Tag 書類

添付ファイルを扱うヒント

Evernote には、文字・テキストはもちろんのこと、あらゆる種類のファイルを添付することができます。 ファイル添付の方法 添付する方法は簡単です。デスクトップ(Windows / Mac)ではノートを開いて、添付したいファイルをドラッグ&ドロップするだけ。 iPhone では、ファイルを添付したいノートを開いて、右下に表示されるクリップのアイコンをタップし、ファイルを追加します。 また、Android では、ファイルを添付したいノートを開いて、上部に表示されるクリップのアイコンをタップし、ファイルを追加します。 あるいは、画面右下に表示される「+」をタップして「添付ファイル」を選ぶと、すぐにファイル選択画面が開きます。添付したいファイルを選択すると、指定したファイルを添付した状態の新規ノートが作成されます。 添付ファイルはノートからそのまま編集可能(デスクトップのみ) Evernote のノートに添付したファイルは、ノート上のアイコンをダブルクリック、あるいは、右クリックで「開く」を選択することで、そのまま外部アプリケーションでの編集が可能になります。これは Windows、または Mac 上でのみ可能です。 画像内の文字検索が可能 様々な画像フォーマットを添付できるほか、JPG・GIF・PNG ファイルを添付した場合、画像内の文字も検索の対象になります。印刷物などの文字のほか、手書きの文字も認識できます。(手書き文字は書く人の文字によって検索結果に差がでることをご了承ください。) 詳細はこちらのサポート記事をご覧ください。 添付ファイル内の検索 Evernote プレミアムのお客様は、ノートに添付されている Microsoft Word、Excel といった Office 書類や、PDF ファイルの中身まで検索対象になります。ノートのタイトルや本文にテキストで保存していなくても、ファイル内の文字をもとに発見できます。

カメラを使って、メモや書類を持ち歩く

テキストも写真も音声もファイルも、様々な情報を保存・記憶しておけるのが Evernote の特長。 「便利そうだけれど、そんなに記憶しておきたい情報は、自分にはないなあ」とお思いの方もいらっしゃると思います。 いえいえ、そんなことはありません。 例えば、買い物リストはいかがですか?買い物にでかける前に買いたいもののリストを作ったのに、うっかり家に置いてきてしまったことはありませんか?あるいは、取扱説明書はどうでしょう。旅行先や出張先で、家にあるマニュアルを今すぐ見たい!そんな場面に遭遇したことはありませんか。 外出するときに持っているか必ず確認するものといえば、カギ、財布、スマホ。今やカギや財布の機能までスマホに統合される時代です。出かける際にスマホを忘れることはあまりないですよね。 Evernote の便利さはいつでもどこでもあなたのスマホで必要な情報を参照できることで実感していただけます。 スマホの Evernote には、便利なカメラ機能があります。早速紙のメモや書類を撮影してみてください。 撮影する対象を自動認識 Evernote のカメラは、自動的に書類の輪郭を検出し、撮影する対象の種類を判別します。例えば、書類や名刺などを判別し、名刺ならその内容をテキスト化して名刺用の特別なフォーマットでノートとして保存します。また、種類に適した画像処理を施しますので、例えば書類なら、台形補正されるほか、文字が読みやすくなるよう最適化されます。 撮影した画像内の文字が検索可能に Evernote のノートに添付した画像内の文字は検索可能ですが、Evernote カメラで撮影した画像内のテキストももちろん検索可能になります。 さらに便利な連携製品 ポスト・イット® ノートを撮影 ポスト・イット® ノートを撮影すると、自動的にポスト・イット® ノートと認識し、文字と背景の色がより読みやすく処理されます。また、カラー毎にノートブック分別やタグ付け、リマインダー設定などの自動処理方法を設定できます。 Evernote ノートブックを撮影 Evernote ノートブック by Moleskine には、スマートステッカーが同梱されています。Evernote for iPhone・iPad でスマートステッカーが貼られたページを撮影すると、保存するノートブック先や自動的にタグを割り当てる設定をしておくことができます。 さらにたくさんの書類をデジタル化して保存したいという方には、次回、スキャナを活用した書類のデジタル化についてご紹介します。

