Tag Instagram

日本法人人事担当・成井 莉枝の Evernote 活用法

これまで Evernote 日本語版ブログでは、たくさんのユーザの方に Evernote の活用方法を伺ってきました。では、そんな Evernote 日本法人で働く社員自身は、どんな風に Evernote を使っているのでしょうか。今回は人事担当・成井 莉枝の活用法をご紹介します。 人事に関する情報も Evernote Business で管理 ――本日はよろしくお願いします。成井さんは People Operations (ピープルオペレーションズ)、つまり人事担当として Evernote 日本法人で勤務されていますよね。このブログでは過去に Evernote 社員の活用法を何度かご紹介しましたが、人事のような部門でも Evernote を使用されるのですか? 成井:はい。使用していますよ。並行して、Evernote 以外にも人事用の専門的なシステムもいくつか使用しています。 ――では具体的にどういった使い方をされているのか教えていただけますか。   成井:Evernote では世界中のオフィスで Evernote Business を使用していますが、その中で各国の人事部が使っているノートブックがあります。「Evernote Employee Navigator」というもので、ここに Evernote の人事に関するあらゆる情報が入っているのです。重要なものについては、Evernote for Windows の最新版に搭載されている色分け機能を使って、より見やすくなるようにしています。 ――人事部に関する情報というと? 成井:たとえば社内のポリシーや福利厚生などについて書かれたノートは世界中の社員全員が参照できるよう共有されています。情報が更新されたらノートを書き換えたり追加したりすれば OK で、全員にメールを流したりする必要がありません。ちょっとしたアップデートでしたらいちいち告知もしませんね。 ――必要なときに必要な人が参照すればいいのは便利ですね。人事部に毎回確認しなくて済むのでその分の時間コストが削減できそうです。 成井:世界各国のオフィスで参照するノートブックもあれば、「JP Internal」という日本オフィスだけで共有するノートブックもあります。ここにはランチの運用ルールとか、ミーティングルームの予約方法とか、他のオフィスと共有するほどではないローカルの情報が入っています。 ――なるほど。逆に福利厚生はグローバル情報なんですね。 成井:福利厚生はグローバルで共有することで、他の国がどうしているのかを参考にすることができるんですよ。私は日本を含むアジア太平洋地域の人事を担当しており、他国のスタッフが更新するノートを見ているので、お互いに話さなくても情報共有できるんです。 Evernote のメリットは検索性の高さと一つのノートにまとめられる柔軟性 ――ここまでは Evernote 社員なら誰でも見ることができるノートブックでしたが、人事の情報にはかなり機密性の高いものもありますよね。 成井:はい。機密性の高い情報については専用のノートブックがあり、これらはアクセス権限が厳しく制限されていて、人事担当者とマネージャー職以外には非公開となっています ――権限付けの自由度の高さについては Evernote Business ならではですよね。 成井:そうですね。社員全員が必ず参加しなければいけないノートブックもあれば、参加してもしなくてもいいノートブックもありますし、参加どころか存在すら知られていないノートブックもあります。 ――人事部だけが参照するノートにはどのようなものがあるのでしょう。 成井:たとえば入社した人や退職者が出たときの手続きや、他国のオフィスから転勤で人が来たときの手続きの書類などをまとめて入れています。中にはごく稀にしか使わない書類や手続きもあり、それをずっと覚えておくことはできないので、手順書として残しておけば便利です。日本オフィスにも海外から来た社員がいますが、彼らの入国に関する手続きから住居探しまで、必要な手順と書類はすべてここに入っているんです。 ――社員で共有するノートブックについては他にどのようなものがありますか? 成井:たとえば Evernote Academy というノートブックがあります。これは社内のトレーニングプログラムやアクティビティなどクラスの情報を入れているノートブックで、世界各国のオフィスと共有しています。 ――アカデミーというと、研修のようなもの? 成井:日本でいう研修やサークル活動とは違いますね。例えるならカルチャースクールがもっとも近いニュアンスでしょうか。外部から先生を呼んで何かするのではなく、社内で詳しい者が教えるという感じです。海外オフィスで実施したクラスのビデオや録音ファイルなどもアップされるので、それを見たり聞いたりもします。 ――通常の企業ではこうした情報をフォルダとファイルで整理して管理しますよね。Evernote

