間を無駄にすることなくアウトドアを満喫できます。 使い方は簡単です。オフラインの状況でも閲覧・編集したいノートを含むノートブックを選択するだけ。なお、この設定は事前にネットワークに繋がった状態で行っておく必要がありますのでご注意ください。 では、オフラインノートブックの設定手順をご紹介します。 Android の場合: 1. ホーム画面左上のメニューアイコンをタップ 2. 「ノートブック」をタップ 3. オフラインノートブックに設定したいノートブックの「設定」アイコンをタップ 4. 「オフラインでも使用可能にする」をタップ iPhone、iPad、iPod touch の場合: 1. ホーム画面で「ノートブック」をタップ(ホーム画面で「ノートブック」が表示されないようカスタマイズしている場合は、「設定」>「ホーム画面のカスタマイズ」で「ノートブック」をホーム画面に追加してください。) 2. 右上の「編集」をタップ 3. オフラインノートブックに設定したいノートブックの「情報」アイコンをタップ 4. 「オフラインでも使用可能にする」をタップしてオンにします なお、デスクトップ版(Windows 版・Mac 版)の Evernote では、ネットワークに繋がらない環境でも、すべてのノートを閲覧・編集可能です。ぜひデスクトップ版の Evernote もインストールしてご活用ください。

マーケティング・中川 浩孝は Evernote をどのように活用しているのか。

これまで Evernote 日本語ブログでは、たくさんのユーザの方に Evernote の活用方法を伺ってきました。では、そんな Evernote で働く社員自身は、どんな風に Evernote を使っているのでしょうか。今回はマーケティングでブログやメールなどのコンテンツ関連を担当する、中川 浩孝の活用法をご紹介します。中川は日本チームの一員ですが、米国本社に席を置いて、普段はアメリカで働いています。 「Evernote に入れてある情報は、食べることと旅行に関するものが多いです」 ――米国の Evernote 本社と日本法人を行き来することも多い中川さんですが、Evernote をどんなことに活用されているのでしょうか。 中川:いや、そんなにたいした使い方はしていないですよ(笑)。普段、このブログでユーザの皆さんの使い方を見ていつも勉強させていただいているくらいです。私の場合、一番多いのは旅行と食べ物ですね。 ――旅行と食べ物、ですか。 中川:ええ。私は食べるのがとても大好きで、自宅ではほとんど自炊します。その際にウェブで見つけたレシピなどをクリップしておくことが多いですね。レシピだけでノートブックを一つ作っていて、そこにためています。 ――何か特に参考にしているサイトなどがあったり? 中川:そういうわけではなく、クックパッドのときもあれば米国のサイトをクリップすることもあります。ちなみに、米国に住んでいても自炊に困ることはないのですが、お菓子作りだけは難しいんですよね。米国ではオールパーパスフラワーという粉を使うのですが、日本の小麦粉とはぜんぜん違うので……。 ――そんな事情があるとは。他にウェブクリップはどんなことに使われますか?たとえばレストラン情報を集めたりとか。 中川:レシピ以外でウェブクリップはあまり使わないんですよ。強いて言うなら、「おいしいトンカツ屋 10 選」とか、そういったまとめ記事くらいですね。 ――ということはおいしいレストランなどの情報は Evernote には入れないのですか? 中川:たくさん入れていますよ。たとえば日本に帰ってきたときのために東京で行きたいレストランなどをメモしています。書き方はシンプルで、お店の名前と詳細な情報、お店の公式サイトや Yelp の URL などを一行にまとめて書き込んでいます。情報源は人からオススメしてもらったり、自分で見つけたり、色々です。 ――ノートの中にあるラインはどういう意味があるのですか? 中川:このラインで行ったお店とまだ行っていないお店を分けています。ラインよりは上は行ってみて気に入ったお店、ラインより下はまだ行ったことのないお店。行ってみてまた来たい、友達にも紹介したいと思ったところはラインより上に移動し、いまいちだったらそのまま消してしまいます。 ――なるほど……。それから「旅行」でしたっけ。 中川:ええ。食べるのと同じくらい旅行が好きで、行きたい場所のリストなんかを入れています。実際に予定が決まったら、航空券を入れておいたり、現地でやりたいことのリストを Evernote で作ります。 ――旅行のプランを Evernote で作るというわけですね。 中川:そうです。といっても、細かくタイムスケジュールまで決めることはなくて、ざっくりした計画だけです。もし細かく「何時にどこへ行って何をするか」まで決めてしまうと、その予定が狂ったときに全体がダメになってしまうからです。私の旅行のやり方は、「今日はこれとこれをしよう」くらいのことだけ決めておき、それを Evernote にリスト化しておくというもの。チェックボックスをつけておいて、やり終わったらチェックしていきます。実際、予定していても行かない場所もありますからね。そうやって、ひとつのノート内で完結させると、後からノートを見返したときにどこで何をしたかがわかるので、自動的に旅の記録ができあがるというわけです。 「Evernote は私にとってデジタル化されたポスト・イットです」 ――きっちりフォーマットを決めるというよりは、白紙である Evernote の自由度を生かして活用されている感じですね。 中川:そうなんです。実はそれこそが、私が Evernote を使っている理由なんですよ。 ――といいますと? 中川:私はもともと物を集めるのが好きで、しかも捨てられない性格なんです。以前はパンフレットとか雑誌とかを集めすぎて、いい加減に何とかしないといけないと思っていました。そこで、一念発起して物をためること自体をやめたのです。 ――それは Evernote のおかげでやめられたとかですか? 中川:残念ながらそういうわけではなく、Evernote を始めるもっと前にやめたんですよ。だから逆に Evernote を使うことで、今度は Evernote 内での収集癖が復活しそうで危ないなと感じているのですが、幸いまだ大丈夫です(笑)。 ――Everonte でしたら、たまっても物理的に邪魔にはなりませんけどね(笑)。 中川:ともあれ、私は物を集めるのが好きで、しかも整理するのも好きなんです。昔から潔癖症で、ちゃんとやろうとすると止められない性格なんです。でもそうすると時間をすごく使ってしまって、逆に生産性が落ちるのです。それを反省して、自分の性格を変えることにしました。枠組みが決まっていると、私はそのフォーマットに合わせて徹底的に整理してしまいます。だったら、そういうフォーマット自体を使わなければいい。 ――そこで Evernote ですか。

