Tag 藤野英人

津田大介さんと藤野英人さんが語る「コンテキストが拡張する知的生産性」

3 月 18 日、日本経済新聞本社にてトークイベントを開催しました。本イベントでは「日本経済新聞 電子版」による「コンテキスト」機能のコンテンツ提供開始に伴い、連携機能の紹介や連携の背景などをご紹介しました。イベントは第一部と第二部にわたって開催され、第二部では日本経済新聞社・財満さん、ジャーナリストの津田大介さん、投資家の藤野英人さんによるパネルディスカッションも行われました。 第一部の冒頭、Evernote 日本法人より井上健が登壇し、「コンテキスト」機能に関するプレゼンを行いました。 第一部「日本経済新聞社との提携と、コンテキスト機能の提供の背景」 井上はまず、Evernote が目標とする姿について「検索できるのは当たり前。それだけでなく、ユーザにとって必要な情報を Evernote 側で自動で提案することを目指している」と説明。その上で、日本経済新聞と提携した理由を「情報があふれているからこそ、信頼できるものを提供したい」と述べました。 また、「コンテキスト」機能でこだわった点として「ユーザ本位」であること、「作業を妨げないデザイン」であること、「セレンディピティ」をもたらすものであることの 3 点を挙げ、「意図していなくても出会える、気の利いたアシスタントのようなものを提供したい」と意気込みを語りました。 続いて、日本経済新聞社様より財満さんにご登壇いただき、提携の背景についてご講演いただきました。 財満さんは Evernote と日本経済新聞の共通の価値観として「長期的な視点による事業展開」「本当に役立つ情報の追求」を挙げ、そんな 2 社が提携することで次の 3 つの変革をもたらすことができると言います。 1. いま必要な情報が目の前に現れる 2. オフィスで働く人々の生産性を向上させる 3. 知的活動、ワークスタイルを変革する 財満さんは現代の情報について、「多すぎて読む時間がなく、必要な情報が大量の情報に埋もれてしまう」という問題点を指摘。これに対するソリューションとして、Evernote と日本経済新聞が提携することによる「ノートと記事の偶然の出会い」があると語りました。 続いては、Evernote 米国本社より、AI デザイナーの中島大土ランツが登壇し、コンテキスト機能を支える「AI」技術について講演を行いました。 中島は冒頭、「私たちは、AI を『人工知能(Artificial Intelligence)』ではなく、 人間の機能を拡張する『拡張機能(Augmented Intelligence)』としてとらえている」と説明。「仕事のプロセスを再設計し、ネットで情報収集したときに出てくる古い情報や関連度が薄い情報などのノイズを減らすことで生産性を高めていきたい」 また、「コンテキスト」機能は「ユーザの仕事や生活をよりスマートにする第一歩である」とした上で、これから Apple Watch をはじめとする新たなプラットフォームが登場することに対し、「これまでの情報表示が通用しなくなる。どのように見せていくかがポイントになる」と、今後の展望を語りました。 パネルディスカッション「コンテキストが拡張する知的生産性」 第二部は、日本経済新聞社・財満さん、ジャーナリストの津田大介さん、投資家の藤野英人さんをゲストに迎え、Evernote 井上を加えてパネルディスカッションを行いました。テーマは「コンテキストが拡張する知的生産性」についてです。 口火を切ったのは津田大介さん。「日経新聞は以前はデジタルに強いというイメージがなかった。それがここ 3、4 年くらいで急速に進んだのは、どんな意識改革があったのか?」という津田さんの質問に対し、財満さんは「受け手がどういう形で情報を受け取りたいのか、メディアとして真剣に考えた結果、デジタルにシフトしていった」と答えました。 これに対し、「実は以前、しばらく日経新聞をとるのをやめていた」と告白したのが投資家の藤野さんです。投資家という職業柄、日経新聞をとるのが当たり前と思われがちですが、藤野さんは「やめてみても困らなかった。新しいメディアとして Twitter が飛躍したし、ネット上の配信で有益な情報はとれた」と、新聞の購読をやめていた時期について振り返りました。しかし、それからしばらくして、藤野さんは紙と電子版、両方の日経新聞を再び購読することにしたのだといいます。 「バラバラの情報をとるのもいいことだが、ひとつのメディアがまとめたものを毎日見るということにバリューが出てきた。また、Facebook などのキュレーターが紹介する情報を入手し、それを自分用にメモして Evernote に集約するというやり方で情報管理がとても快適になった」(藤野さん) 藤野さんは続けて、「大事なのは、情報がどう流れるのかということ」と言います。 「情報を共有するには、文書に残すか、音声でコミュニケーションするしかない。そうなると、情報が通るかどうかは信頼関係によるところが大きくなる。うちのチームで最重要視していることは、頭の良さよりも仲良くなり、お互いがリスペクトし合うこと。そこに時間を割いている」(藤野さん) 情報伝達の大切さを説く一方で、チーム内の信頼関係とコミュニケーションの大切さを強調する藤野さん。そんな藤野さんにとって、Evernote は「自分自身をメディア化するために必要なツール」なのだと言います。 「情報を一元化して入れておくと、自分自身をメディア化することができる。一番の情報は自分の中にあり、過去に自分が調べた情報こそが必要な情報。それを入れておき、検索できるようにしておくことが Evernote の重要な役割だ」(藤野さん) 一方で、津田さんは Evernote のコンテキスト機能について、「自分専用のナレッジデータベースをいかに作っていくかということ」だと述べます。 「原稿などはフォルダ分けしてしまっている。雑誌や媒体ごとに分けて整理しているが、逆に 18 年分の原稿を Evernote

