Tag 画像

画像に注釈を描き込む

隣に座っている人には指で写真を差しながら説明できますが、遠くにいる人に伝える時はどうしますか? 画像を単純に共有するだけでなく、画像のこの部分に注目してほしい、この部分をこのように修正したいという指示を出したい…そんなことはありませんか? Evernote に保存した画像や PDF* には、矢印・図形・線・文字などを描き込むことができます。ノートを共有する際に画像に注釈を追加しておけば、よりわかりやすい指示を伝えることができます。(*PDF への注釈描き込みは、Evernote プレミアムの機能です。) Windows 版 注釈を加えたい添付画像上にポインタを移動させると、注釈ボタンが表示されます。このボタンをクリックしてください。 Mac 版 ノート右上に表示される注釈ボタンをクリックすると、このノートに添付された画像が一覧できます。注釈を加えたい画像を選択してください。 iPhone・iPad 版 注釈を加えたい添付画像をタップして画像を開き、画面下部に表示される注釈ボタンをタップしてください。 Android 版 注釈を加えたい添付画像を長押しすると、以下のようなメニューが表示されます。「描き込む」をタップしてください。 注釈ツール 上記の操作を行うと画像が開き、デスクトップ版では左側に、モバイル版では下側にツールが表示されます。 Evernote の注釈機能では、以下のようなツールをご利用いただけます。 矢印:特定の点を指し示すときに使います。注目してほしいところを差し示すのに便利です。 テキスト:テキストを追加できます。テキストの幅や文字の大きさも自由に変更できます。 図形・直線:長方形、角丸長方形、円、直線を描き込めます。 ペン・蛍光ペン:フリーハンドで描くことができます。 スタンプ:特定の場所にフィードバックを与えるとき便利です。スタンプを押した後に文字を加えたりポインターを追加することもできます。 モザイク:特定部分にモザイクをかけることができます。 切り取り・サイズ変更:必要な部分の切り出し、サイズ変更が可能です。 カラー・線の太さのオプション:描き込むテキストや図形の太さ・色を変更できます。 詳しい方法については、こちらのヘルプ記事もご覧ください。

画像内の文字もファイル内の文字も検索可能

今月から新生活をスタートさせたみなさんを応援する、新生活応援ブログを掲載中。今回はその最終回となります。Evernote では、添付ファイルの中身も検索できるのはご存知ですか? — 仕事や勉強で取り扱う情報は様々です。パソコン内にまとめようとすると、テキストファイルは Word ファイルで、写真は画像ファイルで、その他関連資料は PDF ファイル、音声ファイルで、などとファイル数が増えますので、フォルダの中に複数のファイルを入れてまとめることになるでしょう。 欲しい情報にたどり着くときは、フォルダを開いて、そこからファイル名や拡張子を見て探し出す、という手順を踏むことになります。 一方、Evernote を使えば、テキストはもちろん、写真・画像、音声、様々なファイルなどを一つのノート上にまとめることができますので、ノートを開けば、関連するすべての情報を一覧することができます。 Evernote は閲覧性の高さや、検索ですぐに情報が見つけられることも特長ですが、ノート上の文字だけでなく、添付ファイルの中も検索対象になるのはご存知ですか? 添付した写真・画像の中の文字も見つけ出す Evernote に保存した画像(JPEG ファイル・GIF ファイル・PNG ファイル)内の文字は、ノート内の文字同様、検索の対象になります。 また、手書きのメモを撮影した写真でも見つけられます。 画像内文字認識を最大限に活用したいという方は、こちらの資料もぜひご覧ください。インデックス化される確率をより高めるヒントになります。 添付した Office ファイルや PDF の中身も見つけだす 「Word ファイルに書いた中身はある程度覚えているけれど、ファイルに付けた名前を忘れてしまい見つからない」そんな経験はありませんか? Evernote プレミアムなら、ノートに添付した Office ファイルや PDF ファイルの中身も検索で発見できます。またファイルをインライン表示していれば、検索語句をハイライト表示します。

Evernote のこんな機能、知ってますか?(その 1)

