Tag HappyPrinters

少数精鋭のショップ運営を Evernote Business で効率アップ

「誰でも気軽に遊びに来られる、小さいけれど世界一ワクワクする印刷工場」をコンセプトに、個人向けの本格的なデジタルプリントサービスを展開する HappyPrinters。デザイン素材や機器の操作マニュアルなどを Evernote Business 上で共有することで、少人数でも効率よくクオリティの高いデザインや顧客サービスを提供しています。 ショップ立ち上げを契機に Evernote Business を導入 お客様自身がプロ用の大型プリンターなどを使って思い思いに作品を作れる「HappyPrinters」は、2013 年 7 月、東京・原宿にオープンした、まったく新しいコンセプトの個人ユーザ向けデジタルプリントショップです。 「デジタルプリントにはいろいろな可能性があって面白いのですが、高価で精密な機材も多く、個人で必要な環境をそろえるのは大変です。また専門ショップもプロのデザイナー向けのものがほとんどで、一般のお客様には敷居が高い。それなら逆に、個人がデジタルプリントを楽しめる場所を作ってしまおうと思ったのです」と語るのは、HappyPrinters 代表 堀江 賢司氏です。 実は堀江氏は、ユーザ視点で Evernote の使い方を情報発信していただく Evernote アンバサダーのお一人。これまでも「仕事効率化アンバサダー」として、Evernote を活用した仕事の効率アップや生産性向上に取り組んできました。これまでご自身の仕事でも Evernote を使い込んできた堀江氏が、みずから企画した HappyPrinters の立ち上げと同時に Evernote Business 導入を決めたのは、ごく自然の成り行きだったといえます。その直接のきっかけは、店長であり Creative Director である杉原 彩子氏との情報共有でした。 堀江「この企画のために、以前から個人的にアイデアをためてきた“ネタ帳”を作っていました。具体的にプロジェクトが立ち上がって、まずはこのネタ帳を彼女と共有するツールが必要だと考えて、その方法をあれこれ検討していたのです」 杉原氏と 2 人ならば、いっそシンプルにメールでも問題はないと考えたこともありましたが、ビジネスとして立ち上げるからには、将来的な店舗展開も視野に入れ、権限管理機能なども備えた情報共有基盤を今から準備しておく必要があります。そうした中長期的な戦略も見込んだ上で、あえて Evernote Business を選択することに決めたそうです。 (左から)HappyPrinters 代表 堀江 賢司さん・HappyPrinters Creative Director 杉原 彩子さん 多種多様な情報や資料をワンストップで集約・利用可能に HappyPrinters のスタッフは現在 5 人。この内、堀江氏と杉原氏が Evernote Business 利用の中心となって、店舗スタッフとの情報共有や伝達を行っています。 その中でもっとも利用頻度の高いのが、名刺管理です。堀江氏自身がもらった名刺は自分で、来店したお客様や取引先の名刺はスタッフが、それぞれイメージスキャナ「ScanSnap」で Evernote Business の共有ノートブックに取り込んでおきます。 堀江「こうして一元管理しておけば、私自身はお会いしていなくても、来店された方の情報は Evernote Business を見ればわかります。また必要になるたび外出先から店に電話して、名刺ファイルを探してもらうといった手間も省けます」 もう 1 つの用途は、デジタルプリントのデザインの“ネタ帳”です。デザインの素材やヒントになるものは、堀江氏も杉原氏も見つけるとすぐに Evernote Business

