Tag 規約

Evernote プライバシーポリシーの更新について

ユーザのみなさんにとって、自分のノートは単なる「情報」ではなく、自分自身の一部とも言えるのではないでしょうか。Evernote に保管されている膨大な数のノートには、大切なアイデアやプロジェクト、思い出などが含まれているはずです。これらを安全にお預かりすることには、非常に大きな責任が伴います。本日は、内容を見直した Evernote の新しいプライバシーポリシーについてお知らせいたします。2017 年 7 月 3 日から有効になる新プライバシーポリシーでは、弊社のデータ保護に関する 3 原則をそのまま残しながら、Evernote の利用体験を向上させることを可能にします。 あなたのデータはあなた自身のものです あなたのデータは保護されています あなたのデータは取り出し可能です それと同時に、Evernote のプライバシーポリシーをよりシンプルで読みやすくし、自分のコンテンツへのアクセス権限を誰に与えるかはユーザ本人が決められることを明確にしました。また、グローバル企業として、スイス-米国間および EU-米国間におけるプライバシーに関する協定である「Privacy Shield」へ準拠するためにプライバシーポリシーを一部更新しています。 プライバシーポリシーの内容を見直してきたこの数ヶ月間、私たちは「Future of Privacy Forum」や「Center for Democracy and Technology」といったプライバシー分野の専門家と密接に連携しながら作業を進めてきました。また、お客様であるユーザのみなさんからの貴重なご意見もいただいてきました。ご指摘を下さった方々に対しては心からお礼を申し上げます。 私たちは、今回見直したプライバシーポリシーにより、Evernote がお預かりしているノートやデータをどのように取り扱うかについて、より簡単に理解していただけると信じております。ご意見やご感想などがございましたら、引き続き弊社ユーザフォーラムで共有していただけますと幸いです。これからもユーザのみなさんにとって最高の Evernote を作るために努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。 Evernote CEO クリス・オニール ※ 本記事は 6 月 8 日に米国で発表した英語版ブログ記事の翻訳です。

Evernote のデータ保護に関する 3 原則 [更新版]