Continue reading…

Pinterest コミュニティマネージャーが語る、情報の記録と活用の方法とは

ピンボードに留めていくような感覚でお気に入りの写真をクリップできるサービス「Pinterest」。日本法人のコミュニティマネージャーとして忙しい日々を送る大石結花さんは、Evernote を初期から使っているヘビーユーザーなのだといいます。日常生活や仕事で、どんな使い方をされているのかを伺いました。 氏名:大石 結花(おおいし ゆか) サイト:Pinterest ブログ:Blossomlink Twitter:@0oyukao0 「ライフログを保存して、たまに見返してニヤニヤします(笑)」 ――かなり初期の頃からお使いいただいていると伺いました。 大石:2008 年 10 月から使っているので、まだ日本語版が出る前ですね。何で知ったのかは忘れましたが、写真の中のテキストを検索できるのに感動したことを覚えています。何で検索できるの!?未来だ!って思いました(笑)。 ――(笑)。OCR 機能は便利ですよね。現在はどんな使い方を? 大石:私はライフログマニアなので、Twitter や Instagram のログを書き出してくれる IFTTT やツイエバなどのサービスを使って、Evernote に保存しています。たまに見返してニヤニヤしています(笑)。 ――後から見返すことも多いのですか? 大石:そうですね。けっこう見るかも。Evernote 内をよく検索するのですが、そのときにキーワードで Twitter のログが引っかかることが多いんですね。ああ、こんなことあったなって思い出すきっかけになったり、以前に何を考えていたのかを知ることで新しい発見が得られたりしています。 ――Twitter と Instagram 以外ではどんなライフログを? 大石:「HeyDay」という写真と位置情報を結びつけてくれるアプリがあるのですが、それを使っています。たとえば行ったレストランとか、忘れてしまうんですよね。あの人と行ったあの場所のレストランってなんて名前だったっけ……みたいな。そんなときに、このアプリで記録しておくと、人や日にちなど、色々な情報から検索できるので便利なんですよ。ライフログのノートには、自分で簡単な日記を付け加えたりもしています。 ――思い出すための鍵となるキーワードがまとめて記録できるアプリは Evernote との相性も良いですね。 大石:他にはネットショッピングしたときに EC サイトをウェブクリッパーを使って保存しています。これも後から確認したくなるからですね。ネットでポチポチ買っていると、つい値段を忘れてどれくらい使ったのかわからなくなるじゃないですか。そんなときに後から見返してけっこう高かったりすると、大切に使おうって思えたりします(笑)。 ――なるほど(笑)。ちなみにクリップするのは購入の完了ページではなく、商品ページですか? 大石:そうです。ファッション系のブログもやっていて、そこで自分のコーディネートを紹介したりするんですね。そのときに EC サイトにリンクを張るので、そのために商品ページの方をクリップしておきたいというのも理由です。他にはブログのアイデアを書いたり、好きな DIY のアイデアを入れたり、行きたいレストランを食べログからクリップしたりしています。ウェブクリッパーだと記事だけを保存できるのがいいですよね。 ――紙の電子化などもされていますか? 大石:やりますが、あえてそれだけやるというよりは、何かのついでにスキャンして、さらについでに Evernote に入れておくか、くらいの感覚ですね。 「仕事ではテンプレートを保存して、時間短縮しています」 ――お仕事ではいかがでしょう。 大石:仕事では主にテンプレートを保存していますね。たとえばオフィスにお客さんを案内するとき、住所や行き方の説明などは毎回同じです。テンプレートを作っておいて Evernote に入れておけば、それをコピペしてメールに貼り付けるだけでいいので、時間短縮になります。テンプレートという意味では、自分用のマニュアルとしても使っています。Pinterest 日本法人はまだ少人数なので、私もいろいろな仕事をやっています。Photoshop や InDesign なども使う必要があり、やり方を習ったので、それを Evernote にメモしています。また、Pinterest のロゴの赤がパントーンのどの色なのか、といったブランドのガイドラインなど、とにかく必要なものをすべて入れていますね。 ――以前は DeNA に勤務されていたんですよね。 大石:ソーシャルゲームのプロデューサーをやっていました。もちろん、その頃から Evernote は使っていて、検証端末の ID や、ゲームのリリース手順などを自分用に保存していました。先ほど言ったように、検索で思わぬ出会いがありますからね。 ――共有機能などは?

Continue reading…