Tag 結合

複数のノートを 1 つにまとめるマージ機能

複数のノートを 1 つのノートにまとめたいとき、コピー&ペーストするという手もありますが、ノートが複数あると面倒なもの。そこで今回は、デスクトップ版で利用できるマージ(ノートの結合)の機能をご紹介します。 マージの機能は、旅先で撮った写真、1 ヶ月分のライフログ、ブログ用に書き溜めたネタ、スキャンしたレシート・領収書、取引先に関する色々な情報、あるテーマに関するリサーチ結果など、同じカテゴリーのものをまとめておくのに便利なので、ぜひご活用ください。 マージの手順 マージのやり方はとても簡単。まず、Ctrl キー(Windows)または command キー(Mac)を押しながら、複数ノートをクリックして選択します。そして、右側の「マージ」ボタンをクリックすると、選択した複数のノートが 1 つのノートに結合されます。 マージされる順番 マージをする際、選択したノートがどういう順番で並ぶのかは気になるところだと思います。現時点では、以下の通りとなっています。 Windows: ノートを選択した順 Mac: ノートのソート順(並べ変え順) Mac の場合、並んで欲しい順にノートを並び替えておく必要があります。ノートリストを、ノートの作成日・更新日順で表示している場合は、ノート編集画面の上部にある「i」(情報ボタン)から作成日・更新日を変更することで、ノートの並び順も変えることができます。 マージしたノートを元に戻したい 残念ながら、一度マージしたノートをバラバラにして元に戻すことはできません。 ただし、元のノートはゴミ箱に入っているので、「ゴミ箱」ノートブックを開いて、「ノートを復元」ボタンをクリックすれば、削除されたノートを元に戻すことができます。 ※このとき、誤って「完全に削除」をクリックしてしまうと、二度と復元できなくなってしまいますのでご注意ください。 なお、復元した場合、1 つにマージしたノートは捨てない限りそのまま残ります。復元した複数のノートと、マージしたノートの両方がアカウント内にある状態になりますので、必要に応じて整理をするのも良いと思います。

マージの使い方(複数の Evernote ノートを 1 つにまとめる)

Evernote のノートが増えてきたら、似たような内容の複数のノートを 1 つにまとめることで情報を整理しやすくすることが可能です。ノートを統合・結合することを Evernote では「マージ」と言い、デスクトップ版の Evernote で行えます。 マージの手順 まとめ方は簡単。以下の手順に従うと、選択した複数のノートが 1 つのノートに変換されます。 CTRLキー(Windows)か command キー(Mac)を押しながら複数のノートをクリックして選択 「マージ」ボタンをクリック マージされる順番 1 つのノートにまとめられる際の、ノート本文の情報の並び順は以下のとおりです。 Windows: ノートを選択した順 Mac: ノートのソート順(並べ変え順) ノートの復元方法 一度マージしたら、1 つになったノートを解除して元の(複数の)ノートに戻すことはできません。 ただし元のノートはゴミ箱に入っているので、すべてのノートブックを表示し、「ゴミ箱」ノートブックを開いて「ノートを復元」ボタンを押せば、捨ててしまったノートを回復できます。 復元した場合、マージして 1 つになったノートは捨てない限りそのまま残るので、元のノート数個とマージされたノートの両方がアカウント内にある状態になります。