Continue reading…

グループ旅行計画には Evernote の共有が便利

この記事はハンドメイドアンバサダー 大久保 なずなさんによる寄稿です。 家族でのグループ旅行情報を一括管理 我が家では、友達ファミリーや兄弟ファミリーとグループ旅行をする機会が多く、旅行の計画には Evernote の共有を活用しています。 電話やメールでやりとりしながら、バラバラな情報を Evernote の 1 ノートにまとめていくので『あ!これ決めてなかった…』なんて事もなくなるし、旅行中いつでもスマホで確認できるのも便利。 参加者にも自由に編集してもらう為に、私がノートを作った後、共有する時は「編集が可能」な状態にしています。 活用例として、実際に使ったノートを紹介します。 人数・持ち物・地図・料金・緊急時の情報も メンバーは、宿泊施設や利用施設を想定して、大人・中学生・小学生・幼児と分けておいた方が便利です。合計人数も忘れずに。 宿泊施設には住所や電話番号、備考等。今回は車移動でカーナビがあるので地図は載せていませんが、公共の乗り物利用の際は地図を入れたりします。 家族構成によって予算が変わるから、施設ごとに料金を載せています。 この旅行では、宿泊施設がキャンプ場でした。施設によって完備されている物が違うので、必要な物を記載しておくと分かりやすいです。 あとは、子供がいたら必須の健康保険証。私がグループ旅行した中で今までに友達ファミリー 2 組が実際に病院にかかっています。一人は子供がキャンプ中に怪我、もう一人は大きなハチに刺されたケース。特にキャンプで子供もいる場合には必須ですね。 事前に用意する物は分担してファミリーごとに分けてあります。 日程は表組みと画像・リンクで見やすく整理 日程は表の方が断然見やすくオススメです。旅行中、実際に一番見るのがこの『日程』の部分。 利用施設には URL が貼ってありますが、アミューズメント施設のイベント時間はいちいちホームページに飛ばなくてもいい様に、記載しています。何度も確認するので結構便利です。 この辺はキャンプなのか、パッケージ旅行なのか、全て自分で手配した旅行なのかによって、かなり変わってくるかと思います。 最後に、旅行中撮り貯めた写真の中から集合写真や他のファミリーが欲しそうな写真を貼付けておくと、欲しい写真だけをそれぞれ保存できて便利♪ ノート容量が足りなくなった場合の為に、写真だけをアップロードできるノートを別に用意しておいたりもします。 それからこの旅行では、1 家族が Evernote ユーザーではなかったのでノートの公開リンクをお知らせしました。 全員が Evernote ユーザーじゃなくても利用できる手軽さを、こういう時に感じます。 私の Evernote には『旅行』ノートブックがあり、旅行を終えても全て残してあります。たまに見ると、写真だけで見るのとは違う想い出がよみがえり楽しいですよ♪ 大久保なずなさんのブログ、なずらいふでは、他にも Evernote の使い方をご紹介いただいています。