Evernote の私たちにとって大切で、大事に守っていて、すべての決定の根拠となる基準があります。私たちは 2011 年に、その内容を「データ保護に関する 3 原則」という形で定義しました。 あなたのデータはあなた自身のものです あなたのデータは保護されています あなたのデータは取り出し可能です ここ数年間、私たちの業界全体でデータの利用や目的、ビジネスモデルについて透明性を高めるという、歓迎すべき動きがありました。私たちはこの動きの主導的な役割を担うつもりでいます。そこで、弊社のデータ保護に関する 3 原則を更新するのに今が最適なタイミングだと判断しました。 1. あなたのデータはあなた自身のものです Evernote はあなたのデータを所有していません。Evernote にノートやその他コンテンツを保存しても、コンテンツの所有権や著作権が変わることはありません。データが最初からあなたのものであれば、Evernote に保存した後も所有者はあなたのままです。もちろん、データが最初からあなたのものではない場合、Evernote に保存しても自分の所有物にはなりません。これは、弊社の全製品およびサービスにおいて同様です。 Evernote の製品を使用することで、サービスを運営するためにあなたのデータを扱う許可を弊社に与えているということになります。例えば、保存したデータのバックアップ作成、ネットワーク上での伝送、検索に必要なインデックス化、各種デバイス上での表示などを許可することになります。これらの操作の一部では、私たちのビジネスパートナー(Evernote サービスを提供するために契約を交わしているネットワークオペレーター等)に対してあなたのデータを送信することが必要になります。しかしその前に、弊社パートナーとの契約において、あなたのデータ所有権が保護されるように必ず確認いたします。 Evernote サービスを運用できるように、これら限定的な操作を実行する許可を弊社に与えていただく以外は、あなたのデータのすべての権利はあなたにあります。 2. あなたのデータは保護されています あなたが Evernote に入れたすべてのデータは、デフォルト設定では非公開です。私たちは、いわゆる「ビッグデータ」の会社ではなく、あなたのコンテンツを利用して利益を得ようとすることはありません。弊社のシステムは、検索や関連ノートなど Evernote の機能を実行したり、Evernote の利用体験をより良くする重要な機能や製品をご紹介したりするために、自動的にデータを分析します。しかし、宣伝目的で第三者にあなたのコンテンツを提供または販売することは一切ありません。 Evernote のビジネスモデルは、昔からあるものです。つまり、私たちの製品をみなさまに気に入ってもらい、お金を支払っていただいた時のみに、弊社は利益を得ることができるのです。これは、信頼こそが私たちの最大の財産であり、そのためにはあなたのデータのプライバシーを保護することが前提にあることを意味します。 Evernote には、他の人にノートを公開したり、共同編集できる機能がありますが、これはあくまでもオプションであって、使うかどうかはあなた次第です。もしご自身の Evernote アカウントに、弊社ビジネスパートナーの製品やサービスを経由してアクセスすることを選んだ場合、そのビジネスパートナーがあなたのデータの一部または全部にアクセスすることを許可したことになります。その場合でも、あなたの Evernote データにパートナーのアプリケーションがどのようにアクセスするかを表示します。これをやめたいときは、いつでもアクセスを無効にすることができます。 加えて、不慮の事故や盗難からあなたのデータを守るための様々な措置を講じています。Evernote で同期されるノートブックにアップロードされたすべてのデータは、安全に保護されたデータセンターにある複数の冗長化されたサーバとストレージに保存され、また、オフサイトでもバックアップされています。Evernote クライアントとサーバ間(および複数の弊社データセンター)の通信はすべて暗号化されています。私たちは 2 段階認証などの業界最高レベルのセキュリティ技術を全ユーザに提供し、データの安全性をさらに高める方法も常に模索しています。パスワードの保護には細心の注意を払っており、Evernote 社員がパスワードをたずねることは今後も一切ありません。 私たちは、米国政府によるデータの開示リクエストについて完全な透明性を求める業界全体の取り組みを支持しており、このようなリクエストを処理するための包括的な法的プロセスを確立しています。詳細につきましては、弊社の透明性レポートをご覧ください。 3.あなたのデータは取り出し可能です 数百万もの人々が大事なデータを Evernote に保管していますが、それでも私たちはあなたが迅速かつ簡単にサービスの利用を中止できるようにしたいと考えています。Evernote はユーザのデータをロックすることはしません。弊社は、あなたが Evernote にデータを入れ、また引き出すことがいつでも簡単であるように注力して取り込んでいます。デスクトップ版ソフトウェアでは、すべてのノートを人間が読み取り可能な HTML 形式と、機械が読み取り可能な XML 形式の両方でエクスポートできるようになっています。また、あなたのデータ全部にアクセスできる無料の API も用意しています。 私たちの理念は、以下のような考えに基づいています。つまり、Evernote の利用をいつでも中止できる状況を作ることで、人々が使い続けたいと思える素晴らしいものを作る、私たちのモチベーションとする、ということです。そしてこの先数年、数十年にも渡って使い続けていただくことを望んでいます。そのために、あなたのデータを今後も長くアクセス可能にするうえで必要な技術への投資を惜しまないつもりです。 ここに記載した内容は、法的文書ではなく、私たちのビジネスの根本的な価値観とお預かりするデータの扱い方について分かりやすく説明することが目的です。時代の流れに合わせて内容を更新することもありますが、基本原則は変わりません。あなたのデータはあなた自身のもので、保護されていて、取り出し可能です。私たちの目標は「100 年スタートアップ企業」になることであり、今回はそれを達成するための考えについて説明させていただきました。 弊社のプライバシーポリシーおよびセキュリティ対策につきましては、プライバシーポリシーをお読みください。ユーザであるあなたの権利と責任につきましては、弊社のサービス利用規約をお読みください。また、2011 年に公開した Evernote のデータ保護に関する 3 原則は、こちらからご覧いただけます。

Continue reading…