思いついたらすぐに書く、クリップする。Evernote の一歩進んだ使い方。

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business 夏も終わり、もう 10 月。今年も残り少なくなってきました。一般的な日本企業では下期に入り、もう一度目標の見直しなどをするタイミングです。普段使っている Evernote も今までの使い方を見直して、より効率をあげられるやり方を習慣化してみましょう。 今回は特に、販売の施策や、業務改善などを考える人など、アイデアが必要となるいわゆる「ナレッジワーカー」と呼ばれる人におすすめしたい使い方です。 アイデアは時間との勝負 Evernote のノートはアイデアの卵であり、アイデアそのものです。 しかしアイデアがひらめく時間は仕事中とは限りません。いつどんなときにでもアイデアはやってきます。また、ひらめきの時間は短く、すぐに形にしないと手からこぼれ落ちる砂のようにどんどん忘れてしまいます。はっと思いついて動き始めた瞬間、「何をしようと思ったんだっけ・・・」ということはよくありませんか?思いついたらすぐに書く。これを習慣化することがまず大事なポイントです。 すぐにノートを書くために 紙とペン、そして Evernote とスマートフォンはすぐにアイデアを形にする最高のパートナーです。他のものでは、アイデアを書きとめるまで時間がかかってしまいます。 Android なら、最近のアップデートで追加された「簡易ノート」が便利です。ウィジェットのアクションボタン(1×1)で単独のボタンにしたり、アクションバー(4×1)にドキュメントカメラ、名刺カメラ、手書きなどと一緒に割り当てたりすると、1 タップでノートが開いてすぐに書き始めることが可能です。 iOS の場合、外部連携アプリ(FastEver 等)を使う人も多いようです。もしくはさっと紙にメモ書きをし、Scannable で保存するのも便利ですね。 パソコンに向かっているときであれば、ノート編集のキーボードショートカットも便利です。よく使うものをあげておきます。 チェックボックス Windows Ctrl + Shift + C Mac ⌘ + Shift + T 水平線 Windows Ctrl + Shift + “-“ Mac ⌘ + Shift + H 番号付きリスト Windows Ctrl + Shift + O Mac ⌘ + Shift + O 箇条書きリスト Windows Ctrl

Continue reading…