Tag 日経

関連する情報やニュースを気づかせてくれる便利な機能

もうすぐ新生活をスタートさせるみなさんを応援する、新生活応援ブログを掲載中。今回は便利な Evernote プレミアム機能をご紹介します。 — みなさんの新生活での生産性向上を加速する Evernote プレミアム機能として、コンテキスト機能をご紹介します。 コンテキスト機能とは? コンテキスト機能は、新しいノートを作成中あるいはノートを閲覧中に、そのノートに関連すると思われるノートやニュース記事などを自動的に表示する機能です。 Evernote では検索機能を使ってノートを探すことができますが、ノートが多くなればなるほど、自分でも忘れていた情報があるはずです。 「こんな情報がありますが、お忘れではありませんか?」 「もしかしたらこの情報が参考になりませんか?」 そんな”できる”専属秘書がやってくるイメージがコンテキスト機能です。忘れていたものを思い出させてくれたり、また新たな気づきを与えてくれたりします。 日経電子版の情報も 自分のノートだけでなく、ノートの内容に関連すると思われるニュース記事も表示します。 日本語を主にお使いのみなさまには、「日本経済新聞 電子版」の記事をはじめ、日経 BP 社の「日経ビジネスオンライン」「ITpro」「日経テクノロジーオンライン」「日経アーキテクチュア」の記事を表示します。 Evernote Business なら、同僚のノートも Evernote Business のユーザの方は、Evernote Business に参加する同僚が作成した関連ノートも表示されますので、チームの他のメンバーが行なっている作業などの関連情報も発見することができます。 表示・非表示の選択も可能 コンテキストは広告ではありません。コンテキストの表示の全体をオン・オフすることができるほか、ノート、記事、人の表示について、それぞれの表示について設定することも可能です。 コンテキスト表示のオン・オフは、Windows では、「ツール」メニューから「オプション」を選び、ノート>コンテキストのオプションで設定します。 Mac では、「Evernote」メニューから「環境設定…」を選び、「コンテキスト」で設定します。 また、どの関連情報を表示するかも設定できます。アカウント設定で「コンテキストの参照元」を選択してください。

コンテキストとは?

コンテキストはあなたの仕事に深みを与える Evernote プレミアム機能です。 Evernote で文章を書いたり閲覧したりしているとき、そのノートの内容に基づいた「関連する情報」をノート下部に自動的に表示します。 関連する情報とは? まずは、自分が過去に作成・保存したノートで、内容が関連すると思われるものが表示されます。昔クリップした Web ページや、書きかけていたアイデアが見つかるかもしれません。 Evernote Business をお使いの場合は、同僚が作成した共有ノートも関連する情報として表示します。埋もれてしまった社内の知識を思いがけず発見するきっかけとなります。 また、ノートに名前が含まれている場合、その人物の LinkedIn プロフィールが表示されます。 さらに、関連すると思われる「日本経済新聞 電子版」の記事や、日経BP社のコンテンツ(「日経ビジネスオンライン」「ITpro」「日経テクノロジーオンライン」「日経アーキテクチュア」)を表示しますので、世の中の最新情報や関連するトピックの特集記事などを発見できるかもしれません。 私のデータは守られますか? Evernote はあなたのノート内容を自動的に分析しますが、ノート内容を覗いているわけではありません。関連記事の提供元に対してみなさんのユーザ情報やノートに含まれる情報を提供したりすることもありません。 コンテキストで表示される情報の参照元を選択していただきますし、この機能を無効にすることも可能です。参照元の選択は、Evernote for Web の設定から「コンテキストの参照元」を選び、参照元を選択してください。また機能の無効化は、お使いの端末の Evernote から、設定で「コンテキストを表示」をオフにしてください。 なお、Evernote ではみなさんのデータについて、すべての決定の根拠となる基準『Evernoteのデータ保護に関する 3 原則』を制定していますので、ぜひご一読ください。 パーソナルアシスタント コンテキストは、関連が深い情報をあなたに代わって集めてくる、いわばコンシェルジュ、パーソナルアシスタントのような機能です。この機能によって、今までなら気づかなかった過去のノートや最新ニュースなどをスマートに見つけることができるようになり、みなさんの仕事や思考により深みを与えることができます。 キャンペーン実施中 現在、日経ビジネス Digital の年間購読を申し込むと Evernote プレミアムが 12 ヶ月無料になるキャンペーンを実施中です。詳細はこちらからご覧ください。

