Tag 記録

Evernote で、現代人の 2 大敵「睡眠不足&肥満」をやっつける!

個人や組織の生産性を上げ、ビジネス全体を加速させるための「現代の働き方」。Evernote はそれを実現するために最適なワークスペースです。ただ、Evernote の良いところは、ビジネスだけでなく、毎日の習慣づくりや生活改善にも役立つ「用途の幅広さ」にあります。 今回は、Evernote を活用して、現代人の 2 大敵ともいえる「睡眠不足」と「肥満」を改善する試みを紹介します。まずは問題の重要性を認識するために、これらの敵によってあなたがどんな影響を被るのかを簡単にまとめます。そこから、Evernote の活用方法を考えていきましょう。 「現代の働き方」を叶えるためには、乗り越えなければならない壁もあります。それは、なによりも「あなたが健康である」ということです。 1.そもそも「睡眠不足」はすべての敵である 睡眠不足と肥満には、相関性があるといわれています。ダイエットを考えているなら、食生活はもちろんのこと、まずは睡眠不足から解決するのがよいでしょう。 公益財団法人結核予防会 新山手病院 生活習慣病センター長である宮崎滋さんによれば、「睡眠不足は食欲を刺激するホルモンの分泌を高め、逆に食欲を抑制するホルモンの分泌を減少させ」ます。食欲を刺激するホルモンは「グレリン」と呼ばれ、グレリンが多いと高脂肪食や高カロリー食を好むようになるそうです。 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センターの発表では、平日に 5 日間の睡眠不足が起きると、ネガティブな情動刺激(他人の恐怖表情)に対する反応が強くなり、不安・抑うつ傾向もより強まるとのこと。 睡眠不足はさまざまな問題と絡みあう、いわば「病原」のようなもの。まずは自分がよく眠れているのかを、Evernote を活用しながらチェックしてみましょう。 2.睡眠不足を見つめる:Evernote で睡眠ログを取る 今回はスマートフォンアプリを活用した「睡眠ログ」を取る方法を紹介します。アプリを使うのは、合計の睡眠時間だけでなく、入眠までにかかった時間などの参考値を見られるため、改善ポイントがよりわかりやすくなるメリットがあります。 ログを Evernote へ送れるアプリとしては、iOS では『Sleep Meister』、Android では『快眠サイクル時計』などがあります。 『Sleep Meister』であれば、アプリを起動して枕元に置くだけで、上記のように睡眠記録がとれます。矢印のボタンを押すと「Evernote へ送る」機能があり、1 タップで保存が済みます。 一定期間のログと体感から「快眠できていない」とわかれば、生活習慣と就寝環境も見直すべきでしょう。厚生労働省が情報提供しているサイト「e-ヘルスネット」によれば、習慣的な有酸素運動、就寝 2 ~ 3 時間前の入浴、日光浴、最適な寝具など、快眠につながるアドバイスが多数掲載されており、参考になります。 3.「肥満」を倒すには「Evernote で現状認識」から 睡眠不足の悩みにめどが立ったら、いよいよ肥満の解消、ダイエットへと進んでいきましょう。まずは Evernote で新しくダイエット用のノートブックをつくります。その際、タイトルを「減量記録」だけではなく、「半年後までにジーンズを履くための −6kg 減量記録」など、具体的なワードを掲げると、目指す先にフォーカスしやすくオススメです。 最初のノートは、現状認識からスタートしましょう。Evernoteパパアンバサダー・宮原礼智さんのアイデアを借りて、姿見やスマホのインカメラで、自分の全身写真を撮り、客観的に体を見つめてみましょう。その後は、2 週間ごとなど、定点的に自分の姿を見直すことでモチベーションアップにつながるはずです。日々の運動記録も残しておくと、どの程度の運動量があったのかを見直せますよ。 4.Evernoteで「食べたもの記録」をはじめてみる ちなみに健康的な減量は「体重 80kg の人なら、その 5% の 4kg を 3 ~ 6 ヵ月で減量することを目標」とするとよいそうです。現状認識だけでもじゅうぶんに効果的ですが、よりダイエットに意欲的であれば「食べたもの記録」を付けてみてはいかがでしょう。 iPhone・iPad版/Android 版の Evernote なら、ウィジェットから写真がすぐ撮れます。食事の前に撮影して、ダイエット用に作ったノートブックにアップしましょう。その際は毎食の食事だけでなく、間食も含めて撮影します。思ったよりも多くのものを食べているのかもしれませんし、食べるものを記録して見直す「レコーディングダイエット」の一種でもあるといえます。 また、自分ひとりでは達成できない時には、フィットネスジムのパーソナルトレーニングを活用するのも手です。そこでも Evernote のノートブックを見せて、「これまでにやったこと」をトレーナーと話せば、より効率的に現状共有ができるはず。 Evernote を活用して、自分自身のログを残していくことで、睡眠の記録、運動の記録、食事の振り返りがずっとしやすくなります。結果として、現代人の 2 大敵「睡眠不足&肥満」をやっつける近道となるでしょう。

