Tag 読書

Evernote で簡単にできる読書管理術

10 月 27 日から 11 月 9 日は読書週間。涼しくなって過ごしやすくなったこの時期、ゆっくり本を読むのも良いですよね。買っただけで読めていないという「積ん読」を解消するのも、今が良いタイミングかもしれません。 読書を続けるコツの一つは、読み終わったという達成感を持つこと。そして、読書を通じて何かを得たという実感を得ることではないでしょうか。そのためには、読書記録をつけておくのがおすすめです。 今回は、Evernote で簡単にできる読書管理術をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 「読みたい」「読んだ」をタグで管理 まず、「読書記録」「読書管理」といったタイトルでノートブックを作成します。次に、読みたい本を見つけたら、その場で Evernote のノートにメモ。Amazon で本を見つけた場合は、Web クリッパーの特別なフォーマットで保存が可能です。保存するときは「読みたい本」などの名前でタグをつけておきましょう。 その本を読み終わったら、「読みたい本」タグを削除して、「読み終わった本」タグを追加します。こうすることで、読書状況をすぐにチェックすることができます。 また、「読み終わった本」タグをつけるときは、読んだ本の感想やそこから学んだことなども書いておきましょう。たくさん書こう!と意気込んでしまうと、なかなか長続きしないもの。慣れるまでは、3 〜 4 行程度の箇条書きでも良いと思います。 チェックリストでさらに簡単に記録 上記の方法もめんどくさいと感じてしまう方は、チェックリストを使う方法もあります。やり方は簡単。読みたい本の隣にチェックボックスを付け加えるだけ。読み終わったらチェックを入れておくと、簡単な読書記録になります。余裕があるときは、本のタイトルの下に一言感想を書いておくのも良いでしょう。 Kindle の読書記録も Evernote に保存 たくさん本を買っても場所を取ることがなく、気軽に読めるという点で、電子書籍を読んでいるという方も多いかと思います。電子書籍の代表的なものに Kindle がありますが、そこでハイライトをした箇所や入れたコメントも、実は Evernote に簡単に記録しておくことができます。 まずは、ハイライトした箇所を一覧表示させるために Kindle のメモとハイライトにアクセス。ログイン情報を入力したら、ハイライト一覧の画面に移動します。あとは、保存したい本のハイライト部分を選択して、ウェブクリッパーで「選択範囲」を保存するだけです。 上記で保存したものは、Evernote ではこのように見えます。ノートタイトルを本のタイトルなどに変更したら、タグ(★の数)を使って本の評価を記録しておくのも良いでしょう。もちろん、感想文を残しておきたいという方は、メモを書き加えることも可能です。 こうして保存した読書メモは、定期的に見返すことが大切。「そうだ、これを実行しようと思ってたんだ。」「あの時の自分はこんなことを考えてたんだ。」という新たな気づきや、違った感情が得られるはずです。 Evernote では、読書記録のための公式テンプレートもご用意しています。毎回決まったフォーマットで記録していきたい!という方は、ぜひテンプレートをダウンロードしてみてください。 秋の読書ノートテンプレートのダウンロードはこちら>>