Continue reading…

投資の世界で勝ち残るにはどうすればいいのか——投資家・藤野英人氏が語る記憶の未来とは

7 月 11・12 日の 2 日間にわたり「Evernote Days 2014 Tokyo」をお台場の日本科学未来館で開催しました。Evernote が日本で開催するイベントとしては過去最大規模。各業界の第一線で活躍する多彩なゲストやスピーカーを迎えて、「記憶の未来」をテーマにさまざまなセッションが行われました。 20 を超えるセッションの中から、前回は脳科学者・茂木健一郎氏の講演内容をご紹介しましたが、今回は、レオス・キャピタルワークス株式会社 取締役・最高投資責任者(CIO)藤野英人 氏による基調講演「投資家が語る記憶の未来 “Memory is Money?”」をレポートします。 藤野氏は 1990 年に早稲田大学法学部を卒業後、野村投資顧問(現 野村アセットマネジメント)に入社され、ジャーデン フレミング投信・投資顧問(現 JP モルガン・アセット・マネジメント)、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントを経て、レオス・キャピタルワークスを設立。大学講師としても活動しながら投資や会社経営などに関する書籍を多数執筆されるなど、多方面で活躍されている投資家です。 そもそも「投資」とは何でしょうか。 藤野さんは「Bulls & Bears」(牛と熊)という言葉で「投資」を表現します。 「ニューヨーク証券取引所の入り口には牛と熊の像が建てられています。牛は攻撃するとき、下から上に突き上げて、熊は上から下へと腕を振り下ろしますよね。これは株価を表しているんです。牛は強気で熊は弱気を表しているんですよ。株は”買い”と”売り”が結合しないと売買が成立しません。牛と熊が死闘を繰り広げる。これが”マーケット”なんです。もっとも、株式市場には 3 匹目の動物——ダック(鴨)——がいるとも言われていますけどね」 牛と熊、すなわち”買い”と”売り”がマーケットを形成する株式市場ですが、藤野さんは「マーケットは宇宙」という認識を持っているそうです。 「日本だけでも 3,550 社が上場しています。世界のあらゆる情報が株式市場にあり、株価が毎日上下する様はまるで宇宙です。宇宙を相手にどう立ち向かい、あるいは共存して株式投資を成功させるのか。2000 年頃からインターネットが本格的に普及して、お金が世界をぐるぐる回るようになりました。投資の世界においてグローバル化の進展は、ネットの普及と強い関係があります。投資とインターネットの世界はどんどん結合していて、IT サイドの人が投資の世界に入ってくることもあるし、その逆もあります」 インターネットと結びついて、グローバル化が進んだ投資の世界。そんな混沌とした世界でも、毎年のように成功する投資家がいると藤野さんは言います。たとえばジム・ロジャーズやウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、ピーター・リンチといった人々です。一般的に「ギャンブル」だと思われがちな投資の世界で、なぜ彼らは勝ち続けることができるのでしょうか。 「どんなに成功している投資家でも、一瞬にして破綻することはあります。