コンテキストに日経 BP 社のコンテンツが登場

Evernote で文章を書いたり閲覧したりしていると、そのノートの内容に基づいて、関連がある情報をあなたに代わって集めてくる。「コンテキスト」はそんなパーソナルアシスタントのような機能です。今までなら気づかなかった過去のノートや最新ニュースなどをスマートに見つけることができるようになり、みなさんの仕事や思考により深みを与えることができます。 今年 3 月には日本経済新聞 電子版のコンテンツが、英語以外の言語では初めて追加され、日本のユーザのみなさんにも良質のコンテンツを提供できるようになりました。 そして本日、日経 BP 社の専門情報サイトのコンテンツが追加され、活用いただける情報の幅がさらに広がります。 今回追加されたのは、以下 4 つのサイト「日経ビジネスオンライン」「ITpro」「日経テクノロジーオンライン」「ケンプラッツ」 です。 日経ビジネスオンライン http://business.nikkeibp.co.jp 経営・経済にかかわるニュースや解説記事を提供するビジネス情報サイト。 ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp 日経コンピュータをはじめとした日経 BP 社の IT 系媒体が総力を結集してお届けするエンタープライズ ICT の総合情報サイト。 日経テクノロジーオンライン http://techon.nikkeibp.co.jp 製造業を中心とした技術者のための総合情報サイト。クルマや電子機器、デバイス、エネルギー、ロボット、通信、設計・生産、技術経営などのテーマサイトから、専門性の高いコンテンツを配信しています。 ケンプラッツ http://kenplatz.nikkeibp.co.jp 建築、住宅、インフラ、不動産に携わる実務者から専門情報を詳しく知りたい一般の方まで、ニュースやコラムなどのコンテンツを日々更新しています。 これらのサイトでは、Evernote への保存が簡単にできるボタンも用意されました。 なお、コンテキスト機能は Evernote プレミアムの機能です。有料プランの機能比較は、こちらをご覧ください。 Evernote プレミアムがご利用いただけるキャンペーン実施中 日経電子版の有料会員の方は Evernote プレミアム 1 年分がご利用いただけるキャンペーンを期間限定で実施中です。詳細は日経電子版のキャンペーンページをご覧ください。

日本におけるパートナーシップの歩み – NTTドコモとの取り組み –

先日、弊社 CEO フィル・リービンが英語版ブログで、Evernote の日本での成功、そして 5 年間続く株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)とのパートナーシップについてご報告しました。 Evernote and DOCOMO Extend Partnership in Japan そこで、Evernote の日本での軌跡とパートナーシップの歩み、そして現況についてまとめてみました。 Evernote が日本支社を作ったのは 2010 年 6 月のこと。それは米国に本社を置く Evernote にとって、最初の海外拠点でした。当時の Evernote は熱心な初期ユーザにあらゆる面で支えられ、同年 3 月のサービス日本語化もボランティアのみなさんに全面的にご協力いただくような小さなベンチャーでした。その時のユーザ数は、世界で 350 万人、日本で 35 万人。 日本支社の設立後には早速、大きな取り組みを発表しました。日本国内最大の携帯キャリアであるドコモとのパートナーシップで、ドコモから発売されるスマートフォンに Evernote をプリインストール。日本国内でのプロモーションも共同で行うという、黎明期にあったスマートフォン・アプリ史上初の、両社にとって大胆な試みでした。まだ創業まもない Evernote にとっては意義もインパクトも非常に大きな取り組みで、その後5年近くにわたり、両社共同でモバイルクラウドサービスの普及を推進してきました。 携帯端末の利用が世界の中でも特に進んだ日本で、Evernote のような生産性や効率性を向上させるためのクラウドサービスを提供していくことは、とても意味のあることでした。この取り組みを皮切りにその後 Evernote は、世界に先駆けて、日本で数多くの新しい事業戦略やパートナーシップを実現してきました。例えば、株式会社PFUとのスキャナの共同開発。法人向け Evernote Business の販売代理制度。日本経済新聞社との資本業務提携。多くのデバイスメーカーや文具メーカー、アプリ開発者とのコラボレーション。このように Evernote にとって日本は、世界戦略上のイニシアチブを握る、重要な拠点なのです。 そして 2015 年。全世界での Evernote のユーザ数は1億人を超え、その 4 分の 3 は本社のある米国以外の地域での利用者です。今や Evernote は世界中でサービスを提供し、名実ともにグローバルな企業になりました。そうした中でも日本は世界第 3 位のユーザ数(800万超)で、規模においても、戦略においても、Evernote にとって大変重要な国であり続けています。 ドコモとの取り組みは年々進化し、ユーザのみなさんの仕事や日常生活をさらに豊かに、スマートにできるような連携を提供してきました。そして現在、以下の 5 つの取り組みを行っています。 1)docomo x Evernote プレミアムキャンペーン ドコモの新しい Android 搭載スマートフォンをお使いの方を対象に、Evernote

