日々の記録を蓄積 ー e ポートフォリオ指導で生徒の自主性と学習能力を育成

日本最大の通信制高校として、全国に 1 万 1,000 人超の生徒を擁するクラーク記念国際高等学校。同校ではキャリア教育の軸として「e ポートフォリオへの取り組み」を掲げ、そのための情報蓄積・共有ツールに Evernote Business を導入。生徒みずから日々の記録を積み重ねることで、思考力や判断力、表現力を伸ばす新しい指導を実現しています。 (左から)クラーク記念国際高等学校 運営統括本部 業務推進課 主任 阿部賢太先生 ・同大阪梅田キャンパス 教諭 牛込紘太先生 教育の 2020 年問題を考慮した e ポートフォリオへの取り組み 従来の全日制・普通科中心の高校教育の枠に収まりきらない個性豊かな子どもたちに最適な教育を目指し、「広域通信制高等学校」という教育システムを採用したクラーク記念国際高等学校。同校が Evernote Business を導入した大きな背景には、「教育の 2020 年問題」がありました。運営統括本部 業務推進課 主任の阿部 賢太先生は、「大学入試 が従来のペーパーテスト主体から大きく変わり、思考力や判断力、表現力といった能力も問われるようになります。これに伴って、受験生には主体性や多様性などの点数化しにくいスキルが求められてきます。学校としても、そうした能力を「可視化」し育てることができる体制を早急に築かなくてはという危機感がありました」と語ります。 これを受けて同校では 2015 年 9 月、全国各拠点の先生方による「キャリア教育推進プロジェクト」を発足。その中心的なテーマに「e ポートフォリオへの取り組み」を掲げました。ここには、日常のさまざまな活動や学習の記録と、そこから得た気づきや感想を生徒みずからが日々積み上げていくことで、主体性をもって考え行動できるようにしようとのねらいが込められています。 さっそく阿部先生は、e ポートフォリオの情報蓄積を可能にする、具体的なツールの選定に着手しました。いくつかのツールを比較検討しているところに、Evernote Business を提案してきたのが、大阪梅田キャンパスで教鞭を執り「キャリア教育推進 プロジェクト」にも参加していた牛込 紘太先生でした。牛込先生は、かねてから個人で Evernote を導入し、自身の生徒指導に活用してきました。 牛込先生「2015 年 4 月に 1 年生の担任になったとき、彼らの成長を 3 年間にわたって残そうと思いつきました。そこで個人で Evernote プレミアムを 1 年間利用してみた結果、モバイルから簡単にアクセスして写真やテキストを手軽に保存できる点が、生徒自身による利用に非常に向いているのではないかと感じたのです」 欲しい情報を瞬時に引き出す強力な検索機能が採用の決め手 牛込先生からの提案を受けて、阿部先生はそれまで採用候補に考えていた他社の無料ツールとの詳細な比較検討を行った結果、Evernote Business の導入を決断しました。採用の一番の決め手となったのは、強力な検索機能でした。 阿部先生「蓄積した情報は活用できなくては意味がありません。膨大な情報からピンポイントで欲しいものを瞬時に見つけ出せる Evernote Business は、まさにうってつけでした」 加えて、ストックされた情報や資料を他の人に簡単に表現できるプレゼンテーション機能も魅力だったと阿部先生は付け加えます。 一方、牛込先生は、インスピレーションに応じて直感的な操作ができる点を評価します。 「比較していたツールでは、何かをしようとするときにそのつど、まず『どうやるのか』を考えなければなりませんでした。日々、継続的に情報を蓄積し続けていく上で、これは無駄な労力です。Evernote Business

Continue reading…