Continue reading…

「仕事効率化と情報共有に役立っています」――堀江賢司さんの Evernote 活用法

今回、お話を伺ったのは「Evernote 仕事効率化アンバサダー」の堀江賢司さん。7月20日に”業務用プリンターが使える世界一ワクワクする印刷工場”「HappyPrinters」正式オープンを控える堀江さんにとって、Evernote はどのように役立っているのでしょう。 氏名:堀江 賢司(ほりえ けんじ)(左) 所属:堀江織物株式会社・HappyPrinters Twitter: @kenji904 blog:東京ノマド 営業所 前回のインタビュー: 「Evernote でアナログとデジタルを一括管理」――製造業ノマドワーカー・堀江賢司さんの Evernote 活用術     「紙類をもらったらすぐにスキャンしています」 ――堀江さんには昨年、このブログでインタビューさせていただきました。あれから1年経って、Evernote の使い方に変化はありましたか? 堀江「基本的な使い方は変わっていません。ScanSnapを使った名刺管理や、ウェブクリップ、インターネットFAXを自分のGmailに送信することで自動的に Evernote に入るよう転送設定をしています。それにScanSnapの小さいモデルをいつも持ち歩いて、紙類をもらったらすぐにスキャンして Evernote に入れるようにしています。」 ――以前ですと紙の手帳も使われていましたが……。 堀江「最近、手帳を持たなくなったんですよ。以前は資料集を持ち歩いていたのですが、結局それは参照に使うだけなので、それならiPadでいいやと。オフラインノート(※プレミアム機能)を使えば布の原価表などを入れてどこでも持ち運べますからね。」 「店舗マニュアルや打ち合わせの議事録を共有しています」 ――7月20日に原宿で「HappyPrinters」というお店をオープンされるそうですね。 堀江「はい。デジタルインクジェットプリンターが主役の”世界一ワクワクする印刷工場”『HappyPrinters』を仕事仲間のデザイナーとOPENします。モノづくりを楽しみたいMakerな人たちと印刷会社の新しいつながり方ができる店、”作る工程”を楽しめる店をつくっていこうと思っています」 ――お店をオープンする過程で Evernote Business をお使いいただいたとか。 堀江「お店づくりは店長の杉原さんと進めていったのですが、そこで Evernote Business が役立ちました。たとえば、店舗の運営マニュアルが必要なので、事前に資料を作って Evernote で共有するとか。また、お店のオープンから時間が経ってプリント実績が増えてくると、ノウハウを広く共有した方が便利です。そのときは誰が何を印刷したのかをまとめて、リンクを公開するといったことも考えています。杉原さんと打ち合わせをした後、『HappyPrinters打ち合わせノート』にお互いがメモした議事録も書き入れて共有しています。」 ――Evernote Business を使ってみた感想はいかがですか。 堀江「Evernote Business は個人のノートブックが茶色、他の人と共有しているビジネスノートブックがグレー、と色違いでパッと見てわかるのがいいですね。よくあるグループウェアのように、使いたい機能が何度もクリックしないと見つけられないこともありません」 ――堀江さんの Evernote Business の共有ノートブックを拝見すると、『HappyPrintersネタ帳』や『HappyPrinters領収書・保証書』など、HappyPrinters関連のノートをさらにジャンル分けしていますね。 堀江「最初に細かくジャンルを分けてノートブックを作っておくことにしているんです。その方が”何を入れたらいいのかわからない”という状況に陥らなくて済みますから」 ――具体的にどんなノートがあるか教えていただけますか。 堀江「そうですね、たとえば『HappyPrinters機材関連情報』なら、プリンターやインクジェットのカタログをスキャンしたものだったり、説明資料やガイダンス、お役立ち情報などが一覧できます。『HappyPrintersネタ帳』にはウェブを見ていて気になった記事や、HappyPrintersに関係ありそうなネタを色々と入れている感じです。『HappyPrinters名刺入れ』はHappyPrintersに関係する方の名刺を店長と私でどんどん入れるノートブックです。名刺にはその方とどのイベントで名刺交換したのかがわかるように、イベント名でタグ付けしています。それ以上細かいタグづけは面倒なだけであまり意味がないですから。Evernote Business は、店長と二人で持ち寄った情報が入ったナレッジマネジメントのツールになっています」 ――SkitchやEvernote Clearlyも引き続き使っていただいているのですね。 堀江「ええ、クリップする際、サイトのデザインがごちゃっとしているときはClearlyを使っています。Skitchはデザインの修正案を店長とやりとりするときに使っています。たとえばこの画像は元々ワードで注釈を入れているファイルなんですが、そこにさらに新機能の『スタンプ』を使ってコメントを入れています。あと最近だとiPadでPenultimateも使い始めました。意外とサクサク書けるのが気に入っていて、ウェブサイトや製品のコンセプトをサッと書くのに使っています」 「Evernote と他のツールを使い分けています」 ――Evernote の他に仕事の効率化を図るために使っているツールはありますか? 堀江「私は Evernote での共有は”見てくれたらいいなぁ”くらいの感覚で使っていて、共有したことを積極的にお知らせしたい場合はFacebookを使うことにしています。そこは使い分けですね。ウェブの記事を後で読むのにはPocketを使っています。Evernote にもクリップはするのですが、ニュースや仕事に関係のない単に面白い記事などはPocketで読み、Evernote に入れるのは仕事やHappyPrintersに関係した情報です」 ――最後にアンバサダーとして、Evernote を始めようと思っている人にアドバイスをいただけますか。 堀江「Evernote

Continue reading…