TechWave 編集長・増田真樹さん流―取材・執筆・編集に活用する方法

9 月 2 日、メディア関係者の方々に向けて記事執筆や編集作業における Evernote の実践的な活用方法をご紹介するセミナー「Evernote スキルアップセミナー」を開催しました。 セミナーでは Softnic / TechWave 編集長である増田真樹さんをお招きし、実際の編集現場で用いられている使い方やコツなどをお話しいただきました。 本記事では、イベントの模様を写真と共にレポートします。 増田真樹さんは 1990 年頃からライターとしてのキャリアをスタート。その後、ブログサービスのココログや So-net ブログの前身となるサービスを立ち上げるなど、IT 業界の最前線で活躍されてきました。増田さんが編集長を務める TechWave は 5 年前に誕生した IT 系のメディアであり、特にメディアとリアルの連携を重視してイベントの開催などにも力を入れてこられました。 面倒な作業を抜いて、最終的に情報を記録するのにふさわしい Evernote そんな増田さんが Evernote に出会ったのは、35 歳のとき。当初はアカウントを作成しただけで使ってはいなかったそうですが、プライベートでのある出来事をきっかけに Evernote を「情報を記録するツール」として使い始めたといいます。 また、東日本大震災もきっかけの一つでした。震災当時、増田さんの自宅は本棚が倒れるなどの被害を受け、復旧不可能な状態になってしまったのだとか。そうした経験から増田さんはスキャナを購入し、資料や過去に執筆した雑誌などをスキャンすることに。そこで情報を記録するツールとして選ばれたのが Evernote でした。 「Evernote は面倒な作業を抜いて、最終的に情報を記録するのにふさわしいと思いました」(増田さん) 増田さんは Evernote を「安心して記録させられるプラットフォーム」だと評価します。メディアでの仕事におけるメリットには次のようなものがあるといいます。 情報を溜めておくことで、何かについて調べる時間が圧倒的に速くなり、隙間時間を活用して資料を読むという仕事のスタイルが生まれた。 TechWave は速報のスピードにこだわっており、情報を検索すると関連ノートが表示されるコンテキスト機能も大きな役割を果たしている。 チームでノートブックを共有するようになって、Evernote はさらに重要なツールに。過去にどういうことを書いたのかという記録やメモを記事と一緒に残しておけるので、複数人で仕事をする場合でも「知らなかった」という伝達ミスがなくなった。 記事を書く前にあらかじめ雛形となる予定稿を作成するが、これを共有しておくことで、チームメンバーがどういうストーリーで記事を書こうとしているのかを知ることができる。 また、新人のライターさんにも Evernote を共有することで、一人で抱えていた作業を複数人で行えるようになったり、他の人のノートを見ることで取材のやり方をイメージしやすくなるなどの効果もあったといいます。 様々な用途に活用 増田さんは他にも、Evernote を様々な用途に活用されています。 取材先で手渡される紙の資料はすべてスキャンして Evernote に保存。名刺は音声ファイルなどと一緒のノートに入れることで整理。メールで届くプレスリリースはそのまま Evernote に転送。添付ファイルがそのまま保存されるところがポイント。 ウェブクリップでは資料性のあるものを特にクリップ。基本的には公式サイトをクリップするが、保存しておく価値があれば個人ブログでもクリップする。手がけているサイトやパートナーメディアの記事もクリップ。そうすることでコンテキストの対象となり、他の情報に紐付いてくれる。 インタビューでは Evernote アプリで直接録音。タイトルに日付が入るため、管理も楽になり、ICレコーダーは持ち運ばなくなった。録音品質も満足。 「情報の型を決めずに、一番速く情報化できるのが Evernote のいいところ」 スピードを重視することと、文字認識の精度が優れていることから、増田さんは「人名」「プロダクト名」「会社名」以外のタグ付けはほとんど行わないそうです。ただし、情報のケアはやはり必要で、たとえば手書き文字など認識が不安な場合は、タイトルだけは入力しておくといった工夫をされています。 原稿そのものは他のソフトを使われるそうですが、そのための情報収集と整理を担うのが Evernote。予定稿を書く際は、まず箇条書きでリードとプロットを作り、Evernote に入っている資料を参照しながら考えを整理するのが増田さんのやり方です。 Evernote