Continue reading…

日経電子版のコンテンツが、コンテキストに登場

私たち Evernote では、みなさんの仕事がもっと効率的になるように手助けをしたいと考えています。Evernote プレミアム 及び Evernote Business の機能である「コンテキスト」は、あなたの代わりに関連する情報を集めてくる、いわばパーソナルアシスタントのような機能です。 Evernote で文章を書いたり情報を保存したりすると、ノートの内容に基づいて検索し、自分が過去に作成・保存したノートを、関連する情報「コンテキスト」としてノート下部に表示します。Evernote Business をお使いの方は、同僚から共有されたノートも検索の対象となります。昨年 11 月からは、ウォール・ストリート・ジャーナル(英語版)をはじめとする著名ニュースサイトの記事や、例えば打ち合わせする相手の名前がノートに含まれている場合にはその人物の LinkedIn プロフィールも表示されるようになりました。 これによって、今までなら気づかなかった過去のノートや最新ニュースなどをスマートに見つけることができるようになり、みなさんの仕事や思考により深みを与えることができます。 そして本日、このコンテキストに、米国以外の初めてのコンテンツパートナーである「日本経済新聞 電子版」(以下、日経電子版)が加わり、Evernote上で作成するノートの内容に関連深い、日経の最新記事が表示されるようになりました。また、日経電子版のサイト上では、記事に関連するEvernote上の自分のノートが表示されます。 ご利用方法 あなたが作成するノートの内容に応じて、関連する日経電子版の記事 (コンテンツ) が自動的にノート下部に表示されます。 クリックすると、日経電子版記事全文を Evernote 上で閲覧することができます。 日経電子版の記事本文で気になる箇所を選択すると、その部分をノートに引用することができます。 引用された部分をノート内にペーストすると、元記事のタイトル・日付・リンクが追加されます。 日経電子版サイト上でも Evernote ユーザーで、かつ日経電子版有料会員の方は、日経電子版のウェブサイトをご覧の際、記事の内容に応じて、ユーザ本人がこれまで Evernote 内に作成・保存したノートから、その記事内容に関連すると思われるものを自動的に電子版上に表示します。 プライバシーについて みなさんのプライバシーに対するコンテキスト機能による影響は一切ありません。ユーザの個人情報やアカウント情報を外部ニュースサイトなどの第三者に提供することはありません。関連情報の表示は、すべて Evernote サービスの中で行われます。ユーザに対して表示する外部ニュース記事へのリンクにも、個人を特定できる情報は含まれません。Evernote のデータ保護に関する 3 原則にも明記しているように、みなさんのデータは保護されています。 また、コンテキストでの関連記事の表示数やクリック数を基準に、私たちが報酬を受け取ることはありません。あくまでユーザが作成したノートの内容に関連する、厳選されたコンテンツ提供元からの記事や情報のみを表示します。 今なら日経電子版が最大 2 ヶ月無料に 追記:本キャンペーンは 2015 年 6 月 30 日をもって終了いたしました。 日経電子版の有料会員になると、ビジネス・経済・社会・暮らしなど豊富な記事を無制限に読むことができます。また、Evernote と連携させることで、読んでいる記事に関連するあなたの Evernote のノートが日経電子版のサイト上で表示されるようになります。 今なら、日経電子版が最大で 2 ヶ月無料になるキャンペーンを実施中です。詳しくは日経電子版のページをご覧ください。