ビジネス書類を廃棄する前に。Evernote に「今すぐ保存」のすすめ

この記事は NTTドコモによる寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business 新年度から仕事をスタートダッシュできるよう、紙の書類を整理するのはいかがでしょうか。ペーパーレス化に適した書類と、複合機とインポートフォルダ機能を組み合わせた方法をご紹介します。 保存期間がある書類はペーパーレスには適していない? オフィスの机の上、大量の紙であふれていませんか? 毎年増え続ける仕事関連の書類は、なかなか捨てられないものが多いと思います。特に会計、決済、監査、雇用など会社経営に関する書類は、種類に応じて 3 年から、長いもので 10 年の保存期間が法律によって定められています。これらの書類を保存するためには、専用の書庫と保存場所を記した台帳での管理が必要になり、その作業もたいへんなもの。しかし、逆に言えばこれらの管理されている書類は、すでにきちんと保存されているので、あえてペーパーレス化をする必要はない、という考え方もできます。では、このような保存期間の決まっている書類ではなく、ペーパーレスに適している書類とはどのようなものでしょうか? ペーパーレスに適した書類とは、1 年以内に廃棄してよいもの 机の上を占拠している書類は、普段の仕事で出てくる書類が多いのではないでしょうか。例えば企画書や提案書、それらを作るのに参考にした膨大な書類。こういったものは特に保存期間は決められておらず、慣習的に 1 年ぐらいで廃棄しているものです。もちろん会社によって規定があるので一概には言えませんが、例えば以下のようなものが 1 年以内に廃棄してよい書類に該当します。 企画書、提案書、参考書類 他団体から送られてきた資料、刊行物、社内報 使用済み Fax、集計済みアンケート用 年賀状、あいさつ状 事務用品の取扱説明書   このような保存期間が決まっていない書類をスキャンし、電子化して、原本を捨ててしまえば、ペーパーレス化をすすめることが可能になります。 「今すぐ保存」がチームの情報共有強化につながる メールは直近のものしか見ないのと同じく、古くなった書類もほとんど見られません。ある統計によると、オフィスワーカーが参照する書類の 90% は半年以内に作成されたもので、1 年以上経った書類を見ることはおよそ 1% といわれています。つまり、99% の書類は 1 年経ったら捨てても問題ないのです。ということは、書類をペーパーレス化するタイミングは、古くなる前に「今すぐ保存」するのが良いでしょう。また、ペーパーレス化したデータは、検索性の高いシステムに保存して、共有できるようにするのが最適です。そうしておけば、紙を減らせるだけではなく、チームの情報共有強化にもつながります。 このペーパーレスによる情報共有を強化するのが、画像文字認識と多彩な検索を可能にする Evernote とスキャナの組み合わせです。 スキャナだけではなく複合機でも取り込める Evernote に書類を取り込むには、スキャナが最適です。もちろんスマホのカメラでも可能ですが、確実性とスピードで言えばスキャナが上回ります。 Evernote 専用のスキャナ、PFU の ScanSnap Evernote Edition がもちろん便利ですが、モバイルに適した ScanSnap ix100 と ScanSnap Cloud の組み合わせもかなり便利で、WiFi 環境さえあればスキャナ単体で Evernote へ書類を取り込むことが可能です。 会社で新たにスキャナを導入することができない場合、既存の複合機を活用する方法もあります。この場合、Evernote Windows 版の「インポートフォルダ」機能と、Windows の「ネットワークドライブの割り当て」を組み合わせることで、複合機でスキャンしたら自動的に Evernote へ取り込める仕組みを作ることが可能です。 では設定方法です。複合機を設置している場合、ファイルサーバのフォルダがスキャナの保存先になっていることが多いと思います。そのフォルダを Windows の「ネットワークドライブの割り当て」で、たとえば

Continue reading…