Tag 構造化

Salesforce と Evernote の連携で何が変わるのか。パートナー企業が語る導入事例

5 月 27 日、ベルサール六本木にて、「モバイル時代の企業経営 Evernote と Salesforce で築く働き方の変革」と題したセミナーを開催しました。当日は多くのお客様にご来場いただき、Salesforce 連携デモンストレーションやユーザ企業やパートナー企業様による講演、Evernote Business セッションなどを行いました。 前回記事ではフィルの講演内容をレポートしましたが、本記事では各企業の皆様による講演、及び Evernote Business セッションの内容をレポートしていきます。 Salesforce と Evernote の連携 最初に登壇されたのは、株式会社セールスフォース・ドットコム専務執行役員 アライアンス本部長 保科 実 様と、テクニカルエバンジェリスト 中嶋 一樹 様。 保科様はまず、Salesforce について「創業から 15 年、クラウド一本でやってきました。クラウド市場のマーケットシェアは No.1 であり、日本でも約 7,000 の企業に利用していただいています。2011 年から 2013 年まで 3 年連続で、Forbes 誌が選ぶ”もっとも革新的な企業”にも選出されました」と説明。 そんな保科様が見る現代は、「コンピューティングの第 3 の波」が訪れている時代だといいます。クラウドサービスの発達や様々なデバイスの普及、そして高速通信が可能になったことで、500 億もの”モノ”がつながる時代になったのだとか。 ではそうした時代で「カスタマーカンパニー」を実現するためにはどうすればいいのでしょうか。保科様の掲げるキーワードは、「つながる」というもの。たとえば「顧客とつながる」や「パートナー企業とつながる」、「社員同士がつながる」といった具合に、つながることで様々なコミュニケーションを改善すべきだと保科様は述べています。 Salesforce と Evernote の連携はまさにそうした「つながる」ことをスムーズにするものです。ここからは実際の画面を映しながら、Salesforce と Evernote の連携デモンストレーションが行われました。 たとえばミーティングの議事録を Evernote でとったとして、そのノートをチームで共有するためにはどうすればいいでしょうか。これまでだと、ノートの URL をメールなどで共有する必要があったわけですが、Salesforce と Evernote が連携したことで、Salesforce 上から直接 Evernote にアクセスできるようになったのです。これなら、ノートを書いた瞬間にチームで議事録を共有することができます。 「情報をメールで受け取ると、どうしても受動的になります。メールでは受け取る情報を選べませんから」と保科様は言います。 また、情報共有のために社内システムを作り、それを社員に使わせることについても、保科様は「社員にとって楽しいものではありません」と述べています。 「自分が今まで使っていたツール、たとえば Evernote をそのまま使って仕事をすればいいのです」 Salesforce

Continue reading…

Evernote Business と Salesforce とを連携させ、構造化データと非構造化データのシームレス な管理・活用に成功

民間非営利団体のコンサルティング会社として、精力的に事業を展開する株式会社ウイズダムバンク。 Evernote Business と Salesforce とを連携させ、定型化して管理される顧客情報などの「構造化データ」と紙ベースの資料やミーティングの議事録といった多様なフォーマットの「非構造化データ」のシームレスな管理、活用に成功しています。 株式会社ウイズダムバンク 代表取締役 木内 満さん 「紙と口頭と現物」の情報を Evernote で収集・整理 株式会社ウイズダムバンク(以下、ウイズダムバンク)は、静岡を地盤に IT および経営コンサルティング事業を展開する企業です。地域に根差した活動の一環として、NPO(民間非営利団体)の活動資金に関するアドバイスも行うなど、そのユニークなビジネスモデルで注目を集めています。地元に根付いた顧客が多い同社にとって、業務で利用される資料はオンラインでは入手できないものがほとんどです。ウイズダムバンク代表取締役 木内 満氏は、「たとえば、静岡県の企業要覧の中から必要なページを撮影した写真など、当社の情報ソースは『紙と口頭と現物』がほとんどです」と語ります。 同社では Evernote Business を導入する以前から、個人レベルで Evernote を利用していました。入手した情報を「見る、まとめる、つなげる」ためのツールをいくつか試してみたものの、すべての作業を簡単かつ直感的に行えるツールは他に見当たらず、ごく自然に全員が Evernote を利用するようになっていたといいます。 一方で、顧客データをはじめ、会社として扱う情報は Salesforce に集約されていました。Salesforce の販売代理店でもある同社では、ビジネス情報を 1 カ所 に集約することに大きな意義があると考え、Salesforce 上にすべての情報を集めることを基本ポリシーとしてきました。このため、会社の公式データの管理には Salesforce、スタッフ個人の情報整理には Evernote という使い分けがされており、両者のデータの連携や活用が課題となっていました。 Salesforce との連携を機に Evernote Business 導入を決定 ウイズダムバンクが Evernote Business の導入を決めたのは、2013 年 9 月の Evernote Business for Salesforce の発表がきっかけでした。 木内「このサービスによって、Evernote Business 上の情報が集約された『ノート』を Salesforce の『レコード』とワンクリックで紐付けることが可能になりました。プロジェクト単位での情報集約を目指していたため 、Salesforce のカスタムオブジェクトとの連携が可能になったことが、Evernote Business 導入の決め手になりました」 同社では各業務プロジェクトをスタッフがペアで担当するため、両者の情報共有が重要なポイントになります。しかし、Salesforce 単独では紙の資料や写真、音声ファイル、ウェブ、Office 書類などの非構造化データは取り込めません。その点でも、Salesforce の顧客情報と、Salesforce には格納できない紙や写真のような資料とが相互に紐づけられることは、プロジェクトの情報を余すことなく共有する上で非常に有効でした。 さらに Evernote

Continue reading…