Tag 日経電子版

就活スタートダッシュのための Evernote 活用術 – 前編 –

2018 年に大学・大学院を卒業するみなさんは、すでに就職活動の準備を始めていますか?採用に直結する会社説明会やセミナーの開催、エントリーシートの受付がスタートするのは来年 3 月以降ですが、就職活動が本格化すると、じっくり自分と向き合ったり、企業研究をしたりする余裕はありません。いまのうちから少しずつ進めていくことをお勧めします。 「就職活動は情報戦だ」とよくいわれます。世の中にある膨大な情報を集めて咀嚼し、自分なりにまとめるということが欠かせません。そこで活用して欲しいのが Evernote。今回から 2 回にわたって、就職活動で役立つ Evernote の使い方をご紹介していきます。2018 年卒の方はもちろん、「早めに準備したい!」という 1・2 年生の方も、ぜひ参考にしてみてください。 「好き」「おもしろい」を見つけるための情報収集 就活の第一歩は、自分は何に興味があるのか、世の中にはどんな会社・仕事があるのかを知ることから始まります。そこで、日ごろからさまざまなニュースに目を通しておくことをお勧めします。就活生にとって必読といわれるのは日本経済新聞。スマホ・タブレット向けには「日経電子版モバイル」があるので、移動中など好きなときに読むことができます。そして、これは!と思う情報に出会ったら、ワンタップで Evernote に記事を保存しておきましょう。 政治・経済など真面目なニュースから、グルメやエンタメ・スポーツと幅広いジャンルのニュースを読むなら、キュレーションアプリが便利。電波が悪くても待ち時間ゼロで記事が読める、と人気の「SmartNews」なら、気になった記事を簡単・きれいに Evernote に保存することができます。 そして、興味の分野が見えてきたら、次はカテゴリーごとに情報収集をしてみましょう。ここでおすすめなのが、「カメリオ」というアプリ。自分が興味のあるキーワードをあらかじめ設定しておくことで、それに関係する情報がどんどん届くキュレーションアプリです。こちらも、あとでじっくり読みたい記事は Evernote に保存しておきましょう。 スマートフォンのブラウザを使って、Web ページを保存する方法 人と会ったり体験したりしたことを、感情とともに記録 春休みや夏休みを利用して、ボランティアやインターンに参加する学生さんも多いと思います。なぜ参加しようと思ったのか、そこで何が得られたのか、どんな風に感じたのかを記録しておくと、エントリーシート記入や面接のときに役立ちます。記憶や感情が新鮮なその日のうちに、Evernote に書き留めておきましょう。「ちゃんと書こう!」とすると大変なので、まずは箇条書きでメモ。また、ボランティアやインターン先で撮った写真、もらった資料なども一緒に入れておくと、あとで見たときに記憶がよみがえりやすくなりますね。 また、学外での活動を始めると、名刺交換をする機会も増えてくると思います。名刺だけを保存しても、「この人、何してる人だったっけ?」と分からなくなってしまうことも多いので、いつ、どこで会ったのかと、簡単なメモを一緒に保存しておくと良いでしょう。Evernote のカメラを使えば、カメラを名刺にかざすだけで、紙の種類を自動的に判別、美しくデジタル化して保存することができます。スキャンだけサッとしたい場合、スキャンアプリ Scannable を使うのもおすすめです。 こうして保存した情報は、必要なときに検索。Evernote は、名刺などの「紙に書かれた文字」も検索の対象になります。 自己分析・ES 作成に、過去の情報を活用 就活に関する情報を Evernote にまとめておくことのメリットは、応募〜面接の段階でもっとも実感できるでしょう。 たとえば、自己分析・エントリーシート(ES)作成といった応募の具体的な段階になると、急に、昔の自分に関する情報が必要になってきます。Evernote に情報を集約しておくと検索ですぐに引き出せるので、情報を探す時間がなくなります。 また、プレミアム機能のコンテキストを有効化しておくと、編集中のノートに関連する別のノートや日経電子版をはじめとしたニュース記事が自動表示されます。たとえば、インターン先の名前を入れると、その企業に関する自分のメモやニュース記事が出てくるので、自分では見つけられなかった情報に出会うことができるようになります。 こうして集めた情報をもとに、まずは時系列で、自分がしてきた経験を思いつく限り書き出してみましょう。そして、苦労したこと、嬉しかったこと、成し遂げたことなどがわかるよう清書しておくと、書類作成・面接のときにとても役立ちます。PC だけでなく、スマホ・タブレットを使って、ぜひ、移動時間などの空き時間に、自分史ノートをまとめてみてください! 次回は、就活が本格化してから役立つ使い方をご紹介していきます。 なお、Evernote プレミアム 1 年分が 50 % オフになる、学生向けの新たなプランの提供を開始しました。詳細・お申し込みはこちらのページをご覧ください。

