Tag EC

EC4(Evernote カンファレンス)レポート

年に一度の Evernote カンファレンス(EC)。4 回目となる今年は会場をフォート・メイソン・センターに移し、「EC4」として 10 月 2 日・3 日の 2 日にわたって開催しました。 今年もたくさんの発表をしましたが、一気に振り返ってみたいと思います。 あなたのワークスペース CEO フィル・リービンは初日の基調講演で、メタファー問題について触れました。つまり、パーソナルコンピューティングの登場時になぞらえたファイルやドキュメント、スライドといったもの自体の存在感が薄れ、そのためオフィスにおける生産性が当時からほとんど進化していない、という問題です。 Evernote は「書く」「集める」「見つける」「発表する」という、私たちが毎日行う 4 つのアクションを行えるワークスペースです。Evernote を使えば、複数のアプリケーションを交互に切り替えたりせずに、すべての作業がひとつのワークスペースで完結します。 私たちの役割は、ワークスペースを提供するだけではなく、仕事の質を向上させ、ユーザの成功に貢献することにあると思っています。 もっと詳しく » Evernote Market アップデート 昨年オープンした Evernote Market は、1 年の間に 1,200 万ドルの売り上げを記録しました。 Moleskine ノートブックは発売以来 50万冊が販売され、「書く」こと、そして物理的なノートブックを愛する人たちが Evernote のユーザーにたくさんいることが証明されました。そこで、アナログの良さとデジタルの良さを融合した Moleskine ノートブックの最新作「Evernote Moleskine プランナー」を発表しました。1 年分のスケジュール、メモを記録できるこのウィークリーダイアリーには、 3 ヶ月分の Evernote プレミアムも付いてきます。 また、先日発表した Pfeiffer Collection に、ラップトップ、タブレット、ディスプレイモニター用のスタンドを追加します。 Pfeiffer Collection 第 2 弾を Evernote Market で見る » Evernote Moleskine プランナーの日本での発売日は、近くこのブログにてお知らせします。 Evernote Web 版 全く新しくデザインし直した Evernote Web 版は、シンプルなレイアウトで「書く」体験を素晴らしいものにします。作業を始めると、周りのインターフェイスが消えて自分が閲覧しているコンテンツにフォーカスでき、必要な時のみ、ツールが現れます。すっきりとしたサイドバーデザインで、ナビゲーションも簡単です。検索中も「見つける」ことにより集中できます。

Continue reading…

Evernote カンファレンスレポート

9月26日、27日の2日間にわたって開催した Evernote カンファレンス(EC3)。会場は昨年と同じ、アメリカ・サンフランシスコデザインセンターですが、今年は会期を倍増したこともあり、より多くのお客様にお越しいただきました。当日の様子を写真とともにレポートします。 100年スタートアップ企業 Evernote の成長 マーケティング担当のアンドリューの司会に続いて CEO フィルが登壇。 まずは数値に関する報告やこの1年の成長に関して。この6月にEvernote のサービス開始から5年を迎え、ユーザ数は 7,500 万人に増加。100 万人以上のユーザがいる国が16カ国、全世界で8つのオフィスに330名の従業員を持つまでに成長しました。reddot design award、Apple Design Award という栄えある賞も受賞。 ここ数週間でリニューアル、リリースされた製品についても触れました。 Evernote 連携サービスを集めたApp Center Evernote 5 for Windows Desktop Evernote 5 for Mac Evernote for Android そして完全なリデザインを行ったEvernote for iOS 7 Galaxy Note 3 との統合や、Galaxy Gear や Google Glass、Samsung の冷蔵庫への対応 Clearly・Skitch の機能を統合したEvernote Web クリッパー for Chrome 特にモバイル環境での使い勝手を重視した Skitch 3 for iOS 7 ペーパーレスはゴールではない 手書きアプリ Penultimate では、素晴らしいエクスペリエンスを提供できる最高のスタイラスを作るため Adonit とパートナーを組み、Jot Script Evernote Edition Stylus

Continue reading…