Evernote はちょっとした買い物メモから、プロジェクトに関する情報をすべてまとめておく仕事での使い方まで、幅広く活用できます。このため、基本的な機能だけ知っていれば十分という人もいれば、Evernote を知り尽くしたエキスパートまで、様々なレベルでお使いいただいています。 そこで「知っていそうで知らない Evernote の機能」についてまとめてみました。2 回シリーズで、今回は Evernote 全体でのヒントについて、ほんの一握りですがご紹介します。 画像内の文字を検索可能 ノートに添付した画像の中に文字が入っている場合、この文字まで検索対象になります。 画像を添付したノートがサーバに同期されると、サーバ側で添付された画像が処理され、検索可能になります。詳しい仕組みについて興味のある方は、こちらのヘルプ記事もご一読ください。 ノート作成時の位置情報 Evernote に位置情報を公開する設定にしてあれば、ノート作成時の位置情報がノートに残ります。ノートのタイトルや内容を思い出せなくても、作成した場所の記憶から大切な情報を見つけるのに役立ちます。 音声も保存 意外と知られていないのですが、Evernote には音声も保存できます。会議でメモを取りながら、その場の音声を録音しておくことも簡単です。 テキストを暗号化 テキストを暗号化して保存することができます。公の場で見られたくないノート内容を保護できます。 検索条件を保存 頻繁に同じ条件で検索したりしていませんか?複雑な条件なら、毎回指定するの億劫になってきます。Evernote では、検索条件をまるごと保存することができます。 Web から Evernote に保存 Web クリッパーをお使いいただくのはもちろんですが、Evernote への保存ボタンを用意しているサイトもあります。 たくさんの連携アプリ Evernote では API を公開しており、誰でも Evernote と連携するアプリケーションを開発することができます。App Center では、注目の連携アプリをまとめてご紹介しています。 Evernote のゴミ箱 Windows や Mac にはゴミ箱がありますが、Evernote にもゴミ箱があるのはご存知ですか?ノートを消去すると、そのノートはゴミ箱に移動します。ゴミ箱内のノートは「ゴミ箱を空にする」操作をしない限りそのまま残っています。必要なノートは、もちろんゴミ箱から復元することができます。 ノートが見つからないときは、誤操作で消去してしまったのかもしれません。まずゴミ箱をチェックしてみてください。 「他の人は知らないと思うけれど、自分はこの機能をよく使います!」といったオススメ機能がありましたら、ぜひコメントを残してください。 次回は、クライアント毎の機能についてご紹介します。

添付画像に注釈を入れる

Evernote には、テキストや音声、画像・写真、ファイルなど、様々な形式の情報を意識することなくまとめていくことができますが、Evernote に保存する画像や PDF には、矢印、図形、線などを描き込むことができるのはご存知ですか?(PDF への描き込みは、Evernote プレミアムの機能です。) Windows 1) ノート内に添付した画像上にカーソルを合わせると、この画像に「描き込み」とこの画像を「開く」ボタンが表示されます。左側の「描き込む」ボタンをクリックします。 2) 画像が開き、左側にツールが表示されます。 Mac 1) ノート内に添付した画像上で、Control ボタンを押しながらクリック(右クリック)すると、コンテクストメニューが表示されます。「この画像に描き込み…」を選択します。 あるいは、ノート右上に表示される「描き込み」ボタンをクリックし、描き込みたい画像を選択します。 2) 画像が開き、左側にツールが表示されます。 1)ノート内に添付した画像をタップして画像を開き、下のメニューから「描き込み」をタップします。 2) 画像が開き、右下にツールが表示されます。 注釈ツールについて Evernote の描き込み機能では、以下のようなツールをご利用いただけます。 矢印:特定の点を指し示すときに使います。 テキスト:テキストを追加できます。テキストの幅や文字の大きさも自由に変更できます。 図形・直線:長方形、角丸長方形、円、直線を描き込めます。特定の場所を強調したいときに使います。 ペン・蛍光ペン:フリーハンドで描くことができます。 スタンプ:特定の場所にフィードバックを与えるとき便利です。スタンプを押した後に文字を加えたりポインターを追加することもできます。 モザイク:画像内の特定部分にモザイクをかけることができます。 切り取り・サイズ変更:必要な部分の切り出し、サイズ変更が可能です。 カラー・線の太さのオプション:描き込むテキストや図形の太さ・色を変更できます。 さらに詳しい方法については、こちらのヘルプ記事をご覧ください。

添付ファイルの検索

Evernote には、文字・テキストはもちろんですが、あらゆる種類のファイルを取り込むことができます。Evernote は色々な形式で保存された情報を一括管理できるだけでなく、強力な検索機能があるので後で見つけるのも簡単です。 Evernote では添付画像内の文字や、添付ファイルの中身(Evernote プレミアム機能)も検索できるのはご存知ですか? 添付画像の検索 Evernote に保存・添付した画像(JPG/GIF/PNG ファイル)内の文字は、ノート内に書いてある文字同様に検索の対象になります。 その他添付ファイルの検索 Evernote プレミアムになると、ノートに添付されている Microsoft Office や PDF ファイルの中身までが検索対象になります。Evernote ノートにテキストで検索語句が書かれていなくても、ノートに添付された Word や Excel、PDF ファイル内に入っていれば引っかかるわけです。 添付のあるノートのみの検索方法 デスクトップ版(Mac 版・Windows Desktop 版)の Evernote で、ファイルが添付されたノートのみを検索したい場合は、検索窓にキーワードを入れた後、その下に表示される「検索オプションを追加」ドロップダウンメニューから「次を含む」を選び、さらに表示されるドロップダウンメニューから「添付ファイル」を選択・追加して対象を絞ることも可能です。 ショートカット 以下のキーボードショートカットを使うと、検索が楽にできます。 Ctrl + F (Windows) / Command (⌘) + F (Mac): ノート内を検索 Win + Shift + F (Windows) / Option + Command (⌘) + F (Mac): Evernote 全体を検索