Evernote ノート内のテキスト暗号化

Evernote のデスクトップ版(Windows と Mac)では、テキストの一部または全体を選択して暗号化することができます。 Evernote 内のテキストを暗号化する手順 Evernote クライアントアプリとサーバ間で行われるすべての通信は SSL 上で行われるため全データは安全にやり取りされるものの、公共の場で Evernote ノートを開いている際に一部伏せ字にしておきたい場合など、追加のセキュリティとして利用可能です。 暗号化したいテキストを選択 選択したテキストを右クリックまたは Ctrl + クリックして「選択したテキストを暗号化する」を選択 パスフレーズ(と任意でヒント)を入力 Windows 版の場合 Mac 版の場合 注: 自分のパスフレーズを忘れるとデータが復元できなくなりますので、十分ご注意ください。Evernote 社では各ユーザの暗号キー(パスコード・パスワード)を受信しないため、サポートに問い合わせても復元不可能です。 暗号化を解除(復号)してテキストを読む手順 暗号化された部分を右クリックして「暗号化されたテキストを表示…」を選択して、パスフレーズを入力 復号して通常のテキストに戻す手順 暗号化された部分を右クリックして「テキストの暗号化を完全に解除…」を選択して、パスフレーズを入力 複数のテキストを暗号化する場合 複数のテキストを暗号する際には、同じパスフレーズを利用されることをお勧めします。前回と違うパスフレーズを設定しようとした場合(非推奨)には、その旨のメッセージが表示されます。どのテキストにどのパスワードを使ったかわからなくならないよう、十分お気をつけください。 Evernote のセキュリティ詳細、またより安全に Evernote を使うためのヒントは、こちらをご覧下さい: セキュリティ概要 セキュリティ強化のヒント(ユーザ用)