旅先で Evernote を使う

夏の旅行に Evernote を活用する方法。旅の計画、そして予約と直前の準備について書いてきましたが、今回は旅行先での Evernote 利用法です。 持ち物は少ないほうがよい 観光地を回るときは、持ち物が少ないに越したことはありません。また、海外旅行の場合には、治安面での不安もあります。大きなガイドブックや地図を持ち歩くのはかさばる上、観光客であることを周りの人に宣伝しているようなもの。スマートフォンなら、大量の情報でもかさばらず、いつでも取り出せます。 ただし、海外旅行の場合には注意点が 2 つあります。 1. データローミングで思わぬ高額請求のないように 使っていないつもりでも、スマートフォンには定期的にデータ通信を行うアプリがあります。海外でのデータ通信をオフにする、機内モードをオンにする、などして、十分気をつけましょう。 2. スマートフォンのスリやひったくりにもご注意 日本ではひったくり被害にあうこと自体少ないと思いますが、用心するに越したことはありません。スマートフォンを操作する際には、周りの状況に注意してください。 現地ではオフラインノートブックが大活躍 電波がつながらない!あるいは海外旅行の場合にローミングの高いデータを使いたくない!そうしたイライラを防ぐのが、オフラインノートブック機能。ネットにつながらない環境でも自分のノートが確認できて安心ですし、なにより簡単です。 ホテルの地図が確認できず迷子になったり、予約をしたレストランにたどり着けない、といったことのないように。住所、詳細情報、外観写真などをまとめておくと便利です。 オフラインノートブックの設定方法については、こちらの記事をご覧ください。なお、オフラインノートブックは有料機能です。Evernote のプランを確認するには、こちらをご覧ください。 現地でノートを作る Evernote で新しいノートを作ると、ノートを作った場所の位置情報が記録されます。特定の場所で作成されたノートを見つけることができて便利です。詳しい方法については、こちらのナレッジベース記事をご覧ください。なお、位置情報を記録するには、お使いのデバイスで Evernote の位置情報を有効にする必要があります。位置情報サービスに関するより詳細な情報は、お使いのデバイスの説明書をご確認ください。 すべてのノートの位置情報は、手動でも入力・編集可能です。各ノートのノートエディタの情報アイコンをタップすると表示される情報パネルから、入力・編集することができます。 ノートは、些細なことも忘れないよう、体験したらすぐに作成しましょう。例えば以下のようなノートを作ってはいかがでしょうか。 レシート(クレジットカード明細チェックに) 海外旅先で覚えたフレーズメモ・録音 宿泊場所の感想、レストランで頼むべき料理などの写真とともにメモ(行ってみないとわからない、次回に活かせそうな情報) 音声を残す、街の雰囲気、時計台の鐘の音、ストリートミュージシャンや大道芸など