コンテキストのコンテンツに日経電子版を追加: 仕事をこなすだけではなく、最高の仕事をするために

ただ仕事を片付けるのと、素晴らしい仕事をすることには大きな違いがあります。当たり前のことかもしれませんが、大半の仕事効率化ツールではその差に対する意識が曖昧なのではないでしょうか。しかし、Evernote は違います。 私たちは、Evernote は単にプロジェクトを進めるだけではなく、それぞれの仕事に発展性を持たせたり、作業の質を高める役割を果たすべきだと考えています。これは簡単なことではありませんが、Evernote の Augmented Intelligence チーム(関連情報や予測候補の自動表示機能などの開発部隊)が過去数年間、この課題に取り組んできました。その結果誕生したのが「コンテキスト」で、みなさんの仕事に最高の成果をもたらすようにサポートする機能です。 コンテキスト Evernote で文章を書いたり、情報を保存したりすると、ノートの内容を元に関連情報が自動検索されます。その検索対象には、自分のアカウントにあるノートや同僚から共有されたノートが含まれます。これからは、そこにウォール・ストリート・ジャーナル(英語版)をはじめとする著名ニュースサイトの記事も関連する情報として表示されるようになりました。また、本日発表した日本経済新聞社との提携により、2015年初頭からは日経電子版のコンテンツが加わり、ノートの内容に関連が深い記事が表示されるようになります。日経電子版は、アメリカ以外での初めてのコンテンツパートナーとなります。 例えば、あなたが取引先とのミーティングに向けてアジェンダや、その他調べた情報やアイデアを入れたノートを準備しているとします。先週、その取引先企業の業界に重要な動きがあり、そのニュースが日経電子版で報道された場合、Evernote 上で該当記事をノートのすぐ下に自動表示します。あなたはその記事を Evernote に保存したり、一部を引用文としてコピーして活用できます。以下に例をあげてみましょう。 Evernote のユーザが作成するノートの内容に応じて、関連する日経電子版の記事 (コンテンツ) が自動的にノート下部に表示されます。 クリックすると、日経電子版記事を Evernote 上で閲覧することができます。 日経電子版の記事本文で気になる箇所を選択すると、その部分をノートに引用することができます。 引用された記事の文章は、ノート内に記載され、元記事へのリンクも追加されます。 コンテキスト機能の登場により、別のアプリケーションに切り替えずに、必要な時に必要な情報が Evernote 内で見つかるようになったのです。 また、日経電子版のサイト上の記事の内容に応じて、ユーザ本人がこれまで Evernote 内に作成・保存したノートから、その記事内容に関連するものを自動的に電子版上に表示します。 (この機能は現在開発中のため、デザインやインターフェースは変更になる可能性があります。) ノートの内容を解析して表示するものは、ニュースだけではありません。例えば、打ち合わせする相手の名前がノートに含まれている場合、その人物の LinkedIn プロフィールもノートの下に表示されます。 ユーザへのメリットだけを追求 コンテキスト機能を搭載しても、みなさんのプライバシーに対する影響は一切ありません。ユーザの個人情報やアカウント情報を外部ニュースサイトなどの第三者に提供することはありませんので、ご安心ください。関連情報の自動表示などは、すべて Evernote サービスの中で行われるものです。ユーザに対して表示する外部ニュース記事へのリンクにも、個人を特定できる情報は含まれません。弊社のデータ保護の 3 原則にも明記しているように、みなさんのデータは保護されています。 現在の対応状況 プレミアム機能であるコンテキストは現在、Evernote for Mac・iPhone・iPad 版にてご利用可能です。無料アカウントをご利用の方はぜひアップグレードしていただき、便利なコンテキスト機能をご活用ください。Mac App Store からインストールした Evernote を使われている方は、近日中にアップデートがありますので今しばらくお待ちください。その後に、Windows 版および Android 版にも対応する予定です。 Evernote で働く私たち自身も、このコンテキスト機能が今後ソフトウェアの可能性を引き伸ばし、みなさんの役に立つことを非常に楽しみにしています。テクノロジーが生産性だけではなく、仕事の質も向上させることが期待される時代になったのです。 ※ 本記事は 英語版ブログ記事 の翻訳に最新情報を加え、再構成したものです。