コンテキストのコンテンツに日経電子版を追加: 仕事をこなすだけではなく、最高の仕事をするために

ただ仕事を片付けるのと、素晴らしい仕事をすることには大きな違いがあります。当たり前のことかもしれませんが、大半の仕事効率化ツールではその差に対する意識が曖昧なのではないでしょうか。しかし、Evernote は違います。 私たちは、Evernote は単にプロジェクトを進めるだけではなく、それぞれの仕事に発展性を持たせたり、作業の質を高める役割を果たすべきだと考えています。これは簡単なことではありませんが、Evernote の Augmented Intelligence チーム(関連情報や予測候補の自動表示機能などの開発部隊)が過去数年間、この課題に取り組んできました。その結果誕生したのが「コンテキスト」で、みなさんの仕事に最高の成果をもたらすようにサポートする機能です。 コンテキスト Evernote で文章を書いたり、情報を保存したりすると、ノートの内容を元に関連情報が自動検索されます。その検索対象には、自分のアカウントにあるノートや同僚から共有されたノートが含まれます。これからは、そこにウォール・ストリート・ジャーナル(英語版)をはじめとする著名ニュースサイトの記事も関連する情報として表示されるようになりました。また、本日発表した日本経済新聞社との提携により、2015年初頭からは日経電子版のコンテンツが加わり、ノートの内容に関連が深い記事が表示されるようになります。日経電子版は、アメリカ以外での初めてのコンテンツパートナーとなります。 例えば、あなたが取引先とのミーティングに向けてアジェンダや、その他調べた情報やアイデアを入れたノートを準備しているとします。先週、その取引先企業の業界に重要な動きがあり、そのニュースが日経電子版で報道された場合、Evernote 上で該当記事をノートのすぐ下に自動表示します。あなたはその記事を Evernote に保存したり、一部を引用文としてコピーして活用できます。以下に例をあげてみましょう。 Evernote のユーザが作成するノートの内容に応じて、関連する日経電子版の記事 (コンテンツ) が自動的にノート下部に表示されます。 クリックすると、日経電子版記事を Evernote 上で閲覧することができます。 日経電子版の記事本文で気になる箇所を選択すると、その部分をノートに引用することができます。 引用された記事の文章は、ノート内に記載され、元記事へのリンクも追加されます。 コンテキスト機能の登場により、別のアプリケーションに切り替えずに、必要な時に必要な情報が Evernote 内で見つかるようになったのです。 また、日経電子版のサイト上の記事の内容に応じて、ユーザ本人がこれまで Evernote 内に作成・保存したノートから、その記事内容に関連するものを自動的に電子版上に表示します。 (この機能は現在開発中のため、デザインやインターフェースは変更になる可能性があります。) ノートの内容を解析して表示するものは、ニュースだけではありません。例えば、打ち合わせする相手の名前がノートに含まれている場合、その人物の LinkedIn プロフィールもノートの下に表示されます。 ユーザへのメリットだけを追求 コンテキスト機能を搭載しても、みなさんのプライバシーに対する影響は一切ありません。ユーザの個人情報やアカウント情報を外部ニュースサイトなどの第三者に提供することはありませんので、ご安心ください。関連情報の自動表示などは、すべて Evernote サービスの中で行われるものです。ユーザに対して表示する外部ニュース記事へのリンクにも、個人を特定できる情報は含まれません。弊社のデータ保護の 3 原則にも明記しているように、みなさんのデータは保護されています。 現在の対応状況 プレミアム機能であるコンテキストは現在、Evernote for Mac・iPhone・iPad 版にてご利用可能です。無料アカウントをご利用の方はぜひアップグレードしていただき、便利なコンテキスト機能をご活用ください。Mac App Store からインストールした Evernote を使われている方は、近日中にアップデートがありますので今しばらくお待ちください。その後に、Windows 版および Android 版にも対応する予定です。 Evernote で働く私たち自身も、このコンテキスト機能が今後ソフトウェアの可能性を引き伸ばし、みなさんの役に立つことを非常に楽しみにしています。テクノロジーが生産性だけではなく、仕事の質も向上させることが期待される時代になったのです。 ※ 本記事は 英語版ブログ記事 の翻訳に最新情報を加え、再構成したものです。