千葉大学医学部が Evernote を e ポートフォリオに採用、その成果は?

日本の医療の未来を担う医大生。彼らが学ぶ医学部で Evernote が活用されています。訪れたのは千葉大学医学部附属病院 総合診療科。こちらで教鞭を執る鋪野 紀好(しきの きよし)先生は、1 年ほど前から e ポートフォリオに Evernote を導入されたといいます。 現在にいたるまで 100 人以上の学生が Evernote を活用して学習してきたそうですが、その教育支援効果のほどはいかがだったのでしょうか。鋪野先生にお話を伺いました。 119 名の学生が Evernote を e ポートフォリオとして活用 ――Evernote を e ポートフォリオとして導入いただいています。e ポートフォリオとは何でしょうか。 鋪野:実習や学習のログを残して、振り返ることができるようにするためのものです。学生と教員がやりとりするために使うのですが、ここ数年でデジタル化が一般的になってきました。これまでは別のソフトを使っていましたが、2 年前から実験的に Evernote を取り入れてきました。 ここ 1 年ほどの活用の成果については、資料としてまとめて日本医学教育学会で発表しております。 ――これまでに、どれくらいの学生さんがお使いになったのでしょう。 鋪野:実習では学生がグループを組んで様々な診療科をまわります。私の総合診療科では 2 週間ほどの実習期間を設けています。5 ~ 6 名の学生グループが 2 週間継続して Evernote を使い、その後、次のグループがやってきて、また Evernote を使うという流れです。2015 年度は、合計 119 名の学生が Evernote を e ポートフォリオとして活用しました。 ――Evernote 以前のソフトには何か課題があったのでしょうか。 鋪野:医学会のスタンダードな e ポートフォリオのソフトとしては、別の教育支援ソフトが使われています。それらに情報を保存して、検索するといったことは可能なのですが、PC でしか閲覧できないという不便さがあったほか、共有の設定も煩雑で使いにくいと感じていました。 7 割以上の学生が実習後も Evernote を継続して利用 ――Evernote を具体的にどのように使われているのでしょう。 鋪野:学生には最初に Evernote の使い方を簡単にオリエンテーションします。実習でメインになるのはディスカッションです。チーム全体で患者さんに対する問診をどう行うかや、その理由などについて話し合いを進めます。ディスカッションが終わったら、そのときのホワイトボードを撮影して保存しているようです。 また、私から単語や症例について調べてくるようにと宿題を出すこともあるのですが、学生は、それに関する資料(テキストや画像、PDF

Continue reading…