Tag PostEver

「ログを残すことで日々が計画的に」 – 理系大学生の Evernote 活用法

大学生といえば、もっともデジタルに親しみ、使いこなしている世代といっても過言ではないでしょう。それを表すかのように、彼らの学習環境はここ数年で激変しています。スマートフォンやタブレットを使いこなしながら効率よく学習を進める大学生、そのリアルな声をお届けします。 今回、インタビューを受けてくださったのは、立教大学理学部物理学科 3 年生の三嶋 洋介さん。三嶋さんは、Evernote を中心とした様々なクラウドサービスを日常的に使っているそうです。 専門分野は宇宙。将来は研究職かウェブプログラマーに ――本日はよろしくお願いいたします。まずは三嶋さんの専門分野について教えてください。 三嶋:立教大学の理学部物理学科に所属しているのですが、僕の学部では 4 年生で専門分野を決めることになっています。4 年生になる来年取り扱いたい専門分野は宇宙ですね。数式を立てて理論を立てる分野と、実験で観測して理論を立てる分野があるのですが、僕は前者に進みたいと思っています。 ――ということは、将来は研究の道に? 三嶋:そうですね。いろいろな業界を見てきたのですが、今は研究職に進むか、もしくはウェブ系のプログラマへの関心が高いです。 ――まったく異なる二択ですね。 三嶋:実は今、プログラマとしてインターンをさせていただいているので、そちらへの興味がより高まっています。どの道に進むか、もう少し考えたいですね。 iPad Pro と Apple Pencil、Penultimate を使って講義ノートを作成 ――では三嶋さんの学習環境について伺っていきたいと思います。Evernote を使っていただいているとのことですが、いつごろから? 三嶋:2012 年の 5 月から使っています。ニュースサイトの記事で Evernote の使い方が紹介されていたのを読んで、「すべてを保存する」というキャッチフレーズに興味を惹かれたんです。 その後、Evernote を活用している方のブログを見たときに、「思い出の品を写真に撮って Evernote に入れて断捨離する」ということが書かれていて、このやり方なら自分の部屋の物が減るかなと思って始めました。僕は物が捨てられないタイプだったんです。 ――なるほど。そこから勉強にも活用されるように? 三嶋:そうですね、だんだんと活用の場が増えていきました。それで、はじめの 1 か月はベーシックプランを使っていたのですが、たくさんの情報を保存したくて、すぐにプレミアム会員になったんです。 ――勉強ではどのようにお使いですか? 三嶋:講義ごとにノートブックを作成し、講義の内容を iPad 用手書きアプリの Penultimate を利用してまとめています。座学のときは iPad Pro と Apple Pencil を使って手書きでノートをとります。 ――タイピングではなく手書きなのはなぜですか? 三嶋:以前はタイピングしていたこともあったのですが、手書きした方が記憶が定着するなと感じたんです。それに物理学科の講義ではテキストだけでなく数式や図が出てくることも多いので、タイピングではノートがとれません。 ――たしかに……これはタイピングでは無理ですね。 三嶋:紙のノートでもいいのですが、結局 Evernote に入れることを考えると iPad Pro と Apple Pencil の組み合わせで手書きするスタイルが効率的だと思いますね。実際、まわりにも同じように iPad Pro と Apple Pencil で数式などを手書きし、Evernote に保存する使い方をしている学生が多くなってきています。 完成品だけでなく、思考のプロセスをすべて残しておきたい