旅の予約と準備のヒント

旅行での Evernote 活用法と様々なヒントをご紹介するシリーズ。前回は、旅行先を決めるまでについてでしたが、今回は、実際の予約と直前の準備におけるヒントをまとめました。 旅の手配 旅行先が決まったら、次は実際の手配です。忙しい方はパッケージ旅行を選んだり、あるいは旅行会社に相談したりして手間を省くことも可能ですが、ここでは主に自分で手配する場合の使い方をご紹介します。 まずは交通手段。旅先への飛行機や列車や、現地でのレンタカー予約情報はすべてまとめておきましょう。予約確認画面は、Web クリッパーを使って保存。また、メールで送られてきた予約確認書や E チケット受領書、予約番号も、すべて転送してEvernote へ。(メール転送機能は有料会員向けの機能です。プランはこちらからご覧いただけます。) もちろん宿泊先の情報もすべて Evernote へ。ホテルの予約確認メールや、駅や空港からホテルまでの行き方、ホテル周辺の地図をすべて入れておきます。 現地情報をまとめる 旅行先の様々な情報は、計画段階からすでにたくさんためてあると思いますが、あらためて内容を確認しましょう。現地に着いてから調べるのもいいですが、必ずしもスマートフォンの電波がつながるとは限りません。また、旅行先が海外であれば、高いデータローミング料金が必要となる場合もあります。事前に調べておくと安心です。 Evernote の有料会員向け機能には、オフラインノートブック機能があります。これはスマートフォンの Evernote アプリで、電波がつながらないところでも、WiFi がないところでも、ノートを見ることができる便利な機能です。旅行用に作ったノートブックはオフラインノートブックに設定しておきましょう。以下のような情報を Evernote に集約しておきます。 宿泊先の名称・住所・連絡先。海外の場合、現地語での表記方法(タクシーで見せるときなどに便利) 駅や空港から、宿泊先までの移動方法。電車・バスなどの乗り継ぎ方法、時刻表 現地の地図・鉄道やバスの路線図 ガイドブックの中で、必要な部分のページを写真で撮影したもの パスポートのコピー(写真) その他の緊急連絡先(旅行代理店の連絡先、大使館・領事館の場所・連絡先、クレジットカード会社の緊急連絡先、海外旅行保険の連絡先、現地の友人の連絡先など) 持ち物リスト 旅行中に必要な物は、人によってそれぞれ。旅行の直前に持っていくものをじっくり考える時間があるとも限りません。後で慌てないためにも、自分だけの持ち物リストを早めから作っておきましょう。思いついたらどんどん追加して、出発日に向けて更新していきます。一度リストを作っておけば、次の旅行の際にも再利用できます。 以下は、持ち物リスト作りの参考に。 普段家で使っていて持ち歩いたりしない電源、充電器具、ケーブル類は忘れがちです。 予備バッテリーや予備のメモリカードなどもお忘れなく。 海外旅行の場合は、国によって変換プラグが必要です。 飛行機の乗り継ぎがあるときは、最悪預けた荷物が届かないこともあります。最低 1 日分の下着を手持ちの荷物に入れておくといざというとき助かります。 日数分プラスアルファの薬。常用薬はもちろん、気候の変化や、水や食事が合わないといった可能性も考慮して。海外の場合、現地で自分に合う薬を探すのが難しい場合もあります。 予備のコンタクトレンズとメガネ。現地で車を運転する場合は特に注意です。 クレジットカードはできれば 2 枚以上。できれば違う国際ブランドのカードを。 自分だけの旅程表・しおりを作る たくさんの情報が集まった、旅行ノートブックですが、情報を効率的に引き出すために、Evernote のノートリンク機能を使って、自分だけの旅のしおりを作ると便利です。また、目次機能も活用できます。 交通機関の時間は乗り遅れないためにも重要ですが、それ以外は偶然の出会いやハプニングも楽しみたいもの。「今日は◯◯と××に行こう」「今日はこれをしよう」くらいのざっくりとした予定にしておけば、時間に縛られないで思い出作りに集中できます。 その他、お土産を渡したい人リストも事前に作っておくと便利です。備えあれば憂いなし。安全で楽しい旅をお楽しみください。

  • 1 2