仕事を自動化してみませんか?Evernote と連携する Web サービス、IFTTT と Zapier

この記事は NTTドコモ様による寄稿です。 NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business Evernote を仕事で使っていると、同じ操作を繰り返すことはありませんか? 例えば議事録。会議の時には必ず Evernote を立ち上げ、新規ノートを作成し、タイトルをつけて日時を記入して…と、同じ操作をすると思います。 Evernote と連携する外部サービスの IFTTT や Zapier を使うと、Google と連携し、スケジュール登録をトリガーに Evernote で議事録用の新規ノートを作成する、といったことも可能になります。どちらもまだ日本語対応はしていませんが、使い方次第で様々な可能性があるサービスなので、設定方法を簡単にご紹介します。 ※ IFTTT と Zapier とは? どちらも Web サービス同士を連携させるサービスで、100 以上のサービスに対応し、様々な自動化を助けてくれます。対応サービスの内容から、IFTTT はコンシューマ向け、Zapier はビジネス向けと言えるでしょう。 IFTTT で Google カレンダーと Evernote の連携 自動化の設定手順(IFTTT では「Recipe(レシピ)」と読んでいます) IFTTT の Web サイトにて、ユーザー登録をします 「My Recipes」メニューから「Create a Recipe」ボタンをクリック if this then that の「this」をクリックすると、トリガーとなるアプリ一覧が表示されるので、Google Calender をクリック 初めて使う場合は「Activate」ボタンをクリックし、Google アカウントの IFTTT での利用を認証させ、連携させたいカレンダーを選びます 連携が完了したら、「Continue to the next step」をクリック Choose a Trigger の項目で、「Event from search starts」をクリック

Continue reading…