Tag applepencil

世界を飛び回る研究生活に Evernote – 途上国支援を研究する狩野さんの場合

一度就職した後、もう一度大学に通って勉強するというケースが増えています。仕事でしか身につかないスキルもあれば、大学で専門的に学ぶ方が効率よく身につけられるスキルもあるからです。 JICA(独立行政法人 国際協力機構)に所属しながら、休職して渡米、ミシガン大学スクール・オブ・インフォメーションの学生兼研究員として「IT × 途上国」をテーマに研究を行う狩野 剛(かのう つよし)さんもその一人。いくつもの国をまたいで仕事と研究に没頭する狩野さんにとって、Evernote は欠かせないツールなのだといいます。 狩野さんの研究生活にとって Evernote はどんな役割を担っているのか。お話を伺いました。 氏名:狩野 剛(かのう つよし) ブログ:ICT for Development.JP IT 企業から JICA、そしてミシガン大学へ ――本日はよろしくお願いいたします。まずは狩野さんが JICA に入られた経緯を教えてください。 狩野:もともと途上国への支援については興味がありました。ただ、私は大学卒業後、一旦は SE として証券系の IT 企業に就職したのです。そこで頻繁に中国に行く機会があり、貧富の差を目の当たりにして、やはり途上国支援に携わりたいと考えました。 就職して 4 年目、IT 企業を退職し、JICA に入りました。最初に海外赴任したのはバングラデシュで、3 年間を過ごしました。 ――そこから JICA を休職され、ミシガン大学へ通うことにしたのはなぜですか? 狩野:私はこれまでずっと IT を使った途上国支援に実務の立場で関わってきたのですが、もう少し客観的な立場からの視点、つまり理論や分析手法などについて習得したいと思い始め、改めて勉強し直すことを決めました。 ちょうど、IT × 途上国のテーマで研究をされている外山健太郎さんという研究者がミシガン大学で教授になるというのを知って、外山先生のもとで学び・研究したいと考えたのです。 大学の授業や指導教官とのミーティングで Evernote を活用 ――研究生活に Evernote を使っていただいているとのことですが、以前から使われていたのでしょうか。 狩野:バングラデシュに行く前から Evernote は使っていました。もともとガジェットが好きで、「何でも保存できる」というキャッチコピーに惹かれたのです。ただ、職場ではすべてのクラウドサービスを使用することができないので、当時はプライベートでだけ使っていました。 本格的に使い始めたのは渡米してからですね。現在は Evernote プレミアムを登録して使っています。 ――具体的にどのような場面でお使いなのでしょう。 狩野:まず、大学での勉強です。授業といっても座学やディスカッション形式などがあるのですが、講義だけのときは、Mac で Evernote を開いてタイピングします。一方、ディスカッション形式や、図や絵などを書く必要のある授業では、iPad Pro と Apple Pencil を使い、手書きでノートをとっています。授業の形式やその時の気分によって使う端末が違うのですが、Evernote はほとんどのケースで使えるので気に入っています。 また、アドバイザー(指導教官:外山教授)とは定期的にミーティングを行うのですが、その際のメモに Evernote を使っています。ミーティングではあらかじめ議題を考えておかないといけないので、それをバスの中などからスマホを使って箇条書きで書いておき、必要に応じて Google

Continue reading…

「ログを残すことで日々が計画的に」 – 理系大学生の Evernote 活用法

大学生といえば、もっともデジタルに親しみ、使いこなしている世代といっても過言ではないでしょう。それを表すかのように、彼らの学習環境はここ数年で激変しています。スマートフォンやタブレットを使いこなしながら効率よく学習を進める大学生、そのリアルな声をお届けします。 今回、インタビューを受けてくださったのは、立教大学理学部物理学科 3 年生の三嶋 洋介さん。三嶋さんは、Evernote を中心とした様々なクラウドサービスを日常的に使っているそうです。 専門分野は宇宙。将来は研究職かウェブプログラマーに ――本日はよろしくお願いいたします。まずは三嶋さんの専門分野について教えてください。 三嶋:立教大学の理学部物理学科に所属しているのですが、僕の学部では 4 年生で専門分野を決めることになっています。4 年生になる来年取り扱いたい専門分野は宇宙ですね。数式を立てて理論を立てる分野と、実験で観測して理論を立てる分野があるのですが、僕は前者に進みたいと思っています。 ――ということは、将来は研究の道に? 三嶋:そうですね。いろいろな業界を見てきたのですが、今は研究職に進むか、もしくはウェブ系のプログラマへの関心が高いです。 ――まったく異なる二択ですね。 三嶋:実は今、プログラマとしてインターンをさせていただいているので、そちらへの興味がより高まっています。どの道に進むか、もう少し考えたいですね。 iPad Pro と Apple Pencil、Penultimate を使って講義ノートを作成 ――では三嶋さんの学習環境について伺っていきたいと思います。Evernote を使っていただいているとのことですが、いつごろから? 三嶋:2012 年の 5 月から使っています。ニュースサイトの記事で Evernote の使い方が紹介されていたのを読んで、「すべてを保存する」というキャッチフレーズに興味を惹かれたんです。 その後、Evernote を活用している方のブログを見たときに、「思い出の品を写真に撮って Evernote に入れて断捨離する」ということが書かれていて、このやり方なら自分の部屋の物が減るかなと思って始めました。僕は物が捨てられないタイプだったんです。 ――なるほど。そこから勉強にも活用されるように? 三嶋:そうですね、だんだんと活用の場が増えていきました。それで、はじめの 1 か月はベーシックプランを使っていたのですが、たくさんの情報を保存したくて、すぐにプレミアム会員になったんです。 ――勉強ではどのようにお使いですか? 三嶋:講義ごとにノートブックを作成し、講義の内容を iPad 用手書きアプリの Penultimate を利用してまとめています。座学のときは iPad Pro と Apple Pencil を使って手書きでノートをとります。 ――タイピングではなく手書きなのはなぜですか? 三嶋:以前はタイピングしていたこともあったのですが、手書きした方が記憶が定着するなと感じたんです。それに物理学科の講義ではテキストだけでなく数式や図が出てくることも多いので、タイピングではノートがとれません。 ――たしかに……これはタイピングでは無理ですね。 三嶋:紙のノートでもいいのですが、結局 Evernote に入れることを考えると iPad Pro と Apple Pencil の組み合わせで手書きするスタイルが効率的だと思いますね。実際、まわりにも同じように iPad Pro と Apple Pencil で数式などを手書きし、Evernote に保存する使い方をしている学生が多くなってきています。 完成品だけでなく、思考のプロセスをすべて残しておきたい

Continue reading…