Continue reading…

衣替えといっしょに ー 部屋中の収納を見直し、Evernote に記録する

連日続く暑さに、すっかり参ってしまっていませんか。いまでこそ半袖や薄手の洋服が役立っていますが、もうふた月もすれば秋の気配。身につけるものを整理する「衣替え」のシーズンもやってきます。 そこで、衣替えのついでに、Evernote を活用して部屋の収納を見直してみてはいかがでしょうか。「あれはどこにしまったっけ?」というストレスから解放されるだけでなく、部屋をスッキリと保つのにも一役買ってくれます。以下、5 つのステップで進めていきます。 1.まずは、物と「お別れ」する 以前にこのブログでお話を伺った、『神戸のちいさな収納教室』を主宰する Evernote 整理収納アンバサダー、小西紗代さんのアドバイスを振り返ってみます。 過去の思い出と未来の不安は気にしないことがコツですね。(中略)私は子育て 18 年目になるのですが、どこかで捨てないといけない時ってくるものなんですよ。私は”捨てる”ではなく”お別れする”と呼んでいます 「捨てる」と考えると、どこかもったいない気持ちでいつまでも踏ん切りがつかないかも。人にも出会いがあれば「別れ」があるように、意識を変えて臨むのです。 また、小西さんは「”記録”と”情報”を分けて考える」ことを勧めています。誰かにあげたプレゼントの履歴は「記録」ですが、買おうと思った新聞広告の切り抜きは「情報」です。使い終わった情報を削除するように、まずはプリント、資料、無料でもらったノベルティ、洋服など、物の総量を減らしていきましょう。 2.収納する場所をテーマごとに決める 次に、家の押入れやクローゼット、あるいは収納ケースなど、自分の生活導線から考えて、「どこに、何をしまうか」をルール化していきます。 Evernote を活用すれば、物は探しやすくはなるものの、複数の場所に、複数のテーマをもたせてしまうと、やはりお目当てのものにたどり着きにくくなります。 特に洋服は、家事アドバイザーのすはらひろこさんのアドバイスを参考に、「1 テーマ、1 ボックス」とすると、衣替えもボックスを組み替えるだけで済むので簡単でしょう。すはらさんは季節ごとのテーマで分けるのを勧めています。 収納場所をあらかじめ決めることには、もうひとつメリットがあります。そのケースに収まるだけのものを買うようにすれば、ものを増やせば処分もしなくてはならず、「増える一方」という状況を防いでくれます。「ルール化」も、整理整頓に効くコツです。 3.Evernote のノートブック記録しながら収納していく いよいよ、Evernote の登場です。 まず、収納する場所ごとに Evernote の「ノートブック」をつくります。「和室・押入れ」「1F・リビング」「2F・収納棚」など、自分がわかりやすい形で名づけていきます。 分類した洋服をケースにしまったら写真に残しておきましょう。「半袖 T シャツ」などとノートの名前を付け、収納する場所のノートブックに保存します。ひと手間ではありますが、ケースにしまう前に、広げた状態で洋服を撮影しておくのもオススメです。外出先からアプリで写真にアクセスすれば、似たような服をすでにもっていないか、セール品と手持ちの服をコーディネートできそうかなどを確かめられます。 学校でもらうプリント、仕事の資料、数ページだけとっておきたい雑誌などの「情報」は、写真に撮ってデータ化しましょう。Evernote のドキュメントカメラで撮影すると、資料を読むのに最適な見た目に変換してくれます。または、自動で資料のある範囲を認識して撮影/保存する iPhone・iPad 向けアプリ Scannable を使うのもよいでしょう。 書籍は、本棚にしまったら、背表紙を撮影しておきます。続き物のマンガなどを重複して買ってしまうのを防ぐ手立てになります。 箱にしまう文房具や小物は、一旦しまった後で全体図を写真に撮っておきましょう。「しまう場所を決めておく」のも整理整頓の鉄板ルールです。消耗品があれば随時更新していくと、こちらも余計に買ってしまったり、「この一瞬だけ使いたいけれど、どこにしまったかな…」と探す際の手がかりになります。 基本的には、収納する前に撮影して、ノートをつくり、ノートブックに保存。この繰り返しです。 4.ノートブックを「スタック」でまとめる とても広い部屋に住んでいたり、収納する場所が多かったりする場合は、ノートブックの数が増えてしまうのが心配かもしれませんね。 そういうときに使えるのが「スタック」です。大まかに言うと、ノートをまとめるのがノートブック、ノートブックをまとめることができるのがスタックです。 たとえば、「1F」のノートブックを作り、「和室・押入れ」のノートブックをスタックすると、ノートブック一覧がすっきり見えるだけでなく、より細分化できて探しやすいでしょう。 5.収納ケースにつけるラベルと、Evernote のノートブックの名前を連動させる ステップ 4 まで行えばじゅうぶんですが、さらにリアルと Evernote を連動させる方法もあります。 まずは、収納ケースに「A」「B」などのシールを貼ります。ノートを作る際に、「収納ケース A/T シャツ」「収納ケース B/冬物」などと名づけておくと、「あの T シャツはどこにしまってあるっけ……」と Evernote での検索した結果から、目当ての収納ケースにたどりつきやすくなります。 収納ケースに一度ラベルを貼れば、中身を整理したり入れ替えたりした時も、ノートを更新して、ノートブックの名前を変えるだけでよいので、収納ケースのラベルを作り直す手間がなくて済みます。 手頃な収納ケースでも、すっきりしたデザインのタイポグラフィのシールあたりを貼れば、スッキリ&洒落て見えつつ、整理能力もアップ! Evernote は書類やウェブページなどをストックしておくものと思われがちですが、アイデア次第ではさまざまな使い方にトライできるのが魅力。今回紹介したアイデアのように、生活の効率化にもぜひ役立ててみてください。