たとえば 2005 年のクリスマス前後には、ホリエモンバブルがありました。2006 年 1 月にホリエモンが逮捕されて、株式市場に変調が起きました。一攫千金の夢もあるけど、失敗するとすべてを失う可能性もあるのが株式投資です。しかし、その中でも長期的にリターンを得ている人がいます。まぐれかもしれませんが、しかし運だけで成功はできません。一発だけ成功しても継続は難しい。だからこそ、彼らからは学ぶことがあるのです」 株価の変化で利益を上げていくのが株式投資。ではそのためにどういう情報が必要なのでしょうか。藤野さんは、株式投資について具体的に 2 つの分析があると説明します。 「一つはチャート分析。株価の動きや形に注目するやり方です。もう一つはファンダメンタルズ分析。会社の会計など数量化できる情報を集めて、会社の本質を見極め投資するやり方です。そして最近、3 つ目のやり方が出てきています。Twitter や Facebook での言葉を見て投資をする方法です。ネガティブな言葉が増えてくると株価が下がり、ポジティブな言葉が増えてくると株価が上がると判断して投資を行うのです。これが第三の波として、大きな成果を上げつつあります」 では、R&I ファンド大賞を 3 年連続で受賞するなど輝かしい実績を持つ藤野さん自身は、どんな方法で投資を行っているのでしょうか。藤野さんは、自らの投資哲学を「長期的には利益と株価は一致する」という言葉で表します。 「EPS(会社の利益)× PER(株価収益率)という式がありますが、多くの人は PER を気にします。しかし、日経平均の予測を当て続けられる人はいません。私はそうではなく、この会社は伸びるのではないかという予測をしています。というのも、長期的に見ると、営業利益のトレンドと株価のトレンドはほぼ一致するからなんです。伸びている会社を見つけるのも難しいのですが、日経平均を予測するよりは簡単です。成長する会社に投資をすることが成功の秘密です。投資は日経平均の先行きを占うギャンブルではないのです」 成長する会社を見極めることが投資のカギであると語る藤野さんは、原則として「社長に会って投資をするかどうかを決める」そうです。しかし、ここでもう一つの重大な問題があると言います。 「社長は嘘をつくものなんです。嘘といっても様々で、誇張することもそうですし、本来言わなければいけないことを言わないというのも、広い意味では嘘です。IR 担当者も嘘をつきます。なぜなら会社のことを良く思ってもらいたいから。情報とはそういうものなのです」 藤野さんは「人間は自分に嘘をついて記憶を書き換える。メモリーはファクトではない」と言います。 「社長にインタビューしても、社員に会社のことを聞いたとしても、そこにはファクトの一部しかありません。多くの人たちが少しずつ本当のことを話し、少しずつ嘘をつくからです。大事なのは、そこに”確からしさ”を求めることです。ケインズの言葉で、『玄人の投資は、投票者が 100 枚の写真の中からもっとも美しい 6 人を選び、その選択が投票者全体の平均的な好みにもっとも近かった者に賞品が与えられる美人投票に見立てることができる』というものがあります。投資は、”皆が美人だと思うものを当てないといけない”のです」 最後に投資の極意について、藤野さんは次の

Continue reading…