読書の秋を Evernote で充実させる

この記事は Evernote コミュニティリーダー 藤森 融和さんによる寄稿です。 毎年この時期になると、コンビニや書店で、“読書”が特集されているビジネス誌を見かけます。 できるビジネスパーソンほど読書をしている、というコピーに惹かれて「よし、今年こそ!」と意気込んではみるものの…結局毎年、本を読む習慣は身につかずじまい。 そんな私が意識して読書するようになったのは、仕事での大きな挫折がきっかけでした。 「頑張っていれば、仕事はうまくいく」 「本など読まなくても、経験から学べることで十分だ」 ずっとそう思っていました。しかし仕事ではじめてプロジェクトのリーダーを任されたとき、「どんなに頑張っても空回りばかりで、今までの経験もまったく役に立たない」という状況に陥りました。とてもショックでした。 そのときに「リーダーシップやマネジメントなど、ビジネスの基本的な知識を、ちゃんと学ばなければだめだ」と強く感じたのです。 基礎知識を持たずにビジネスをするのは、いわば「テクニックを知らずに、スポーツの試合に出ている」ようなもの。テクニックを知らなくても試合に出ることはできますが、知っている方がよりうまく、有利に戦うことができますよね。 今はインターネットで、たくさんの情報を簡単に手に入れることができます。しかしその中から、本当に大切な情報を自分で選び出すことは簡単ではありません。大切なことを、しっかりと体系的に学んでいくには、やはり、読書は欠かすことができないのです。 そして Evernote は、読書で得た学びを記録するのにとても便利です。 図書館をフル活用しよう では、Evernote を活用した読書法をご紹介しましょう。 いくら読書は大切だと言っても、パパのお小遣いで買える範囲には限りがありますよね。そんなときの心強い味方が、図書館です。そしてアプリを使えば、図書館がもっと便利になります。 読みたい本を見つけたら、すぐにスマートフォンから「図書館日和(iPhone 用アプリ)」でタイトルを検索しましょう。 あらかじめ自分がよく使う図書館を登録しておけるので、近所の図書館に蔵書があるか、すぐに検索することができます。予約システムの ID とパスワードをアプリが記録しておいてくれるので、そのまま本の予約や取り寄せの手続きもカンタンに。 読みたい本が複数あるときは、思い切って全部借りてしまう方が、読もう!という気になります。「読みたい」「借りた」「読んだ」など、アプリにステータスを記録して、読書の進み具合を管理。アプリに借りた日を登録しておけば、返却日に通知してくれます。 PC で本を探すときには、やはり Amazon が便利。Chrome ブラウザに「その本、図書館にあります」の拡張機能をインストールしておきます。 Amazon で書籍のページを開くと、その書籍が図書館にあるかどうかを自動で検索。その場で貸し出し状況まで確認することができます。(※ Kindle 版のページでは検索できないので、書籍版のページを開いて下さい。) 読んだ本の情報を、Evernote に記録する 本の内容を自分の知識にするためのポイントは、簡単でもいいから、本から学んだことを記録しておくことです。Evernote で、「読書ノート」を作りましょう。 まずは Evernote に「読書ノート」というノートブックを作っておきます。ここに、読書の記録を溜めていきます。アプリを使えば読書ノートがカンタン・キレイに作れます。 図書館で本を借りてきたら、「BookEver(iPhone 用アプリ)」で本のバーコードを読み取りましょう。 保存先のノートブックに、先ほど作った「読書ノート」を指定。あとはバーコードを読み取るだけで、表紙の写真・タイトル・著者などを、Evernote に自動で記録することができます。 このアプリのおすすめポイントは「書籍の紹介文まで、自動で記録してくれること」。後から見返すときに本の概要が一目で分かって、振り返りがしやすくなります。 PC の場合は、「Media Marker」 が便利です。Evernote と連携する機能を持っているので、BookEver と同じように表紙の写真・タイトル・著者などを Evernote に自動で記録することができます。(ただし、書籍の紹介文は、記録することができません。) 本を読んでいて「ここは大切だな」と思うページには付箋を付けておき、後で読書ノートをまとめるときに参照できるようにしておきます。グラフや図などは、スマホのカメラで撮影して、「読書ノート」のノートブックへ保存。 最近は、電子書籍を読んでいる方も多いですよね。Kindle なら、https://kindle.amazon.co.jp/ で本の情報はもちろん自分がハイライトした箇所まで全部見ることができます。 “Your Highlights”のページを表示して、Evernote Web クリッパーを使えば、本のハイライトした箇所をカンタンに Evernote に保存することができます。 Evernote でノートをまとめ直して、「振り返り読書ノート」を作る Evernote に集めた情報をまとめ直して、自分だけの「読書ノート」を作りましょう。

Continue reading…