Continue reading…

「Evernote は研究・教育のインフラです」――成蹊大学教授・塩澤一洋さんの活用術

成蹊大学法学部教授として教鞭をとる傍ら、月刊 MacPeople に「知的生産の Mac 術」を連載し、さらには写真家としての顔も持つ塩澤一洋さん。様々な業界でマルチに活躍する塩澤さんにとって、Evernote はなくてはならないツールだそうです。 普段の生活で、そして大学でどのように使われているのか、元教え子の甲本さん、荒川さんにもご同席いただき、お話を伺いました。 氏名:塩澤一洋(しおざわ かずひろ) blog:shiology     「授業の評価シートをティーチングアシスタントと共有しています」 ――塩澤さんは大学でどのように Evernote を活用されているのでしょうか。 塩澤「授業の後に学生全員にオピニオンペーパーという評価シートを手書きで書いてもらっているんですが、それをスキャンしてティーチングアシスタントと共有しています。オピニオンペーパーには発言回数なんかも書いてあって、回数に応じて平常点をつけ、期末試験の点数とあわせて成績が決まるんです」   ――授業で使う資料や配布物なども Evernote に? 塩澤「資料は保管していますね。授業の資料にかぎらず、紙はすべてスキャンして入れ、基本的に Evernote に何でもあるという状態にしています。配布物に関しては、そもそも僕は授業でプリントなどの紙類を一切配布しないんですよ。話す内容も、教室に行ってから決めますから(笑)」 甲本「そうですね、紙類は配布されないですね。ですから授業では Evernote でノートだけをとっておいて、後からスライドをキャプチャして同じノートに入れるようにしています。学生に社会人が多いロースクールということもあって、授業はすべて録画されていて、授業中に使ったスライドも後から見られるんですよ。復習をするタイミングでノートを見返しながら、スライドを Evernote に保存しています」   塩澤「Evernote を使っている学生は多いんですが、発表の内容を共同編集するときなんかに使っているみたいですね」 荒川「私も先生や甲本さんが Evernote を使っているのを見て始めたんです。まだ使い始めて3 ヶ月くらいなんですが、プライベートでも夫とノートブックを共有して使っています。実は引越をしたばかりなのですが、どこに何があるか何度も聞かれて大変だったので、物の場所を記録した Evernote ノートを共有して、何かあればそれを見ようということにしています」 「僕が関わった委員会はすべてクラウド化しました」 ――みなさんそれぞれ自由に使っていただいているんですね。塩澤さんはあまり紙類を使うのはお好きではないのでしょうか。 塩澤「僕は88 年に Mac を使い始めて、92 年にはエプソンのスキャナを買って紙類のスキャンを始めた人間なんですね。たとえば書式の枠組みが決まっている書類に関しては、枠組みだけの状態で一度スキャンしてテンプレートを作り、そこにMacで文字を埋めてプリントアウトしていました。こうすると、相手には驚かれるんですよね。『どうやったんですか?』って。でもその方が効率的ですし、当時から可能な限り書類はデジタル化しようとしていたんです」     ――なるほど。そうすると、Evernote はまさにうってつけのツールですね。 塩澤「ええ。紙は全部サヨナラです。手元にきたらすぐにスキャンしています。大学というところは本当に紙が多い場所なんですよ。これでも減らしに減らしているんですが、なかなか完全にはなくならないですね。とはいっても、僕が今までに関わった委員会はクラウド化しましたよ。特に環境委員会は紙をすべてなくしました。”環境”委員会なのになんで紙なんだって(笑)」 ――(笑) 他にはどんな使い方を? 塩澤「ブログの原稿はすべて Evernote で書き、保存しています。マークダウンのタグを単語登録してすぐに書けるようにしていて、コードも含めた状態で Evernote からコピペしてブログに貼り付けているんです。iPhone では PostEver を使って自分向けにツイートする感覚でメモします。位置情報が記録されるので便利ですね。Twitter のログはツイエバで Evernote にバックアップしておくと、Evernote の他の情報とあわせて横断して検索ができます。自分が扱った情報というのが大事なんです」 ――学生のお二人にとって Evernote はどこが便利だと感じますか? 甲本「ありがたいのは、Google などで検索しているときも自分の Evernote アカウント内に保存してある関連するノートが表示されることですね。論文を探したときなんかに関連するものが出てくるので助かっています。それに、PDF の

Continue reading…